大手転職エージェントはこちら▼
転職ノウハウ一押しの記事▼
20代フリーターが正社員の面接で聞かれる質問事例集!回答例付き

フリーターが面接で聞かれる質問は新卒と異なる!

 

こんにちは!転職アドバイザイーの南野弘明です。

 

今回はTwitterでいただいた悩み相談でとても多いものをピックアップしてみましたのでご紹介させていただきます。

 

20代フリーターの方からの悩み相談
今回初めて書類選考が通過し、後日面接日が確定しました。しかし、正社員としての面接は初めてで何を聞かれるのかとても不安です。フリーターも転職における面接内容や、新卒での面接内容について対策しておけば大丈夫ですか?アドバイスお願いします。現在20代です。
24歳:フリーター歴2年

 

まず結論からです。

 

20代フリーターが採用面接で聞かれる質問は新卒とは違います。

 

それを理解した上で、面接官の立場に立って対策をしなければ面接を通過そしても内定を獲得することはできません。

20代フリーター固有の質問とその回答例を含めて徹底解説いたします。

 

●こんなフリーターの方におすすめ記事●

・フリーターから正社員になりたいけど面接が不安。
・フリーターの面接でいつも落とされる。
・面接官の質問の意図が分からない。

目次

フリーターに対して面接官が聞きたいことって何?(20代限定)

20代フリーターの面接の場で、面接官が聞きたい内容は決まっています。

 

それはたった3つ!

 

①なぜフリーターを選んだのか。
②フリーターで何を経験し学んだのか。
③なぜ当社の正社員を志望したのか。

 

そのため、フリーターから正社員になるための面接は、新卒から正社員の転職(就職)の面接とは少し質問の内容となります。

フリーターから正社員への転職・就職における面接の場で、アピールすべきことは?(20代限定)

20代フリーターから正社員への転職(就職)面接でアピールすべきことはたった一つ!

 

20代フリーターでも新卒よりも優れていることは存分にアピールすること

 

です。それができないと正社員への道を切り開くことができません。では、何が最大のアピールポイントになるのか。そうです!あなたが新卒より優れているのは、

 

①社会人経験
②直結する業務経験

 

です。

この2つをしっかりアピールすることで正社員への転職(就職)は一気に成功へと駆け上がります。

フリーターから正社員になるための面接の場でよく聞かれる質問とは?(20代限定)

ここでは、20代フリーターが面接でよく聞かれる質問、回答例などをご紹介します。

必須質問1:フリーターになった理由

「なぜフリーターをしていたのですか?」

 

という質問は、転職(就職)活動では避けて通れない質問です。フリーターになった理由が明確であれば問題ありません。例えば、

 

「●●を目指していた」

 

とい明確な目的があればいいだけです。また、フリーターから正社員になろうと思った理由を話すのも大切です。

なぜフリーターをしていたのですか?回答例1

バンドをやってプロを目指していました。

私自身、20代の内、特に25歳までに達成できなければ次は正社員として働き、趣味でバンドをやるということを決めておりました。

 

「バンドのプロを目指した」という明確な理由があるので、フリーターになった理由は特に問題ありません。

なぜフリーターをしていたのですか?回答例2

新卒で就職活動をしましたが、自分の好きなことが見つからず納得いかないまま正社員になることに意味を感じなかったためフリーターの道を選びました。

フリーターをしながら仕事の面白さを学び、もっと責任のある仕事でキャリアアップしたいという思いが強くなり、20代の内に正社員の道へシフトすることを考えました。

 

無料!フリーター向け就職エージェントはこちら↓


必須質問2:フリーター期間が長い理由

「なぜ〇年もフリーターだったのですか?」

 

といった理由も高確率で質問されます。フリーター歴が長い欠点は「責任からの逃げたいからずっとフリーターでいたいと思ったのではないか」という印象与えてしまいます。

▽フリーター期間が長い理由:回答例

フリーターという経験を行うことで、様々な職種を経験できました。

その経験で、責任を持ってやりたい職種に出会うことができました。20代の内に正社員として働きたいと思える御社の●●職に出会えることができたので、経験は無駄ではなかったと考えています。

必須質問3:正社員に就職したい理由

「なぜ正社員に就職しようと思ったのですか?」

 

これも必須質問です。この質問の切り替えしは「エピソード」を述べることです。なんでもいいです。

 

・20代の内に責任ある仕事を任されたいと思った
・20代の内に正社員として腰を据えて働きたい。
・家族を安心させたい。

 

ただし、「楽」「何となく」「安定」といったワードは絶対に使わないようにしましょう。

必須質問4:フリーター期間の仕事

「フリーター期間にしていた仕事は?」

 

これも高確率で質問されます。

 

20代フリーターの時のスキルが、応募先のスキルにマッチしているかを確認する質問です。

 

「企業の求める人物像」は求人票から分かるわけですから、マッチした人物像であることを事前にまとめておきましょう。

必須質問5:アルバイトでの成功&失敗体験

「アルバイトで一番頑張ったことは?」「成功・失敗体験は?」

 

この質問もよく聞かれます。成功・失敗体験が乏しい人は、仕事への取組みが前向きではないと判断され、正社員として働く上では致命的です。

 

失敗体験聞かれ場合は、失敗体験だけ話すのではなく、その体験をどのように乗り越え、何を学んだかを答えるようにしましょう。

 

無料!フリーターにおすすめな就職エージェント↓



フリーターから正社員の面接の場で面接官が厳しい質問をする場合もかなりある(20代限定)

20代フリーターから正社員へ転職する際に、面接官がかなり厳しい質問をしてくる場合があります。例えば、以下のような質問です。

 

・正社員でどこも雇ってくれない理由はなんだと思いますか?

・フリーターは責任がないから長い間続けられたのですか?

 

実は、この質問はかなり大事な質問です。新卒という最大の武器を利用して就職したのにフリーターの道を選んだ人、及び就職活動で失敗して、そのままフリーターになった人などに確認しなければいけないことがあります。それは、

 

・辛い時に逃げ出す人間か。
・正社員として責任をもって働けるか。
・すぐ辞めないか。

 

上記の内容を確認するとても大事な質問です。

 

この厳しい質問に対して「圧迫面接」と捉えてはいけません。フリーターというのは社会一般的に決していいと認められていないことは認識してください。

 

もし正社員で雇用したとき、責任の重さに耐えられなくて辞められては会社としても困るわけです。ちょっと厳しい質問をしただけで辞めてしまうような人なら、最初から雇いたくないですよね?

 

「あなたを嫌いだから厳しい質問をしているのではない」ということを理解することが重要です。

フリーターから正社員に転職する為におすすめな方法とは?(20代限定)

20代フリーターから脱却するためには、自分一人で決して悩まないことです。20代フリーターであれば、正社員の道に就職することは難しくありません。

 

20代のフリーターから上手に正社員への転職・就職を決めるにはコツがあるんです。

コツ1:ハローワ―クの求人を利用してはいけない

ハローワークの求人はブラック企業ばかりです。

 

稀にホワイト企業もありますが、それを探すだけの知識を持ち合わせていない場合は、ほぼブラック企業へ就職してしまい三年以内にまた転職活動を行ってしまうでしょう

コツ2:フリーターを専門に扱っている就職エージェントを利用する

ハローワークの求人が使わないでホワイト企業に就職するためには、

 

就職エージェントをフル活用する

 

ことがとても大事です。就職/転職エージェントは、あなたのキャリアプランを一緒に考えてくれた上で、あなたにあった求人を紹介してくれるというとてもメリット絶大の人材サポートを行ってくれます。

 

当然サービスは全て無料です。

就職/転職エージェントの特徴

就職/転職エージェントの利用の大まかな流れは以下のようになります。

 

STEP1:就職/転職エージェントに登録

まずは、就職/転職エージェントに2社程度登録することからスタートしましょう。1社ではなく2社にこだわりがあるのは、以下の理由です。

 

・1社だと希望にあった求人を紹介してもらえない場合がある
・エージェントとの相性が悪く就職が上手くいかないことを避ける

 

私がオススメするのは下記の2社。各社ともしっかりとした特徴を持っているので登録におすすめです。

 

既卒・フリーターでも就職できる!【第二新卒エージェントneo】


ネオキャリアの特徴
・コンサルタントが親身に相談に乗ってくれる。
書類添削面接対策までしっかりサポート。
・厳選した求人のみ紹介(ブラック企業排除)
・入社前、入社後のアフターフォローも充実!
既卒、フリーター、高卒、中卒、大学中退、専門、、、等職歴に不安があってもプロのアドバイザーがしっかりサポート!
【NGユーザー】
・高校生を含む18歳以下もしくは29歳以上
・来社面談できない方

 

第二新卒・既卒・フリーターでも正社員に!DYM就職


DYM就職の特徴
・書類選考なしで面接
・エージェント登録⇒エージェント面談⇒企業面接
・第二新卒,既卒,フリーターの就職に強い
・エージェントが就職できるまで二人三脚!
・厳選された2000社以上の求人
・100%正社員求人
【NGユーザー】
・来社面談できないかた

 

転職・就職エージェントを利用することで、慣れない転職・就職活動をしっかりサポートをしてくれるので就職活動のリスクを避けることができるので是非利用しましょう。

 

STEP2:就職/転職エージェントとの面談日を決める

登録が完了すると就職/転職エージェント側から電話またはメールが来ます。簡単な就職活動の状況を聞かれた後、面談の日程調整が行われます。

 

遠方の場合は電話面談も可能な場合もありますが、直接会って面談してもらうことをお薦めします。その方が、あなたの希望をしっかりエージェント側に伝えられるからです。

 

STEP3:就職/転職エージェントと面談

あなたの希望や将来設計についてカウンセラーの方が上手に聞き出してまとめてくれます。その内容は、就職活動を行う上でもとても大事な内容なので、あなた自身もしっかりメモをとるようにしてください。

 

内容がまとまると、その日に数社のマッチング企業を紹介してくれます

 

応募してみたい企業などが見えてくると、似た求人をさらに絞って後日メール等で企業を紹介してくれます。

 

STEP4:応募書類の書き方や面接対策も行ってくれる

応募書類の書き方や、面接が苦手な人には対策方法を伝授してくれますのでご安心を。

 

STEP5:書類選考が通過すれば面接日の調整をしてくれる

複数社応募すると面接日程の調整が多変ですが、就職/転職エージェントを通せば日程調整など全て任せることができるのでとても便利です。

 

自分自身で応募するととても大変な作業ですが、就職/転職エージェントは煩わしいこと全てを調整してくれますのでとても便利です。

STEP6:内定後は待遇面の交渉をしてくれる

無事内定を獲得できれば待遇面の交渉を行ってくれます。

 

「給与額をもう少し上げてもらえれば決めたい」などの希望を言えば内定先の企業に上手に交渉してくれますよ。

フリーターから脱却するためのおすすめの就職エージェントはどこ?(20代限定)

20代フリーターであれば大手人材紹介会社に登録することは避けるべきです。

 

大手人材紹介会社は、スキルが無い人材は就職できる確率が低い、または、商品としての価値が低いとみなし登録すらできない場合や後回しにされる場合が殆どです。

 

私がおすすめなのは、20代を専門に取り扱う就職/転職エージェントです。

 

第二新卒、既卒、大学中退、フリーター、ニート、高卒、中卒でも「20代」であれば手厚いサポートをしてくれますし、さらに、未経験可の求人を豊富にもっていることで、就職できる確率が増すためです。

 

当然、全てのサポートは無料の上、ブラック企業を取り扱わないエージェントなので絶対おすすめです。

 

若年層はブラック企業の知識も疎いので、就職して安心したのもつかの間、入社してみるとブラック企業だったということはざらです。そういった意味でも、下記2社は特におすすめなのでまずは登録してみましょう。

 

それではまた!

既卒・フリーターでも就職できる!【第二新卒エージェントneo】


ネオキャリアの特徴
・コンサルタントが親身に相談に乗ってくれる。
書類添削面接対策までしっかりサポート。
・厳選した求人のみ紹介(ブラック企業排除)
・入社前、入社後のアフターフォローも充実!
既卒、フリーター、高卒、中卒、大学中退、専門、、、等職歴に不安があってもプロのアドバイザーがしっかりサポート!
【NGユーザー】
・高校生を含む18歳以下もしくは29歳以上
・来社面談できない方

 

第二新卒・既卒・フリーターでも正社員に!DYM就職


DYM就職の特徴
・書類選考なしで面接
・エージェント登録⇒エージェント面談⇒企業面接
・第二新卒,既卒,フリーターの就職に強い
・エージェントが就職できるまで二人三脚!
・厳選された2000社以上の求人
・100%正社員求人
【NGユーザー】
・来社面談できないかた

 

転職を成功の為に読んでおきたい