▼強み/年収分析最強ツール▼
Zoom面接のコツ!準備から好印象を与えるポイントまで解説

Zoomは、WEB面接で最もよく使われているツール。面接当日にトラブルを避けるためにも事前準備をしておくとともに、好印象を得られるポイントについて対策しておくと良いでしょう。今回は、このzoomの使用方法から面接における対策方法について、現役面接官が解説します。

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

こんな方におすすめの記事

①これからZoom面接を受ける
②Zoom面接前に準備すべきことを知りたい
③Zoom面接で好印象を与える方法知りたい

【年代別】おすすめ転職エージェント

完全無料の転職エージェントの活用は、現代の転職では必須ツールの一つ。マッチ度の高い求人紹介から各種転職対策、雇用条件交渉(年収交渉)まで幅広いサービスが受けれます。

企業との太いパイプで年代ごとにマッチした求人を多く保有しているからこそ、選考通過率・内定率が劇的に上がります!

この機会におすすめの下記の転職エージェントに登録し、無料サポートを受けてみましょう!

20代 就職Shop
30代 doda
40代 リクルートエージェント
50代 東京で転職!ミドルコーナー

ZoomのWeb面接は今後も主流に!

Zoomの面接の事前準備をする様子

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。転職すると決めた場合、避けては通れない「面接」。この面接の攻略は、転職希望者にとって最も頭が痛い課題だと思います。

今回のコロナでさらに転職市場の面接の在り方が大きく変化しています。それが「WEB面接」です。

 

3密、不特定多数の人との接触を防げるといったメリットもありますが、転職者にとっても大きなメリットがあります。

今まで地方出身者は首都圏へ転職する為にはかなりの費用をかけて転職活動を行う必要がありました。しかしWEB面接の普及により、通信環境さえ整えておけば簡単に面接試験を受けることができます。

 

そのWEB面接で最も利用されているのが『zoom面接』です。

 

このオンライン会議システムの攻略方法がWEB面接対策に直結しますので、今回の記事は『zoom面接の対策』に特化して説明させていただきます。

転職のWEB面接で最も利用されているのは『zoom』

Zoomの面接の事前準備を説明する企業

コロナの影響で多くの企業がテレワークを行い、その中でも最も注目を集めたオンライン会議システムサービスが『zoom』です。

この会議システムは、パソコンスマートフォンにも対応しているため、いつでもどこでもWEB会議が可能になったことは、全世界で仕事の向き合い方が大きく変わるきっかけになりました。

また、高画質且つ音質もいいので、急速に普及したと言えるでしょう。

 

『zoom』の一番の特徴は、通話の受け手側即ち転職希望者側は、会員登録を必要とせず、通話に必要な「URL」を共有することで通話ができてしまうというところです。1対1の通話なら無料、1対2以上の会議なら40分まで無料となります。

無料で利用する企業も多いので、企業側は3人の面接官がいても会議室のプロジェクターで写しながらZoom面接が進むという形が一般的です。

 

次に、企業から面接を行いたいという依頼をされた後、『zoom』についてどのように準備していくかについて使い方を含めて説明していきます。

『zoom』を使ったWEB面接の準備は念入りに!

Zoomの面接の事前準備のやり方を調べる様子

zoomの特徴は前述したとおり、幅広い企業でオンライン会議用システムとして利用されています。

 

その為、最低限の使い方を押さえておくことは、Zoom面接対策だけではなく、これからのビジネスパーソンとして必要なスキルとなるので、しっかり使い方をマスターしておきましょう。

準備①:スマホではなく「パソコン」で面接を!

Zoomの面接の事前準備をする20代女性

新卒の就活生ではたまにノートパソコンではなくスマートフォンを使用してZoom面接に臨む人もいるのですが、正直アウトです

「zoomは、スマートフォン用のアプリも出ているのでいいのではないか」という人もいるのですが、企業側の心象はかなり悪いです。

 

スマートフォンでオンライン会議OKというのは、あくまでも社内会議の気心しれたメンバーでの話で合って、ビジネスシーンの初めて会うメンバーでは非常識です(2021年現在の話)。

スマートフォンだと声が聞こえにくいといったトラブルもありますから、自分をアピールする場でそんなトラブルを起こしては台無しです。なので必ずパソコンを準備しましょう。

 

zoomの対応しているパソコンのブラウザは下記なので、現在お持ちのノートパソコンが対応しているのか確認しておきましょう。

 

zoom対応ブラウザ一覧
①Google Chrome
②Internet Explorer
③Safari
④Firefox
⑤Microsoft Edge

【注目】おすすめ格安パソコン

ノートパソコンをお持ちではない方は、格安パソコンで問題ないので、是非この機会に購入を検討しておきましょう。

格安パソコンなら概ね3万円~4万円程度で購入できますし、カメラ付きのパソコンなのでWEB面接でも利用可能です。下記に一例をあげておきますので参考にしてください。

 

ノートパソコンoffice付き新品Windows10 Proオフィス搭載ノートパソコンメモリ4GB内蔵SSD64GB画面サイズ14.1インチWi-Fi WEBカメラCPU INTEL Celeron-N3350 NAT-KU PC送料無料(7月中旬より順次発送)

価格:34,800円
(2020/7/10 14:55時点)
感想(27件)

 

準備②:お部屋の背景にもこだわりを!

画像引用元:レンタルスペース・貸し会議室の予約ポータルサイト「くーある」

 

Web面接が主流の昨今。お部屋の背景をモザイクにしたりして対応している応募者の方が多く見られます。プライベート空間のため、面接官としても理解していますが、正直結構気になります(笑)。

モザイクからうっすら見えるポスターが「ん??」て思うときもありました・・・。

そんなときに是非利用していただきたのが、Web面接に適した貸し会議室。背景がシンプルな壁なので、面接官にも配慮した背景となります。

時間単位で借りれるので、面接の一時間前からレンタルし、3時間利用にしておくとZoomなどのオンライン面接が長引いても安心です。

格安Web面接対応の会議室が多数掲載されている貸し会議室については、下記のボタンより確認可能です!

 

準備②:入室するまでの流れ

それでは、いよいよWEB面接当日のZoomの使い方について解説していきます。Zoomには2つの参加方法があります。

 

  1. Webブラウザーで参加
  2. メールなどで送られてきたURLをクリックして参加

 

次にそれぞれの場合の使い方を見ていきましょう。

1:Webブラウザで参加する場合

① 任意のブラウザーを立ち上げます。

② Zoomのサイトにアクセスします。

③ ホスト/主催者から支給されたミーティング IDを入力します。

 

Zoomの面接の事前準備①

 

④ 最後に参加をクリックして開始します。

2:メール等の記載されたURLから参加する場合

① 企業から送られてくるURLをクリックしてください。

② 表示された指示に従い、ダウンロードを実施(約5分程度)。

 

Zoomの面接の事前準備②

 

③ ダウンロード完了後、「ミーティングに参加する」をクリック。

④ 注意:入室の際にユーザー名の入力があるので「本名」で入室しましょう。

⑤ あとは、企業側の入室許可待ちになるので待機します。

 

一般的なZoom面接の場合、こちらのメールでURLが送られてくることがほとんどです。なので、こちらをきちんと理解しておけば問題ないと思います。

3:5分前にはアクセスしてOK

よくある質問で、「Web面接は何分前にアクセスすればいいか」という質問をいただきます。

いずれの方法でも、5分前にはZoom面接のスタンバイをしてOKです。面接官は3分前ぐらいに入って来るので、5分前であれば遅くもなく、早くもないといった時間です。

僕が面接官をしているときも、大体5分前くらいにアクセスされる方が多いので、5分前に入室するのがよいでしょう。

準備③:Zoomの画面の使い方を知ろう!【便利機能有】

次に、zoomを使った画面についての使い方を説明していきます。

 

Zoomの面接の事前準備③

 

入室したら画面中央の赤丸の部分にあなたの映像が映ります。広い部分が面接官の顔となります。次に、マイクはONビデオもONになってることを確認してください。あとは一般的な面接の流れとなりますが、便利な機能があるので説明しておきます。

1:チャット機能

Zoom面接のトラブルとして多いのが、WEB環境が悪く、声が聞きづらい場合などがあります。

そういった場合、多くの人が焦ってしまい、「言いたいことが言えなかった」と悔やんでしまいます。しかし、面接は1回限りのチャンスです。そういった、トラブルが発生したときの便利機能が「チャット」です。

 

通信環境で声の音質が悪くても、チャット機能は普通に利用できることが多いため、このチャット機能で聞こえづらいことを面接官に伝えましょう。最悪の場合、チャット機能で面接を進ませることができるため、上手くいけば高評価を得られることもありえます。

2:画面共有

この画面共有機能は、あなたまたは面接官に画面を共有して説明することが可能です。WEB面接の攻略は、この画面共有でプレゼン資料を用いてアピールすると非常に効果的なので使い方を覚えておきましょう。

 

面接試験の際に、資料を見せて説明してはいけないというルールはないので、WEB面接だからこそプレゼンが簡単にできる利点があるため、しっかり利用しましょう。「画面共有ボタン」をクリックすると移したい画面、資料を選べるので、資料を選択して画面を共有してください。

 

資料は事前にパワーイトなどで作ったもので問題ありん。ただ、在職中の資料などは決して見せてはいけません。企業の機密情報が含まれたものを外部に漏らしたという問題もありますが、面接側の企業からもかなり心象が悪いので、間違いなく不採用になります。

 

準備④:映る自分の服装をきちんとチェック!

zoomを使ったWEB面接の失敗例としてよく挙げられるのは「スーツを着てWEB面接に臨まなかったため、心象が非常に悪かった」という事例があります。

WEB面接だからといってスーツを着て臨まないのは、社会人としてのマナーがかけています。面接の前には、今一度鏡の前で下記をチェックしましょう。

 

  1. 髪を整える
  2. 男性なら髭の手入れ
  3. 襟が立っていないか
  4. 男性ならネクタイの曲がり
  5. ちゃんと下もはきましょう(笑)

準備⑤:映る部屋の背景にも気を配ろう!

次に、あなたの後ろの背景です。zoomを使ったWEB面接では、あなたが映るのとあなたの背景も映し出されます。基本は自宅でWEB面接に臨むと思いますので、後ろの背景には気を付けましょう。ここで役立つのがノートパソコンです。

持ち運び自由なので、事前に背景が白い場所などにノートパソコンをセットアップして、面接官に不快な思いをさせないようにしましょう。間違えても「アニメのポスター」を背景にしないでくださいね(笑)。

 

最近ではバーチャル背景やぼかし機能を使う人がいますが、正直心象はよくないと思ってください。この背景設定をするというのは、そもそも「隠す」という意図で行っています。つまり、余計なことを面接官に考えさせてしまいますので、不利に働くこともあります。

「バーチャル背景なら白でOKだ」という方もいますが、僕の中ではNGです。ぼかし背景もNGです。なぜなら、みられたらまずいことがあるからバーチャル背景を使用したり、ぼかしを利用するわけです。

 

それらの背景をしようぜず、堂々とカーテンや壁、クローゼットの扉が写っている方が心象がいいですし、親近感もわきます。なので、できればバーチャル背景やぼかし設定をしないことをおすすめします。

準備⑥:面接で使えるPCアクセサリー

Zoom面接の際は、相手に自分をしっかり映し出す為に使用したいのでできれば「WEBカメラ」は取り付けておいた方がいいでしょう。

ノートパソコンの添え付けのカメラでは、下から映るので映りが悪いといった点が問題視されることがあります。そうったことが無いように、下記の様なWEBカメラを準備しておくことをお勧めします。

 

【送料無料】ウェブカメラWEBカメラマイク内蔵USBカメラ即挿即用式パソコンノートパソコン用会議用170°調整可能オンライン会議用生放送オライン教育USB電源ケーブル優れた互換性高解像度上下式ソフト不要高精度画像の歪みなし

価格:1,980円
(2020/7/12 12:50時点)
感想(20件)

また、ノートパソコンのスピーカーでは、相手の声が聞こえなかったり、逆にこちらからの音が面接官に聞こえずらかったりといったトラブルも増えています。

そういったことを未然に防ぐためにWEB面接の際はイヤフォンやヘッドフォンを付けておくとよいでしょう。WEB面接試験時におすすめのイヤフォンを下記に紹介します。

 

【高音質】イヤホンイヤフォンハイレゾカナル型重低音イヤホン有線マイク付きノイズキャンセリングリモコンノイズキャンセル遮音携帯スマホPC通勤通学運動スポーツAndroidに対応通話音量調節可3.5MM

価格:2,618円
(2020/7/12 12:58時点)
感想(3件)

Zoom面接で好印象を与えるポイントは?

Zoomの面接の事前準備をする企業の面接官

Zoom面接で好印象を与えるポイントは、まずWeb面接において共通のことですが、トラブルを起こさない事前の準備がきちんとできているかがポイントです。

Zoom面接の前のチェックポイントをまとめたので、再度チェックしてみましょう。

 

【チェックリスト】

チェックポイント 対策
スマホを利用していないか ノートパソコンで行う。スマホを使うとバレます。
予定時刻にきちんとアクセスできたか 5分前にアクセスしてください。
Zoomの使い方を理解しているか チャット、画面共有方法を理解しておく。
服装に問題ないか スーツ、身だしなみを最終チェック!
背景を選んだか 背景は自分の部屋の壁がよい。最近では、レンタルスペース、貸し会議室の利用も増えています。

おすすめ会議室検索:くーある

見栄えや音声にも気を使っているか Webカメラ、イヤホンは最適なものを選ぶ。

 

面接で聞かれることは、対面と変わりません。面接官が持っている資料は、対面式のチェックリストと同じなので、各段階の面接と同じ準備をすればOK。

過去記事の面接対策記事を事前に熟読し、しっかり対策を行いましょう!

 

【おすすめ】転職に役立つ記事一覧
年収査定 年収査定が無料できるサイトとは?
応募書類 職務経歴書の添削が無料で行ってもらえる方法とは?
求人紹介 総合型転職エージェントを利用した上手い転職方法とは?
面接対策 面接の質問には法則がある!質問集81選
条件交渉 年収交渉を失敗すると内定取り消し?上手い方法とは?

『zoom』を使ったWEB面接かどうか事前に知る為には?

Zoomの面接の事前準備きちんとして内定をゲットした様子

応募企業がWEB面接対応可能かどうか、そして、Zoomを使ったWEB面接かどうかを試験前に知ることができれば準備・対策・攻略はしやすいですよね?

 

ハローワークなどに求人を出す企業は「あれ」ですけど、転職エージェントの求人となると時代に順応した採用活動を行っている企業が多いので、WEB面接可能なところは非常に多いです。

 

また、新卒であれば、就活エージェントを利用すれば、Web面接でZoomが利用されるか教えてもらえます

 

WEB面接にまだ不安があれば、対応方法から使い方までしっかり教えてもらえるので、登録して相談してみるとよいでしょう!Web面接は事前準備がポイントです!

おすすめ①:新卒の就活エージェント

【新卒】就活エージェントの利用が秘訣

コロナで厳しい新卒の就活。就活サイトに登録して一人で全ての情報を入手、応募書類の作成、面接対策まで全て一人で行うことは意外と大変。

そんなときにおすすめなのが就活エージェントの利用です。完全無料で内定までのあらゆる場面を徹底サポート。ESの添削、Web面接対策もお手の物!

一人で不安な就職活動も就活のプロと二人三脚でマッチ度の高い求人にアプローチしていきませんか?是非この機会に登録して、キャリア面談を受けてみましょう。

エージェント名 特徴
JobSpring エージェントのサポートにより、選考への戦略を一緒に練ってくれます。
キャリアチケット 優良企業に行ける(ブラック企業を避けることができる)二人三脚の就活が可能。
特別選考ルートへご招待! キャリアパーク就職エージェント 年間1000名以上を内定に導く就活のプロが徹底サポートしてくれます。

おすすめ②:転職なら転職エージェント

【年代別】おすすめ転職エージェント

完全無料の転職エージェントの活用は、現代の転職では必須ツールの一つ。マッチ度の高い求人紹介から各種転職対策、雇用条件交渉(年収交渉)まで幅広いサービスが受けれます。

企業との太いパイプで年代ごとにマッチした求人を多く保有しているからこそ、選考通過率・内定率が劇的に上がります!

この機会におすすめの下記の転職エージェントに登録し、無料サポートを受けてみましょう!

20代 就職Shop
30代 doda
40代 リクルートエージェント
50代 東京で転職!ミドルコーナー
転職エージェント絞り込み検索
年代
特徴
職種
業界
さらに詳しく検索
地域

Twitterでフォローして限定記事を購読!

転職を成功の為に読んでおきたい記事