大手転職エージェントはこちら▼
Webエンジニアに転職

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

今や世の中にはWebサイトが溢れています。このWebサイトの多くはWebデザイナーの手によって作られています。中には惚れ惚れするような出来栄えのサイトもあり、Webデザイナーに憧れる方も少なくないでしょう。

 

コロナ時代により、より一層Web上での情報のやり取りや、インターネット通販等色々な分野においてWebデザイナーの需要は拡大する見込みがあり、そんな職業に就いてみたいと思う方も多いはず。

 

そういった方々に向け、今回の記事は、

 

①未経験の方がどうすればWebデザイナーになれるのか

②Webデザイナーになるためには何が必要なのか

 

について解説していきます。

 

※Webデザイナーの仕事については別の項でご紹介していますので、ここでは、

 

■Webデザイナーに求められる資質

■未経験者がWebデザイナーになるための準備

■Webデザイナー転職のコツ

■スクールに通うメリット

 

について触れて参ります。

 

南野弘明てどんな人?

某グローバルベンチャー企業で面接官として数多くの方々を面接。そこで開発した『転職ノウハウ』を基に、超ホワイト企業へ転職。年収400万円アップ!
『今すぐ使える転職ノウハウ』をモットーに、転職アドバイザーとして活動中!

Webデザイナーに求められる適性

共同でWebデザイン

Webデザイナーは一見、華やかな仕事に見えます。確かにクリエイティブな仕事ではあるのですが、奇抜な表現やデザインを追求するアーティストとは違います

 

Webデザイナーは、Webディレクターやエンジニアといったメンバー、そしてクライアントと話し合いを重ね、彼らの話を形にしていくためのデザインという作業を地道に行う仕事人です。アイデアやデザインセンスも大切ですが、Webデザイナーは商品や企業のメッセージを正しく伝える、表現することが仕事です。

 

それは、地道にコツコツ努力して積み上げていくものなのです。

 

適性(資質)ということも考慮しておく必要があるので、向いている人の特徴を以下にまとめます。

 

Webデザイナーに求められる適性
・コミュニケーションや新しい事が好き
・コツコツと努力できる
・責任感を持って仕事ができる

 

上記のようなことができるのであれば、Webデザイナーになっても問題無く活躍できます。

未経験者がWebデザイナーになるための準備

Webデザイナーになる為の準備

未経験Webデザイナーになる為には、最低限準備しておくことがあります。「未経験だから何も準備しなくてよいのでは?」と思っている人がいるのであれば大間違い!

 

Webデザイナーになりたいと思い、面接で熱い思いを伝えても何の意味もありません。

 

面接に挑む前には、必要な知識や技術の習得は必須です。

 

未経験Webデザイナーとして転職する為には、最低限準備しておく必要がある内容を下記2点があるので解説していきます。

ソフトとハードの準備

ソフトに関しては、最低限、IllustratorとPhotoshopぐらいのグラフィックソフトは使えるようにしておきたいものです。どちらもWebデザイナーには必須のソフトです。

 

ハードに関しては、グラフィック系ソフトはかなりリソースを必要としますので、PCを準備する場合はCPUだとCorei5以上、メモリーは16GB程度を目安にしてください。他、モニターは2台あると作業効率が上がります。

言語知識

Webデザイナーにとって、学んでおくべき言語やプログラミングスキルがあります。

 

HTML、CSS、できればJavaScriptぐらいは使えるようにしておきたいですね。これが使えないとなると、転職における採用試験でも間違いなく落とされてしまうので言語知識の習得は必須です。

関連記事

Webデザイナーに転職するやり方

Web業界に転職する人で、ITやWebと無関係の職種からの転職には、それなりの準備が必要でしょう。その準備が転職のやり方という点で考えると非常に重要になります。

 

趣味でWebサイトを一からデザインして立ち上げたとか、実績をアピールできるものがあれば別ですが、全くのゼロからでは転職は厳しいです。Web業界もスピード勝負になってきています。

 

未経験者を採用して、一から育てるという余裕は大半の企業にはありません。求められているのは即戦力です。未経験からの転職を希望される方は、やはり準備期間が必要でしょう。スクールに通うとか、実務経験を積むことが求められます。

 

実務経験はスクールに通いながら、Webデザイナーのアルバイトをするとか、クラウドビジネス上でWebデザインを受注するとか方法はいくつも考えられます。

 

つまり、Webデザイナーとして未経験から転職するやり方で一番大事なのが、企業側があなたを未経験でも欲しいと思わせることです。

 

その為には、面接を受ける前にあなたがどれくらいの経験があるのかという点で説明ができなくてはならないということです。

関連記事

Webデザイザー養成スクールに通うメリット

ITスクールで勉強中

Webデザイナーになる為に独学という手もあるにはあるのですが、独学は克己心が強くないと挫折するリスクが高いのです。

 

仕事の後や、土日を利用してスクールに通った方が断然転職の確率は上がるでしょう。

 

当然趣味としてWebデザインをやっていたり、HTMLを勉強していた人は長年の経験値があるのでそれを武器に未経験Webデザイナーとして転職を目指すのは良いかと思います。

▶独学で勉強済みの方におすすめな転職ツール

未経験や学歴不問の求人を多く取り扱う転職エージェントを利用すると転職先も効率よく探せるので登録しておくことをおすすめです。おすすめは『第二新卒エージェントneo byネオキャリア』です。

 

第二新卒エージェントneo byネオキャリア』は20代を中心として若手向け転職エージェントなので、未経験、学歴不問の求人を多く取り扱っているのが特徴なので好条件の求人と出会うチャンスが広がります。

【20代おすすめ転職エージェント】

【完全無料】20代の初めての転職でも安心サポート!
 
ブラック企業完全排除して求人を紹介!
【特徴】
ハローワークなどでは味わえない専門性の高いサポートを受けることができます。面談時間が長く、一人ひとりの求職者の気持ちに立って、転職の相談を行ってくれます。面談を通じて皆さんに合った求人の紹介をしてもらえる上に、求人応募前には転職サポートをしっかり行い、内定獲得まで二人三脚で進められます!
▼詳細を見てみる▼
【サポート内容】
①あなたにあった求人紹介。
②履歴書、職務経歴書の応募前対策。
③面接が苦手な人は「模擬面接」実施。
④面接の日程調整。
⑤面接後のアフターフォロー
⑥企業との条件交渉(給料等)
⑦内定後の提出書類の書き方サポート
上記全て完全無料です!

関連記事

第二新卒エージェントneoの評判は?評価・分析結果まとめ

▶勉強と転職活動両方のサポートを受けたい人は?

逆に、未経験からWebデザイナーとして転職したい人は、養成スクールがおすすめです。養成スクールに通うメリットは、大きく分けて下記4つに分かれます。

 

Webデザイナー養成スクールのメリット
①短期間で効率的にWebデザイナーのスキルを習得できる
②最新の技術やスキルが身につく
③講師や生徒との交流から人脈が広がる
④ポートフォリオの作成がスクールに通いながらできる

 

特に重要なのが④です。未経験でWebデザイナーの採用試験を受ける際に『ポートフォリオ』が求められる場合が殆どです。

▼ポートフォリオとは?

クリエイティブ用語におけるポートフォリオとは、実績をアピールするために使われるものである。例えばイラストレーターだったら、自分の作品の一部を営業用ツールとして持ち歩けば、それがポートフォリオになる。その際、営業先の業種に合わせて組み立てを変更できるように、できるだけ多くのジャンルから1枚~数枚ずつを準備しておくのが好ましい。

 

ポートフォリオを独自で作ると正直かなり大変です。しかし、スクールに通えばその作成物がそのまま転職活動でもアピール材料として使えます。その為、スクールに通うだけでポートフォリオが作成できるのでかなり効率がよいと言えます。

 

スクールでは課題が与えられ、実務に近い形でWebデザインを行います。分からないことは講師に質問し、また受講生同士で切磋琢磨することも出来ます。スクールでは転職相談や就職サポートを行っているところも多くあります。

 

スクール入学は自分への投資と考え、Webデザイナーになって夢を叶えてください。

Webデザイナーおすすめ養成スクールは?

未経験からWebデザイナーを目指す場合は、養成スクールに通うことに大きなメリットがありますのでおすすめです。

 

しかし、Webデザイナー養成スクールは非常に多くありますので、どのスクールに通うとよいのかは、非常に難しい所。

 

そんな方におすすめなのが『6ヶ月で未経験から動画クリエイターになる!【デジタルハリウッドSTUDIO by LIG】』です。

6か月でWebデザイナーに!

本校は、Webデザイナーを専攻すると約6か月の学習を行い、デザイン、HTML・CSS・Javascriptを用いたコーディング、マーケティングスキル、ディレクションスキル等、Webデザイナーとして必要な知識やスキルを学ぶことができます。

 

業界シェア率の高い「illustrator」「photoshop」「Dreamweaver」「AdobeXD」を使用し、実践で使えるツールスキルも習得することができるので、企業側からも未経験ながらも即戦力となり得ると判断されやすいと言えます。

転職支援も充実!

卒業後の転職もサポートもしっかり行ってもらえます!

 

在学中からWeb業界への就転職へ向けてのポートフォリオ(作品集)作りのアドバイスや、個別での転職相談を行っております。Web業界へ就職・転職をするために役立つ知識や、スキルを身につけることができる転職セミナーも開催してくれるのも助かりますね。

 

LIGにも就転職可能なので興味があれば、是非利用してみましょう!

「Web制作会社が運営」しているWebクリエイター養成スクール
 
コンサルタントによる厚い就職支援が保証されている♪
創業時から数多くのデザインアワードを受賞してきたWeb制作会社LIGが運営するWebクリエイタースクール・デジタルハリウッドSTUDIO by LIG。Web制作のリアルな現場に近いからこそ学べるカリキュラムが用意されています!
✅Webデザイナーとして転職したい!
✅スキルを身につけキャリアアップしたい!
✅フリーランスとなり自由に働きたい!

というあなたの理想の未来を、実現してくれます。

【注目!】
・Web制作会社(株式会社LIG)が運営するスクール
・現役クリエイターによる直接指導
・Mac・ディアルディスプレイ完備
・コンサルタントによる厚い転職支援
・デジタルハリウッド社と業務提携
・LIG運営のコワーキングスペース使い放題

【こんな方におすすめ!】
◎関東在住20代男女
◎未経験からWebデザイナーに転職したい方
◎フリーランスとしてWebデザイン/動画スキルをアップさせたい方

無料個別説明会はこちら↓

 

20代おすすめ転職エージェントはこれだ!

20代初めての転職

 

「求人検索、応募書類作成、面接対策、雇用条件の交渉...。初めて尽くしで何から手を付けていいのか分からない。」といった、20代におすすめの転職エージェントを紹介!

登録からサポートまで完全無料で安心して利用できるので、転職エージェントの利用価値は絶大です!

20代特化型から大手転職エージェントまでおすすめ理由を添えて紹介しますので、気になる転職エージェントがあればまずは登録してみましょう!

第一位:第二新卒エージェントneo
ブラック企業を除外、優良企業のみの求人紹介!
 
20代のサポートは業界随一!
20代に特化した転職エージェントである「第二新卒エージェントneo」。株式会社ネオキャリアが運営する関東、関西、九州地方の20代の転職に強みを持っています。求人数も10000社以上を保有し、経験豊富なアドバイザーが親身にサポートしてくれます☆
【特徴】
①書類対策、面接対策徹底サポート。
②サポート時間が他社より長い。
③ブラック企業排除で求人紹介。
④学歴、職歴に不安があってもサポート可能。
【NGユーザー】
18歳以下と29歳以上※詳細確認や登録は以下から確認可能です↓

同率第一位:DYM
最短1週間で入社可能!
 
全国的に幅広い求人紹介なので20代に人気
DYM就職は、第二新卒・既卒はもちろんフリーターやニートの方向けの正社員求人を多数紹介。経歴や学歴に不安があっても正社員に転職・就職ができて、最短1週間でのスピード入社も可能!一人ひとりに合わせた徹底サポートで内定決定率の高さを実現しています。
【特徴】
①優良な正社員の仕事を紹介。
②2000社の優良企業を紹介。
③正社員求人100%。
④ブラック企業は徹底排除
⑤イベント来場者の就職率は脅威の96%。
⑥書類選考なし。
⑦カンタン60秒マッチングサービス。
【NGユーザー】
18歳未満、30歳以上※詳細や登録は以下から確認可能です↓

第三位:マイナビエージェント
大手転職エージェントでも20代に特におすすめ!
大手でもサポート力で他社を圧倒!
株式会社マイナビの人材紹介サービス「マイナビエージェント」。大手転職エージェントにありがちな「サポート力の弱さ」に対して、きめ細かなサポートで20代の転職をサポートしてくれるのが大きな特徴。保有求人数も多いため、全国でサポートしてもらえます☆
【特徴】
①東京・神奈川・埼玉・千葉における優良企業の求人が豊富
②20~30代に転職サポートに強い!
③人事&採用担当との太いパイプ!
④応募書類の準備から面接対策可能!
⑤親身な転職サポート!※詳細や登録は以下から確認可能です↓

Twitterでフォローしよう

転職を成功の為に読んでおきたい