転職するか迷ったときの対処法!3つのことを実行すれば迷い解消

転職するか迷ったときの対処法!3つのことを実行すれば迷い解消

こんちには!南野弘明です。

今日のテーマは、「転職すべきか迷っている」人たちの悩みを解決させていただくことをテーマに記事を書いていきたいと思います。

転職に迷った時の最も大事なこと

転職を考えていても迷いがありなかなか一歩目が踏み出せないのは誰しも経験済みです。

それでも現状の課題や将来のことを考えると行動していくしかないのですが、その職段階で必ずやっておくべきことを下記に説明していきます。

「なぜ転職したいのか」をしっかり考える

「なぜ転職したいのか」というキーワードだけは最初から最後まで必ず一貫していることが大事です。

ここがぶれてしまうと、書類選考、面接で何度も落ちると挫折し、転職活動の辛さに耐えられず無駄な時間になってしまいますから十分注意してください。では、このキーワードがなぜ大事かというと

「なぜ転職したいか」は面接で100%聞かれる質問

だからです。そして書類選考、面接でよく落ちる人はこの内容の書き方が上辺だけの内容なんです。

①どうして前職を辞めようと思っているのか。
②どうして当社に入社したいのか。

この二つは自分が企業側でも絶対に知りたい内容です。質問2つに的確に答えることができると1次面接は通過可能です。
その為に必要なことを以下に書いていきますね。

転職したい理由を追及していく

例えば今の仕事量に対しての給与に不満があるとします。

・あなたはそれに対してどのような努力をしたのですか?
・努力した結果どうなったのですか?
・最大限の努力でしたか?
・一人でダメなら何人かメンバーを集めたりしたのですか?
・上司がダメならもっと上の人に交渉したのです?

このように自分の努力を見える化することで、転職したい本質がわかるようになり、職務経歴書を書くときも面接で聞かれたときもぶれないように進めることができます。


今の会社のメリットを書きだす

「転職したい!」という気持ちが強すぎると転職した後に「こんなはずじゃなかった・・・戻りたい」という後悔するときが必ずやってきます。

でも基本的には前の会社に戻ることはできません。だから転職を繰り返してしまうんです!!その為には今の会社を辞めない選択肢が除外できる根拠が重要です。例えば、、、

・有給休暇はしっかりとれる。
・家から20分程度。
・部署、課内の雰囲気は最高にいい。
・週1回早帰りデーがある。
・福利厚生はしっかりしている。
・かわいい女性社員がいる(笑)

なんでもいいです。兎に角辞めると失う理由を見つけ出してください。

重要)転職したい理由と辞めたくない理由を比較する。

最後に、転職したい理由と辞めたくない(辞めると失う理由)を比較して、転職したい理由が上回ることを確認してください。ここに迷いが生じるならあなたはまだ転職しない方がいいです。

私は転職を繰り返しました。
この準備段階で上記をしっかりやらなかったため、転職してから失うものが多かったことに気づきました。

例えば、職場の仲間、社会的地位、名誉、、、、沢山のことを失ったことに気づきました。給与は働くためには重要なことですが、それ以上に失うことも当然沢山あります。家族の時間が過ごせない、趣味の時間が無くなるなど本当に色々なものを失います。それでも転職したい!と思える強いものがあれば必ず面接で有利になっていきます。

転職に迷ったら「転職エージェント」に相談!

いかがでしたでしょうか?転職には迷いはつきものです。

その気持ちは理解できますが、自分の気持ちに整理がつかないまま転職活動を進めてしまうと道半ばであきらめてしまい結局現職に居座り無駄な時間過ごしている人に数多く出会いました。

自分を見つめなおすためにも転職エージェントに登録してカウンセラーと相談することをお薦めします。私が特におすすめな転職サイトを紹介させていただきますので参考にしてみてください。

【20代おすすめ転職エージェント】
20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】
第二新卒・既卒・フリーターでも正社員に!DYM就職
【ウズキャリ第二新卒】
未経験からの転職ならWORKPORT
顧客常駐はもう嫌だ!社内SEへ転職するなら【社内SE転職ナビ】

【30代おすすめ転職エージェント特集】
無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら
大手総合型転職エージェント【パソナキャリア】
ITエンジニア専門の転職エージェント【TechClipsエージェント】
自社で腰を落ち着けて仕事がしたい方は【社内SE転職ナビ】へ
正社員未経験大歓迎!利用はすべて無料!東京都内での就職なら!【ミドルコーナー】

転職を成功の為に読んでおきたい