製造業の転職はコロナの影響で危険か悩む風景

製造業の転職市場は不景気になると物が売れなくなるため、一気に需要が低迷するという危機的状況に陥りやすい業界。しかし自動車産業をはじめとするモノづくりなどは好調を維持し、トヨタに至って過去最高益を出している。そんな製造業のコロナの影響に対して業界別に転職危険度を解説します。

 

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

新型コロナウイルスで一時的に大打撃を受けた製造業。日本が世界に誇る自動車産業も軒並み販売台数が激減した時期もあり、関連する部品を供給しているメーカーも大打撃を受けました。

 

日本は製造業が盛んなため、自動車産業が打撃を受けてしまうと中小の製造業は連鎖的に打撃を受け、体力のない中小製造業はリストラ、倒産の嵐は必須です。

 

しかし2020年に入り、緊急事態宣言解除後から一気に需要が回復し、トヨタをはじめとする自動車産業、家電メーカー、食品加工メーカーなどは一気に需要が戻りボーナスも例年よりもかなり多く出た企業が多いと思います。

 

今回の記事は以下のようなポイントを解説しますので、是非最後まで読んでいただければ幸いです。

 

①危険な業種
②特需のあった業種
③おすすめの業種
④転職先の探し方

 

南野弘明てどんな人?

某グローバルベンチャー企業で面接官として数多くの方々を面接。そこで開発した『転職ノウハウ』を基に、超ホワイト企業へ転職。年収400万円アップ!『今すぐ使える転職ノウハウ』をモットーに、転職アドバイザーとして活動中!
【公式Twitter】
【最強転職ツール】

 

2020年前半:製造業はコロナの影響を直撃

製造業の転職の中でも自動車業界はコロナの影響で転職が危険か悩む風景

コロナの影響で中小企業は大打撃を受けていますが、その影響はコロナ感染拡大前から増収増益の企業にも影響を及ぼしました。

 

そもそも中小企業は、体力がない企業が多く、数か月を耐え抜く貯えがない、資金繰りがやばい企業が多いです。特に自動車産業はOEM(トヨタ、ホンダ等)のコスト削減の動きをTire1(デンソーやアイシン等)が受け、さらにTire1に部品を納める中小企業へと波及していきます。

 

自動車産業に軸を置いている製造業の中小は、OEMの生産がストップしてしまうと、納品キャンセルが多発してしまいます。

 

コロナが収束していかないと資金繰りがやばく、2か月、3か月後はリストラを視野に入れた動きが始まり、6か月後には倒産する製造業における企業が現在の10倍以上になる可能性もありした

 

しかし蓋を開けてみると、2020年10月~は需要が一気に回復し、特に自動車メーカーのトヨタは過去最高益をたたき出しているほどです。

 

そんなおいしい製造業を業種ごとに転職危険度を見ていきましょう。

▶製造業の転職は『自動車産業』が特におすすめ

製造業は一時的な大打撃をコロナで受けましたが、その後急激に回復を見せ、特に自動車業界は急激な回復どころか世界中の自動車産業が回復しました。今後コロナ時代を生き抜くためには自動車は欠かせない移動手段になっていることは間違いありません。

 

自動車業界の危険度

 

 

今後もし自動車OEMメーカーのトヨタや本田、日産などは一時的に打撃を受けるとしても、世界有数の大企業の為、国からの支援も含めて復活を遂げることは間違いありません。

 

人との接触を避けて移動できる車。さらに電気自動車などで内部のオプション(ナビ等)も充実していくことにより、製造業の転職の中でも自動車業界は特におすすめです。

 

おすすめ記事

▶食品業界はSTAY HOMEになれば需要が一気に戻る傾向

製造業の転職の中でも食品加工業界はコロナの影響で転職が危険か悩む風景

製造業の中でも比較的安泰なのが、食品業界。在宅ワークが主流になるため、弁当製造など直接加工して納める業種は大打撃を受ける可能性がありますが、冷凍食品などの食料品は需要が伸びています

 

今後は輸入制限などの関係で、原材料の調達ができないことも考えられるます。そういったことがクリアーできれば拡大路線と考えられるため、一部食品加工メーカーであれば転職を考える必要はないかもしれません。

 

食品業界の危険度

 

 

一部食料品加工メーカーの需要はあるものの、もし万が一にも加工工場の従業員がコロナウイルスに感染したというニュースが流れてしまうと、口に直接入るものですからかなりイメージが悪いです。

 

そうなると操業停止に追い込まれることも大いに考えられますので、危機的状況になります。転職の情報収集程度は、始めた方がよいかもしれません

 

製造業の転職の中でも、STAY HOME特需があ業種はおすすめです。

 

おすすめ転職ツール特集はこちら▶

▶設備関連業業界は製造業の転職の中でもおすすめできない

製造業の転職の中でも設備関連業界はコロナの影響で転職が危険か悩む風景

自動車産業をはじめとするあるゆる製造業で、設備投資が抑えがちになっています。

 

トヨタ、ホンダをはじめとするOEMでは、半導体供給問題もあり、生産停止を既に実施している段階の企業もあります。

 

海外でも日本よりもコロナの影響を強く受けている国が多いため、設備投資の需要は大きく落ち込むでしょう。今後設備投資をすぐに必要とする企業は少ないため、設備メーカーで働く方は転職を視野に入れておかなければリストラ、倒産時の対応が大きく遅れることになるかもしれません。

 

設備業界の危険度

 

 

既に受注があった設備投資分を納品した後は、すでにキャンセルも出始めています。長期的な設備投資計画は、各社ともペンディングになるため今後はかなり厳しいでしょう。

 

減給、賞与カットが数年続くため、体力の無い設備メーカーは転職の覚悟を求められるでしょう。その為、製造業の転職を考えたときはおすすめできません。

 

おすすめ!転職エージェント3選
当サイトから登録の多いエージェントはこちら(各サイトに遷移できます)
【若手】20代の転職

【ミドル】
20代、30代の転職

【管理職】
40代の転職

▶ビル・住宅関連部品/設備メーカーは大打撃

製造業の転職の中でも住宅関連業界はコロナの影響で転職が危険か悩む風景

ビルの新規着工はペンディング、住宅関連も新規購入は軒並み下落傾向にあるため、コロナの影響は避けられないでしょう。

 

また、新規受注に対しても対応できない状況です。その理由は中国部品の依存度が高いため、住宅は売れない、部品も入荷できないとなりビル・住宅関連製造業大打撃を受けています。

 

住宅関連製造業の危険

 

 

総合的にみると危険度は★3程度。マンションの需要は戸建てよりも高まっている状況であり、住宅関連は、不況になると販売促進を国が支援してくれる傾向にあります。

 

一時を耐えしのぐ体力のある企業に勤めているなら我慢。コロナの影響に耐えれない企業と悟った場合は、同業他社への転職を視野にいれましょう

 

製造業の転職を考えたときにはそこまでおすすめの業界ではありません。

 

20代であれば、同業他社へのチャレンジも容易なので、転職に対してスタートしてみるのもよいかもしれません。

👑20代なら『第二新卒エージェントneo』👑

若手1位『第二新卒エージェントneo』

10代・20代のえらぶ就職転職満足度No.1。面接対策満足度No.1、就職転職相談しやすさNo.1と非常の若手層から指示されています。
第二新卒はもちろん、フリーター/既卒/中退/高卒/中卒/早期離職など学歴不問で就業支援を行っているので納得の転職が可能です!
求人数 10,000件前後
面談の質 若手専門のエージェントなので不安解消の為に初回面談は2時間と他社の倍!
対応地域 東京、大阪、名古屋、福岡にオフィスあり
特徴 若手の転職支援実績No.1。初めての転職からキャリアに不安な方までサポートしてもらえます。書類添削、模擬面接なども充実。
対応年齢 10代、20代
公式サイト▶ 【公式】第二新卒エージェントneo
※外部サイトに遷移します

▶製造業の中でもコロナ特需があるのは医療機器関連業界

製造業の転職の中でも医療機器業界はコロナの影響で転職が危険か悩む風景

製造業全体で見るとコロナの影響を受けて転職活動をせざる得ない人も多いと思いますが、もし転職するとなるとどういった業種がよいのでしょうか。

 

おすすめは、医療関連製造業の中でも特に、医療機器の製造及び医薬の製造です。

 

医療業界は、コロナの影響を受けたというよりもコロナのおかげで注目を浴びた業界です。

 

これから日本が新型コロナウイルスの封じ込めに成功したり、新型コロナウイルスに効き目があるとされているアビガンなどが世界中に広がれば、日本の医療のすばらしさ、技術の高さ、医療機器の信頼度が世界から評価され、ますます需要が拡大していくでしょう。

 

また、医療機器をはじめとす医療業界は、給与水準が高いのも特徴ですし、福利厚生も充実している企業が非常に多いため不況にも強い業界なので、製造業の転職先として強くおすすめします。

コロナの影響で伸びる製造業の求人の探し方は?

製造業の転職はコロナの影響で転職が危険か悩む女性たち

これからますます需要が拡大していくであろう製造業。給与水準も高く、福利厚生も充実している企業も多いので、ハローワークや求人誌にはあまり出てこないのが現状です。

 

直接企業に応募するのも一つの手ですが、直接応募すると人気企業の場合は対応がかなり遅れることもあり、無視されているのか、ダメなのか、はたまた募集を停止しているのかもわからない状況です。

 

そういことが無いように、求人紹介から内定まで一括サポートしてくれる転職エージェントを利用するとよいでしょう。中でも製造業全般に強い大手転職エージェントは、

 

転職のプロが薦める優良企業が豊富なのはdoda

 

です。次に特徴を見ていきましょう。

【注目】製造業の転職なら『doda』がおすすめの理由

大手転職エージェントだからこそのきめ細かいサポート力、優良企業の多さに関しては、業界1位と言っても言ではありません。ブラック企業ではなく、個々の求職者が求める本当の求人を紹介してくれるので、安心して利用できます。

 

まずは登録して、求人情報を転職サイト入手しつつ、エージェントサービスでキャリアカウンセリングを受けることで、質のよい転職活動ができますよ!それではまた!

 

1位おすすめ転職エージェントNo.1『doda』

私自身が企業側としても転職者としても利用価値が一番高かった転職エージェント。業界に精通したコンサルタントが転職者のわがままを叶えてくれます!転職希望の方は登録する価値あり!転職相談だけでもOK。
求人数 100,000件前後
面談の質 転職の動機からキャリアプランまで寄り添う面談
対応地域 全国
特徴 転職者満足度No.1。業界を牽引していくほどの大手人材紹介会社。サポート体制も充実。初めての転職でも安心
公式サイト▶ 話そう、探そう・転職はdoda
※外部サイトに遷移します
本気で転職したい場合は、転職ツールを使い倒せ!!
保育士の本気の転職

転職に必要不可欠なことは、「目的」「対策」です。

 

✔転職する目的はあるのに対策方法がわからない。
✔どんな企業が自分にマッチするのか分からない。
ブラック企業への転職だけは避けたい。
✔業界に詳しい人から転職アドバイスをもらいたい。

 

そんな悩みに答えてくれる最強の転職ツールが「転職エージェント」です。南野弘明自身の4度の転職でキャリアアップができたのは転職エージェントのおかげといっても過言ではありません。

 

ハローワークや転職サイトだけで転職活動をしている人は、転職エージェントを利用して企業選びから面接対策雇用条件交渉をはじめとする手厚いサポートを受けてみよう!ライバルに圧倒的な差をつけるスムーズな転職が可能です!!

Twitterでフォローしよう