大手転職エージェントはこちら▼
デザイン中

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

未経験Webデザイナーを目指す人に必須なのがHTMLとCSSというのは前回の記事で分かりやすく解説しました。

関連記事

 

今回は、もう一つ覚えておいていただきたい『Bootstrap』について記事にしたいと思います。

はじめて聞く人も多いと思いますが、この言葉の意味はWebデザイナーを目指す方にとっては必須内容なので、超簡単にわかりやすく解説していきます。

 

おすすめITスクールはこちら↓

Bootstrapとは

Bootstrapとは

Bootstrapという言葉を初めて目にする未経験Webデザイナーの方もいるでしょう。Bootstrapを一言で説明すると、HTML/CSS/JavaScriptから構成されるWEBフレームワークです。WEBフレームワークとは、WEBアプリケーションを開発するに当たって必要な機能を一まとめにしたパッケージの様なものです。

Bootstrapには既にWebアプリケーション開発に必要な機能が実装されており、それぞれカスタマイズするようなイメージでWEBアプリケーションを容易に開発できるのが特徴です。

Bootstrapは、元々はTwitter社が開発したCSSフレームワークで、当初は「Twitter Bootstrap」と呼ばれていました。Bootstrapには一般的によく使われるボタンやテーブル、グリッドなどのスタイルが予め用意されており、簡単に見栄えのよいサイトやWebアプリケーションを作ることができるようになっています。

Bootstrapの特徴

Bootstrapの特徴

Webの世界では、WebデザイナーがWebのデザインを担当し、Webエンジニアがアプリケーションを開発するのが一般的ですが、Bootstrapを使うと、エンジニアだけでそこそこ見栄えの良いサイトが作れてしまいます。

 

BootstrapではレスポンシブWebデザイン機能もカバーされています。

 

レスポンシブWebデザインとは、デバイスの画面サイズに併せてCSSが自動的にデザインを変更してくれるため、以前のようにPC向けサイトとモバイル向けサイトを別々に作成する必要がないのです。

Bootstrapは規模を問わず、どんな規模のWEBサイトやWEBアプリでも使うことができるのが特徴です。

・デザインがわからない人
・HTMLやCSSがわからない人
・JavaScriptがわからない人

など、どんな人でも扱えるように設計されているのも特徴です。

こうした点が評価されている一方、プログラミングやCSSの知識がなくても、そこそこのWEBサイトやアプリケーションを作れてしまいます。そのため、Bootstrapを使うとプログラミングスキルが上がらないという悩ましさもあるのです。

未経験でWebデザイナーを目指すのであれば、いきなりBootstrapではなく、基礎の基礎から学ぶことをお薦めします。

Ruby on RailsとBootstrap

Rubyはどんな分野でも使えるWebアプリケーション開発プログラムである反面、Rubyはスマホアプリの開発には向いていないのが弱みでした。

 

ところが、Rubyの弱点をBootstrapによって補うことができてしまうのです。

 

Bootstrapは、レスポンシブWebデザインに対応していると述べました。本来であればスマートフォン用に別に用意するべきスタイル定義を、Bootstrapが自動で生成するため、改めて定義する必要がないのです。

つまり、BootstrapはRuby on Railsアプリケーションの見た目をスタイリッシュにして、モバイル対応をしてくれるわけです。Rubyについて分からない人は、過去記事に分かりやすく解説しているので是非参考にしてください。

関連記事

未経験からWebデザイナーを目指す方法は?

ITスクールで勉強中

Bootstrapはフロントエンドと呼ばれる、ユーザー・インターフェース周りを整え、見栄えを良くしてくれるフレームワークです。

フロントエンドを疎かにしがちなプログラマーにとっては、苦手な分野であることもありますが、Bootstrapのような便利なツールを使えば、誰でもそれなりの見た目のものを簡単に作れるようになるのです。

今まで、Webデザイナーに頼りがちだったフロントエンドをエンジニアだけで容易にカバー出来るようになるのですから、エンジニアを目指す方もBootstrapを習得しておくことをお勧めします。

 

未経験でWebデザイナーを目指す人であればBootstrapを学ぶことは必須ですが、Webデザイナーとしての仕事は、それだけでは完全に不足です。Webデザイナーはプログラマーよりは、かなりハードルは低いものの、独学で勉強して、転職を目指すには、時間や労力を考えるとおすすめできません。

 

しっかりとスクールに通い、経験値を積むことが面接対策にもつながるのでおすすめです。

 

未経験者でWebデザイナースクールに通って勉強しようと思っても色々なスクールがあり特徴が分からない方も多いと思うので、今回は私がおすすめする都内にあるスクールを紹介します。

 

キャリアチェンジを支援する・社会人のためのWebクリエイタースクール【デジタルハリウッドSTUDIO by LIG】』は、基礎から応用までしっかし学べ、卒業と同時に転職支援も行ってくれるので、未経験Webデザイナーを目指す方にとってはおすすめのスクールとなっています。

先ずは、下記より無料相談を受けてみて、自分に合いそうかどうか相談してみるとよいでしょう。それではまた!

「Web制作会社が運営」しているWebクリエイター養成スクール
 
コンサルタントによる厚い就職支援が保証されている♪
創業時から数多くのデザインアワードを受賞してきたWeb制作会社LIGが運営するWebクリエイタースクール・デジタルハリウッドSTUDIO by LIG。Web制作のリアルな現場に近いからこそ学べるカリキュラムが用意されています!
✅Webデザイナーとして転職したい!
✅スキルを身につけキャリアアップしたい!
✅フリーランスとなり自由に働きたい!

というあなたの理想の未来を、実現してくれます。

【注目!】
・Web制作会社(株式会社LIG)が運営するスクール
・現役クリエイターによる直接指導
・Mac・ディアルディスプレイ完備
・コンサルタントによる厚い転職支援
・デジタルハリウッド社と業務提携
・LIG運営のコワーキングスペース使い放題

【こんな方におすすめ!】
◎関東在住20代男女
◎未経験からWebデザイナーに転職したい方
◎フリーランスとしてWebデザイン/動画スキルをアップさせたい方

無料個別説明会はこちら↓

 

20代おすすめ転職エージェントはこれだ!

20代初めての転職

 

「求人検索、応募書類作成、面接対策、雇用条件の交渉...。初めて尽くしで何から手を付けていいのか分からない。」といった、20代におすすめの転職エージェントを紹介!

登録からサポートまで完全無料で安心して利用できるので、転職エージェントの利用価値は絶大です!

20代特化型から大手転職エージェントまでおすすめ理由を添えて紹介しますので、気になる転職エージェントがあればまずは登録してみましょう!

第一位:第二新卒エージェントneo
ブラック企業を除外、優良企業のみの求人紹介!
 
20代のサポートは業界随一!
20代に特化した転職エージェントである「第二新卒エージェントneo」。株式会社ネオキャリアが運営する関東、関西、九州地方の20代の転職に強みを持っています。求人数も10000社以上を保有し、経験豊富なアドバイザーが親身にサポートしてくれます☆
【特徴】
①書類対策、面接対策徹底サポート。
②サポート時間が他社より長い。
③ブラック企業排除で求人紹介。
④学歴、職歴に不安があってもサポート可能。
【NGユーザー】
18歳以下と29歳以上※詳細確認や登録は以下から確認可能です↓

同率第一位:DYM
最短1週間で入社可能!
 
全国的に幅広い求人紹介なので20代に人気
DYM就職は、第二新卒・既卒はもちろんフリーターやニートの方向けの正社員求人を多数紹介。経歴や学歴に不安があっても正社員に転職・就職ができて、最短1週間でのスピード入社も可能!一人ひとりに合わせた徹底サポートで内定決定率の高さを実現しています。
【特徴】
①優良な正社員の仕事を紹介。
②2000社の優良企業を紹介。
③正社員求人100%。
④ブラック企業は徹底排除
⑤イベント来場者の就職率は脅威の96%。
⑥書類選考なし。
⑦カンタン60秒マッチングサービス。
【NGユーザー】
18歳未満、30歳以上※詳細や登録は以下から確認可能です↓

第三位:マイナビエージェント
大手転職エージェントでも20代に特におすすめ!
大手でもサポート力で他社を圧倒!
株式会社マイナビの人材紹介サービス「マイナビエージェント」。大手転職エージェントにありがちな「サポート力の弱さ」に対して、きめ細かなサポートで20代の転職をサポートしてくれるのが大きな特徴。保有求人数も多いため、全国でサポートしてもらえます☆
【特徴】
①東京・神奈川・埼玉・千葉における優良企業の求人が豊富
②20~30代に転職サポートに強い!
③人事&採用担当との太いパイプ!
④応募書類の準備から面接対策可能!
⑤親身な転職サポート!※詳細や登録は以下から確認可能です↓

Twitterでフォローしよう

転職を成功の為に読んでおきたい