▼強み/年収分析最強ツール▼
コミュニケーション能力は資格で活かす!おすすめ理由と難易度紹介

コミュニケーション力をアピールすることは、転職・就活で超重要なこと。しかしこのアピールは、説明だけが全てと思われがちですが実は客観的に証明できるおすすめの資格があるんです!今回の記事は、コミュ力をアピールできるおすすめの資格をご紹介します。

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

●こんな方におすすめの記事●

①コミュ力をアピールしたい
②履歴書に書ける資格が無い
③おすすめ資格を知りたい

年代別!おすすめ転職エージェント

完全無料の転職エージェントの活用は、現代の転職では必須ツールの一つ。マッチ度の高い求人紹介から各種転職対策、雇用条件交渉(年収交渉)まで幅広いサービスが受けれます。

企業との太いパイプで年代ごとにマッチした求人を多く保有しているからこそ、選考通過率・内定率が劇的に上がります!

この機会におすすめの下記の転職エージェントに登録し、無料サポートを受けてみましょう!

年代 転職エージェント名
20代 マイナビエージェント
30代 Spring転職エージェント(アデコ株式会社)
40代 リクルートエージェント
50代 50代必見!東京仕事センター

コミュニケーション能力は資格でアピール可能!

コミュニケーション能力を資格取得で活かす20代男性

こんにちは!転職/就活アドバイザーの南野弘明です。

就職において人柄というのは非常に重視されます。その人柄を前面にアピールできる能力はご存じですか?

その答えがコミュニケーション能力なんです。

しかし、コミュニケーション能力をアピールしたくても面接まで辿り着けないとアピールできませんよね?

そのコミュニケーション能力を履歴書でアピールできるのが、今回ご紹介させていただく資格です。

この資格を取得する価値は、一般的な資格は1~3か月の勉強→試験となるところが僅か3時間の勉強Web試験合格で、明日の履歴書にしっかり書けるというメリットがあります。

是非資格取得に役立てていければ幸いです。

それでは、この資格のポイントについて詳しく解説させていただきます。

おすすめ記事

コミュニケーション力は転職・就職で超重要!

コミュニケーション能力を資格取得で活かす女性たち

就職や転職をするときに大事なスキル第一位は間違いなく『コミュニケーション能力』です。

どの企業の求人票にもコミュニケーションに関連するワードが出ていますよね?

しかし、コミュニケーションといワードが直接的に記載されておらず分かりづらい表現の求人も多いのが特徴です。

コミュニケーションについてのワード
①わかりやすく伝えることができる
②円滑にコミュニケーションが図れる
③顧客との折衝
etc・・・

などなど、上げればきりがありません。それくらい企業はコミュ力を重視します。

おすすめ記事

なぜ企業がコミュニケーション能力にこだわるのか

コミュニケーション能力を資格取得で活かす方法を説明中

結局のところ仕事というのは、人と人とのつながりで成り立ち、そのつながりの中で会話をしながら(文書でも同じ)仕事を進めていくというプロセスが重要なわけです。

そのプロセスを上手く進めていくためには、コミュニケーション能力というのは非常に重要なスキルであり、その能力が高い人は将来的なマネジメント(管理)にも携われるという期待を持つことができます。

その為、企業は面接の中でコミュニケーション能力の高さをしっかりと確認したいというのはそういった意図があります。

つまり今回おすすめのコミュニケーションに関する資格は、今後の転職・就職に多いに役立つ資格と言えます!

関連記事

コミュニケーションをアピールできる資格がある!

コミュニケーション能力を資格取得で活かす方法検索中

面接に行くまでコミュニケーション能力をアピールできないというのは非常に残念です。

応募書類の中で頑張って自己PRなどにコミュニケーション能力をアピールしても、結局のところ証明ができません。

そんな時にアピールできる資格があると非常に便利ですよね?

しかも、履歴書にしっかり記載ができて資格欄の穴埋めにも役立つのであれば、面接官へのアピールにもつながるのでおすすめです。

そのおすすめのコミュニケーションに関する資格を次に解説していきます。

\資格を早く知りたい方はこちら/

①JLCA認定・伝え方コミュニケーション検定中級は履歴書に記載できる

就職・転職てコミュニケーション能力を客観的に証明できる資格として絶対におすすめなのが『コミュニケーション検定』です。この資格は履歴書に記載するときに、以下の様に記載できます。

【資格欄記載例】
JLCA認定・伝え方コミュニケーション検定中級

その為、履歴書に書けないような資格取得にヤッケになる必要はなく、わずか3時間あまり動画勉強と、Web試験でしっかり明日から資格を書くことができるので本当におすすめ!

コミュニケーションに関する資格は、強くアピールできるので是非取得してみてくださいね!

②自宅で受講してテストまで完了可能!

コミュニケーション能力を資格取得で活かす_コミュニケーション検定①

資格取得は意外に時間がかかったり、通学なんていう面倒な勉強も必要だったりで挫折してしまう方も多いです。

しかし、履歴書書ける資格でありながら簡単にコミュニケーション能力をアピールできる『コミュニケーション検定』は、就職、就活生、転職に兎に角利用価値の高い資格ですのでおすすめです。

資格の特徴

1:自宅でスマホの動画視聴で簡単勉強
2:学んだその日から使って役立つ実践的な資格
3:3か月間何度でも繰り返し視聴可能
【メディア掲載】
・メディアで話題!フジテレビ「ノンストップ」7月24日放送
・NHK全国ニュース「おはよう日本」

動画を視聴して、Web上の試験を受けるだけなので、簡単且つ急ぎの資格取得としておすすめです。

16年間延べ12万人の統計データをもとに体系化した「性格統計学」ベースの「伝え方コミュニケーション検定・中級講座」なので、分析データもしっかりとしたものなので、実践に役立つ資格と言えます。

\自宅で3時間で取得可能/

③仕事でも大いに役立つスキルが身につく

就職、就活、転職に役立つだけの資格だけでは資格取得のメリットが薄れてしまいますが、コミュニケーション検定は『実践的』であり且つ、日常生活でも役立つため、主婦層、すでに職に就かれている方、スキルアップにも役立つ資格と言えます。

例えば、以下のような方々にも利用されているのが特徴的です。

こんな方にもおすすめ!
・自己肯定感を上げたい方
・モテたい方
・伝え方が上手になりたい方
・就職・転職をお考えの方
・子育て、親、夫婦関係にお悩みの方
・部下との関係にお悩みの方
・SNS・広告の反応率を上げたい方

就職、就活、転職だけではなく、私生活、仕事上でも役立つ資格なので、スキルアップにも最適な資格であるのがモチベーションにつながりますよね!

コミュニケーション検定の試験は難しい?

コミュニケーション能力を格取得で活かす_コミュニケーション検定②

一般的な資格試験では、試験会場に行って試験を受けることになりますが、コミュニケーション検定は、動画視聴後のWeb試験を受けることで自宅に居ながら試験を受けることが可能です。

ここでみなさんが一番気になるのが試験の難易度ですよね!

次に試験から資格取得までを見ていきましょう。

STEP1:Web試験で完結可能!

コミュニケーション能力を資格取得で活かす_コミュニケーション検定③

試験問題は、動画を視聴すれば決して難しくありません。

試験問題は、15問の選択式の設問に答え、その場で合否が確定するといった嬉しい資格試験です。

※12ヶ月の間、計3回まで受験できます

普通に動画を見て試験を受ければほぼ間違いなく合格できるので、コミュニケーションが苦手な人でも資格を取得して苦手を克服できるように勉強したと伝えればよいので、そういった人にもおすすめの資格です。

STEP2:受講レポートを入力送信

コミュニケーション能力を資格取得で活かす_コミュニケーション検定④

Web検定で合格判定だった方は、講座で得られた気づきや感想を表示されたフォームに入力して送信。

簡単なフォームなので、迷いなくサクサク入力可能です!

試験問題も簡単なので、コミュニケーションに自信がある人・ない人にもおすすめの資格といえるので是非チャレンジしてみてくださいね!

合格までのエピソードなんかも履歴書やESに書いてみるといいかもしれませんね☆

\自宅で3時間で取得可能/

STEP3:合格証が届く

コミュニケーション能力を資格取得で活かす方法がわかった女性

Web検定時に登録した住所に合格証書が送付されます。

就職面接時には履歴書に明記し、アピールできる資格なのでおすすめ。

合格証がしっかり届くので、就職、就活、転職の際に、合格証のコピーを求められてもしっかり証拠として提出できるので安心です☆

コミュニケーション検定資格を面接でアピールする方法

コミュニケーション能力を資格取得で活かす方法を教えてもらう女性

コミュニケーション能力を客観的に証明できる資格を取得しているからこそ、その資格について質問される可能性は十分考えられます。

その質問に対しては以下のような内容が想定されます。

「これはどのような資格ですか?」

このような質問は高確率で質問される可能性があります。

その場合は、以下のように回答しましょう!

回答例1
コミュニケーションについては実は苦手意識がありました。仕事でも上手く伝えられないこともあり、その点を自分の弱みと考えコミュニケーション検定取得を試みました。この資格は、客観的に伝えるコミュニケーション力を鍛えることもでき、仕事でも苦手意識を克服できたことは私の強みと考えています。
回答例2
性格統計学をもとに、相手の性格に合った言葉を選んでコミュニケーションする方法を学び、検定試験に合格しました。元々コミュニケーションには自信がありましたが、更にコミュニケーション能力高めることができました。

コミュニケーション能力資格:まとめ

コミュニケーション能力を資格取得で活かす方法がわかった30代男性

コミュニケーション能力は、就職、転職において非常に役立つ能力です。

それをアピールできる場が面接ですが、履歴書、ES、職務経歴書でもアピールするためには『資格』というのは非常に有効な手段です。

一般的な資格では、取るだけが目的になりがちですが、本資格は取った後にも企業で役立つ資格だかこそ無駄にならない資格です。

詳しく知りたい方は下記にリンクから簡単にアクセスできますので検討してみてはいかがでしょうか。僅か3時間で取得でき明日の履歴書にも困らない資格なので、是非ご検討を!

伝え方コミュニケーション検定・初級中級セット
履歴書に書けるコミュニケーションの資格
こんな方におすすめの資格!
・自己肯定感を上げたい方
・就職・転職をお考えの方
・子育て、親、夫婦関係にお悩みの方
・HSP,繊細な心をお持ちの方
・部下との関係にお悩みの方
・コミュニケーション力をつけたい方
コミュニケーション能力を資格取得で活かす_コミュニケーション検定⑤コミュニケーション検定
16年間延べ12万人の統計データをもとに体系化した「性格統計学」ベースの「伝え方コミュニケーション検定・中級講座」です。
・学んだその日から使って役立つ実践的なメソッド。
※中級は6か月何度でも繰り返し視聴できます。
・さらに120分参加型セミナー2回つき(ZOOMを使ったオンラインフォロー研修)
転職エージェント絞り込み検索
年代
特徴
職種
業界
さらに詳しく検索
地域

Twitterでフォローして限定記事を購読!

転職を成功の為に読んでおきたい記事