期間従業員として応募して見事入社できて働く風景

期間従業員という雇用形態をご存じですか?大手自動車メーカーや製造メーカーの求人サイトなどで募集しているアレです!実はめっちゃ稼げるうえに、入社までのハードルは低め。そんな期間従業員の応募から入社までの流れについてご紹介します。

 

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

コロナウイルスにより不況が騒がれる中、自動車業界は滅茶苦茶盛況です。その為生産が間に合わず常に求人サイトなどで募集がかけられているのが期間従業員です。

 

「めちゃくちゃ稼げる期間従業員(期間工)に応募したい!」

 

でも、応募から内定までの流れって結構わからないこと多くないですか?例えば期間工と転職(正規社員)の入社試験と何が違うのか。また、入社のハードルが高いので採用が厳しいのではないか?

 

今回の記事は、そんな疑問に応募から内定までのSTEP毎に必要なことを解説していきます!

 

南野弘明てどんな人?

某グローバルベンチャー企業で面接官として数多くの方々を面接。そこで開発した『転職ノウハウ』を基に、超ホワイト企業へ転職。年収400万円アップ!『今すぐ使える転職ノウハウ』をモットーに、転職アドバイザーとして活動中!
【公式Twitter】
【最強転職ツール】

 

STEP1:期間従業員の求人を探すことから始まる。

期間従業員として応募して入社までの流れを調べる男性

まず大事なのは、当たり前ですが期間従業員の求人を探して応募しなくてはなりません。

 

期間工の求人の応募は、求人の探し方にかなりコツがあります。というのは、応募の際に「入社祝い金」といったお得なシステムがあるからです。

 

これは、自動車メーカー(例えば、トヨタ、日産等)や自動車部品メーカー(デンソー、アイシン等)に直接応募すると貰えない入社祝い金だったりするので、人材紹介会社を通して応募することがおすすめです。

 

人材紹介会社は、期間従業員を募集しているメーカーと強いパイプを持っており、各メーカーがどんな人材を募集しているかなどの情報を知っています。求人に応募するときは人材紹介会社を通して応募した方が採用されやすいメリットもあります。

STEP2:期間従業員の求人を扱う人材紹介会社に登録

期間従業員として応募して入社までの相談に向かう男性

期間工の求人に応募し、厚待遇を得るための人材紹介会社でおすすめなのは具体的には以下のような紹介会社あります。

 

かなり条件のよい求人が多いので、コロナで職を失てしまった人などは正社員を探しつつ期間従業員の求人も探せるのでおすすめ。

 

また、人材紹介会社経由なので応募から入社まできちんとサポートしてもらえるのも非常にうれしいですね!

 

工場1位『工場求人ナビ』

日本全国の工場・製造系のお仕事を扱う求人サイト! 住み込み寮付き求人も多数掲載しているので、全国から応募可能! お祝い金支給、赴任交通費支給、即日入寮など、求職者のニーズに合わせた求人を選ぶ事が出来ます!
求人数 非公開
サイトの質 自動車関係・検品・検査・調整、仕分け・梱包・ピッキングなどの 軽作業をはじめ、フォークリフトやクレーンなどのスキルを活かせる求人多数。
対応地域 全国
特徴 女性に人気のクリーンルーム作業や食品加工の仕事もあり。 住み込み求人だけではなく、近場で短期の仕事を探している方など にも対応しているので便利!
対応年齢 20代の方だとお仕事多数!
公式サイト▶ 工場求人ナビ

※外部サイトに遷移します

 

【注意】

仕事の応募完了後は、面接会場に行き面接があります。見落とさない為にも電話連絡・メール連絡がないかは要チェック!

STEP3:応募完了後は面接会場へ!

期間従業員として応募して入社を夢見る風景

人材紹介会社のページ(または紹介)から応募が完了したら、面接会場に行きます。

 

面接会場は、全国のメーカーで違うので、お住いの近く求人や寮付き求人に応募する場合は、地方都市になるかもしれません。

 

トヨタ系の期間従業員(デンソー等も含む)の場合、愛知県、九州地方にもかなり案件が多いです。会場へ行き方は事前に案内があるのでそれに従いましょう。

 

ただし、期間工の案件で辛いのは、面接会場への交通費は自腹が殆どです。

 

関東から九州地方となると交通費も嵩むので、お祝い金に目を取られそれまでの費用が掛かるなどが無いように、なるべく今お住いの場所から近い期間従業員の求人に応募するとよいでしょう。

STEP4:面接会場では働いた時の条件面の話をされる

期間従業員として応募して入社までサポートすることを約束した男性エージェント

期間従業員の求人へ応募後の面接会場では入社後の「働いた後の待遇」「具体的な仕事内容」の説明をされます。

 

期間工は基本的に厚待遇なので、かなり夢膨らむ説明をされます。なのでより一層入社意欲が沸くと思いますが体力的な面についても話されるので、自分がその仕事に従事できるかをよく考えましょう。

 

更に具体的な話でいうと工場の「工程」の話をされます。

 

工程とは所謂「ライン作業」です。このラインに入って作業をすることになるのですが、溶接などもあるので結構体力的にハードです。その分厚待遇なので人気があるのが期間工です。

 

期間工が稼げる理由はこちら▶

STEP5:期間従業員としての試験を受ける

期間従業員として応募して採用試験を受け内定を勝ち取った男性

期間従業員の求人に応募したのに難しい試験があるの??と思う人いると思いますが、かなり簡単な試験なので問題ありません。試験内容は大きく分けると3つ(過去の例なのでメーカーによって違います。)あるので解説します。

 

期間従業員の採用試験内容
①筆記試験
②体力含めた試験
③個人面談

①期間従業員の筆記試験はちょー簡単

筆記試験というのは、一般的な就活生や中途採用時の試験で使用されるSPIなどではなく、簡単な計算を繰り返す試験などなので、気にする必要はありません。

②体力に自信がないならおすすめしません

また体力的な試験などは、握力、腕立て等の体力を測定する試験が殆どです。期間工の仕事は体力的な面を含む仕事が多いので、体力測定があることがあります(メーカーによって異なる)。

 

その為体力面に自信がないなら不採用になる可能性が高いので、おすすめできません。応募前、入社後に体力づくりをすることを強くおすすめします。

③個人面談は質問に素直に答えていけばOK

最後に個人面談ですが、応募の理由やどれくらい働けるか(期間)、いつから働けるかといった内容から、前職の仕事内容、過去のスポーツ経験など簡単な質問が多いです。

 

いずれにしろ、体力的なことさえこなせれば何とかなるので、そこだけに集中しましょう。

STEP6:期間従業員の合否連絡は早い!

期間従業員として応募して見事入社までサポートしてくれた人材紹介会社

期間従業員は「即働いてもらいたい」というメーカーの意思からも分かるように合否連絡はかなり早くわかるのでありがたいです。

 

例えば、即日わかる自動車メーカーもあれば、メールで3日以内、郵送連絡で7日以内など一週間以内にほとんどのメーカーで合否がわかります。

 

期間工は厚待遇が得られるので人気があるので、落ちても応募をどんどんすることがポイントです。

 

ただし、自分が本当にその仕事がこなせるのかも重要です。

 

3日以内で辞めてしまう人もいますので、仕事内容を具体的に聞いて自分がその仕事に従事できそうかの判断はとても大事なこと。何でもOKしてしまわないように注意しましょう。

おまけ:面接会場へはスーツで!筆記用具は忘れずに!

期間従業員として応募して入社までの流れを聞く面接会場

期間従業員の面接会場でたまに私服の人がいますが、論外です

 

期間工でも仕事中は「作業着」ですが、入社するまではあくまでも一社会人です。社会人は、面接や面談というときはスーツで受けるのが基本です。

 

そういった空気が読めない人は、基本落とされるので注意しましょう。

 

そして最後に筆記用具は忘れずに!筆記用具を忘れないように連絡が来ますが、当日は再度筆記用具の確認をしておきましょう。忘れた場合は、近くのコンビニで買えばOK。

 

工場系おすすめ記事はこちら▶

まとめ

期間従業員として応募して見事入社できた女性

人気の期間従業員の応募から内定までの流れはいかがでしたか?

 

正社員の試験とは違いかなり緩い流れですが、期間工の場合は入社してからが勝負です。1か月持たないで辞める人もいれば、契約更新が続き、そのまま正社員登用試験合格なんて人もかなりいるので、一流企業への間口はとても広いです!

 

期間工の求人に応募して、厚待遇の生活をエンジョイしましょう!それではまた!

 

おすすめ!転職エージェント3選
当サイトから登録の多いエージェントはこちら(各サイトに遷移できます)
【若手】20代の転職

【ミドル】
20代、30代の転職

【管理職】
40代の転職
本気で転職したい場合は、転職ツールを使い倒せ!!
保育士の本気の転職

転職に必要不可欠なことは、「目的」「対策」です。

 

✔転職する目的はあるのに対策方法がわからない。
✔どんな企業が自分にマッチするのか分からない。
ブラック企業への転職だけは避けたい。
✔業界に詳しい人から転職アドバイスをもらいたい。

 

そんな悩みに答えてくれる最強の転職ツールが「転職エージェント」です。南野弘明自身の4度の転職でキャリアアップができたのは転職エージェントのおかげといっても過言ではありません。

 

ハローワークや転職サイトだけで転職活動をしている人は、転職エージェントを利用して企業選びから面接対策雇用条件交渉をはじめとする手厚いサポートを受けてみよう!ライバルに圧倒的な差をつけるスムーズな転職が可能です!!

Twitterでフォローしよう