▼強み/年収分析最強ツール▼
在職中と退職後どちらが転職に有利?企業目線で解説!

在職中に転職すべきか退職後にすべきかは転職を考える人にとっては悩みの種。転職に有利・不利があるならどちらがよいかを理解し、転職活動の対策を行いたいもの。今回の記事は、在職中と退職後の転職においてどちらが採用されやすいのかについて解説します。

 

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

転職活動をしていると気になるのが、在職中と退職後の転職活動で有利、不利な点があるのかという疑問を持つ方もいらっしゃるかと思います。

 

できれば採用に有利な転職がしたいというのは、転職の対策としては必須ですよね?

 

今回の記事は、在職中と退職後の採用に有利なポイントと、注意点に絞って解説させていただきます!

 

是非転職活動をするときの参考にしてくださいね!

 

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

 

●こんな方におすすめの記事●

①転職活動をしようと思っている
②離職してからの転職活動に不安
③上手に転職活動がしたい

 

在職中と退職後で採用への有利・不利はない!

在職中と退職後の転職どちらがよいか考える人たち

いきなりぶっちゃけた話になりますが、転職活動をする上で、在職中と退職後で採用合否に影響することへの大差はありません。というのが答えになります。

 

しかし、企業の求人票の内容によっては有利になる場合もありますし、不利になる場合もあります。この点はきちんと理解しておくと転職活動をスムーズに進められるようになるのでおすすめです。

▶採用はあくまでも自社とのマッチ度で決まる

在職中と退職後の転職どちらがよいか説明する女性

求人票に書かれている人物像というのがいわゆる『採用合否基準』です。それにマッチした人こそが採用されるというのが転職の基本です。

 

その為、在職中であろうが退職後であろうが、自社にマッチしていればどんな転職希望者の方でも採用されるチャンスがあるということになります。

▶退職後の方が有利になることがある!

在職中と退職後の転職はどちらがいいか歩きながら考える男性

在職中が退職後が有利になるパターンとして、企業側がすぐに人材が欲しいと思えば、退職後の方が採用されることがあります

 

できるだけ早く入社して欲しいレベルによりますが、退職後の方が2週間後、在職中が1.5か月後となれば、まったく能力や条件が同じだとすると退職後の方を採用します

 

例えば、ある開発案件で人材が不足しているなどの場合、その人材がいないとプロジェクト全体が滞る場合もありますので、早く入社して欲しいと思うのは必然です。

 

こういったケースの場合は退職後が有利になるので、なる早での入社をお願いされたら退職後が有利と覚えておくといいですね!

【退職後必見】非公開求人などは特定プロジェクト案件が多い

退職後が有利になる『なる早入社求人』は、転職エージェントが持つ非公開求人に多いのが特徴です。非公開求人は、ライバル企業に特定プロジェクトがばれたくないなどの事情により、転職エージェントを通してプロジェクト関係の情報を開示するケースがあるからです。

 

特に私がおすすめするのは『doda』の非公開求人です。企業及び自身としても利用した経験から、キャリアアップが見込める求人が多いと思います。もし登録がまだな方にはおすすめです!

👑転職ならdodaがおすすめ👑

おすすめdoda

サイト名 特徴
doda 登録するとdodaの専門スタッフがみなさんの希望や適性に合った求人の紹介や、転職活動のサポートを無料で行ってくれます。 専門スタッフが企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポート。また、必要に応じてキャリアカウンセリングを実施してくれます。

doda

画像引用元:doda

評価項目 解説
求人数 100,000件以上
エージェントの質 面接で本来の自分を最大限にアピールするためのノウハウを専門スタッフが直接アドバイスしてくれる。
登録メリット 履歴書、職務経歴書だけでは伝わらない、人柄や志向、考え方など、転職希望者の方の優れた特性を推薦状や推薦時のメールにまとめ、履歴書、職務経歴書に添えて企業に応募してくれる。
対応エリア 全国

【注意】退職後3か月を超えても次が決まらないは不利に変わる!

在職中と比較して退職後の方が有利なのは、退職後3か月までです。3か月を超えると一気に不利になるので要注意。退職してしばらくゆっくりしようと考えるのはナンセンス!退職後すぐに転職しないと仕事感が鈍ったり、金銭面が厳しくなるのですぐに転職活動をしましょう。

 

過去記事でも退職後3か月を越えてしまうとどうなるかについて解説していますので、是非参考にしてみてくださいね!

関連記事

▶在職中の方が採用に有利になることはない!

在職中と退職後の転職どちらが有利かわかった男性

前述したように採用に関して退職後の方が若干有利になることはあるかもしれませんが、在職中が有利になることはありません。

 

しかし在職中、退職後の大きく異なる視点は、採用云々よりも応募者の方の精神的、肉体的なストレスにして大きな差が現れます。

 

在職中の方は、金銭的な余裕があり「いい所があれば転職したい」または「状況によっては今の会社にとどまる」という選択肢を持つことができます。しかし退職後の方は、転職という選択肢以外なく、金銭的な余裕もありません。

 

また、3か月後の雇用保険適用時に入社が決まっていないとなると、企業側の目線で考えると『転職への本気度』を疑われたり、逆に『問題がある人』などの疑いを持たれかねない、そして転職活動が長期化している理由も考えなくてはななりません。

 

関連記事

 

つまり、在職中であるというのは特殊な要件が無い限り、採用有利度には影響を与えないというのが結論です。

転職活動を長期化させない為には?

転職に成功した20代

在職中及び退職後のどちらも当てはまることですが、転職活動の長期化は避けるべきと考えています。その大きな理由は、長期化するとモチベ維持や精神的負担も大きいので、短期決戦で転職活動に臨むのが好ましいというのが転職における鉄則です。

 

関連記事

 

短期決戦の鉄則は、自分一人でやりきるよりもエージェントなどのサポートを受けながらやっていくと効率よく転職活動ができるのでおすすめです。

 

特に、20代の若手の方は、初めての転職となる方も多いと思うので、20代専門の転職エージェントを活用し上手に進めて行くことをおすすめします。

 

登録から入社までしっかりサポートしてくれますし、もちろん完全無料で利用できます。
※無料の理由はビジネスモデルにあるので、是非過去記事をよんでみてくださいね!

 

それではまた!

 

※ボタンをクリックすると転職エージェントランキング特集が確認できます!

エージェント特集 おすすめ理由
20代に特化したおすすめの求人を紹介してくれるエージェント。初めての転職でも徹底サポートしてくれるが特徴です。未経験可の求人も豊富。
20代、30代が利用したい大手転職エージェント。経験者・未経験者でも安心!給与アップを目的とした転職に特におすすめ!私自身も400万円の年収アップに成功!
40代のおすすめエージェント。ハイクラス求人、管理職の方向けのおすすめエージェントをご紹介します!
僕が全力でおすすめする転職戦略公開
みんなの転職の悩みベスト3

1位:転職はむずかしい?

2位:ブラック企業だけはやだ!

3位:今より悪い職場だったら・・・

これらは全部対策可能です。単純にハローワークや求人紙に出ている求人では、上記を満たす求人には出会えない。転職エージェントだけでは、現場の生の声は入手できない。

そんな不安を全て満たすおすすめ転職ツールを集めて見たので、活用してみませんか?現役面接官、人事経験豊富な私が全力でおすすめする完全無料の転職ツール公開!

↓詳細はこちら↓

Twitterでフォローして限定記事を購読!

転職を成功の為に読んでおきたい記事