プログラマーの仕事内容を調べて転職したい未経験男性

プログラマーの仕事内容を理解して、IT業界に転職したいという人が非常に増えています。コロナで注目を浴びたテレワークで最も盛んだったのがIT業界。パソコン一つでどこでも仕事ができる業種だからこそ、withコロナ時代に注目されてる職業です。プログラマーの仕事内容と転職成功の秘訣をご紹介!

 

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

転職市場で大人気のプログラマー職。特に20代の若年層にとても人気な職業です。未経験からIT業界に転職すると考えた時、まず初めに20代の若年層が思い浮かぶのがこのプログラマー職ではないでしょうか。

 

しかしこのプログラマー職に転職を考えた時、よく分からずに転職して、入社できたのはいいけど結局自分に合わずに退職という方も多いのがIT業界です。

 

新卒をSE職を大量に採用している企業の多くは「辞めるのを想定して採用」しています。その「辞める側」にならない為にも、プログラマー仕事内容、職種についてしっかり理解し、きちんと入社前に基礎知識身に着けちゃいましょう

 

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

 

プログラマー職て何する人?

プログラマーの仕事内容を調べて転職したい未経験プログラマー男性

プログラマーという職業はなんだか「頭がよさそう」「すごい稼いでる」「なりたいけど具体的に何するか知らない」といことを疑問に思ったことがありませんか?

 

プログラマー職が具体的に何をするのか分からずに、想像だけでもやもやするよりもズバリ答えを簡単に説明します。

 

プログラマー職はプログラム言語を使用し、色々なソフトを作って、コンピューターや装置を動かす技術者を指します。

 

プログラマーのおかげでどのようなことが身近な生活で役に立っているかというと、一例の下記をみてください。

 

●ECサイトの構築
●ゲームソフト
●家電製品の制御
●携帯アプリ
●設備機器の制御
●サーバー構築

 

プログラマーという職種があり、技術者の方のおかげで我々の生活が支えられています。つまり、このプログラマーという職種で技術力を身に付けておけば、将来は安泰になるという予測から、20代の若年層からの転職者が非常に多いというのも納得の答えです。

 

次に具体的なプログラマーの仕事内容を見ていきましょう。

プログラマーの仕事内容は何?

プログラマーの仕事内容を理解し転職したい未経験プログラマー男性

プログラマーという職種に転職したいと思っても、具体的なプログラマーの仕事内容が分からないと志望動機も書くことができません。その為にプログラマーの仕事内容について理解を深めていきましょう。

①SEとの連携が必要な仕事

まず、プログラマーになってもプログラマー一人で1から10まで作業することはできません。そのために、システムエンジニア(SE)と言われる技術者が、具体的な設計を先ずは行います。次に活躍するのが、プログラマーです。

②プログラミングはプログラマー

SEが設計したシステムを、指定されたプログラミング言語で構築していくことが主な仕事となります。当然入社当初は難しい構築はできないので、先輩社員の指示に従い構築を行っていくので、安心してください。

③プログラマーの仕事内容は構築にあり

プログラマーが使用する言語は沢山ありますが、大事なことは「構築する製品やソフトに対して異なる言語を使用する」ことを覚えておきましょう。有名な言語だけは今回覚えてしまいましょう。

 

プログラマーご用達プログラミング言語
①Java
②JavaScript
③Perl
④PHP
⑤Objective-C
などその他多数!

 

全てをマスターする必要はありません。

 

しかし、20代の内にプログラマー未経験で転職する際は、最低1言語だけでも基本的な知識を身に付けておかなければ、間違いなく入社することは不可能なのでしっかり勉強しておきましょう。

 

基礎を押さえれば、別の言語を学んでも応用が利くので、そういった意味でも「入社前に1つ」と目標を立てて取り組みましょう。

 

おすすめ記事

プログラマーの仕事内容は「勉強」が前提

プログラマーの仕事内容を調べて転職したい未経験プログラマーが勉強中

20代未経験プログラマーとして無事に転職が決まっても、喜ぶのは一瞬終わり。入社後は常に勉強の毎日です。

 

プログラミングの世界は、常に更新の日々。つまり更新されるたびに更新された内容について勉強しなくてはなりません。なので、IT業界に未経験から転職された人の多くは挫折し、再度転職する人が多いのもそれが原因です。

 

IT業界がブラックだから離職率が激しいのではなく、知識の更新を受け付けない人が多いのがIT業界だということを理解しましょう。

プログラマーの仕事内容において未経験に期待すること

プログラマーの仕事内容を調べて転職したいITスクールに通う男性

プログラマーなら技術力があればOK!とはなりません。プログラマーに求められるセンスや技術以外のスキルといのもあるので覚えておきましょう。下記が具体的な求められるスキルです。

期待①:論理的思考力

プログラマーに絶対求められるスキルがこの論理的思考力です。論理的思考力というのは、物事を組み立てて考える力をいいます。

 

プログラマーは論理的に構築していくことで製品を動かすことに繋がるので、この論理的思考力無くして、ログラマーとして活躍することは非常に難しい職種です。

 

その為、未経験プログラマーであっても論理的思考力を付けるためのトレーニングは実施しましょう。プログラマーの仕事内容に直結します!

期待②:勤勉

前述したようにプログラマーの世界は、常に更新の日々です。その為、日々勉強することが求められるので、勉強するのが苦手という人にとっては非常に苦痛の日々になります。

 

しかしこの勉強は、学校で勉強する内容とは違い「プログラム言語」です。プログラム言語に精通することが自分の為になるということを意識して取り組むとモチベーションも上がるのでお勧めです。

 

無料ITエンジニアスクールはこちら↓
※コロナでオンライン実施中


期待③:コミュニケーション能力

プログラマーの仕事内容は、もくもくと業務をこなすだけではなく、プロジェクトの一員として作業します。

 

その為、プロジェクト会議では、発言する機会や別の担当者と打ち合わせしながら業務を進めて行くので、コミュニケーションが苦手な人には合わない職業と言えるでしょう。

 

コミュニケーションが苦手な人の対策記事

期待④:着眼力

プログラマーの仕事内容は、構築段階で色々な不具合を確認しながら作業をしていきます。その為、問題点を発見できる着眼力というのが重要なスキルになります。

 

これは20代の未経験プログラマーとして始めから無くてはならないかというとそんなことはありません。業務に慣れた頃にスキルを身に付けて行けばOKです。

期待⑤:忍耐力

IT業界全般に言えるは、常に大きな壁が存在します。混沌とした中で地道に構築していく事で、完成形に持っていくわけですからいくつもの壁を越えなくてはなりません。

 

その為忍耐力がある人は未経験プログラマーであっても非常に好まれる傾向にあります。自分は忍耐力が無い、精神的に弱いという人は、プログラマー職には向いていないかもしれません。

プログラマーの仕事内容で年収は異なる?

プログラマーの仕事内容を調べて転職したい未経験プログラマーが年収について考えている

プログラマーからSEへとステップアップしていくのが王道と言われていますが、プログラマー職は他業種と比べて年収はいいのでしょうか?下が年代別平均年収となっています。

 

プログラマー年代別平均年収
20代:400~450万円
30代:500~600万円

 

プログラマーという職種自体は決して年収が高いわけではないというのが答え。

 

しかしこれにはカラクリがあります。

 

プログラマー職というのは若手が多く、未経験者も多いです。その為平均年収は一機に下がってしまいます。そして、離職する人も多いです。このプログラマー職として次のステップアップがシステムエンジニア(SE)です。

 

このSE職になると、給料が一気に上がり、600万円以上の高給をえることが可能になります。

プログラマーになる為の資格取得は要注意

プログラマーの仕事内容を調べて転職したい未経験プログラマー男性が資格取得勉強中

20代で未経験プログラマーとして転職を考えている人は、当然何らかの資格でアピールしたいものです。しかし、取得すべき資格を間違えては時間の無駄!特に無駄と言われているのが下記のような資格です。

 

未経験プログラマーの無駄な資格
●ITパスポート
●基本情報技術者試験
●応用情報技術者試験

 

正直これらの試験を勉強する時間は無駄ですし、面接のアピール材料にも使えません。面接のアピール材料に使える具体的な資格は以下です!絶対に覚えておきましょう。

 

●Oracle Certified Java Programmer

プログラミング言語「Java」の資格試験です。これを取得するとかなり面接でもアピール材料になるので20代の未経験プログラマーなら是非資格取得を目指しましょう。転職に役立ちます!

難易度は3段階に分かれ、「ブロンズ」レベル(一番下)でよいので受験しておくとよいでしょう。

プログラマーとしての将来像

プログラマーの仕事内容を調べて転職に成功した未経験プログラマー男性

面接試験では自分の将来像についてどのようなことを考えているかという質問は間違いなくされます。そのためには、「プログラマーで一生頑張ります」では不採用になってしまうので、どのように出世していくのか覚えておいてください。

 

〇プログラマー
↓システムエンジニア
↓プロジェクトリーダー
↓プロジェクトマネージャー

 

まず目指すべきは、プロジェクトマネージャーです。

 

要するにプロジェクト統括責任者です。責任者として統括することは、今後の人生に大きく左右されますし、クライアントとの打ち合わせの場も多くなり、ネットワークを広げれば将来起業なんてことも可能かもしれません。

 

また、将来目指すべきところはマネジメントだけではなく、エキスパートの道もあります。プログラマーとして際立った能力があればそれだけ需要があるので、将来に困ることはありません。

 

しかし、それは未経験プログラマーとして転職後に考えればいいので、まずは無難にプロジェクトマネージャーと答えればOKです。

未経験プログラマーで転職する為には何をすればいい?

プログラマーの仕事内容を調べて転職したい未経験プログラマー女性

20代が未経験プログラマーとして転職する為には、最低限1つのプログラム言語の基本的な知識、及び、論理的思考力を身に付けておくことが重要です。

 

最低限1つの言語といっても、何をどこまでやればいいのかという判断は非常に難しいですよね?

 

独学だと限界があり、最低ラインも分かりにくいと考えている20代の未経験プログラマーの卵の方も多いはず。転職アドバイザーとして一番おすすめしていることは、無料のITエンジニアスクールに通ったり、有料のスクールに通うなどして手っ取り早く技術力を身に付けてしまうことです。

 

当然選択肢の中には、「転職支援付き」が条件です。転職支援付きのスクールでは無いと、言語を学んでも自分で転職活動をしなくてはならないので非常に手間がかかります。

 

そういった未経験プログラマーの方におすすめなのが「【完全無料プログラミング研修&就活塾】」です。最近では、通学式からオンラインまで幅広く対応している無料スクール(転職支援付き)なのでまずは、無料相談を受けてみることをおすすめします!それではまた!

👑完全無料ITスクール👑

無料ITスクールプログラマカレッジ



社名 特徴


ProgrammerCollege
未経験から正社員のITエンジニアとして働きたい方向けの無料カリキュラム。30歳までの方であれば、職歴、職種は関係なし。 要望にあわせて2~3ヵ月のプログラミング研修期間を経て、就職活動までサポート。 新型コロナウィルス感染拡大防止のため、現在オンライン授業に切り替え中!

無料ITスクール2

画像引用元:ProgrammerCollege

多くのITスクールやオンライン講座は、 受講した後の就職支援フローが機能していない場合が多く、就活支援がほぼない状態。オンライン講座ではモチベーション低下や、質問出来ない等の理由により、 カリキュラムを完了せずに辞めてしまうケースが見受けられます。紹介企業では、オンライン授業でも1人ひとりに合わせた対応をしている為に、 このような問題を防いでいるのが特徴!

▼詳細はこちら▼

 

関連記事

僕が全力でおすすめする転職戦略公開
みんなの転職の悩みベスト3

1位:転職はむずかしい?

2位:ブラック企業だけはやだ!

3位:今より悪い職場だったら・・・

これらは全部対策可能です。単純にハローワークや求人紙に出ている求人では、上記を満たす求人には出会えない。転職エージェントだけでは、現場の生の声は入手できない。

そんな不安を全て満たすおすすめ転職ツールを集めて見たので、活用してみませんか?現役面接官、人事経験豊富な私が全力でおすすめする完全無料の転職ツール公開!

↓詳細はこちら↓

Twitterでフォローして限定記事を購読!