1年間の転職ノウハウ

家族の反対は転職に付きもの!家族を説得する方法について解説

家族の反対があるから転職できないという家族持ちの方は結構多いです。旦那さんや奥さんの無謀な転職や年収が下がってしまうような転職では、もちろん家族も反対してしまいます。では、どのような転職であれば家族は反対しないのかまた、どのように家族を説得すべきか解説します!

転職ノウハウ大辞典

●こんな人におすすめの記事●

①転職先が決まっているのに家族に反対される
②これから転職活動をするのに家族が反対しそう
③キャリアアップして家族を見返したい

👑リクルートエージェント

日本最大の転職エージェント。求人紹介実績No.1なので安心。
大手転職エージェントだから全国対応。Web面談可能なので、安心してサポートが受けれる!
完全無料

前提!転職前に家族への相談を忘れずに!

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

転職を考えた時、既婚、未婚に関わらず関係する人に『同意』を得る必要がある場合があります。

例えば、転職の入社が決まると『保証人』のサインが必要になる場合がほぼ間違いなくあります。

その保証人であれば、両親、兄弟などにサインを貰うことになりますので、事前に転職活動をしていることを伝えないと、あとでサインがもらえないといったことも。

また、家族持ちであれば家族の同意を得ておかないと、内定をもらってから大反対をされることもあります。

しかし、皆さんは転職を考えたということは今の職場に問題があったり、キャリアアップを目指すことを目的とした転職ですから既によく考えた転職のはずです。

今回の記事は、家族に反対される転職を3つの視点で説得することで、上手く転職できるコツを紹介します。

転職とは問題を解決するための手段の一つ

家族の反対を押し切る転職について作戦を練る男性

転職活動をするということは、今抱えている問題を自社では解決できない為、転職という形で問題を解決するための手段の一つです。

もちろん今の会社で解決できるのであればその方がいいです。

しかし転職を決意したということは、そうでないことが殆どですよね?

例えば以下のような悩みがありませんか?

自分だけでは解決できない悩み

①人間関係に悩んで夜も眠れない
②パワハラが酷くて精神的にきつい
③残業時間が長くて体力的にきつい
④低迷業界の為将来に不安
⑤給与をもっと上げたい

こういった問題は、自分で解決することを必死に行っても結局は他人や会社をコントロールする必要があるので、なかなか解決することができません。

その結果、転職という手段を使って解決をするという道を選んだということになります。

しかし、その選択に至った経緯を知らない家族は、事後報告になると家族の反対は必至!では、なぜ家族の反対が起こってしまうのでしょうか?次に解説します。

家族の反対は転職に付きもの!

家族の反対を押し切る転職について作戦を練る男性二人

今の世の中、転職というのは当たり前の時代です。むしろ終身雇用を夢見ている人は、今すぐその考えを改めましょう。

しかし、大企業に在職していればいるほど終身雇用の夢を切り離すことは難しく、「転職したい」などと家族に伝えれば家族の反対は必至。

長く働けば退職金もがっぽりもらえますし、我慢さえすればある程度の役職者にもなれるかもしれません。

両親、兄弟、家族はそういった環境を捨ててまで転職をし、家族が路頭に迷うようなことがあったら自分の身にも降りかかって来ることに恐怖があるので、家族の反対が起きてしまうのです。

しかし、皆さんは転職を決意したということは、ストレス的にも限界のはずです。

では、どのような視点で家族を説得することが上手いやり方なのか。また、やってはいけない説得の仕方について次に解説致します。

家族の反対に対してやってはいけない説得とは?

夫の転職について家族の反対意見を代表で述べる女性家族を説得するときにはストレスは限界のはずです。

しかし、それをストレートに伝えてはいけません

やってはいけない説得に内容は下記のようなことを一辺倒に伝えてしまうことです。

次の内容を家族に伝えると猛反対をされる可能性が高いので、絶対にやめましょう。

絶対NGの家族の説得例

①会社の今の環境が辛い
②ストレスが酷くて辞めたい
③新し事にチャレンジしたい

こういった内容をストレートに伝えた時、家族の思うことは「自分の都合ばかりで決めている」といった思いがあります。

どんなに皆さんが辛くて死にそうでも、決して納得しません。

それは、家族は当事者じゃないからです。

どんなに皆さんが辛くても自分に降りかからないことは決して納得しません。転職によるリスクがある限り、あなたが病気になるまで納得しないでしょう。

家族の反対というのは、みなさんを思ってのことではなく、自分自身に降りかかる不幸を想定している反対だということを決して忘れてはいけません。

では、どのように説得するかというとを次に解説します。

家族の反対を退ける3つの上手い説得方法

家族の反対を押し切る転職についてアドバイスする男性

転職にリスクがある限り、家族の反対は付きものです。

では、どのように説得していくかというと3つの視点を軸に説得していきます。

それでは、ひとつずつ家族の反対を退ける上手い説得方法を見ていきましょう。

転職に対する悩みは、ネガティブとポジティブの2つについて準備する

転職理由がネガティブなものであると家族を説得するのは難しいです。ネガティブな理由というのは以下のような理由を指します。

ネガティブな転職理由(本音)

①人間関係が悪い
②職場環境が悪い
③自分の意志が通らない

こういった理由はほぼ間違いなく『我慢しろ!』と言われ一蹴りされて撃沈します。

ここでのコツは、転職の真意はネガティブな理由でもポジティブな理由も並行して準備しておくのがコツです。

ポジティブな理由というのは以下のような理由です。

ポジティブな転職理由

①給与を上げたい
②今後伸びる業界に転職したい
③福利厚生がしっかりした会社で安泰したい

こういった期待感は相手によい印象を与えるので、ネガティブ一辺倒ではなく、家族への将来も考えての転職であることも重要な説得材料になることを覚えておきましょう。

家族の反対が起きることは、家族のメリットがない転職だからということを肝に銘じて説得しましょう。

おすすめ記事

説得するとき「家族ファースト」を全面に押し出す

家族の反対を押し切る転職について作戦を練る仲間たち

転職することで、自分もステップアップでき、家族にとってもプラスの要素があることが重要です。

自分自身だけの問題を解決したいでは決して納得しません。

あくまでも自分も家族もハッピーであることが求められます。

家族に伝えるべきこと
①自分は将来どうなりたいのか
②家族をどのように考えているのか

この2つをしっかり説明することが求められるので、説得前にはしっかり準備しておきましょう。

家族の反対は、ネガティブの要素程起きやすいです。

関連記事

家族の不安についてはしっかり聞く

転職を決意して家族の反対を受けないようにきちんと話す男性

ストレスの限界に来ている皆さんは、家族の意見などは決して聞く余裕はないかもしれません。

しかし、その気持ちをぐっと押さえてまずは耳だけ傾けましょう

こういったことを聞き出してあげることが大事です。

特に奥様(女性)の転職の場合、多くの男性は転職を前向きにとらえてくれることが殆どです。

しかし、男性の転職の場合、奥様は簡単に認めてくれません。これは、女性は男性よりも過程を大事にするからです。また、論理的に説明しても感情を優先するので簡単ではありません

一回で説得することを考えずにまずは、少しずつ段階的に説明していくようにしましょう

特に給与が下がる転職は「将来の年収」を説明しよう!

家族の反対をされないために「年収が上がる転職だ」と伝える男性

特に家族は年収が下がる転職について大反対します。逆に捉えると給与が上がる転職は喜ばれる傾向があるということ。

大企業から中小企業・ベンチャー企業への転職は、家族は安定した環境からの転職となるため、反対するパターンが多いので、その際は「将来的な年収」をきちんと説明してください。

できる限り年収推移表を作成し、説得できることが肝となるので、転職先が決まりそうなタイミングで必ず転職先の人事部門に年収推移予測を聞くようにしましょう!

よっぽど酷い会社でなければ、社内の年収モデルをもっているので、確認するようにしましょう。

転職エージェントを利用していれば、転職エージェント経由でモデル年収を聞いてもらえることもあるので、是非活用してみてください。

👑年代別おすすめ転職エージェント一覧


 
完全無料
求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1。
実績豊富な 転職エージェ ントが20代~40代の転職成功に導きます。


 
完全無料
全国の優良企業の求人が豊富。20~30代の転職サポートに強い!
人事&採用担当との太いパイプで、応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポート。


 
完全無料
非公開求人を含む約10万件の求人から20~30代に合った求人を紹介。
企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポート

一人で悩まずに事前に第三者に相談して対策を練るのも有効

家族の反対がすごい転職にならないためにおすすめの転職エージェント_doda

内定を獲得してからの説得は、非常にハードルが高くなります。その為、第三者に事前に相談して対策を練るのが非常に有効な手段です。

第三者として使えるのが転職エージェントです。

転職エージェントのキャリアカウンセリングでは、転職について家族の同意が得られているかどうかというのを必ず確認してきます。

それは、内定直前になって家族の同意を得られずにキャンセルすると、転職エージェント側に皆さん自身にもプラスにならないからです。

その為、転職エージェントに事前に相談しておくことで、どのように家族へ説得すべきかという点で、転職におけるプラスになる点提示してくれることが多いです。

例えば、今の年収からプラス50万円が見込める求人を積極的に応募するなどのプラス的な要素を教えてくれるので、転職活動をやりやすいようにサポートしてくれます。

特に30代、40代の皆さんなら転職エージェントを積極的利用していくことをおすすめします!それではまた!

転職エージェント絞り込み検索
年代
特徴
職種
業界
さらに詳しく検索
地域

Twitterでフォローして限定記事を購読!

転職を成功の為に読んでおきたい記事