大手転職エージェントはこちら▼
体育会系出身者おすすめ業界

こんにちは、転職・就職アドバイザーの南野弘明です。

 

今も昔も変わらない企業・業界から人気の人材『体育会系出身者』。Withコロナ時代を迎えた今でも人気は衰えません。

実際に私が面接官をしていたころ、体育会系で好成績を収めた人材の方は、応募書類で確認し、面接時にエピソードなんかを聞いていました。

 

体育会系出身者は今後も需要が高いのですが、特に高収入が望める業界について、今回は解説していきたいと思います。

平均年収1000万円越えの高年収も夢ではありません!

体育会系は得しかない!その理由は?

転職に喜ぶ体育会系出身者

転職・就職において有利に働く体育会系出身者。この大きな理由は、体育会系出身者のイメージ自体が非常によいことがあげられます。

 

これは、どんな職種でもです!

 

たとえば、それが事務職でもです。では、なぜ体育会系出身に良いイメージがあるのか具体的に触れていきましょう。

▶協調性がある

体育会系出身者は、協調性があるという特徴があります。

団体、個人に関わらず、ある程度の団体、チームで活動をするのが一般的ですね。

その為、企業という組織、業界全体でも上手に馴染めるという特徴がある為、人気が衰えません。

体育会系ではない人はこの逆で、組織の中で身勝手な行動や協調性に欠ける一面をよく見ます。

▶リーダーとなれる素質がある

企業は組織の中で、リーダーとなれる逸材を常に発掘しています。

それは、組織をまとめる人間の力がその企業が大きく飛躍するためのカギを握っていることよく知っているからです。

体育会系出身者は、厳しいトレーニングの中でもメンバーを鼓舞し、時には厳しく、時には優しくすることをスポーツを通じてよく知っている為、既にリーダーとしての素質があることを意味しています。

▶精神的に強い

論理的思考力は、社会人として必要な能力ですが、精神的に強い人材も非常に重要です。

社会生活は、上司と部下という関係があり、上司は部下を叱ったりしなければならないときもあります。

また、納期などが迫ったり、顧客からクレームが入れば徹夜対応だってありえます。

そういった時に『なにくそ!』『私が何とかしてやる!』といった強い心を持った人は、体育会系出身者に非常に多く存在しています。

これは、スポーツという世界は、強い精神力、負けづ嫌いの人が上に行けるという世界なので、スポーツを通じてそのような精神的タフさを培っているのが特徴です。

▶『礼儀』を知っている

体育会系出身者は、社会人になって大事な礼儀をスポーツの中で教えられています

先生、コーチ、監督や上級生との上下関係の中で礼儀を教え込まれているという強みを持っています。

転職や就職の中で、こういった礼儀を知っていることは、面接の場での受け答えに対しても体育会系出身者はそうでない人と比べ、明らかに違うというのが面接官をやっていたころの印象です。

関連記事

体育会系出身なのに年収が低い人は損!

年収が少なくて悩む体育会系出身者

私が採用面接をしていた頃に採用の判断基準が下記です。

  1. その人のスキル
  2. 人柄
  3. 体育会系かどうか

体育会系出身者であること自体で、採用確率がぐっと上がるというのが特徴です。

 

読書好き、勉強好きという色白のインドア派より、色黒でアクティブに活動できる人材ならあなたが採用したいのはどちらですか?そう考えると後者ですよね?

 

企業は、それだけ体育会系出身者を好むのです。

 

その為、体育会系出身者は、色々な業界でも人気が高いわけですから、もし今の年収が低く悩んでいる方がいるなら転職活動をしてみてください。

もしあなたが就活生なら、次に紹介する体育会系出身者を好む業界を積極的に受けてみるとよいでしょう。

体育会系出身者を好む業界5選

不動の人気の体育会系出身者。特に人気が強い業界は、大きく分けて5つの業界が存在します。

間違いなく採用される確率は高いですし、業界によっては高年収も望めるといった特徴があるので、業界ごとに解説していきます。

▶不動産業界

不動産業界は特に体育会系出身者を強く好むのでおすすめの業界です。

マンション、戸建てなどの販売をしている企業であれば、採用される可能性は非常に高いうえ、高年収が望めます

転職を考えている方でも営業的なセンスがある人であれば、未経験でも採用される可能性は高いのでおすすめの業界です。

おすすめ度

 

特徴 項目
有名企業 住友不動産、大和ハウス工業、清水建設等
想定年収 入社5年で1000万円も可能
勤務地 全国支店(転勤の可能性あり)
メリット 体育会系出身を強く好むので前面にアピールしましょう。
デメリット 不動産は基本平日が休み。家族との休みが合わないというのが特徴。実力主義なので、そういった社風を好まないのであれば辞めておきましょう。
NG業界 リフォーム系は、悪徳業者多数。戸建、マンションを販売する企業を中心に応募しましょう。

参考サイト↓

▶宅配業界

宅配業界も体育会系出身者を好みます

クロネコ、佐川といった大手宅配業界は、慢性的な人手不足に悩まされているので、常に応募をしていますし、業界全体で年収を上げないと人が集まらないので今後飛躍して年収が上がる見込みがあります

おすすめ度

 

特徴 項目
有名企業 クロネコヤマト宅急便、佐川急便等
想定年収 1年目520万円、店長クラス1200万円
勤務地 全国支店(転勤の可能性あり)
メリット 論理的思考力を問わず、実力が全てのなので体育会系出身者、Fラン大学でも問題なし。
デメリット 体が資本なので、体を壊すと稼げなくなる可能性あり。また事故等を起す可能性がある。その場合、ニュース沙汰になることも。
NG業界 引っ越し業界は、体力の割に年収が極端に低いのでNG。また、家電、家具配送もNG。

参考サイト↓

▶金融業界

不動産業界に次ぐ体育会系出身者が非常に多いのが金融業界の特徴

ここでいう体育会系の人が多いのは『営業職』です。窓口ではありません(笑)。

外回り、顧客対応等をはじめとする営業職はどの業界も同じですが、相手にする顧客が違います。保険、銀行、証券会社が相手にする顧客は金持ち層です。

そういった顧客は得てして『マナー』を大事にします。失礼な態度をとる営業担当であれば交代のクレームを出す人もいます。

しかし、体育会系出身者は礼儀正しく、マナーをわきまえている人が多いので、業界全体で好まれています。年収も非常に高いのでお勧めの業界です。

おすすめ度

 

特徴 項目
有名企業 ソニー損保、セブン銀行、野村證券等
想定年収 3年目600万円、10年目1000万円
勤務地 全国支店(転勤あり)
メリット 外資系企業であれば3000万円以上の高収入を手に入れることも可能。
デメリット ボーナス比率が成果によるので、年収が安定しない人が多い。
NG業界 消費者金融(アコム、アイフル等)

金融に強い転職エージェント↓

▶医薬品業界(営業職(MR))

医薬品業界の営業職も野球部出身、サッカー部出身等の体育会系出身者が非常に多いのが特徴です。

この営業職(MR)は、文系出身者や理系の薬学、生物、化学系出身者が多いのが特徴です。この業界は特殊で、体育会系出身者という強みと頭脳が必要な業界なので勉強が苦手な人には向きません。

しかし、年収はめちゃくちゃ高いので、そういった面ではおすすめです。

おすすめ度

 

特徴 項目
有名企業 ファイザー製薬、塩野義製薬、武田薬品
想定年収 30歳800万円、40歳1200万円
勤務地 全国
メリット 頭脳派の体育会系出身者なら高収入が望める
デメリット かなり勉強しないとついて行けない。その為、離職率も高い。MR認定試験がある。
NG業界 根拠のない怪しい薬販売全般

MRの求人が豊富な転職エージェント↓

▶スポーツ業界全般

スポーツ業界ですから当然体育会系出身者でなければ採用の可能性は低い業界です。特に、体育大学出身者であれば非常に好まれます

例えば、日体大、順天堂大学、上武大学等。

しかし、高年収を望むことは限りなく低いですが、世間としてはかなり良いでしょう。下記の特徴を参考にチャレンジしてみるとよいかもしれません。

おすすめ度

 

特徴 項目
有名企業 トレーナー:RIZAP、コナミ等
販売系:アディダス、NIKE、アシックス等
想定年収 35歳400~500万円
勤務地 企業による
メリット スポーツの成果を直接仕事に活かせる。また、好きなブランドに携わることができる。成果主義的な面が弱い。
デメリット 前述の業界より年収がかなり低い。
NG業界 マッサージ業界

スポーツ特化の転職エージェント↓


体育会系出身者の強みを活かす転職活動と就活を!

転職活動を頑張る体育会系出身者

コロナ時代でも人気の高い体育会系出身者。これから転職活動や就活を行う人は、体育会系出身者であることの強みを存分にアピールした活動が必要です

 

体育会系出身者は、肉体的にも精神的にも強いことがライバルと異なる強みです。

 

そして、体育会系出身者を好む業界、企業に応募していけば必ず高年収・高収入を得ることが可能であることが、今回のおすすめ業界5選でご理解いただけたと思います。

もし、体育会系出身であることを前面にアピールした転職がしたい方は、転職エージェントに相談して、応募書類対策、面接対策、そして体育会系であることを好む企業を紹介してもらうとよいでしょう。

当然完全無料で利用可能です。おすすめは、やはり業界最大手の『優良企業への転職情報ならdoda』。

求人数、対応地域、求職者サポートも業界随一だと思います。私自身が転職活動で最もお世話になった転職エージェントなので一押し。転職を考えているのであれば、まずは無料カウンセリングを受けてみるとよいでしょう。

それではまた!

dodaとは?

【20代、30代おすすめ転職エージェント】

未経験~経験者まで多くの求人を取り揃えている!
求職者へのサポート力最強!!(南野弘明4回の転職全て利用)
【特徴】
転職サイトおよび転職エージェントサービスの2つを展開する業界大手の人材紹介サービス企業。求人の質が高く、幅広い業種に対応しているのも特徴。キャリアアドバイザーとの面談を通して自分にあった求人を紹介してもらえるので、自分で求人を探す手間も省け、非公開求人も合わせて紹介してもらえる。
【注目の2つのシステム】
①サイトで自分で求人を探す。
転職サイト内にある求人に対して条件を絞り込み、求人を探すタイプのシステム。広い求職者が利用するので、ライバルが多くなるのが難点。また、転職サポートを受けられないので非効率的。
②エージェントサービス
南野弘明おすすめはエージェントサービス。兎に角求人の質が高いです。幅広い業種にも対応しているので、かなり限定された職種でも出会えるチャンスがあります。
20代おすすめ転職エージェントはこれだ!

20代初めての転職

 

「求人検索、応募書類作成、面接対策、雇用条件の交渉...。初めて尽くしで何から手を付けていいのか分からない。」といった、20代におすすめの転職エージェントを紹介!

登録からサポートまで完全無料で安心して利用できるので、転職エージェントの利用価値は絶大です!

20代特化型から大手転職エージェントまでおすすめ理由を添えて紹介しますので、気になる転職エージェントがあればまずは登録してみましょう!

第一位:第二新卒エージェントneo
ブラック企業を除外、優良企業のみの求人紹介!
 
20代のサポートは業界随一!
20代に特化した転職エージェントである「第二新卒エージェントneo」。株式会社ネオキャリアが運営する関東、関西、九州地方の20代の転職に強みを持っています。求人数も10000社以上を保有し、経験豊富なアドバイザーが親身にサポートしてくれます☆
【特徴】
①書類対策、面接対策徹底サポート。
②サポート時間が他社より長い。
③ブラック企業排除で求人紹介。
④学歴、職歴に不安があってもサポート可能。
【NGユーザー】
18歳以下と29歳以上※詳細確認や登録は以下から確認可能です↓

同率第一位:DYM
最短1週間で入社可能!
 
全国的に幅広い求人紹介なので20代に人気
DYM就職は、第二新卒・既卒はもちろんフリーターやニートの方向けの正社員求人を多数紹介。経歴や学歴に不安があっても正社員に転職・就職ができて、最短1週間でのスピード入社も可能!一人ひとりに合わせた徹底サポートで内定決定率の高さを実現しています。
【特徴】
①優良な正社員の仕事を紹介。
②2000社の優良企業を紹介。
③正社員求人100%。
④ブラック企業は徹底排除
⑤イベント来場者の就職率は脅威の96%。
⑥書類選考なし。
⑦カンタン60秒マッチングサービス。
【NGユーザー】
18歳未満、30歳以上※詳細や登録は以下から確認可能です↓

第三位:マイナビエージェント
大手転職エージェントでも20代に特におすすめ!
大手でもサポート力で他社を圧倒!
株式会社マイナビの人材紹介サービス「マイナビエージェント」。大手転職エージェントにありがちな「サポート力の弱さ」に対して、きめ細かなサポートで20代の転職をサポートしてくれるのが大きな特徴。保有求人数も多いため、全国でサポートしてもらえます☆
【特徴】
①東京・神奈川・埼玉・千葉における優良企業の求人が豊富
②20~30代に転職サポートに強い!
③人事&採用担当との太いパイプ!
④応募書類の準備から面接対策可能!
⑤親身な転職サポート!※詳細や登録は以下から確認可能です↓

Twitterでフォローしよう

転職を成功の為に読んでおきたい