在宅中の社内ニートが過ごし方を考えている風景

在宅中の社内ニートの方々から暇で仕方がないという話をよく聞きます。しかしこの在宅中をどのように過ごすかで将来が大きく変わるかもしれません。監視下にないテレワーク。ご自身の今後について考える機会を与えてもらえたと思い、上手く過ごすためには何をすべきかについて解説します。

 

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

新型コロナウイルスで「テレワーク」という働き方が定着しつつある昨今。在宅で仕事行い、成果を出すという働き方が、世界中で定着していくことは間違いないでしょう。

 

社内ニートの皆さんも、2019年3月頃までは楽観視してませんでしたか?

 

ひと月ふた月で収まるだろうなんて思っていたと思います。蓋を開けると「会社に来るな」という通達がいきなり来ました。それが「テレワーク」

 

このテレワークは、社内ニートの皆さんにとって非常に厳しい現実を突きつけてきたということを今回の記事で理解していただきたいことそして、社内ニートの皆さんがテレワークでやるべきことは3つあることを理解して行動すべき理由について解説していきたいとおもいます。

 

社内ニートの皆さんにとっては最大の好機が実は訪れているのです!

 

南野弘明てどんな人?

某グローバルベンチャー企業で面接官として数多くの方々を面接。そこで開発した『転職ノウハウ』を基に、超ホワイト企業へ転職。年収400万円アップ!
『今すぐ使える転職ノウハウ』をモットーに、転職アドバイザーとして活動中!

 

【注意】在宅中に社内ニートは選別されています!

在宅中の社内ニートがさぼっている風景

いきなり厳しい現実を突きつけてしまいますが、企業はテレワーク・在宅勤務を推奨しながらリストラ候補を選別しているということを忘れてはいけません。なぜなら、

 

国自体も企業を選別している

 

という現実があるからです。

 

緊急事態宣言前から倒産している企業は、コロナの影響云々よりも元々体力がない会社なので気にする必要はないのですが、緊急事態宣言後に数か月で倒産してしまうような会社は救う価値なしの企業とみなしています。

 

それを耐えきれた会社こそが本当に救うべき価値のある企業と判断し、国は援助を開始します。

 

つまり、企業側もテレワークを導入しつつも、業績は悪化していく中で倒産を回避する策として「リストラ」という形が必然的に起こる訳です。

 

テレワークで結果を残せない人材は、今後の新しい働き方では不要と判断されていきます。その有力候補が、社内ニートの皆さんです。

関連記事

社内ニートは在宅中に結果を出せない!

在宅中の社内ニートがやることが無くて困っている風景

社内ニートの皆さんには非常に申し訳ありませんが、皆さんはテレワーク・在宅勤務で結果を出すことは不可能です。今から厳しい現実を説明します。

 

社内ニートの皆さんは、コロナの影響が日本に訪れる前から社内での暇つぶしを考えていらっしゃたわけですよね?つまり、社内に仕事が無いわけですから、今の情勢からしても仕事はかなり減り、さらに暇を持て余していたと思います。

 

そこに追い打ちをかけるようにテレワークを導入されたわけですから、結果を求められても出せるわけがありません。では、そのような状態が3か月続くようだとどうなるかお分かりですか?そうですね。

 

社内ニートの皆さんはリストラ候補です。

 

テレワーク・在宅勤務で結果が出せない人物は、社内ニートではなくてもリストラの候補に挙がる状態です。その人たちより早く社内ニートの皆さんはリストラの候補になります。

 

「世の中が好景気だけどリストラされた状況」と「世界全体で不景気の状況下でリストラされた状況」では、天と地の差です。

 

再就職先つまり転職先はどの業界にもないのが不景気のリストラです。社内ニートの皆さんは、このテレワーク中に家で暇つぶしができるからラッキーと思っていたら生活保護になるかもしれませんよ。

 

しかし、社内ニートの皆さんにとっては、考え方によっては好機ととらえることもできます。なぜなら「好条件で転職活動をスタートできる」からです。そして、リストラされなくても「人生のスキルを磨ける機会が与えられた」からです。

 

次に社内ニートのテレワークが好機の理由である3つの理由の詳細を見ていきましょう。

リストラ(会社都合)は、企業からの保証が手厚い

在宅中の社内ニートが副業で儲けた風景

具体的にリストラが始まるのは「7月」からです。賞与カットがあり、そこでリストラの話が具体的に話が出始め、社内ニートの皆さんは現実を突きつけられます。

 

しかしこのリストラは、企業からの手厚い保証を受けることができます。代表的な手厚い証が下記です。

 

  1. 給与3か月保証
  2. 退職金上乗せ
  3. 失業手当は即支払い且つ半年貰える

 

この3つの手厚い保証を武器に転職できるのでかなりありがたいです。しかし、問題はここから。手厚い保証を一時的受けても結果的に「転職先が見つからない」という運命が待ち受けています。

 

社内ニートの皆さんは、今の会社でも仕事が無いのですから、別の会社でも活躍できる可能性は低く、転職活動をしろと言われてもアピールポイントを作りあげることはできません。そこでテレワーク中にやるべきこと大事なことは以下の3つ。

 

在宅中に社内ニートがやるべきこと
①資格の勉強をしてみる
②副業をはじめてみる
③転職活動の準備をする

 

この3つについて上手い使い方を解説していきます。

①在宅中の社内ニートは持て余す時間を資格の勉強に使うとよい

在宅中の社内ニートの皆さんには持てます程の時間があるはずです。大した結果も求められないからこそ時間を有効活用すべき。

 

その大事な時間に費やしていただきたいのが『資格の勉強』です。

 

これから訪れる大リストラ時代。必要なスキルを磨いておくと転職活動に圧倒的に有利です。「何を取得していいか分からない」という人も多いと思いますが、一番おすすめなのがIT関連の資格です。

 

まったく資格が無いのであれば有無を言わさずに以下の二つの資格取得に励んでみてください。

▶ITパスポート

令和2-3年度版 ITパスポート試験対策テキスト&過去問題集(よくわかるマスター)[富士通エフ・オー・エム(FOM出版)]

価格:2,420円
(2021/5/5 13:16時点)
感想(5件)

▶基本情報技術者

キタミ式イラストIT塾基本情報技術者令和03年[きたみりゅうじ]

価格:2,310円
(2021/5/5 13:19時点)
感想(2件)

この2つの資格は最低限のIT系技術が備わっていることを証明できる資格です。持てます時間があれば十分勉強可能!是非チャレンジしてみてみましょう。過去記事では20代におすすめしたい資格5選も紹介していますので、是非参考に☆

👑おすすめ!在宅しながら資格取得👑
◆セールスポイント◆
・受講卒業するだけで資格を取得できる。
・女性のための通信講座。
・講座数は290講座以上。
・初心者でも簡単に資格取得できる。
・家にいながら在宅で簡単に資格取得。

 

②隠れて副業をやってみる

若い方で社内ニートを経験してしまうと将来はリストラの対象にってしまうことは間違いありません。その最悪の事態が訪れる前に副業をやってみることをおすすめします。どんな副業がよいのかというとスキルが無いと結果が得られない『業』ではなく、小額の投資を行い資金を増やしていくやり方です。

 

投資なんて嫌だと思う方もいるかもしれませんが、過去20年間給与が上がっていかない日本で生きていくために、投資という選択肢は持っていた方がいいです。在宅中の社内ニートの皆さんであれば余す時間もありますし、トレード画面を眺めて売買する時間は十分にあるはず。

 

その余った時間をトレーダーのスキルを身に着ける機会にすることはおすすめ。在宅中のトレーダースキルを身に着けることは近い将来役立つはずです。

👑おすすめ!在宅しながらFX👑

◆みんなのFXが選ばれる理由◆
・画面カスタマイズが自由自在
・ドル/円を始めとする主要通貨ペアのスプレッドが狭い!
・iPhone、Android、iPadなどモバイル取引システムも充実!
・手数料無料、口座維持費やロスカット手数料も無料!
・誰でも無料で見れるオンラインセミナーも毎月開催!

③転職の情報を収集しておく

転職活動の王道は、転職ツールを使って、転職市場の状況を探ることです。

 

自分の経験した業界の状況、これから伸びる業界、市場が求める人物像などの情報を知ることが大切です。失業してからハローワークでのんびり探すようでは、この大不況では得策ではありません。

リーマンショック時のハローワーク知ってますか?駐車場に車が止まれない状況、新規求人案内が出たとたんに人が群がる状況です。耐えれますか?

 

その状況から一歩抜き出るために転職準備をしてしまうのが大事です。このテレワーク中に持て余す時間を情報収集に費やすことをお勧めします。

👑おすすめ!在宅しながら転職活動👑

転職で求められる即戦力としてアピールするための材料の棚卸が上手くできなかったり、そもそもアピールすることがわからなかったりというマイナスの状況からスタートを余儀なくされます。そこで活用したいのが、転職エージェントによる「キャリアカウンセリング」です。

 

このキャリアカウンセリングは単純に求人紹介を行うだけではなく、キャリアの棚卸をしてくれたり、転職における不安相談までできるので非常に助かります。私がおすすめするのが下記!

 

若手1位『第二新卒エージェントneo』

10代・20代のえらぶ就職転職満足度No.1。面接対策満足度No.1、就職転職相談しやすさNo.1と非常の若手層から指示されています。
第二新卒はもちろん、フリーター/既卒/中退/高卒/中卒/早期離職など学歴不問で就業支援を行っているので納得の転職が可能です!
求人数 10,000件前後
面談の質 若手専門のエージェントなので不安解消の為に初回面談は2時間と他社の倍!
対応地域 東京、大阪、名古屋、福岡にオフィスあり
特徴 若手の転職支援実績No.1。初めての転職からキャリアに不安な方までサポートしてもらえます。書類添削、模擬面接なども充実。
対応年齢 10代、20代
公式サイト▶ 【公式】第二新卒エージェントneo
※外部サイトに遷移します

在宅中の社内ニートの過ごし方3選:まとめ

在宅中の社内ニートが快適に過ごす風景

社内ニートはテレワークによるリストラ候補という恐怖もありますが、一方で好機であることも間違いありません。転職に向けての準備、副業、そして今後の需要も高まるITスキルを身に着ける時間に費やせるチャンスと見なすことができます。

 

社内ニートの時間つぶしはテレワークではやるべきことが盛り沢山です!

 

それではまた!

20代おすすめ転職エージェントはこれだ!

20代初めての転職

 

「求人検索、応募書類作成、面接対策、雇用条件の交渉...。初めて尽くしで何から手を付けていいのか分からない。」といった、20代におすすめの転職エージェントを紹介!

登録からサポートまで完全無料で安心して利用できるので、転職エージェントの利用価値は絶大です!

20代特化型から大手転職エージェントまでおすすめ理由を添えて紹介しますので、気になる転職エージェントがあればまずは登録してみましょう!

第一位:第二新卒エージェントneo
ブラック企業を除外、優良企業のみの求人紹介!
 
20代のサポートは業界随一!
20代に特化した転職エージェントである「第二新卒エージェントneo」。株式会社ネオキャリアが運営する関東、関西、九州地方の20代の転職に強みを持っています。求人数も10000社以上を保有し、経験豊富なアドバイザーが親身にサポートしてくれます☆
【特徴】
①書類対策、面接対策徹底サポート。
②サポート時間が他社より長い。
③ブラック企業排除で求人紹介。
④学歴、職歴に不安があってもサポート可能。
【NGユーザー】
18歳以下と29歳以上※詳細確認や登録は以下から確認可能です↓

同率第一位:DYM
最短1週間で入社可能!
 
全国的に幅広い求人紹介なので20代に人気
DYM就職は、第二新卒・既卒はもちろんフリーターやニートの方向けの正社員求人を多数紹介。経歴や学歴に不安があっても正社員に転職・就職ができて、最短1週間でのスピード入社も可能!一人ひとりに合わせた徹底サポートで内定決定率の高さを実現しています。
【特徴】
①優良な正社員の仕事を紹介。
②2000社の優良企業を紹介。
③正社員求人100%。
④ブラック企業は徹底排除
⑤イベント来場者の就職率は脅威の96%。
⑥書類選考なし。
⑦カンタン60秒マッチングサービス。
【NGユーザー】
18歳未満、30歳以上※詳細や登録は以下から確認可能です↓

第三位:マイナビエージェント
大手転職エージェントでも20代に特におすすめ!
大手でもサポート力で他社を圧倒!
株式会社マイナビの人材紹介サービス「マイナビエージェント」。大手転職エージェントにありがちな「サポート力の弱さ」に対して、きめ細かなサポートで20代の転職をサポートしてくれるのが大きな特徴。保有求人数も多いため、全国でサポートしてもらえます☆
【特徴】
①東京・神奈川・埼玉・千葉における優良企業の求人が豊富
②20~30代に転職サポートに強い!
③人事&採用担当との太いパイプ!
④応募書類の準備から面接対策可能!
⑤親身な転職サポート!※詳細や登録は以下から確認可能です↓

Twitterでフォローしよう