業績不振を転職理由にすべきか検討中

業績不振により転職活動を余儀なくされている方は非常に多いです。しかし業績不振を転職理由として面接で使うのは大変危険です。守秘義務・情報漏洩などの観点でも応募企業への印象は最悪。今回の記事では、経営悪化による転職理由の伝え方の秘訣を解説します!

 

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

コロナ不況による業績不振。先行きが不安。そんな不安を抱えながら日本の社会人の方は生きています。一昔前ならリーマンショックがありましたよね。

 

そういった状況下で転職をすると『転職理由』『業績不振』になり非常に伝えづらいと思います。この経営状況悪化というのは、面接で使うのはありのかという観点で今回は解説していきたいと思います。

 

南野弘明てどんな人?

某グローバルベンチャー企業で面接官として数多くの方々を面接。そこで開発した『転職ノウハウ』を基に、超ホワイト企業へ転職。年収400万円アップ!『今すぐ使える転職ノウハウ』をモットーに、転職アドバイザーとして活動中!
【公式Twitter】
【最強転職ツール】

 

●こんな方におすすめの記事●

①業績不振で転職活動をすることになった
②転職理由が業績不振しかない
③上手い転職理由の作り方を知りたい

 

①業績不振をストレートに転職理由にするのはNG!

業績不振により解雇され転職理由に使うべきか悩む男性

業績不振というのは、企業にとっての機密情報・極秘情報にあたります。その為、会社の許可なく口外してしまうと機密情報漏洩により発見された場合は、解雇処分になる可能性があるので要注意です。

 

特に注意していただきたいのが、競合他社・仕入れ先・協力会社への転職する際の面接です。漏れたことが現職企業の耳に入るパターンが、これらの企業にうっかり説明してしまったことによるパターン。

 

何かの拍子に応募企業内部に流出し、関係者から在職企業に情報が入り、情報漏洩が発覚してしまうことが多いです。

 

しかし、本当に経営が悪化し数カ月後に倒産する可能性があり、転職活動を許可され、転職理由を口外してよいということであれば伝えることは可能です。

 

しかし、一般的な会社であればほぼ間違いなく許可されないので、伝えることは避けるべきでしょう。

 

関連記事

②業績不振を詳しく説明するのは逆効果

業績不振を転職理由にした応募者に質問する面接官

業績不振というのは転職理由として利用しやすいので多くの応募者が伝えてきますが、これは逆効果なんです!応募企業側に対しても不信感を与えてしまうことも考えられます。

 

昨今の企業は、情報漏洩に対してピリピリしている状況なので、業績不振という情報は明らかに機密情報に値すると判断し、簡単に口外する人物と思われてしまいます。

 

その為、業績不振を理由に転職したいというのは使いやすい転職理由に思われがちですが、非常にリスクの高い内容なので、伝えるのはやめた方がよいでしょう。

 

おすすめ!転職エージェント3選
当サイトから登録の多いエージェントはこちら(各サイトに遷移できます)
【若手】20代の転職

【ミドル】
20代、30代の転職

【管理職】
40代の転職

【秘訣】業績不振による転職理由の作り方

業績不振を転職理由にすべきか悩んでいる様子

コロナウイルス感染拡大により、多くの企業が経営難に追い込まれていることは、世間一般的に知られています。それを出汁に、経営状況悪化とストレートに言わないように転職理由を作ることが大事です。

 

また、転職理由の中には、業績不振だけではなくポジティブな言葉を混ぜるのがポイントです。

例文

転職を考えたきっかけとして、コロナウイルスの影響により市場全体が低迷していることから、今後について考えたことがきっかけです。自分を見つめなおしたときに、今までチャレンジしたかった仕事に対しての転職のチャンスと考えました。現職のスキルを活かしながらチャレンジができる御社の●●職の仕事に非常に興味があったため今回応募させていただきました。

▶例文のポイント

非常に簡単な転職理由ですが、あくまでも『市況』に重点を置いた理由なので、自社の話をしていることではないということがポイントです。

 

また、自分のスキルを活かした転職を考え、チャレンジできるというのも前向きにとらえられると思います。

 

上記の理由をアレンジして作ってみましょう!

▶転職理由の注意点

業績不振を転職理由にした女性をWeb面接中

特に注意していただきたいのが、業績不振・市場低迷などは今の日本では当たり前の理由ということ。つまり、これらを転職理由にすると次の会社で同じことが発生すると再度転職してしまう人という印象を応募企業に与えて心象は決してよくありません。

 

あくまでも自分自身の置かれている環境が今の会社では実現できないという「何か」を転職理由で調して伝える必要があります。

 

①給与が支払われない状況
②やりたいことができない
③この状況をチャンスと捉えた
④会社都合による転職

 

など、後ろ向きな理由を述べてもOK。それと志望動機を組み合わせ説得力のある志望動機+転職理由にすることが、業績不振による転職の最大の秘訣です。

 

このコツについては、転職エージェントなどを経由して転職活動をすると応募書類の添削などできちんと教えてもらえますので、必要な方は登録して転職活動をしてみるとよいでしょう。

 

下記におすすめエージェントを記載しておありますので、是非参考にしてみてくださいね!それではまた!

 

※ボタンをクリックすると転職エージェントランキング特集が確認できます!

エージェント特集 おすすめ理由
20代に特化したおすすめの求人を紹介してくれるエージェント。初めての転職でも徹底サポートしてくれるが特徴です。未経験可の求人も豊富。
20代、30代が利用したい大手転職エージェント。経験者・未経験者でも安心!給与アップを目的とした転職に特におすすめ!私自身も400万円の年収アップに成功!
40代のおすすめエージェント。ハイクラス求人、管理職の方向けのおすすめエージェントをご紹介します!
年代別!最強転職エージェント紹介!

最強転職エージェント

 

「求人検索、応募書類作成、面接対策、雇用条件の交渉...。初めて尽くしで何から手を付けていいのか分からない。」といった、はじめの転職におすすめの転職エージェントを紹介!

登録からサポートまで完全無料で安心して利用できるので、転職エージェントの利用価値は絶大です!

各年代別のおすすめ転職エージェントを理由を添えて紹介しますので、気になる転職エージェントがあればまずは登録してみましょう!

👑20代の転職に利用価値大👑
ブラック企業を除外、優良企業のみの求人紹介!
20代のサポートは業界随一!
20代に特化した転職エージェントである「第二新卒エージェントneo」。株式会社ネオキャリアが運営する関東、関西、九州地方の20代の転職に強みを持っています。求人数も10000社以上を保有し、経験豊富なアドバイザーが親身にサポートしてくれます☆
【特徴】
①書類対策、面接対策徹底サポート。
②サポート時間が他社より長い。
③ブラック企業排除で求人紹介。
④学歴、職歴に不安があってもサポート可能。
【NGユーザー】
18歳以下と29歳以上
面談予約が取れないかた
※詳細確認や登録は以下から確認可能です↓
👑30代の転職に利用価値大👑
20代、30代のキャリアアップに最適な求人をピンポイント紹介!
丁寧な対応で求職者の方一人一人との関係性の構築を大切にしている
パーソルキャリアの「doda」は求人情報サービス・人材紹介サービスを提供する転職サイトです。まずは自分で求人を探してみたいという方も、1人での転職活動は不安を感じるという方もdodaで自分に合った求人を見つけることができるのでおすすめ!私はdodaで年収大幅アップを実現しました!
【特徴】
<転職サイト機能>
日本最大級の求人数を掲載。毎週更新される求人特集や新着求人から、マッチした求人の検索と応募が可能。職種、年齢、経験を問わず、さまざまな求職者が利用可能。
<エージェントサービス>
非公開求人を含む約10万件の求人からあなたに合った求人を紹介。専門スタッフが企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポー
【NGユーザー】
①エージェントサービスへ新規会員登録後、キャリアカウンセリングを受けれない方。
②40代以上は求人数が少なめなのでおすすめできない。
👑40代の転職に利用価値大👑
40代以上の転職にうれしいハイクラスにも対応
好条件求人を多く有していることから利用満足度も好評価!
転職のリクルートエージェントは求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1。実績豊富な 転職エージェントがあなたの転職を成功に導いてくれること間違いなし!異業種への転職、ハイキャリアを目指した転職、グローバル求人にも対応。幅広い求職者が利用している。
【特徴】
1.面談で自身がまだ気づかれていない強味を発見できる。
2.非公開求人も含めた多数の求人から最適な求人を紹介。
3.キャリアアドバイザーからも企業にあなたの強みをアピール。
【NGユーザー】
①キャリアカウンセリングを通じての求人紹介を求めない方。
②電話連絡が取れない方。

※転職エージェントのランキングおよび詳細は、各HPや私自身が利用した経験、利用者からの声を基に分析した結果を掲載しています。他社を否定するものではありません。また、利用の有効度は個人差があります。複数社に登録し、比較検討されることをお勧めします。

👑併用したい転職ツール👑
転職ツール 特徴
リクナビNEXT 全国の求人情報を勤務地や職種、あなたのスキルや資格などから検索が可能。転職成功のヒント満載の求人/転職のサイトです。
ミイダス コンピテンシー診断が使える!職務適性やパーソナリティの特徴、ストレス要因、相性の良い上司・部下のタイプなど、あなたのコンピテンシー(行動特性)を分析できる(完全無料)。
転職会議 国内最大級100万件以上の転職口コミ情報が掲載されています。会員数は500万人以上。日本中の企業の口コミが集まっています。

※クリックすると公式サイトに遷移できます。

Twitterでフォローしよう