フリーターから正社員を目指す際の面接風景

フリーターから正社員を目指すために避けられないのが面接です。ここで大事なのが面接で聞かれるのは新卒とは異なるということ。新卒の勢い面接に挑むと撃沈するので要注意!今回の記事は、フリーターから正社員を目指すための面接試験の質問対策について解説いたします!

 

こんにちは!就職アドバイザイーの南野弘明です。

 

今回はTwitterでいただいた悩み相談でとても多いものをピックアップしてみましたのでご紹介させていただきます。

 

フリーターから正社員になる為の面接が心配な男性

フリーター歴二年
今回初めて書類選考が通過し、後日面接日が確定しました。しかし、正社員としての面接は初めてで、何を聞かれるのかとても不安です。フリーターも就職における面接内容は、新卒での面接内容について対策しておけば大丈夫ですか?アドバイスお願いします。現在20代です。

 

まず結論からです。

 

フリーターから正社員になる為の面接試験は、新卒と異なる!

 

それを理解した上で面接官の立場に立って対策をしなければ、面接を通過し内定を獲得することはできません。

 

フリーター固有の質問とその回答例を含めて徹底解説いたします。

 

南野弘明てどんな人?

某グローバルベンチャー企業で面接官として数多くの方々を面接。そこで開発した『転職ノウハウ』を基に、超ホワイト企業へ転職。年収400万円アップ!
『今すぐ使える転職ノウハウ』をモットーに、転職アドバイザーとして活動中!

 

●こんなフリーターの方におすすめ記事●

・フリーターから正社員になりたいけど面接が不安。
・フリーターの面接でいつも落とされる。
・面接官の質問の意図が分からない。

 

フリーターに特化した就職エージェント↓

フリーターから正社員にる為に面接官が確認したいこと

フリーターから正社員を目指す面接試験

フリーターから正社員になるための面接の場で、面接官が聞きたい内容は決まっています。

 

それはたった3つ!

 

企業が知りたいことはたった3つ
①なぜフリーターを選んだのか。
②フリーターで何を経験し学んだのか。
③なぜ当社の正社員を志望したのか。

 

フリーターから正社員になるための面接は、新卒から正社員の就職面接とは少し質問の内容が異なるということを忘れないようにしてくださいね!

 

次に、面接官にどんなことをフリーターの立場としてアピールすべきかについて見ていきましょう。

どんなことをアピールするといいの?

フリーターから正社員を目指す面接試験で質問中

フリーターから正社員への面接でアピールすべきことはたった一つ!

 

フリーターでも新卒よりも優れていることは存分にアピールすること

 

それができないと正社員への道を切り開くことができません。

 

では、何が最大のアピールポイントになるのか。

 

そうです!

 

あなたが新卒より優れているのは以下の2つのはずです!

 

①社会人経験
②直結する業務経験

 

この2つをしっかりアピールすることで正社員への就職は一気に成功へと駆け上がります。フリーターから正社員になる為には、まずこのポイントを頭にしっかり入れておきましょう!

フリーターから正社員はエージェントにおまかせ

フリーターから正社員の面接でよく聞かれる質問て何?

フリーターから正社員の面接準備万端の応募者

次にフリーターから正社員になるための面接でよく聞かれる質問、回答例などをご紹介します。

 

新卒とは異なる質問が来ることを念頭に、質問と回答例を見ていくことで正社員の道が開けてくるのでしっかり対策をしていきましょう!

▶質問1:フリーターになった理由

「なぜフリーターをしていたのですか?」という質問は、フリーターから正社員になるためには避けて通れない質問です。

 

フリーターになった理由が明確であれば問題ありません。例えば、「●●を目指していた」とい明確な目的があればいいだけです。

 

また、フリーターから正社員になろうと思った理由を話すのも大切です。

 

下記の様な回答例をもとに、面接で聞かれた時にすらすらと言えるようにアレンジして答えるようにしましょう!

回答例1

バンドをやってプロを目指していました。

私自身、20代の内、特に25歳までに達成できなければ、次は正社員として働き、趣味でバンドをやるということを決めておりました。

回答例2

新卒で就職活動をしましたが、自分の好きなことが見つからず納得いかないまま正社員になることに意味を感じなかったため、フリーターの道を選びました。

フリーターをしながら仕事の面白さを学び、もっと責任のある仕事でキャリアアップしたいという思いが強くなり、20代の内に正社員の道へシフトすることを考えました。

関連記事

▶質問2:フリーター期間が長い理由

「なぜ〇年もフリーターだったのですか?」といった理由も高確率で質問されます。

 

フリーター歴が長い欠点は 「責任からの逃げたいからずっとフリーターでいたいと思ったのではないか」という印象与えてしまいます。

 

下記の様な回答例をもとに、面接で聞かれた時にすらすらと言えるようにアレンジして答えるようにしましょう!

回答例

フリーターという経験を行うことで、様々な職種を経験できました。

その経験で、責任を持ってやりたい職種に出会うことができました。20代の内に正社員として働きたいと思える御社の●●職に出会えることができたので、経験は無駄ではなかったと考えています。

▶質問3:フリーターから正社員に就職したい理由

「なぜ正社員に就職しようと思ったのですか?」これも必須質問です。

 

この質問の切り替えしは「エピソード」を述べることです。

 

なんでもいいです。

 

・20代の内に責任ある仕事を任されたいと思った
・20代の内に正社員として腰を据えて働きたい。
・家族を安心させたい。

 

ただし、「楽」「何となく」といったワードは絶対に使わないようにしましょう

▶質問4:フリーター期間の仕事内容

「フリーター期間にしていた仕事は?」これも高確率で質問されます。20代フリーターの時のスキルが、応募先のスキルにマッチしているかを確認する質問です。

 

「企業の求める人物像」は求人票から分かるわけですから、マッチした人物像であることを事前にまとめておきましょう。

▶質問5:アルバイトでの成功&失敗体験

「アルバイトで一番頑張ったことは?」「成功・失敗体験は?」この質問もよく聞かれます。

 

成功・失敗体験が乏しい人は、仕事への取組みが前向きではないと判断され、正社員として働く上では致命的です。

 

失敗体験聞かれ場合は、失敗体験だけ話すのではなく、その体験をどのように乗り越え、何を学んだか を答えるようにしましょう。

フリーターから正社員になるための厳しい質問

フリーターから正社員になるための面接で落とされた若者

フリーターから正社員へ転職する際に、面接官がかなり厳しい質問をしてくる場合があります。例えば、以下のような質問です。

 

・正社員でどこも雇ってくれない理由はなんだと思いますか?

・フリーターは責任がないから長い間続けられたのですか?

 

実は、この質問はかなり大事な質問です。

 

新卒という最大の武器を利用して就職したのにフリーターの道を選んだ人、及び就職活動で失敗して、そのままフリーターになった人などに確認しなければいけないことがあります。それは、

 

・辛い時に逃げ出す人間か。
・正社員として責任をもって働けるか。
・すぐ辞めないか。

 

上記の内容を確認するとても大事な質問です。

 

この厳しい質問に対して「圧迫面接」と捉えてはいけません。

 

フリーターというのは社会一般的に、決していいと認められていないこと認識してください。

 

もし正社員で雇用したとき、責任の重さに耐えられなくて辞められては会社としても困るわけです。ちょっと厳しい質問をしただけで辞めてしまうような人なら、最初から雇いたくないですよね?

 

「あなたを嫌いだから厳しい質問をしているのではない」ということを理解することが重要です。

関連記事

フリーターから正社員になるためのおすすめの就職方法

フリーターから正社員になるための面接対策中

フリーターから正社員になるためには、自分一人で決して悩まないことです。フリーターであれば、正社員の道に就職することは難しくありません。

 

フリーターから上手に正社員への転職・就職を決めるにはコツは、大手人材紹介会社に登録することは避け、20代なら専門の就職エージェントを利用することです。

 

大手人材紹介会社はスキルが無い人材は就職できる確率が低いまたは、商品としての価値が低いとみなし、登録すらできない場合や後回しにされる場合が殆どです。

 

私がおすすめなのは、20代を専門に取り扱う就職エージェントです。

 

第二新卒、既卒、大学中退、フリーター、ニート、高卒、中卒でも「20代」であれば手厚いサポートをしてくれますし、さらに、 未経験可の求人を豊富にもっていることで、就職できる確率が増すためです。

 

当然、全てのサポートは無料の上、ブラック企業を取り扱わないエージェントなので絶対おすすめです。

 

若年層はブラック企業の知識も疎いので、就職して安心したのもつかの間、入社してみるとブラック企業だったということはざらです。そういった意味でも、下記は特におすすめなのでまずは登録してみましょう。

 

それではまた!

フリーターおすすめ!就職エージェント

若手1位『第二新卒エージェントneo』

10代・20代のえらぶ就職転職満足度No.1。面接対策満足度No.1、就職転職相談しやすさNo.1と非常の若手層から指示されています。
第二新卒はもちろん、フリーター/既卒/中退/高卒/中卒/早期離職など学歴不問で就業支援を行っているので納得の転職が可能です!利用はもちろん全てのがサポートが無料です。
求人数 10,000件前後
面談の質 若手専門のエージェントなので不安解消の為に初回面談は2時間と他社の倍!
対応地域 東京、大阪、名古屋、福岡にオフィスあり
特徴 若手の転職支援実績No.1。初めての転職からキャリアに不安な方までサポートしてもらえます。
対応年齢 10代、20代
公式サイト▶ 【公式】第二新卒エージェントneo
※外部サイトに遷移します
20代おすすめ転職エージェントはこれだ!

20代初めての転職

 

「求人検索、応募書類作成、面接対策、雇用条件の交渉...。初めて尽くしで何から手を付けていいのか分からない。」といった、20代におすすめの転職エージェントを紹介!

登録からサポートまで完全無料で安心して利用できるので、転職エージェントの利用価値は絶大です!

20代特化型から大手転職エージェントまでおすすめ理由を添えて紹介しますので、気になる転職エージェントがあればまずは登録してみましょう!

第一位:第二新卒エージェントneo
ブラック企業を除外、優良企業のみの求人紹介!
 
20代のサポートは業界随一!
20代に特化した転職エージェントである「第二新卒エージェントneo」。株式会社ネオキャリアが運営する関東、関西、九州地方の20代の転職に強みを持っています。求人数も10000社以上を保有し、経験豊富なアドバイザーが親身にサポートしてくれます☆
【特徴】
①書類対策、面接対策徹底サポート。
②サポート時間が他社より長い。
③ブラック企業排除で求人紹介。
④学歴、職歴に不安があってもサポート可能。
【NGユーザー】
18歳以下と29歳以上※詳細確認や登録は以下から確認可能です↓

同率第一位:DYM
最短1週間で入社可能!
 
全国的に幅広い求人紹介なので20代に人気
DYM就職は、第二新卒・既卒はもちろんフリーターやニートの方向けの正社員求人を多数紹介。経歴や学歴に不安があっても正社員に転職・就職ができて、最短1週間でのスピード入社も可能!一人ひとりに合わせた徹底サポートで内定決定率の高さを実現しています。
【特徴】
①優良な正社員の仕事を紹介。
②2000社の優良企業を紹介。
③正社員求人100%。
④ブラック企業は徹底排除
⑤イベント来場者の就職率は脅威の96%。
⑥書類選考なし。
⑦カンタン60秒マッチングサービス。
【NGユーザー】
18歳未満、30歳以上※詳細や登録は以下から確認可能です↓

第三位:マイナビエージェント
大手転職エージェントでも20代に特におすすめ!
大手でもサポート力で他社を圧倒!
株式会社マイナビの人材紹介サービス「マイナビエージェント」。大手転職エージェントにありがちな「サポート力の弱さ」に対して、きめ細かなサポートで20代の転職をサポートしてくれるのが大きな特徴。保有求人数も多いため、全国でサポートしてもらえます☆
【特徴】
①東京・神奈川・埼玉・千葉における優良企業の求人が豊富
②20~30代に転職サポートに強い!
③人事&採用担当との太いパイプ!
④応募書類の準備から面接対策可能!
⑤親身な転職サポート!※詳細や登録は以下から確認可能です↓

Twitterでフォローしよう