▼強み/年収分析最強ツール▼
家族手当は誰でも貰える?支給条件についてわかりやすく解説

「家族手当支給」と求人票に書いてあると、家族がいればもらえるからうれしいと思う方も多いはず。しかし、家族がいれば家族手当が貰えるというのは大きな間違い。支給条件は企業によって異なりますが、基本的な考えは同じなので、現役採用担当者がわかりやすく解説します。

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

こんな方におすすめの記事

①家族手当の概念について知りたい
②自分が家族手当支給条件に当てはまるか知りたい
③転職活動の求人票に家族手当がある

【20代】おすすめ転職エージェント

20代の転職は、不安と期待が交差する転職。右も左もわからないからこそ、20代の転職サポートに強みを持つ転職エージェントとの二人三脚が大事

選考通過率をアップの書類対策、人事目線での模擬面接、雇用条件交渉(年収交渉)まで、幅広いサポートを完全無料で受けることが可能です。

マッチ度の高い非公開求人に応募し、転職成功を勝ち取るために、現役採用担当の僕がおすすめする下記の転職エージェントに是非登録してみましょう!

おすすめエージェント 特徴
第二新卒AGENTneo 20代の転職サポートの手厚さ最強
マイナビエージェント マイナビブランドで求人数60000件以上
就職Shop 未経験・初めての転職に強い

家族手当の基本概念

家族手当の支給条件を満たす家族

求人票の福利厚生欄に「家族手当支給」という欄をよく見かけると思います。「祖父・祖母、父・母、兄と暮らしているので、5人分支給される!」と思う方も多いかもしれません。

家族手当は、多くの企業が手当の制度の中で導入していることが多く、労働者側の収入に大きく貢献するので、導入している企業に転職・就職することはおすすめです。

①家族手当が支給される基準は「扶養義務」

しかし家族手当には「支給条件」が設けられている会社が多いため、上記のような単純な家族としてくくることはできないことがほとんどです。

一般的に言われている家族手当の基本的な考え方は「扶養家族かどうか」というのが焦点です。扶養家族とは要するに、金銭面において家族を養う必要があるかどうかという点です。また、会社によって以下のような内容が、求人票や社内の賃金規定に記載されていることが殆どです。

 

家族手当支給条件例
①配偶者:5000円
②子ども一人につき:3000円
▶企業によっては人数制限あり
▶企業によって年齢制限あり
③扶養が必要な家族一人につき:1000円

②共働きの場合の支給は注意!

家族手当の支給条件を満たした女性

扶養家族に対して全て支払う場合は、祖父・祖母、父・母(両親)が働いていない場合で、扶養家族としている場合は支給になります。

つまり、生計を立てる社員に対して支払われるのが家族手当なので、だれでも支払われるものではないのが特徴です。多くの企業は、就業規則に支給対象者や支給額について明確に記載されていることが殆どです。

特に注意いただきたいのは、共働きの女性の場合、同居人にがいる(同棲など)場合です。扶養家族の子供が旦那さん側にある場合は、支給されない場合があります。

この基準は、「健康保険証の発行」が基準になっている場合があるので、入社前にきちんと確認しましょう。同様な考えで同居人に対しても支払わないことがほとんどです。

おすすめ記事

 

その為、入社前のオファー面談などで、家族手当の支給条件をきちんと確認しておく必要があるので注意しましょう。家族手当支給制度を導入している企業は多いのですが、支給条件が異なるのでしっかり確認しておく必要があります。

おすすめ記事

家族手当の支給目的

家族手当の支給条件を満たすか面接で確認する女性

労働者側に賃金、給与を支払う企業側の経営者にとっては、家族手当の支給はもちろん痛手です。しかしこの制度を導入して、労働者側が長く働くきっかけになったり、家族手当支給を手厚くすることでモチベーションに繋がることもあります。また、新しい人材確保時のアピールにもつながります。

次に家族手当の注意点を見ていきましょう。

注意①:手当なので所得税の対象

所得税は、基本給+月々支払われる労働に関する手当全てに対して対象になります。

注意②:手当が多いから働きやすいではない

家族手当の支給条件を満たすか確認中

転職や就職をする際に気を付けることは、手当として支払われることが多い企業への就労です。手当が多い=福利厚生充実と考えている方も多いかもしれませんが、そんなことはありません。

その理由を見れば一目瞭然です。

給与の内訳 手当充実会社 手当がない会社
基本給 20万円 30万円
家族手当 2万円 なし
住宅手当 3万円 なし
役職手当 3万円 3万円
食事手当 2万円 なし
等級手当 5万円 2万円
給与合計 35万円 35万円
賞与 基本給×2か月=40万円 基本給×2か月=60万円
年収:35×12+賞与 460万円 480万円

 

手当が多い会社は、年収面で損する可能性があるので、手当充実を謳う会社=よい会社にはならないということを覚えておきましょう。

注意③:手当はカットしやすい

家族手当の支給条件を満たさない男性

これは重要なことなので、転職・就職する前に必ず覚えておいていただきたいのが、手当の部分は会社の不測の事態の場合に、いち早くカットされます。逆に基本給の部分は最後までカットされません。

つまり、家族手当、管理職手当などは一部の従業員に影響する部分なので、カットされやすい手当であり、従業員への影響割合も最小限に抑えられるのでカットのされる可能性が高い手当といえます。

家族手当の相場

家族手当の支給条件について

画像参考サイト:厚生労働省HPより

 

家族手当はその支給条件を満たせば受け取ることができますが、その相場は業界・業種・企業規模によって様々です。厚生労働省HPその相場からもわかるように、配偶者、子供への支給は以下のように推測できます。

 

家族手当支給平均
①配偶者:1万円から1.5万円程度
②子供:一人につき0.3万円から0.5万円程度

 

家族手当はその意味をきちんと理解し、支給されるの条件を満たしているのかまた、前述した損をするような企業の給与体系になっていないかなどの事前確認が必要です。

入社前に支給の有無、支給対象範囲(祖父母、両親、子供、配偶者、同居、別居など)についても確認しましょう。

 

しかし求人票からは全て読み取ることもできずまた、企業側に聞くのもすこし躊躇しますよね?そんなときにおすすめの転職方法は、転職エージェントの活用です。

次に、転職エージェントを上手く活用して、家族手当の支給条件を聞く方法について解説します。

家族手当が充実した会社に転職するためには?

家族手当の支給条件を満たす企業を紹介するエージェント

家族手当が多い会社に転職したいというのは多くの方が思うでしょう。大手転職サイトであれば、求人票に家族手当の支給額が記載されていることも多いので、下記の求人サイトに登録してみることも一つの手段です。

 

👑地方都市にも強い!リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、日本最大級の転職サイトで登録者数が非常に多いのが特徴です。経験者求人、未経験者可の求人も多く取り揃えているので、地方在住の方の悩みである「求人が無い」ということへの対策に使えます。また、好条件求人や求める人物像がわかりやすく書かれているので、初めての転職活動でも安心して利用できます。

調査 結果
登録者数 900万人
利用者層 全年代
中小企業 強い
登録 簡単
利用方法 簡単
おすすめ理由 履歴書・職務経歴書のダウンロードや自己分析ツールなど様々なコンテンツが無料で利用できるようになります。登録も簡単なので情報収集だけでもOK
公式HP https://next.rikunabi.com/

 

求人サイト以外には、転職エージェントが保有する求人を紹介してもらい、条件の良い転職をするのもおすすめです。求人サイトとは違い、エージェントを経由しての転職ができるので転職成功率も格段にあがります。

 

エージェントを経由することで、キャリア相談、求人紹介~内定後の交渉まで完全無料で幅広くサポートを受けることができます。是非積極的に活用してみましょう。それではまた!

 

【年代別】おすすめ転職エージェント

完全無料の転職エージェントの活用は、現代の転職では必須ツールの一つ。マッチ度の高い求人紹介から各種転職対策、雇用条件交渉(年収交渉)まで幅広いサービスが受けれます。

企業との太いパイプで年代ごとにマッチした求人を多く保有しているからこそ、選考通過率・内定率が劇的に上がります!

この機会におすすめの下記の転職エージェントに登録し、無料サポートを受けてみましょう!

20代 第二新卒AGENTneo
30代 doda
40代 リクルートエージェント
50代 エンワールドジャパン
転職エージェント絞り込み検索
年代
特徴
職種
業界
さらに詳しく検索
地域

Twitterでフォローして限定記事を購読!

転職を成功の為に読んでおきたい記事