リストラの転職理由を聞く面接官

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

コロナ不況により失業者が加速する中で、大手企業のリストラも加速しています。その為、転職市場ではリストラされて転職活動をされている方も多いと思います。

 

私が面接官の時も多くの方を面接させていただきましたが、リストラされたことにより転職活動をされていた人も多くいらっしゃいました。しかし、結果は全て不採用です。

 

不利と言われるリストラ者の方で、逆転できる転職理由を作り上げるコツについて今回は解説させていただきます。

 

南野弘明てどんな人?

某グローバルベンチャー企業で面接官として数多くの方々を面接。そこで開発した『転職ノウハウ』を基に、超ホワイト企業へ転職。年収400万円アップ!
『今すぐ使える転職ノウハウ』をモットーに、転職アドバイザーとして活動中!

リストラ者は転職に不利という事実を受け止める

人事が書類選考中

リストラされて転職するはめになったのは、会社が選んだのであって自分に問題ないと思っている応募者が非常に多かったです。しかし企業はリストラ対象者を見る目線は『だからリストラされたのね』というのが事実です。

 

その時点で自己都合退職による転職者とリストラによる転職者では明らかに違く、リストラされた方はめちゃくちゃ不利なんです。

 

リストラされるパターンは2つです。

1、会社の業績不振
2、本人の能力不足

 

業績不振でリストラされても、その候補に挙がった時点で能力不足というのが応募企業の本音です。ご自身は、能力があると思っても企業側は、能力がないと判断しています。

 

それを逆転しなければいけない時点で自己都合の転職者とは雲泥の差があることが転職市場の本音です。その事実を理解して上で、面接でのテクニックをご説明させていただきます。

リストラの転職は退職理由を強調するのはNG!

転職を考えている若者

リストラされる方を数多く面接させていただきましたが、多くの方は退職理由を必死に話されます。

 

これは大きな間違いです。

 

退職理由というのは『なぜ退職することになったのか』ですが、これはもちろんリストラされたことを説明します。しかしリストラ者は、これを強調される方が多いです。

 

少しでも、リストラされた事実を悪い方向に行かないように弁解しようと必死になればなるほど転職理由との矛盾が生じ、面接官に悪い印象を与えます

 

もちろん面接官に納得してもらうことは大事です。きちんと真実を説明し、理解を得なくてはなりません。しかしわざわざ協調することはありません。

 

・前職の会社の状況がどうだったのか。
・自分の立ち位置はどうだったのか。

それをサラッと話せばOKです。話を長くすると弁解に聞こえ悪い印象を与えないように、真実を簡潔に答えるようにしましょう。

▶退職理由例文

コロナウイルスの影響で、既存顧客が発注止めを行い業績が急激に悪化してしまいました。新規顧客獲得を行う営業活動を必死に行ったのですが、既存顧客とのWebミーティングが中心になり、結果を思うように出せなかったことが事実です。

その中で業績悪化が加速してしまい、人員整理が行われ営業部は1/3まで縮小する方針が通達され会社都合により退職する運びになりました。

 

関連記事

転職理由は『前向きに』を意識する

リストラされても頑張る会社員

リストラ者は、不本意な転職であることは面接官も理解しています。それを前提に前向きな気持ちを強調するのが非常に大事です。

 

企業が注目しているのは退職されたリストラ者ということには注目していません!知りたいのは転職理由。この転職理由がきちんと説明できれば、会社都合が不利ということはなく、自社で活躍できる人材と判断されやすいんです。

 

私が面接官の時に必ず不採用にしていた方は、終始退職理由を説明し、転職理由が薄く「何のために当社を選んだのか」という点が伝わらなかったからです。

 

『働く場所が無いから当社なら他に行ってもらおう』

 

となるのは当然ですよね?そう思わせない為にも転職理由を強調して話すことが鉄則なんです。では、次にうまい転職理由について解説します。

STEP1:リストラ会社で働いていた理由を述べる

リストラされた会社を選んだ理由は滅茶苦茶重要です。応募企業との関連性が強ければ強いほどを説得力を持たせることができます。例えば・・・

 

リストラ会社:マーケティング会社
応募企業:マーケティング会社

 

不本意な転職でも新卒から入った会社でいままでやってこれたというのは何らかの動機(例えばマーケティングの仕事が好き)があり、それを関連性の強いマーケティング会社に応募したのであれば、現在と今後がイコールで結び付けることができます。

 

その為、リストラ会社でなぜ働いていたのかをきちんと説明するようにしてください。

STEP2:何が得意なのかを説明する

リストラされたことよりも応募企業でどれだけ活躍できるかが大事です。その為、自分の得意なことが何かはきちんと説明できるようにしましょう。例えば・・・

 

・企画力
・分析力
・提案力

 

どういったことが得意なのかをきちんと説明できることが大事。それに付け加え、どうしてその力を身に着けることができたのかを説明するようにしましょう。

STEP3:なぜ応募企業なのかを説明する

面接官が応募者を雇いたいと思う瞬間は、応募者と会社の方向性が一致したことを感じれた瞬間です。それが感じられたときめちゃくちゃ応募者に好印象を持ちます。

 

その瞬間を作り上げることができるのは『応募企業を選んだ理由』です。これが説明できないと本当に不利になってしまいます。特にリスたらされた方はこの説明がめちゃくちゃ弱いです。

 

一番大事なご自身と企業のマッチ度の説明が、モチベが低いリストラ転職者はサラッと流してしまい面接官につよい印象を与えられていないので落とされることが殆どです。

 

『数ある企業からなぜ応募企業なのか』という差別化を図ることが大事なので、入魂の一発で説明しましょう。

STEP4:最後にどのように活躍したいかを説明する

リストラされた方は、すべてが後ろ向きで採用したいと思う企業は少ないです。だからこそ前向きに将来について語りましょう。

 

応募企業で内定をもらい、入社後にどのようなことを望むのかを説明できればかなり内定が近くなります。リストラされる方は35歳以上の方が多い方思いますので、将来の目標は以下のような内容を盛り込むと効果的です。

 

①管理職としてのステップアップ
②後継者の教育
③スペシャリストとしてどうか

 

最終的には会社にどのように貢献できるか説明するとようでしょう。

▶転職理由例文

前職は、◎◎大学で学んだマーケティング学を活かすため、広告代理店である●通で企画部に所属しておりました。やりたかった広告の企画に非常にやりがいをもって仕事に従事していた一方で、昨今のコロナウイルスの影響で受注が大幅に低下してしまい、企画部の人員整理が必要となり会社都合の退職となりました。

前職の企画部では、持ち前の企画力を活かし、Webマーケティングの分野参入時にプロジェクトリーダーに就任し、前職の一つの柱を構築した経験がございます。

昨今のコロナウイルスで、Webマーケティング分野で業界3位の御社の中で持ち前の企画力を活かし、御社に貢献したいという思いで御社に応募させていただきました。

リストラされたあとの転職は『転職ツール』が肝!

転職活動準備中

リストラされたあと(会社都合)の転職活動は本当に厳しいです。よくネット上で、リストラ退職は、自己都合ではなく会社都合だから仕方がないという書き込みが多いですが、嘘です。

 

リーマンショックの時に、多くのリストラ退職をされた方面接させていただきましたが、採用人数は『0』です。

 

それは前述のように、リストラという負の印象を既に与えてしまい選考も厳しくなっているのが現状だからです。

 

そういった面を払拭するために必要なツールが転職エージェント。特に中企業から大企業の出身者の方は積極的に利用することをおすすめします。リストラされてしまうと、採用企業側も足元を見た採用をしてくるので、最終的な雇用条件が不利な状態で提示される傾向にあります。

 

転職エージェントは、内定時の交渉もしかり、キャリア面談を通じてキャリアの棚卸、応募書類、面接のアドバイスを丁重に行ってくれます。特に、リストラという不利な転職においてもきめ細かいサポート、リストラ退職者であってもその方の立場に寄り添ったアドバイスを貰えるので、sっ局的に理想することをおすすめします。

▶リストラ退職だからこそおすすめの転職ツール

リストラ退職による転職理由はめちゃくちゃ大事!そんなリストラの転職理由もきちんと二人三脚でサポートしてもらえる転職エージェントや、転職サイト、アプリを下記に集めてみたので、是非活用してみてくださいね!

 

※リンクをクリックすると外部サイトに遷移できますので、詳細が確認可能です!

▼最強転職ツール一覧▼
転職を成功させるためには、転職成功の為の『転職ツール』の利用が必要不可欠!完全無料のアプリから絶対利用したい転職エージェントまで一挙公開☆転職に役立ててくださいね!
▼人材紹介会社最大手3社▼
地方の方でも利用しやすいのでおすすめです!登録も簡単!完全無料の転職エージェントの利用は現代の転職活動では必須ツールです!
①求人数日本No.1
②就活でもお馴染み!
③南野弘明一押し☆
④番外編:20代一押し
▼日本最大の転職サイト▼
日本全国を網羅した求人を簡単登録で確認できます☆
▼転職の情報収集決定版▼
①自分の市場価値をアプリで簡単にわかる『ミイダス』
②経歴と価値観から転職を診断できるツール!
③転職先の情報を簡単に在籍実績者から入手できる!

リストラの転職理由まとめ

不利とされる転職理由も前向きな姿勢で説明することで採用される可能性はぐっと上がります。

 

その時の注意点は『退職理由』をくどくど説明しないこと。あくまでも企業が知りたいのは、転職してから活躍してもらえるのかなので、転職理由→志望動機といった上手いながれを作り上げておくことがポイントです。

 

そういったアドバイスは全て転職エージェントが行ってくれますし、条件の良い転職ができる可能性がたかくなるので、是非登録しておくことをおすすめします!

 

それではまた!

▶おすすめ転職エージェント

1位おすすめ転職エージェントNo.1『doda』

私自身が企業側としても転職者としても利用価値が一番高かった転職エージェント。業界に精通したコンサルタントが転職者のわがままを叶えてくれます!転職希望の方は登録する価値あり!転職相談だけでもOK。
求人数 100,000件前後
面談の質 転職の動機からキャリアプランまで寄り添う面談
対応地域 全国
特徴 転職者満足度No.1。業界を牽引していくほどの大手人材紹介会社。サポート体制も充実。初めての転職でも安心
公式サイト▶ 話そう、探そう・転職はdoda
※外部サイトに遷移します
20代おすすめ転職エージェントはこれだ!

20代初めての転職

 

「求人検索、応募書類作成、面接対策、雇用条件の交渉...。初めて尽くしで何から手を付けていいのか分からない。」といった、20代におすすめの転職エージェントを紹介!

登録からサポートまで完全無料で安心して利用できるので、転職エージェントの利用価値は絶大です!

20代特化型から大手転職エージェントまでおすすめ理由を添えて紹介しますので、気になる転職エージェントがあればまずは登録してみましょう!

第一位:第二新卒エージェントneo
ブラック企業を除外、優良企業のみの求人紹介!
 
20代のサポートは業界随一!
20代に特化した転職エージェントである「第二新卒エージェントneo」。株式会社ネオキャリアが運営する関東、関西、九州地方の20代の転職に強みを持っています。求人数も10000社以上を保有し、経験豊富なアドバイザーが親身にサポートしてくれます☆
【特徴】
①書類対策、面接対策徹底サポート。
②サポート時間が他社より長い。
③ブラック企業排除で求人紹介。
④学歴、職歴に不安があってもサポート可能。
【NGユーザー】
18歳以下と29歳以上※詳細確認や登録は以下から確認可能です↓

同率第一位:DYM
最短1週間で入社可能!
 
全国的に幅広い求人紹介なので20代に人気
DYM就職は、第二新卒・既卒はもちろんフリーターやニートの方向けの正社員求人を多数紹介。経歴や学歴に不安があっても正社員に転職・就職ができて、最短1週間でのスピード入社も可能!一人ひとりに合わせた徹底サポートで内定決定率の高さを実現しています。
【特徴】
①優良な正社員の仕事を紹介。
②2000社の優良企業を紹介。
③正社員求人100%。
④ブラック企業は徹底排除
⑤イベント来場者の就職率は脅威の96%。
⑥書類選考なし。
⑦カンタン60秒マッチングサービス。
【NGユーザー】
18歳未満、30歳以上※詳細や登録は以下から確認可能です↓

第三位:マイナビエージェント
大手転職エージェントでも20代に特におすすめ!
大手でもサポート力で他社を圧倒!
株式会社マイナビの人材紹介サービス「マイナビエージェント」。大手転職エージェントにありがちな「サポート力の弱さ」に対して、きめ細かなサポートで20代の転職をサポートしてくれるのが大きな特徴。保有求人数も多いため、全国でサポートしてもらえます☆
【特徴】
①東京・神奈川・埼玉・千葉における優良企業の求人が豊富
②20~30代に転職サポートに強い!
③人事&採用担当との太いパイプ!
④応募書類の準備から面接対策可能!
⑤親身な転職サポート!※詳細や登録は以下から確認可能です↓

Twitterでフォローしよう