難しいキャリアチェンジの転職に挑む若者たち

キャリアチェンジがしたいと考えいざ転職活動をしてみると、苦戦したり、年収が下がったりと色々な面で挫折してしまう人が多いです。キャリアチェンジは一般的に難しいと言われていますが、その理由は何か。また対策は無いのかという点について転職アドバイザーが解説いたします!

 

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

コロナによる会社倒産、経営不振、リストラ。今いる業種、職種では今後不安な為、異業種や異職種へチャレンジしてみたいと思う方も多いはず。

 

しかし問題は、転職=即戦力であることです。

 

異業種、異職種へのキャリアチェンジの転職は基本『未経験』が前提なので、そのハードル高く難しいと言われています。。

 

今回の記事はこの異業種、異職種への難しいキャリアチェンジの転職をどのように戦略的にクリアーし、転職を成功させればよいのかという対策について解説していきます。

 

南野弘明てどんな人?

某グローバルベンチャー企業で面接官として数多くの方々を面接。そこで開発した『転職ノウハウ』を基に、超ホワイト企業へ転職。年収400万円アップ!『今すぐ使える転職ノウハウ』をモットーに、転職アドバイザーとして活動中!
【公式Twitter】
【最強転職ツール】

 

●こんな方におすすめな記事●

①コロナで会社が倒産しそう
②低迷業界で将来が不安
③今の職種が自分に向いていない
④対策方法を知りたい

異業種、異職種の転職を『キャリアチェンジ』という

キャリアチェンジの転職が難しいので対策を考える女性

現職から何らかの理由で転職する際、今までと同じ業界、同じ職種に転職するのが一般的ですが、業界低迷や会社倒産で仕事を失うと、職を選んでいる場合ではないこともあります。

 

そういった時に異業種、異職種へ転職されると思いますが、専門用語でいうと、キャリアチェンジといいます。

 

つまり、今までの経験を一度リセットし、新たな可能性を見出す目的での転職となる為、未経験の業種、職種への転職となるのが一般的です。

 

しかし、このキャリアチェンジは転職市場では『不利(難しい)』とされています。では、なぜ難しいのかを次に解説していきます。

キャリアチェンジがなぜ難しいのか

キャリアチェンジの転職が難しいので対策をネットで検索中

転職というカテゴリーの中で「不利」になることは多く存在しますが、その中の一つとして『キャリアチェンジ』があります。

 

前述したように、異業種、異職種へのキャリアチェンジということは、基本的には『未経験』ということが前提にある為、自分の市場価値を下げる転職になる可能性が非常に高いため『不利(難しい)』とされています。

 

この不利を少しでも抑えるために必要なのが「応募企業に対して即戦力として何ができるか」というのがキャリアチェンジを成功させる肝となっています。

 

当然ですが、同業種、同職種への転職なら面接で、実績の確認を行っていきますよね?営業なら営業実績が豊富であることや、開発職なら特許等の取得状況などを確認します。

 

つまり、その職種にいかに精通しているかが肝となりますが、未経験応募というのは上記の考え方が通用しません。

 

「未経験」という重い足枷をしたまま転職活動を行う必要があるため、異業種、異職種への転職(キャリアチェンジ)は難しいとされているわけです。だからこそきちんとした対策が必要です。

キャリアチェンジの転職は『スキル&経験戦略』が必須!

転職して異業種、異職種へのキャリアチェンジを成功させている人たちは山ほどいます。当然、コロナ禍の今でもキャリアチェンジして成功する人は山ほどいます。

 

では、なぜ転職できるのか。答えは、『スキル&経験戦略』を実行しているからです。

 

下の図がその戦略を表した図です。

 

キャリアチェンジの転職が難しいので対策を表に書き出してみた

転職におけるキャリアチェンジ!未経験への転職対策は戦略的に!

 

 

「未経験」という重い足枷を少しでも緩めるための戦略として、応募企業に対して自分の経験やスキルからチャンスを狙って行く必要があります。

 

その転職の難しさを表したのが上の図です。

 

「難」領域を狙ってもまず間違いなく落とされるので、「チャレンジ」領域を狙ていく必要があります。

 

例えば半導体業界の営業からゲーム業界の企画をやりたいとします。ゲーム業界も職種も経験がない為、判定は「難」です。あなたの目標を叶えるためには、ゲーム業界の営業に入ることから始めなくてはならないことがご理解いただけたと思います。

 

業界も職種も経験がないというのは「即戦力」としては期待できない為、採用されません。

 

まずはチャレンジ領域でキャリアを積むことが難しいキャリアチェンジを成功させるためには非常に大事対策と言えます。

 

20代なら未経験求人でもチャンス大!


キャリアチェンジにおいて『スキル&経験戦略』が使えない人は?

キャリアチェンジの転職が難しいので対策を考えたけど諦めた女性

転職におけるキャリアチェンジをしたくても、図 の「チャレンジ」すら満たしておらず、採用に至るまでかなり苦戦を強いられるパターンがあります

 

例えば、転職エージェントを利用しているのであれば、エージェント側は内定率を上げるためにリスクが高い案件(マッチング度が低い案件)はよっぽどのことがないとがないと紹介はしません。

 

一番の問題は、スキルも業界も知らない人間を「おすすめな人材」として企業に売り込めない為、紹介しないというのが大きいです。

 

20代はポテンシャル採用の為、簡単に経験&スキル戦略で異業種、異職種に転職できますが、30代、40代になるとかなり厳しいです。その為、30代、40代であれば『異職種』を避けて転職活動をすることが難しいキャリアチェンジの転職を成功させる対策です。

 

営業なら営業、設計なら設計など、その職種を変えてしまうとかなり転職することが難しいので、キャリアチェンジすることは業界のみとするのが得策と言えます。

 

2020年8月追加

コロナ禍の20代転職はこちら↓

キャリアチェンジの転職は企業のHPから応募すると通過率が悪い!

キャリアチェンジの転職が難しく対策が打てない男性

企業のHPの「採用情報」から応募条件を確認し、少しでもマッチポイントがあれば企業側の人事に頼んで履歴書を送らせてもらう作戦もあります。しかし、これは書類選考の通過率も悪いですし、非効率的な転職活動になるので辞めた方がいいです。

 

この作戦がマッチするのは、経験豊富で同業、同職種の転職希望者且つ、惚れた会社が存在するときです。

 

基本的にキャリアチェンジをするときは、未経験が前提なので人事にメールなどで連絡して履歴書の送付をしようと思ってもお払い箱にされることが殆ど。

 

キャリアチェンジでも効力を発揮しやすいのが転職エージェントなので是非利用した方がよいです。これはキャリアチェンジの対策として重要なので覚えておきましょう。

▶キャリアチェンジに転職エージェントが役立つ理由は?

企業への直接応募、転職サイトでの応募はあくまでも『即戦力』者の募集です。つまり、即戦力者として判断できない人物は、応募書類の時点で不採用です。

 

これは、一方的に書類を送り付けるわけですから当然だと思います。

 

しかし、転職エージェントのごく一部のエージェントは『推薦状』を企業に送るエージェントがあります。これは、企業にあなたがどのような人物で、どのように求める人物像とマッチしているかをエージェント目線で書かれた書類です。

 

実際に私が面接官をしていた時にも『doda』を利用していましたが、推薦状が送られてきています。

 

つまり、業界は未経験ながらもキャリアが豊富なため、貴社で活躍できるであろうことが書かれているので応募書類が非常に通りやすくなるのが特徴です。

 

その為、キャリアチェンジを考えているんであれば、転職エージェントを利用することは対策になるのでおすすめします。

▶dodaの特徴

1位おすすめ転職エージェントNo.1『doda』

私自身が企業側としても転職者としても利用価値が一番高かった転職エージェント。業界に精通したコンサルタントが転職者のわがままを叶えてくれます!転職希望の方は登録する価値あり!転職相談だけでもOK。
求人数 100,000件前後
面談の質 転職の動機からキャリアプランまで寄り添う面談
対応地域 全国
特徴 転職者満足度No.1。業界を牽引していくほどの大手人材紹介会社。サポート体制も充実。初めての転職でも安心
公式サイト▶ 話そう、探そう・転職はdoda
※外部サイトに遷移します

キャリアチェンジの転職まとめ

キャリアチェンジの転職が難しい理由が分かり対策が打てた女性

転職におけるキャリアチェンジはいかがでしたでしょうか。簡単にまとめると、

 

①異業種、異職種を攻めないで『異業種』、『同職種』を狙う
②企業のHPから直接応募は避ける
③エージェントの『推薦状』を利用する

 

20代であれば、未経験でも全然可能なキャリアチェンジ。30代、40代は『同職種』の求人を攻めていくとキャリアチェンジしやすいのでおすすめです!

 

きちんと対策してキャリアチェンジの転職を成功させましょう。

▶20代おすすめ転職エージェント

若手1位『第二新卒エージェントneo』

10代・20代のえらぶ就職転職満足度No.1。面接対策満足度No.1、就職転職相談しやすさNo.1と非常の若手層から指示されています。
第二新卒はもちろん、フリーター/既卒/中退/高卒/中卒/早期離職など学歴不問で就業支援を行っているので納得の転職が可能です!
求人数 10,000件前後
面談の質 若手専門のエージェントなので不安解消の為に初回面談は2時間と他社の倍!
対応地域 東京、大阪、名古屋、福岡にオフィスあり
特徴 若手の転職支援実績No.1。初めての転職からキャリアに不安な方までサポートしてもらえます。書類添削、模擬面接なども充実。
対応年齢 10代、20代
公式サイト▶ 【公式】第二新卒エージェントneo
※外部サイトに遷移します
年代別!最強転職エージェント紹介!

最強転職エージェント

 

「求人検索、応募書類作成、面接対策、雇用条件の交渉...。初めて尽くしで何から手を付けていいのか分からない。」といった、はじめの転職におすすめの転職エージェントを紹介!

登録からサポートまで完全無料で安心して利用できるので、転職エージェントの利用価値は絶大です!

各年代別のおすすめ転職エージェントを理由を添えて紹介しますので、気になる転職エージェントがあればまずは登録してみましょう!

👑20代の転職に利用価値大👑
ブラック企業を除外、優良企業のみの求人紹介!
20代のサポートは業界随一!
20代に特化した転職エージェントである「第二新卒エージェントneo」。株式会社ネオキャリアが運営する関東、関西、九州地方の20代の転職に強みを持っています。求人数も10000社以上を保有し、経験豊富なアドバイザーが親身にサポートしてくれます☆
【特徴】
①書類対策、面接対策徹底サポート。
②サポート時間が他社より長い。
③ブラック企業排除で求人紹介。
④学歴、職歴に不安があってもサポート可能。
【NGユーザー】
18歳以下と29歳以上
面談予約が取れないかた
※詳細確認や登録は以下から確認可能です↓
👑30代の転職に利用価値大👑
20代、30代のキャリアアップに最適な求人をピンポイント紹介!
丁寧な対応で求職者の方一人一人との関係性の構築を大切にしている
パーソルキャリアの「doda」は求人情報サービス・人材紹介サービスを提供する転職サイトです。まずは自分で求人を探してみたいという方も、1人での転職活動は不安を感じるという方もdodaで自分に合った求人を見つけることができるのでおすすめ!私はdodaで年収大幅アップを実現しました!
【特徴】
<転職サイト機能>
日本最大級の求人数を掲載。毎週更新される求人特集や新着求人から、マッチした求人の検索と応募が可能。職種、年齢、経験を問わず、さまざまな求職者が利用可能。
<エージェントサービス>
非公開求人を含む約10万件の求人からあなたに合った求人を紹介。専門スタッフが企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポー
【NGユーザー】
①エージェントサービスへ新規会員登録後、キャリアカウンセリングを受けれない方。
②40代以上は求人数が少なめなのでおすすめできない。
👑40代の転職に利用価値大👑
40代以上の転職にうれしいハイクラスにも対応
好条件求人を多く有していることから利用満足度も好評価!
転職のリクルートエージェントは求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1。実績豊富な 転職エージェントがあなたの転職を成功に導いてくれること間違いなし!異業種への転職、ハイキャリアを目指した転職、グローバル求人にも対応。幅広い求職者が利用している。
【特徴】
1.面談で自身がまだ気づかれていない強味を発見できる。
2.非公開求人も含めた多数の求人から最適な求人を紹介。
3.キャリアアドバイザーからも企業にあなたの強みをアピール。
【NGユーザー】
①キャリアカウンセリングを通じての求人紹介を求めない方。
②電話連絡が取れない方。

※転職エージェントのランキングおよび詳細は、各HPや私自身が利用した経験、利用者からの声を基に分析した結果を掲載しています。他社を否定するものではありません。また、利用の有効度は個人差があります。複数社に登録し、比較検討されることをお勧めします。

👑併用したい転職ツール👑
転職ツール 特徴
リクナビNEXT 全国の求人情報を勤務地や職種、あなたのスキルや資格などから検索が可能。転職成功のヒント満載の求人/転職のサイトです。
ミイダス コンピテンシー診断が使える!職務適性やパーソナリティの特徴、ストレス要因、相性の良い上司・部下のタイプなど、あなたのコンピテンシー(行動特性)を分析できる(完全無料)。
転職会議 国内最大級100万件以上の転職口コミ情報が掲載されています。会員数は500万人以上。日本中の企業の口コミが集まっています。

※クリックすると公式サイトに遷移できます。

Twitterでフォローしよう