大手転職エージェントはこちら▼
⑤職務経歴書_PC_作成方法

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

今回は職務経歴を書くときのポイントについて説明していきます。もし『履歴書の書き方』をマスターしていない人は、先に下記を読んでみてくださいね!

 

 

職務経歴書の作成をPCできれいに且つ、説得力を加えていくことで、書類選考通過率が一気によくなることと面接対策にも繋がるので是非実践してみてください!

 

南野弘明てどんな人?

某グローバルベンチャー企業で面接官として数多くの方々を面接。そこで開発した『転職ノウハウ』を基に、超ホワイト企業へ転職。年収400万円アップ!
『今すぐ使える転職ノウハウ』をモットーに、転職アドバイザーとして活動中!

 

●こんな方におすすめな記事●

①職務経歴書の書き方側分からない
②職務経歴書にまとまりがない
③書類選考で通過する奇麗な職務経歴書を知りたい

職務経歴書には指定のフォーマットが無い!

職務経歴書

履歴書とは違い、職務経歴書は、基本的なフォーマットはありません

 

なので、どのように記載してもいいということ。

 

つまり、作成者のスキルを存分にアピールできる重要な書類となるのが『職務経歴書』になります。この職務経歴書の基本的形を一つしっかり作り上げておくことで、皆さんのプレゼンテーション能力のアピールにも繋がっていきますし、面接官も皆さんの書類まとめ能力なんかも同時にみているので非常に重要な書類です。

 

また、見やすい構成にすることで、ライバルに差をつけることが容易です!ここを怠ってしまうと薄っぺらい職務経歴書 となり、書類選考担当者(人事や1次面接担当者)の興味を引くことができません。

 

なので、職務経歴書は『作りこみ』を意識して作成していくことをおすすめします。

 

職務経歴書でアピールすること

①プレゼン能力
②書類まとめ能力
③PCスキル

職務経歴書の枚数は『2枚以内』にまとめる

仕事が嫌い

職務経歴書は転職における重要資料となる為、多くの人が細かく書いて4枚とかになっているパターンが見受けられます。

 

今日からやめましょう(笑)。必ず2枚以内にまとめてください!

 

2枚以内にまとめる必要がある理由は以下の二つです。

①まとめる能力が無いと思われる。
②面接官は読んでいる時間が無い。
→後回しにされる。

 

では、転職回数が多い人はどうすればいいのか。

 

転職回数が多い人は、経歴に必要なポイントを絞って記載することが重要です。

 

特に注意していただきたいのが、職務経歴書に書くことが多くなるため職歴をごまかすつまり、転職回数を減らすことや在籍期間をごまかすことは絶対にやらないでください!! 

 

経歴詐称です。

 

経歴詐称をすると以下のような問題が発生します。

経歴詐称は何がやばいのか

✔内定取り消し
✔入社後の信用を無くす
✔懲戒解雇
✔リストラ時の理由にされる
※特にコロナ解雇は要注意

 

また、10年後に職歴作業が見つかっても解雇できるので絶対にやってはいけませんよ!詳しく知りたい方は下記の関連記事を参考にしてください。

経歴詐称がダメな理由はこちら!

職務経歴書のベスト構成例

仕事が楽しい

職務経歴書は、興味を持って読んでもらうことが重要です。そのためには、

 

応募企業が求める人材であることを強調した文章構成

 

にしなくてはなりません。

 

それでは私が作った職務経歴書のひな形例とポイントを解説していきます。

転職における職務経歴書をPCで作る方法教えます!Excel編

転職における職務経歴書をPCで作る方法教えます!Excel編

▶1:職務経歴書は『エクセル』で作りこむ

よく「ワード」で職務経歴書を作成されている方がいらっしゃいますが、見やすさを意識する必要があるので「エクセル」の利用がおすすめ

 

実際に私はエクセルで作成していますが、『表形式』で職務内容を分かりやすくすることで、読み手に良い印象を与えることができます。

 

実際に面接官だったときも書類選考で合格する人は「表」を用いて職務内容を説明している人が殆どです。

▶2:職務経歴書は構成が命

基本は上記職務経歴書を用いてエクセルで作成すればよいのですが、個性を出すためにアレンジしてみてもいいと思います。

 

例えば、「業務から学んだこと」や「受講研修内容」などを表に混ぜてもインパクトがあります。

▶3:職務経歴の要約は簡潔に!

職務要約を書くのに重要な要素として以下を書くとよいと思います。

職務要約のポイント

・最終学歴から現在の会社に入った経緯
・仕事の流れ
・責任
・指導経験
・仕事の実績
・退職の理由

当然ですが、転職1回目と3回目では書く内容は異なります。その場合は、自分にあった形にアレンジしてください。文字数の目安は、300文字前後を目安に作成していくと、説明にしつこい印象もなく読み手にもちょうどいい印象を与えることができます。

▶4:職務経歴は即戦力を意識してまとめる

職務経歴で重要なことは『即戦力』であることをアピールしながら作り上げるのがポイントです。

 

企業側が確認していくポイントを意識するのがコツなので下記を見てください。

 

企業側の確認ポイント

・前職または現職の会社情報
※応募企業との関連性を確認されます
・職務と実績
・業務担当内容と所属歴
・マネージメント経験

 

上記が最低限書かれており、端的かつ分かりやすく書かれていることが重要です。

 

前述したように『即戦力』を意識して書くことがコツなので、企業研究はしっかり行ってスキルと経験を結び付けていきましょう。

関連記事

▶5:保有資格とPCスキルは簡単に

保有資格はあった方がアピールポイントに繋がりますが、無くても問題ありません。よく「頑張って取得した資格だからアピールしたい」と考え、沢山書く人がいますが大きな間違いです。

 

転職に大事なことは保有資格よりも経験値やスキルです。

 

その為、保有資格は多くても3つ程度の記載にしてください。また、転職先の職務からかけ離れた保有資格は記載しないようにしてください。

関連記事

 

 PCスキルですが基本的なワード、エクセル、パワーポイントは使えるなら問題なく使えると記入し、+αとして使用経験のあるソフトは書いておくとあなたのスキルが分かりやすいです。

 

例えば、設計ならどのようなCADを使用していたか等。また、転職先が日常的に英語を使う会社ならば、英語の能力を書く(例:日常会話程度等)とアピールポイントになります。

▶6:自己PRは『入社意欲』に繋げる

自己PRを書くコツは、自分の自慢話で終わらず、応募企業に入社したいという『入社意欲』に繋げて書くのがコツです。

 

上記1~5項の内容をもう一度見てください。

 

応募企業と皆さんが作成した内容は、企業の求める人物像とマッチしていますか?もしマッチさせることができたら最後は『入社意欲』をスキルと経験とマッチさせて書いていきます。

 

自己PRのポイント

①自分は何が得意なのか
②なぜ即戦力として働けると思ったのか
③どのように社業に貢献したいのか

 

上記3つの順にまとめることがコツです。

 

 目安は400~500文字程度がベストです。簡単に書くと意欲がないと判断されますので少し長めの文字数でもOKです。

 

大事なことは、あなたの得意なことでどのように社業に貢献できるのかが書かれていることです。逆に言うと、あなたの短所は一切書く必要はありません。職務経歴書はあなたを売り込むための道具です。

職務経歴書の添削は転職エージェントがおすすめ↓


職務経歴書は完ぺきに書けても通過率40%程度

職務経歴書作成中

上記の内容がしっかり書けていて書類選考通過率は大体 40%(3/10程度)と考えてください。

 

20代は書類通過率が40%くらい、30代は30%くらい40代は20%ぐらいのイメージです。

 

20代は長期的な育成枠入社となり、30代は管理職候補、40代は管理職となるイメージなので募集要項と企業側の条件がマッチしなくては書類を出しても通過しないのが現状です。

 

めちゃくちゃ頑張って作成したのに通過率が低いとショックを受けるかもしれませんが、頑張らないと5%程度の通過率になることもざらです。

 

できる限り通過率をよくするためにも頑張らなければならないと前向きに考えてみましょう!

職務経歴書に虚偽の内容を書くのはNG!

虚偽の職務経歴書で解雇

職務経歴書に実際に経験していない内容などの虚偽を書くのはやめましょう。アピールポイントが無く「嘘」を書いてしまうと入社してから苦労しますし、訴えられることもあります

 

また、面接の際に職務経歴書に沿って質問されますので、深く質問されたときに嘘がばれたら即終わりになります。

 

私が面接官だったときに嘘をついている人が何人もいました。

 

面接官を欺こうとしても、面接官は採用のプロです。嘘をつくと簡単に見抜けます。例えば、業界に詳しいと書いておきながら面接で深く質問すると答えられない等、多くの人が不採用になってしまっています。

 

面接では、虚偽がないかしっかり確認します ので、ばれると思った方がいいです。嘘を書くよりも真実を強調しながら書くだけで気持ちが楽になりますよ。

職務経歴書は客観的視点から添削してもらうと効果大

転職は素晴らしい

履歴書と職務経歴書がある程度の形が出来上がったら、第三者に客観的な視点で添削してもらうのがコツです。

 

自分で作成して完ぺきだと思っても、誤字脱字があったり、意欲があまりうまく伝えられていなかったりと自分ではわからないことに気づくことができます。

 

第三者に読んでもらい、できれば『添削』までやってもらうと、ベストの職務経歴書を作り上げることができます。

 

もし周りに上手い人がいれば読んでもらうのもよし、または転職エージェントを活用すれば応募書類の添削も行ってくれます

 

転職エージェントは、求人の紹介から内定までしっかりサポートした体制を完全無料で提供しているので、応募書類対策、面接対策に不安があれば、登録し、キャリアカウンセリングを受けみるとよいでしょう。

doda

【20代、30代おすすめ転職エージェント】

未経験~経験者まで多くの求人を取り揃えている!
求職者へのサポート力最強!!(企業と転職の両方で利用経験あり)
【特徴】
転職サイトおよび転職エージェントサービスの2つを展開する業界大手の人材紹介サービス企業。求人の質が高く、幅広い業種に対応しているのも特徴。キャリアアドバイザーとの面談を通して自分にあった求人を紹介してもらえるので、自分で求人を探す手間も省け、非公開求人も合わせて紹介してもらえる。
【注目の2つのシステム】
①サイトで自分で求人を探す。
転職サイト内にある求人に対して条件を絞り込み、求人を探すタイプのシステム。広い求職者が利用するので、ライバルが多くなるのが難点。また、転職サポートは無し。
②エージェントサービス
南野弘明おすすめはエージェントサービス。兎に角求人の質が高いです。幅広い業種にも対応しているので、かなり限定された職種でも出会えるチャンスがあります。
20代が転職に絶対利用したいツールて何??
20代の転職

転職に必要不可欠なことは、「目的」「対策」です。

 

✔転職する目的はあるのに対策方法がわからない。
✔どんな企業が自分にマッチするのか分からない。
ブラック企業への転職だけは避けたい。
✔業界に詳しい人から転職アドバイスをもらいたい。

 

そんな悩みに答えてくれる最強の転職ツールが「転職エージェント」です。南野弘明自身の4度の転職でキャリアアップができたのは転職エージェントのおかげといっても過言ではありません。

 

ハローワークや転職サイトだけで転職活動をしている人は、転職エージェントを利用して企業選びから面接対策雇用条件交渉をはじめとする手厚いサポートを受けてみよう!ライバルに圧倒的な差をつけるスムーズな転職が可能です!!

Twitterでフォローしよう

転職を成功の為に読んでおきたい