最終面接まで来た転職希望者に落ちることを宣言する社長

最終面接を受けて落ちてしまうと心が折れてしまい、転職活動自体を辞めてしまう人が非常に多いです。最終面接は落ちないと言われる中での不採用なので、それはやはり大きな原因があります。面接官の私が、最終面接で落ちる原因と落ちない秘訣についてわかりやすく解説!

 

こんにちは!転職アドバイザー南野弘明です。

 

この記事をお読みになられているということは、いよいよ最終面接まで来ましたね

 

一次面接、難関の二次面接をクリアできたので、是が非でも内定を取りたいところ。しかし最終面接もやはり気が抜けない状態なのでしっかり対策をして臨みましょう

 

今回は、最終面接で落ちない為にやるべきことを完全版として解説いたします!

 

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

 

●こんな方におすすめな記事●

①最終面接の内容を知りたい
②最終面接の対策方法知りたい
③最終面接は落ちることもあるので不安

 

注目20代の転職希望者必見!

最終面接の役割って何?

最終面接まで来た転職者を落ちるまで質問する面接官

転職における最終面接の役割とは何か。それは一言でいうと、

 

経営者が応募者を最終的に見極めるため

 

ということです。一次面接で現場担当者、二次面接で管理職といった段階を踏み、問題なしというお墨付きをもらった人物を最終的に経営者が判断して採用となる為のイベントが最終面接です。

 

その為、最終面接で不合格となると採用試験において非常に効率が悪いため、合格率は非常に高くほぼ落ちないのが実際のところです。

 

私が面接官を行っていたベンチャー企業では、通過率はおおよそ90%程度です。その為、ほぼ落ちないです。

 

ではなぜ最終面接で落ちる人がいるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

最終面接の登場人物

最終面接は転職でも落ちると説明する役員たち

転職における最終面接の出席者は、社長をはじめとする役員数名が基本。また、場合によっては2次面接担当であった入社後の直属の上司が出席します。

 

さらには、人事部長レベルは出席するかもしれません。

 

社長や役員が登場するわけですから、絶対に失礼な発言だけは避けましょう

 

落ちないと言われている最終面接で落ちる人は、失礼な発言をした人が非常に多いのも特徴です。

 

注目おすすめ転職3選ツール

転職ツール 特徴
リクナビNEXT 全国の求人情報を勤務地や職種、あなたのスキルや資格などから検索が可能。転職成功のヒント満載の求人/転職のサイトです。
ミイダス コンピテンシー診断が使える!職務適性やパーソナリティの特徴、ストレス要因、相性の良い上司・部下のタイプなど、あなたのコンピテンシー(行動特性)を分析できる(完全無料)。
転職会議 国内最大級100万件以上の転職口コミ情報が掲載されています。会員数は500万人以上。日本中の企業の口コミが集まっています。

※クリックすると公式サイトに遷移できます。

最終面接は身だしなみについて100%チェックされる

最終面接を完ぺきにこなし落ちると言われたのに合格した転職者

転職における最終面接はほとんどが役員クラスが出席しますので、身だしなみに関しては細心の注意を払ってください。

 

・スーツのしわ
・靴の汚れ
・ヘアースタイル(寝癖)
・肩のフケ

 

など身だしなみはしっかり整えて臨みましょうスーツの色は黒系を着用し、ネクタイは地味すぎないものを選びましょう。

 

よっぽどの身だしなみでなければ落ちないと思いますし、社会人としての常識をわきまえた身だしなみであれば大丈夫です。そんな中でも落ちる人は、よっぽどだと思います。

最終面接はどんな質問をされるの?

最終面接で落ちるかもと不安な転職希望者

転職における最終面接は、高確率で2次面接と似たような質問が飛んできます。復習の為にも下記に例題を書き出しておきます。

 

2次面接の内容
✔自己紹介をお願いします。
✔職務経歴をお願いします。
✔退職理由を具体的に説明してください(重要)
✔志望理由をお願いします(重要)
✔○○の業務における成功体験をお願いします。
✔長所と短所を教えてください。

 

といった今までの採用試験の面接で何度も聞かれた内容をまた確認されます。

 

めんどくさいからといって省略しないでしっかり説明してください 。次に、最終面接独特な質問をされるものもあるので、次に解説します。

 

▼二次面接対策はこちら▼

▶●●のスキルがなぜ弊社で活かせると思ったのですか?

質問パターンとしては、職務経歴書の説明の後に、

 

「○○の経験を弊社でどのように活かしてくれますか?」

 

と質問されることが非常に多いです。

 

この場合は経験と貢献度をしっかり説明するのは当然ですが、説明の際に専門用語を頻繁に使用するのは避けてください

 

なぜなら、役員の方々は専門知識がない場合もありますので、配慮が必要です。落ちる人の典型例は、専門用語をひけらかすパターンです。

▶転職理由と志望動機の一貫性を突っ込まれる

・なぜ退職しなければならなかったのか
・なぜ応募企業に転職したいのか

 

を一貫性をもたせて説明してください。

 

最終面接ではこの点を入念に確認してきます他社ではなぜダメなのですか」という鋭い質問が飛んでくるので、しっかり対策してください。

 

この部分を答えられないと最終面接で社長は不採用の決断を下す場合がありますので要注意です!

▶あなたの将来のキャリア・ビジョンを教えてください

入社後の長期的なキャリアビジョンについて高確率で説明を求められるます。これは必勝法がありますので安心してください。

 

キャリア・ビジョンに対しての必勝法
① 求人票の「求める人物像」をしっかり確認しておく。
② 期待されていることをまとめておく。
③ ①②の内容に基づき5年後、10年後の自分を想像していく。
④ ③+αとして管理職としてのキャリアも入れておくこと。

 

この4つについてしっかり説明できればまず落ちないです!しっかり対策して臨みましょう。

 

注目おすすめ転職3選ツール

転職ツール 特徴
リクナビNEXT 全国の求人情報を勤務地や職種、あなたのスキルや資格などから検索が可能。転職成功のヒント満載の求人/転職のサイトです。
ミイダス コンピテンシー診断が使える!職務適性やパーソナリティの特徴、ストレス要因、相性の良い上司・部下のタイプなど、あなたのコンピテンシー(行動特性)を分析できる(完全無料)。
転職会議 国内最大級100万件以上の転職口コミ情報が掲載されています。会員数は500万人以上。日本中の企業の口コミが集まっています。

※クリックすると公式サイトに遷移できます。

最終面接は『待遇面』の説明がある

最終面接で落ちるかもと不安なので転職希望者たちがネットで対策を調べている

最終面接はまず落ちないです。ですので、100%の確率で待遇面つまり、雇用条件についての説明を受けることになります。

 

待遇面の説明内容
・希望報酬額の確認(月額、年収)
・企業側の提示予定額(月額予定、理論年収)
・入社可能日

 

といった具合です。この説明があった場合はほぼ内定をもらえると思って間違えないでしょう。その為にも、最終面接前には希望年収額などについて事前に準備しましょう。

 

あなたの希望年収について再度確認があるので、必ず答えられるようにしましょう。

 

間違えても、履歴書に書いてある内容であったり、一次、二次面接と異なる回答はしないようにしてください。

 

そうなると落ちる可能性があります!

 

落ちる人は大抵今までの待遇面を修正し、最終面接で釣りあげてくるパターンです。これは落ちる人の典型例なので注意してください。

おまけ

最終面接を合格し、内定を得た女性

転職における最終面接でどのサイトも教えてくれない最後の質問が飛んでくることがあります。最終面接の締めくくり場面で、

 

「最後に意気込みを教えてください」

 

といった質問を社長が聞くことが多かったです。自分の総括としてありのままで決意表明してみてください。そうすることにより長い転職活動に終止符を打てると思います。

 

最後になりますが、やっとたどり着いた最終面接。

 

おそらく通過率は90%くらいの確率だと思いますが、準備なしで臨んでしまうと痛い目にあいますので万全の準備で臨んでください。

 

それでは!最終面接頑張ってください!

関連記事

▶最終面接で落ちたら転職エージェントの模擬面接を!

おすすめ模擬面接におすすめエージェント

名前 広告 特徴
第二新卒AGENTneo 20代に人気の転職エージェント。手厚いフォローと親身の対応が特徴。
就職Shop 書類選考なしの企業を多く保有。面接対策もばっちり!20代特化のエージェント。
リクルートエージェント 若手からハイクラス求人を多く保有。業界最大手。
マイナビエージェント 新卒でおなじみのマイナビ。転職サポートに特化したエージェント。

※クリックすると詳細ページに遷移できます。

🔻僕のおすすめ転職戦略公開🔻

●転職はむずかしい?

●ブラック企業だけはやだ!

● 今より悪い職場だったら・・・

これらは全部対策可能です。

単純にハローワークや求人紙に出ている求人では、上記を満たす求人には出会えない。転職エージェントだけでは、現場の生の声は入手できない。

そんな不安を全て満たすおすすめ転職ツールを集めて見たので、活用してみませんか?現役面接官、人事経験豊富な私が全力でおすすめする完全無料の転職ツール公開!

↓詳細はこちら↓

Twitterでフォローしよう