▼強み/年収分析最強ツール▼
在職中と退職後どっちが転職に有利?企業と応募者目線で解説!

在職中に転職すべきか退職後にすべきかは転職を考える人にとっては悩みの種。転職に有利・不利があるならどちらがよいかを理解し、転職活動の対策を行いたいもの。今回の記事は、在職中と退職後の転職においてどちらが採用されやすいのかについて解説します。

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

●こんな方におすすめの記事●

①転職活動をしようと思っている
②離職してからの転職活動に不安
③上手に転職活動がしたい

【秘訣】転職エージェントに有り

転職は新卒と違い、無料で転職サポートを受けるのは当たり前の時代。初めての転職から数回目の転職でも、いつでも頼れる転職エージェント。

転職サポートのプロが求人紹介から各種対策雇用条件交渉まで一括サポートしてくれるので、不安な転職も二人三脚で乗り越えられます!

大手転職エージェント3社は、求人数が別格なのでこの機会に登録しておくことがおすすめ!

企業名 特徴
doda 手厚い転職サポート
マイナビエージェント 20代の若手向け求人豊富
リクルートエージェント 日本最大の求人数

在職中と退職後で転職への有利・不利は時と場合による

在職中と退職後の転職どちらが有利かを考える人たち

いきなりぶっちゃけた話になりますが、転職活動をする上で、在職中と退職後で採用合否に影響することへの大差は時と場合にとります

これは、ご自身の置かれている立場や、募集企業の様々な理由が密接に関係していることが原因です。

つまり、企業の求人票の内容によっては有利になる場合もありますし、不利になる場合もあるということ。

この点はきちんと理解しておくと転職活動をスムーズに進められるようになるのでおすすめです。

採用はあくまでも自社とのマッチ度で決まる

在職中と退職後の転職どちらが有利を説明する女性

求人票に書かれている人物像というのがいわゆる『採用合否基準』です。

それにマッチした人こそが採用されるというのが転職の基本です。

その為、在職中であろうが退職後であろうが、自社にマッチしていればどんな転職希望者の方でも採用されるチャンスがあるということになります。

おすすめ記事

在職中の方が採用に有利になるケースは殆ど無い

在職中と退職後の転職どちらが有利かわかった男性

在職中、退職後の大きく異なる視点は、採用云々よりも応募者の方の精神的、肉体的なストレスにして大きな差が現れます。

在職中の方は、金銭的な余裕があり「いい所があれば転職したい」または「状況によっては今の会社にとどまる」という選択肢を持つことができます。

しかし退職後の方は、転職という選択肢以外なく、金銭的な余裕もありませんが、採用側としては内定を出せばすぐに来てもらえるといった期待が持てます。

つまり、採用側にとっては在職中よりも退職後の方が有利になるケースが若干あるということです。

ただし、これはあくまでも採用側企業の目線なので、応募者側の視点で考えれば下記のようなメリット・デメリットが存在することを理解しておきましょう。

在職中の転職活動メリット・デメリット

メリット デメリット
金銭的余裕 転職活動が長引くことがある
転職しない選択肢を持てる 有給を頻繁に利用する必要がある
精神的余裕 応募企業に本気度を示しにくい
時間をかけて転職活動ができる 集中して転職活動に挑めない
情報収集に余裕が持てる

退職後の方が採用目線では若干有利!

在職中と退職後の転職はどちらが有利か歩きながら考える男性

在職中が退職後が有利になるパターンとして、企業側がすぐに人材が欲しいと思えば、退職後の方が採用されることがあります

できるだけ早く入社して欲しいレベルによりますが、退職後の方が2週間後、在職中が1.5か月後となれば、まったく能力や条件が同じだとすると退職後の方を採用します

例えば、ある開発案件で人材が不足しているなどの場合、その人材がいないとプロジェクト全体が滞る場合もありますので、早く入社して欲しいと思うのは必然です。

こういったケースの場合は退職後が有利になるので、なる早での入社をお願いされたら退職後が有利と覚えておくといいですね!

【退職後必見】非公開求人などは特定プロジェクト案件が多い

在職中と退職後の転職どちらが有利を考える男女

退職後が有利になる『なる早入社求人』は、転職エージェントが持つ非公開求人に多いのが特徴です。

非公開求人は、ライバル企業に特定プロジェクトがばれたくないなどの事情により、転職エージェントを通してプロジェクト関係の情報を開示するケースがあるからです。

特に私がおすすめするのは『リクルートエージェント』の非公開求人です。

企業及び自身としても利用した経験から、キャリアアップが見込める求人が多いと思います。もし登録がまだな方にはおすすめです!

専門的な求人も豊富!リクルートエージェント
大手・優良企業を中心に常時豊富な求人情報を掲載
【サポート詳細】
1)応募書類のアドバイス
履歴書、職務経歴書を書くための秘訣をていねいにアドバイスしてくれる。
2)人柄や志向を企業に伝え、選考通過を後押し
履歴書、職務経歴書だけでは伝わらない、人柄や志向、考え方など、転職希望者の方の優れた特性を面談で教えてくれる。
3)内定後の雇用条件交渉
雇用条件(年収交渉)は非常にセンシティブ。だからこそリクルートエージェントを経由しての応募でプロに任せることができます!

評価項目 解説
求人数 非公開求人100,000件以上
エージェントの質 面接で本来の自分を最大限にアピールするためのノウハウを専門スタッフが直接アドバイスしてくれる。
登録メリット 一人では不安な転職活動をきっちサポート。僕が使った転職エージェントの中でも特に対応がよかったです。また、最後の雇用条件交渉のおかげで大幅年収アップを実現できています。
対応エリア 全国

【注意】退職後3か月を超えても次が決まらないは不利に変わる!

在職中と退職後の転職どちらが有利かわからない男性

在職中と比較して退職後の方が有利なのは、退職後3か月までです。

3か月を超えると一気に不利になるので要注意。

退職してしばらくゆっくりしようと考えるのはナンセンス!

退職後すぐに転職しないと仕事感が鈍ったり、金銭面が厳しくなるのですぐに転職活動をしましょう。

以上を踏まえて、退職後の転職活動のメリット・デメリットを応募者側目線で下記にまとめたので、是非参考にしてみてくださいね!

退職後の転職活動メリット・デメリット

メリット デメリット
転職活動に時間がかけられる 金銭的余裕がない
転職への本気度を語ることができる 退職理由をしつこく聞かれる
対策時間が十分ある 社会から離れるブランクがある
毎日面接を入れられる なかなか決まらないと不安で鬱になる
求人応募数を気にする必要がない 3ヶ月を越えると大きなリスクになる

転職活動を長期化させない為には?

在職中と退職後の転職どちらが有利かわかった20代男性

在職中及び退職後のどちらも当てはまることですが、転職活動の長期化は避けるべきと考えています。

その大きな理由は、長期化するとモチベ維持や精神的負担も大きいので、短期決戦で転職活動に臨むのが好ましいというのが転職における鉄則です。

関連記事

短期決戦の鉄則は、自分一人でやりきるよりもエージェントなどのサポートを受けながらやっていくと効率よく転職活動ができるのでおすすめです。

特に、20代の若手の方は、初めての転職となる方も多いと思うので、20代専門の転職エージェントを活用し上手に進めて行くことをおすすめします。

登録から入社までしっかりサポートしてくれますし、もちろん完全無料で利用できます。※無料の理由はビジネスモデルにあるので、是非過去記事をよんでみてくださいね!

それではまた!

20代の転職におすすめ!就職Shop

営業だけでなく、事務や企画、技術系の職種での募集も多数!
就職Shopは株式会社リクルートが運営する対面型の就職・転職活動支援サービス。経験豊富な専任のキャリアコーディネーターがあなたの正社員就職活動をサポートしてくれます。サービスはすべて無料。まずはWeb面談にご予約を!

20代 就職Shop

料金 完全無料
取引企業数 10,000社以上(利用者数延べ10万人以上!)
店舗情報 東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・大阪府・京都府・兵庫県
サポート年代 20代限定

Web相談実施中!全国からの転職相談可

サポート キャリア面談/求人紹介/面接対策/企業との面接日程調整/雇用条件交渉(年収交渉など)
転職エージェント絞り込み検索
年代
特徴
職種
業界
さらに詳しく検索
地域

Twitterでフォローして限定記事を購読!

転職を成功の為に読んでおきたい記事