▼強み/年収分析最強ツール▼
業績不振による転職理由!上手い例文をわかりやすく解説!

業績不振により転職活動を余儀なくされている方は非常に多いです。しかし業績不振を転職理由として面接で使うのはちょっと不安。そんなときは、ストレートに伝えないテクニックを駆使しし、好印象を与えることがとても大事!現役面接官が上手い転職理由を例文付きで解説!

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

●こんな方におすすめの記事●

①業績不振で転職活動をすることになった
②転職理由が業績不振しかない
③上手い転職理由の作り方を知りたい

【秘訣】模擬面接の練習が突破のカギ!

「転職の面接でよく落とされている」「なかなか内定がもらえない」そんな時は、完全無料で利用できる転職エージェントの模擬面接の利用がおすすめ

一般的な質問から、応募企業ごとにカスタマイズされた質問まで、様々なシーンに対応できる模擬面接で練習してみるといいですね。

転職エージェントに登録すれば、模擬面接以外にも様々なサービスが受けれるので、この機会に是非登録してみましょう!

おすすめエージェント 特徴
第二新卒AGENTneo 20代に人気の転職エージェント。手厚いフォローと親身の対応が特徴。
就職Shop 書類選考なしの企業を多く保有。面接対策もばっちり!20代特化のエージェント。
リクルートエージェント 若手からハイクラス求人を多く保有。業界最大手。
マイナビエージェント 新卒でおなじみのマイナビ。転職サポートに特化したエージェント。

業績不振を転職理由にするのはアリ?

業績不振の転職理由の例文を知りたい男性

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

コロナ不況による業績不振。先行きが不安。そんな不安を抱えながら日本の社会人の方は生きています。一昔前ならリーマンショックがありましたよね。

そういった状況下で転職をすると『転職理由』『業績不振』になり非常に伝えづらいと思います。

業績不振というのは、企業にとっての機密情報・極秘情報にあたります。

その為、会社の許可なく口外してしまうと機密情報漏洩により発見された場合は、解雇処分になる可能性があるので注意が必要です。

①競合他社への転職時は注意!

業績不振の転職理由の例文について説明するコンサルタント

特に注意していただきたいのが、競合他社・仕入れ先・協力会社への転職する際の面接です。

漏れたことが現職企業の耳に入るパターンが、これらの企業にうっかり説明してしまったことによるパターン。

何かの拍子に応募企業内部に流出し、関係者から在職企業に情報が入り、情報漏洩が発覚してしまうことが多いです。

しかし、本当に経営が悪化し数カ月後に倒産する可能性があり、転職活動を許可され、転職理由を口外してよいということであれば伝えることは可能です。

しかし、一般的な会社であればほぼ間違いなく許可されないので、伝えることは避けるべきでしょう。

関連記事

②業績不振を詳しく説明するのは逆効果!

業績不振の転職理由の例文を考える二人の男性

業績不振というのは転職理由として利用しやすいので多くの応募者が伝えてきますが、これは逆効果なんです!

応募企業側に対しても不信感を与えてしまうことも考えられます。

昨今の企業は、情報漏洩に対してピリピリしている状況なので、「業績不振という情報は明らかに機密情報に値すると判断し、簡単に口外する人物」と思われてしまいます。

その為、業績不振を理由に転職したいというのは使いやすい転職理由に思われがちですが、非常にリスクの高い内容なので、ストレートに伝えるのはやめた方がよいでしょう。

関連記事

【秘訣】業績不振による転職理由の作り方(例文付き)

業績不振の転職理由の例文を考える30代男性

コロナウイルス感染拡大により、多くの企業が経営難に追い込まれていることは、世間一般的に知られています。

それを出汁に、経営状況悪化とストレートに言わないように転職理由を作ることが大事です。

また、転職理由の中には、業績不振だけではなくポジティブな言葉を混ぜるのがポイントです。

次に業績不振をストレートに言わない上手い転職理由の例文を見てみましょう。

業績不振の例文

転職を考えたきっかけとして、コロナウイルスの影響により市場全体が低迷していることから、今後について考えたことがきっかけです。自分を見つめなおしたときに、今までチャレンジしたかった○○の仕事に就く転職のチャンスと考えました。現職のXXスキルを活かしながらチャレンジができる御社の●●職の仕事に非常に興味があったため、今回応募させていただきました。

非常に簡単な転職理由ですが、あくまでも『市況』に重点を置いた理由なので、自社の話をしていることではないということがポイントです。

そのため上記例文はめちゃくちゃ使えます!

この例文は、実際に僕が面接した応募者で、非常に優秀な方が使っていた例文なので、業績不振をストレートに言わないで前向きな転職理由となっています。

また、自分のスキルを活かした転職を考え、チャレンジできるというのも前向きにとらえられると思います。

上記の理由をアレンジして作ってみましょう!

転職理由を作る時の注意点

業績不振の転職理由の例文を使ってWeb面接中

特に注意していただきたいのが、業績不振・市場低迷などは今の日本では当たり前の理由ということ。

つまり、これらを転職理由にすると次の会社で同じことが発生すると再度転職してしまう人という印象を応募企業に与えてしまう可能性があります。

だからこそ自分自身の置かれている環境が今の会社では実現できないという「何か」を転職理由として付け加えて伝える必要があります。

ピンチ=チャンスという考え方をもとに、キャリアアップを実現したい夢そして自分の持ってるスキル、応募求人の求める人物像にマッチしていることが大事です。

関連記事

リストラと業績不振の転職理由は違う!

業績不振の転職理由の例文がわからない男性

リストラと業績不振は転職理由として大きく異なります。

リストラは、会社が勧告するので「会社都合」になります。また、リストラの対象となるということは会社側から「必要としない」ということを告げられてしまっています。

そのため、足元を見られることも多く、納得の行く転職活動ができない方も多い為、転職理由は後ろ向きの理由になりがちです。

一方で、業績不振による転職の決意はあくまでも「自己都合」です。自分で決意した分前向きに転職理由をアレンジしやすく、企業からも足元を見られることはありません。

そのため、リストラされた方は「業績不振」「リストラ」の2つの理由を書かなくてはならないため、転職理由は非常に難しくなるため、リストラされる前に転職活動を行うことがおすすめです。

リストラ転職の例文は、過去記事で紹介しているので、是非参考にしてみてください。

関連記事

まとめ

業績不振の転職理由の例文がわからない20代男性

業績不振による転職は、2020年からのWithコロナ時代は一般的。

生活がかかっているからこそ転職を決意しないといけないといった局面は誰しもあり得ることです。

ただし、業績不振のたびに転職活動をすると今後の社会人生活にも支障をきたすことも?

そうならないためにも将来を見据えた転職活動が必須です。

ご自身にあった転職先を探すことが第一ですが、そこがなかなか難しいという方は、転職エージェントのもつ「非公開求人」を紹介してもらうこともおすすめです。

キャリア面談を通じて自分に合った求人を紹介してもらえるので是非活用してみてくださいね。

登録から内定まで様々なサービスを無料で受けられるのでおすすめです!それではまた。

【秘訣】模擬面接の練習が突破のカギ!

「転職の面接でよく落とされている」「なかなか内定がもらえない」そんな時は、完全無料で利用できる転職エージェントの模擬面接の利用がおすすめ

一般的な質問から、応募企業ごとにカスタマイズされた質問まで、様々なシーンに対応できる模擬面接で練習してみるといいですね。

転職エージェントに登録すれば、模擬面接以外にも様々なサービスが受けれるので、この機会に是非登録してみましょう!

おすすめエージェント 特徴
第二新卒AGENTneo 20代に人気の転職エージェント。手厚いフォローと親身の対応が特徴。
就職Shop 書類選考なしの企業を多く保有。面接対策もばっちり!20代特化のエージェント。
リクルートエージェント 若手からハイクラス求人を多く保有。業界最大手。
マイナビエージェント 新卒でおなじみのマイナビ。転職サポートに特化したエージェント。
転職エージェント絞り込み検索
年代
特徴
職種
業界
さらに詳しく検索
地域

Twitterでフォローして限定記事を購読!

転職を成功の為に読んでおきたい記事