フリーター の 末路

フリーターの末路がどうなるかわかりますか?20代の方であれば今の生活に不自由を感じない為、そこまで不安に感じる事はないかもしれません。しかし今フリーターに少しでも不安を感じるのであれば即時就職活動をすることをおすすめします!今回の記事は、フリーターの末路について解説!

 

こんにちは!就職アドバイザーの南野弘明です。

 

フリーターの方からTwitterのDMを通して、就職における悩み相談をされることが多くなっています。そんな時に私が聞く質問は「なぜフリーターであり続ける必要があるのか」という投げかけます。

 

そしてその結果を分析すると、その理由にはいくつかの傾向があることが分かりました。それが次の3つです。

 

  1. 夢追いかけ自由時間確保パターン
  2. 組織の歯車拒絶パターン
  3. 自分の能力不足パターン

 

しかし、よく考えてみると①は目的が前向きであり自分の人生の決断をしているので納得がいきますが、②③に関して個人の問題が大きいので、この部分の考え方に関して深く聞かせていただくようにしています。

 

また、能力不足により正社員の道を途絶えてしまったという方も諦める必要は一切なし!皆さんが20代でそれに気づくことができたのであれば本当によかったです。

 

そこで今回の記事は、フリーターの末路と不安を解消し将来を明るくするにはどうすれば良いかについて解説していきます。

 

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

 

●こんな方におすすめの記事●

①フリーターから脱却したい
②将来に不安を感じている
③上手く20代の内に就職したい

フリーターの末路1:年齢とともに仕事の幅が狭くなる

フリーターの末路を想像し不安になる女性

フリーターの方たちは20代であれば需要がありますが、30代以降は需要がまったくありません。その為、フリーターの末路は年を取るたびに働けなくなることが容易に想像できます。

 

それは、前述したように年齢に対する「衰え」が原因なんです。

 

バリバリの現場仕事も20代なら可能でしょうが、30代、40代では厳しいでしょう。となると、体力が求められる仕事は避けて職探しをしなくてはなりませんが、当然そんな都合のいい仕事なんてあるわけがありません。

 

30代で正社員の良さに気付き、正社員への就職活動をしてもそう簡単に正社員の求人は見つかりません 。それは、フリーターは職歴として認められないことが要因です。

 

今あなたが20代なら、すぐに正社員への道を目指して就職活動を行うべきです!不安に思うことがあるなら今日から行動しましょう!

おすすめ記事

フリーターの末路2:結婚できない

フリーターの末路を想像し不安になり就職し結婚できたカップル

フリーターの末路で容易に想像できるのが結婚できないという現実です。

 

まず安定した収入がないと家族を養うことができません。まー百歩譲って恋人と共働きで生計を立てると決めたとしましょう。しかしハードルはここからです。

 

相手の親があなたとのフリーター生活を認めることはかなり低いです。

 

まず認めないでしょう。大事な娘を定職にも就けない男に簡単に渡す親なんていません。フリーターの状態で相手方の両親を説得するなんてかなり大変ですよ。

 

まじで。

 

さらに、「俺は将来結婚なんてしない」と思っていても男なんていつ結婚したいと思うかなんてわからないんです。結婚したいと思っていても安定した収入が無く、恋人を幸せにできないなんてとても悲しくありませんか?

 

フリーターで居続けることは、将来の自分に明るい未来なんて当然ないんです。むしろ真っ暗としか言えないでしょう。フリーターの末路に不安があるならまず就職に対して行動することが大事です。

関連記事

フリーターの末路3:独り立ちしにくい

フリーターの末路を想像し仕事中に不安になった女性

フリーターの末路を想像すると将来が暗く不安になる理由として最後に挙げるのは、いくつになっても独り立ちしにくいことです。

 

フリーターの多くは「実家暮らし」という方がとても多いです。30代を超えて実家暮らしというのは、とても恥ずかしいことに思えてくるときが来ます。よく言われる、

 

親のすねかじり

 

ですね。友人などに会ったときに「まだ実家にいるの?やばくね??」なんて言われたりしますよ。そうならない為にも、いち早く正社員をめざし、独り立ちしていく準備をしていきましょう!

 

ちなみに、フリーターではアパートが借りれない場合もあるので正社員になってからアパートなどを借りるようにしましょうね。

フリーターから正社員おすすめ記事

フリーターの末路を知ったらまずは就職活動

フリーターの末路を想像し不安になって就職し、孫に車いすを押してもらえた男性

フリーターの末路について不安に思っている方は今回の記事を読んでみていかがでしたか?

 

もうお分かりいただけてると思いますが、1日でもはやく「脱フリーター」に対して行動に移し、正社員として働くことが将来を明るくするための唯一の手段だということです。

 

となると、あとは正社員を目指す方法を探すこと。

 

この探し方がミソです。

 

フリーターから正社員への就職を目指すときのやってはいけないこと、おすすめ就職方法を次に解説します。

▶ハロワの求人は『ブラック』で草

ハローワークは失業者の強い味方!当然色々な正社員求人がありますが、実は「ブラック企業」ばかりです。特に求人票と実際の雇用条件が違うなどよく聞く話。

 

ハローワークでホワイト企業を探すには相当の「目利き」が必要になりますのでそのへんの覚悟はしましょう。

 

フリーターの末路をしって抜け出す為に頑張った就職。でも就職したのがブラック企業では元も子もなし!ハローワークの求人は要注意!

▶転職サイトは利用価値ありだけど・・・

転職サイトで利用する場合も注意が必要です。基本は正社員から正社員の広告が多いため、フリーターから正社員になるには結構障壁が高いです。

 

当然企業側も「経験者」を優先しますが、基本的にフリーターは「未経験」となるので難しいでしょう。

 

まず、どのような求人があるのかを知るためにもお勧めなのが、業界でも有名な「リクナビNEXT」です。

 

求人数豊富なうえに未経験枠も豊富なので、就職活動の一番最初に登録だけで先に済ませましょう。

フリーターからの就職にも役立つ『リクナビNEXT』

求人サイト1位『リクナビNEXT』

広告 特徴
全国の求人情報を勤務地や職種、皆さんのスキルや資格などから検索でき、転職方法や転職活動体験談等、転職成功のヒント満載の求人/転職のサイト。 

リクナビNEXT

画像引用元:リクナビNEXT

求人数 50,000件以上
サイトの質 洗練された求人サイトの為、ユーザー目線で作成されているため非常に便利!
対応地域 日本全国
特徴 業界・職種・年齢・住まいを問わずサイトの登録債済ませれば閲覧できるので、幅広い求人に出会えるチャンス多数。
対応年齢 全世代
公式サイト▶ リクナビNEXT【公式】

▶就職エージェントは利用価値大

フリーターから正社員になるためのコツは、就職エージェントを利用することにあります。

 

就職エージェントは、企業と求職者のマッチングを図り、マッチングが成功した場合に企業側が就職エージェント側に報酬を支払うため、求職者側は完全無料です。

 

その中でもオススメの就職エージェントが、既卒/フリーター/ニートなどの20代を専門とした就職エージェントの利用 です。

 

フリーターでは登録できないのでは?と思っている人が多くいらっしゃいますが、実はフリーターでも登録できる就職エージェントが存在します。

 

その特徴が「20代限定」といったところですね。

 

大手は幅広い年齢層をターゲットにしますが、20代若者層をターゲットにしているエージェントは当然「学歴、職歴が不安」な若者であることを理解してくれています。

 

そのため相談なども親身になって聞いてくれるので安心です。

▽おすすめは『第二新卒エージェントneo』

おすすめ第二新卒エージェントneo

サイト名 特徴
第二新卒AGENTneo 正社員での就職・転職を希望する18歳~28歳の方々の就職/転職をサポート! 経験・学歴不問でフリーター、中卒、高卒、大学中退、大学卒業後(既卒)、短期離職、第二新卒(就業後3年以内の離職)、中途、キャリアアップの転職など幅広い経歴の方を完全無料でサポートしてくれるエージェント。

評価項目 解説
求人数 10000件以上
担当者の質 1人あたり平均10時間の手厚いサポート。 企業担当による面談対策。幅広い求人の紹介。 内定後はもちろん、入社後もサポート。 ブラック企業を除外、優良企業のみのご紹介で安心して活動できる。
登録メリット 豊富な経験を持つのキャリアアドバイザーがみなさんの将来像や希望、適正を踏まえて求人を紹介してくれる。 履歴書の添削はもちろん、一緒に職務経歴書の作成も行ってくれる。 
対応エリア 関東、関西、九州

フリーターの末路:まとめ

フリーターの末路に不安を感じ就職した女性

フリーターの将来についての記事はいかがでしたでしょうか。フリーターはメリットもありますが、デメリットが多いのも事実です。

 

デメリットを理解しないでいると、フリーターの末路を知らないまま年齢を重ねてしまい取り返しのつかないことになることも多いです。

 

正社員もメリット・デメリットもありますが、メリットの方が大きいのが今回の記事で理解できたのではないかと思います。

 

フリーターから正社員に就職するのは自分一人で行うのはとても大変ですが、就職エージェントを利用すればとても効率よく就職することができます。

 

就職エージェントは3社以上の登録することで初めて本領発揮です。

 

一社だと求人に偏りが有ったり、カウンセラーとの相性がよくないなどが発生してからの逃げ場が無くなるので、それを回避するためにも3社以上登録し、面談を受けておくことが必要です。

 

過去記事に既卒・フリーター向けの就職エージェントを特集しているので、是非参考にしてみてくださいね!目指せ脱フリーター(暗い未来を明るい未来へ!)

▼おすすめ記事▼

僕が全力でおすすめする転職戦略公開
みんなの転職の悩みベスト3

1位:転職はむずかしい?

2位:ブラック企業だけはやだ!

3位:今より悪い職場だったら・・・

これらは全部対策可能です。単純にハローワークや求人紙に出ている求人では、上記を満たす求人には出会えない。転職エージェントだけでは、現場の生の声は入手できない。

そんな不安を全て満たすおすすめ転職ツールを集めて見たので、活用してみませんか?現役面接官、人事経験豊富な私が全力でおすすめする完全無料の転職ツール公開!

↓詳細はこちら↓

Twitterでフォローして限定記事を購読!