フリーターのデメリットを考える豚

フリーターのデメリットは正社員との格差にあります。特に顕著に現れるのが給与面。正社員の守られた立場とは裏腹に、上がらない時給、雀の涙の賞与。そんな厳しいフリーターの立場を、正社員と比較することでコロナ時代の対応がわかりますので、今回の記事で分かりやすく解説!

 

こんにちは!就職アドバイザーの南野弘明です。

 

コロナウイルス感染拡大により多くのフリーターがもつ悩みが『がんばっても時給が上がらなくて生活できない』といった悩みや『シフトを入れたくても仕事が無い』といった悩みだと思います。

 

今回の記事は、コロナ禍で給与が上がらないといった問題を正社員の立場と比較しながら解消方法について解説していきたいと思います。フリーターのデメリットが丸わかり!

 

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

 

注目20代の転職希望者必見!

フリーターのデメリットは正社員との格差

フリーターのデメリットは給与面と考える男性

フリーターの将来が暗いといわれる理由としてまず挙げられるのは、頑張って働いてもなかなか給与が上がらないことです。これが一番のフリーターのデメリットです。

 

フリーターという立場をまずは自覚し、正社員と比較して考えてみることは非常に大事です。フリーターのデメリットは正社員との格差があり、それを目の当たりにした時にフリーターから正社員への就職を考えることが殆ど。

 

では給与面について正社員と比較してみましょう。

▶正社員は年々昇給していく

フリーターのデメリットは給与面と考える20代女性

日本は外資系企業と比較すると、日本独自の年功序列制度をとっている会社が一般的です。すなわち、毎年基本給の1%~5%くらいまで昇給していくのが特徴です。

 

例えば、基本給が20万円なら20万円×0.05=1万円昇給といった形で毎年給与が上がっていくのが基本です。ただし、ブラック企業や小企業、零細企業は昇給制度が無いところもあります。一般的な企業であればこの昇給制度は整っていますのでご安心を。

 

この昇給制度ですが、働く上で「安心」「モチベーション」の維持にとても役立ちます。昇給が無く給与が一定の会社では、何のために頑張って働いているのか分かりませんが、昇給制度が整っていれば毎年数%ずつ給与が上がっていきますので、とても安心できます。

 

業績によって大きく昇給するときもあるので、とてもモチベーションに繋がりやすいです。コロナ不況により昇給カットがあるかもしれませんが、微々たるものでも上がる傾向にあるのが正社員という立場の大きなメリットです。

 

逆に雀の涙しか時給UPしかないフリーターにとっては、給与面がフリーターのデメリットだといえます。

▶待遇は正社員が優先なのでフリーターは後回し

フリーターのデメリットは給与面と考える女性二人

問題のフリーターは、年々給与が上がるとは限らないということです。これはフリーターのデメリットと言えます。

 

正社員は、給与規定というものが社内にあり、昇給制度について言及されていることが多いのですが、そこにはパートやアルバイトについて何も明記されていません。

 

つまり、アルバイトやパートには昇給制度などは設ける必要が無いことを意味しています。

 

将来のことを考えてパート、アルバイトのモチベーションを維持する為に勤続年数によって昇給させることもあるかもしれませんが、ほぼ皆無といってもいいくらいです。

 

毎年給与が上がらないのに仕事励むことは精神的にもかなり辛いです 

 

20代前半ならまだしも、20代後半、30代以降で同年代正社員と給与差が大きくなるのですから、かなり辛い状況になることを覚悟した方がいいでしょう。

 

そういった意味でも、フリーターの給与が上がらないということについては納得できるのではないかと思います。

 

▼就職時の給与交渉お任せ▼

サイト名 特徴
第二新卒AGENTneo 完全無料で利用できる就職エージェント。10代、20代であれば学歴不問で就職を支援してもらえます。求人紹介、応募書類対策、面接対策、面接日程調整、給与交渉などすべてエージェントが行ってくれます

 

▶フリーターは年齢と共に給与が下がる

フリーターのデメリットは給与面と考える若者

正社員は年齢が高くなると給与も高くなりますが、フリーター(アルバイト/パート)は、年齢が高くなると給与が下がる傾向になります 。これはフリーターのデメリットです。

 

これは単純に「体力」の問題と捉えることができ、若い20代であれば、Wワーク、Tワークなどでがむしゃらに稼ぐことも可能ですが、年齢が上がると体力的な衰えがあるので、掛け持ちバイトはそう簡単な話ではありません。

 

そういった意味で年齢が高くなると給与が減少していく傾向になるのは必然的でしょう。

 

フリーターの将来は、給与が下がっていく傾向にある為、給与が上がらないから不満というのはフリーターの立場で居続ける限り解決できないといったところが正直なところ。これは、フリーターのデメリットといって間違いありません。

 

関連記事

フリーターのデメリット対処法

フリーターのデメリットは給与面と考える就職を考える女性

コロナ禍でフリーターの方たちは厳しい立場に置かれています。今まではがむしゃらに働けたのに今はシフト自体が減らされたり、緊急事態宣言で時短勤務など非常に悩ましい現実があります。

 

フリーターのデメリットは給与面が一番です。その穴埋めをする方法について解説します。

▶Wワーク、Tワークで稼ぐ

フリーターのデメリットは給与面と考える死に物狂いで働く男性

給与が上がらないならダブルワークやトリプルワークでひたすら稼ぐというのが王道です。20代のフリーターの方ならこの方法が最も手っ取り早いので兎に角がむしゃらにバイト先を探しましょう

 

ただし、コロナ感染拡大の観点からも密閉空間での仕事や、対面式の仕事(販売業等)などをトリプルでいれないようにしましょう。

 

またバイトは短期で終わるような仕事を中心に探し、メインのバイトを残しつつ、空いている時間で短期バイトを入れていくことがおすすめです!

 

▼おすすめバイト求人サイト▼

サイト名 特徴
短期・単発バイトなら『ギガバイト』 気軽に稼げる短期・単発バイトはもちろん、スマホで3分で稼げるモニターバイトといったスキマ時間で稼げる求人や、対象者全員が最大で15万円のお祝金を貰える求人等々、根強い人気を誇る求人をこれでもかというくらい掲載!
採用祝い金がもらえるアルバイト情報サイト【マッハバイト】 マッハボーナス(祝い金)が、【もれなく】【どのバイトでも】もらえます!最短、出勤日翌日に振込!対応も「マッハ」なシステム。
面接無しで最短その日から仕事可能【プチジョブ】 1日2時間からOKの仕事でしかもバイト代は即日支給。空いた時間に少しでも稼ぎたい方には最適なバイトマッチングサービス『プチジョブ』がおすすめ。

▶IT業界への就職を試みる

フリーターのデメリットは給与面と考える男性が就職先検索中

フリーターとしてやっていくことは今後の生活を豊かにすることはまずありません。給与面や将来性を考えるとフリーターでいることは大きなデメリットです。だからこそ将来を見据えた就職活動は必要になります。

 

給与を上げるというのは現状だけに目を向けるなら前述したトリプルワークなどで対応できますが、現実的に厳しいという場合もありますよね?

 

だからこそ就職に向けて活動していく必要があります。

 

特におすすめなのがIT業界への就職。

 

一般的なITスクールは高額のスクール費用が掛かる中、無料で技術習得から就職まで対応してくれるスクールも存在します。なかでもおすすめのITスクールが下記になりますので、まずは無料説明会に参加してみることを強くおすすめします。

 

20代の内にITエンジニアを目指すことができれば、将来給与面も安定してくることは間違いないですよ!

 

無料ITスクールプログラマカレッジ



社名 特徴


ProgrammerCollege
未経験から正社員のITエンジニアとして働きたい方向けの無料カリキュラム。30歳までの方であれば、職歴、職種は関係なし。 要望にあわせて2~3ヵ月のプログラミング研修期間を経て、就職活動までサポート。 新型コロナウィルス感染拡大防止のため、現在オンライン授業に切り替え中!

無料ITスクール2

画像引用元:ProgrammerCollege

多くのITスクールやオンライン講座は、 受講した後の就職支援フローが機能していない場合が多く、就活支援がほぼない状態。オンライン講座ではモチベーション低下や、質問出来ない等の理由により、 カリキュラムを完了せずに辞めてしまうケースが見受けられます。紹介企業では、オンライン授業でも1人ひとりに合わせた対応をしている為に、 このような問題を防いでいるのが特徴!

▼詳細はこちら▼

 

関連記事

▶フリーターをこの機会に卒業する

フリーターのデメリットは給与面と考える就職を決意した女性

フリーターで給与が上がらない現実を見ているより、確実にステップアップできる就職という選択肢は非常に有効です。

 

前述したIT業界への就職はテクニカルなスキルが必要になる一方で、それ以外にも正社員の道を選ぶことはもちろん可能です。

 

その際は、就職エージェントなどにより自身のスキルに合った就職場所を紹介してもらうことがとても重要です。応募書類対策、面接対策などもきちんと実施してもらえるので是非一度登録、キャリア面談(就職相談)を受けてみることをおすすめします。

 

注目既卒おすすめ就職エージェント

 

関連記事

フリーターのデメリットと対策:まとめ

フリーターのデメリットは給与面と考える就職を決意した男性

フリーターという生き方は、最も給与面について不利な状況や立場を表しています。正社員でいることは最低限法律で守られ、会社の中でも立場・待遇がよい状況です。

 

コロナで抱えている問題がフリーターとしての給与が上がらないことへの不安・不満であればフリーターのデメリットをきちんと自覚し、できれば就職という目標を立て安定した生活を求めていくことがおすすめです。

 

中でもIT業界は確実に伸びる業界なので、完全無料のITスクールなどでに通学して技術・就職先の支援をうけることがおすすめ。また、それ以外の道でも就職することは可能なので、その際は就職エージェントをうまくかつようすることがおすすめです。それではまた!

 

フリーター/ニートからの本気の就職

必ず正社員になれる秘訣!

 

フリーター/ニートからなんてそう簡単には正社員になれないと思っていませんか?そう思っている人のほとんどが「就職のサポートを受けていない」というのが現実。

おそらくフリーター/ニートの方々は、就職/転職エージェントという言葉をあまり聞いたことがないと思いますが、ようするに完全無料で正社員になるまでのサポートを行ってくれる人材紹介会社を利用するのが正社員への近道です。

求職者側は完全無料なので、費用の心配はありません!求人紹介→応募書類対策→面接対策→採用試験→内定まですべてサポートしてくれるこのサービスを利用すれば正社員も夢じゃない!おすすめエージェントを下記にまとめてあるので、是非利用してみましょう!

👑正社員を目指せるエージェント👑
サイト名 特徴
就職Shop 書類選考なしの求人を紹介してもらえます!なので、履歴書で落とされる心配なし。営業だけでなく、事務や企画、技術系の職種での募集も多数あり!成長でき、働きやすい、やりがいのある企業へ就職を支援してもらえます。
第二新卒AGENTneo 10代・20代の選ぶ就職/転職満足度No.1!フリーター/既卒/中退/高卒/中卒/早期離職など学歴不問で就業支援をしてくれます。未経験OKの正社員求人も多数取り扱い。取引企業は累計10,000社以上
ウズキャリ 既卒・第二新卒・フリーター・ニートの内定率83%以上、書類通過率87%超え!選考企業毎にカスタマイズされた面接対策を無制限に実施してくれる。就職された方の定着率は93%以上と非常に高い。

※サイト名をクリックすると詳細ページに遷移できます

 

Twitterでフォローして限定記事を購読!