▼強み/年収分析最強ツール▼
一般雇用での転職失敗例から学ぶ障害者雇用の転職成功の秘訣!

障害者雇用は転職成功率が高い一方で、一般雇用での転職の方が給与面を考えてもお得な為、クローズして転職活動をする方が非常に多いです。特に既往歴を隠すパターンが目立ちます。実は障害者雇用の方が転職に成功しやすいといった特徴があるので、今回の記事で失敗しない転職活動の方法を解説いたします。

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

こんな方におすすめの記事

①一般雇用枠で転職したい障害者の方
②クローズする転職に不安がある方
③上手な障害者枠の転職方法を知りたい方

【秘訣】転職エージェントに有り

転職は新卒と違い、無料で転職サポートを受けるのは当たり前の時代。初めての転職から数回目の転職でも、いつでも頼れる転職エージェント。

転職サポートのプロが求人紹介から各種対策雇用条件交渉まで一括サポートしてくれるので、不安な転職も二人三脚で乗り越えられます!

障がい者という不安な転職だからこそ「障害者雇用に精通した専任のキャリアアドバイザー」との連携が転職成功の秘訣!ぜひこの機会に登録してみましょう!

エージェント名 特徴
障がい者転職エージェント【Agent-Sana】 29年の実績とノウハウで求職者の希望に合ったサポート
dodaチャレンジ dodaブランドで安心の転職サポート
アットジーピー【atGP】 入社時の導入支援や、受け入れ先のサポートまできめ細かいサポート

一般雇用と障害者雇用どちらがいいのか多くの方が悩んでいる

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

最近ブログが好調なこともあり、多くの障害者の方へ転職アドバイスさせていただく機会も非常に増えています。

色々お話をさせていただくと転職とい枠組みの中で、「障害者」という理由もあり、それが原因で多くの転職の悩みを抱えてしまっているという現実があるようです。

自分では解決できない為、相談に来られる方を多く見かけるようになりました。

やはり、健常者の方よりも転職に取り組むハードルは高くなってしまっていることが最大の悩みのようです。

障害者の方が抱える転職活動の悩み
①転職活動のやり方が分からない
②応募書類をどの用に作成したらいいのかわからない
③障害者の面接対策方法がわからない
④障害のレベルによって転職先は変わるのか知りたい
⑤誰にも相談できない転職活動が不安

など障害者の方ならでわの理由が多いようです。

今回の記事で転職の失敗事例を基に、どのように転職活動をすべきか を解説していきたいと思います。特に、一般雇用での転職は要注意です!

事例①:障害をクローズして一般雇用で転職失敗

一般雇用で転職してしまい失敗し、障害者雇用に戻したい女性

障害者雇用枠ではなく一般雇用で転職してしまったという失敗事例は後を絶ちません。

障害者であることを隠したり、体調が改善したから一般雇用枠で応募して入社後に悪化といったパターンを多く聞きます。

もちろん転職相談者の方だけではなく、僕自身が務めていた会社内でもそのような一般雇用枠での失敗事例をよく見かけています。

今回は相談頂いたAさんの失敗事例を見てみましょう。

一般雇用か障害者雇用のどちらで転職するか悩む男性

Aさん 男性
私は、成人になってから交通事故に合ってしまい、足が思うように動かなくなり障害者2級となりました。その為、正社員の道はあきらめ、親の仕送りと週2日のアルバイトで生計を立てています。現状では、生活も不安定なので正社員として一般雇用で入りましたが体が不自由なこともあり、周りに迷惑をかけてしまいます。これからどうすればいいのでしょうか。アドバイスお願いします。

健常者の方と一緒に仕事をしていくことはやはり過酷な現状ではあります。Aさんが正社員として選んだ道は「スーパーのお惣菜コーナー」。

当然立ち仕事も多いですし、品出しもあるので動き回ります。健常者の方でも体力的にハードな部分が多いのに、障害者の方であればなおさらですね。これが一般雇用の落とし穴です。

Aさん自身は、面接のときに嘘をついてしまったのも問題でした。

現在はほぼ完治しているから大丈夫といったニュアンスのことを伝えての採用でしたので、会社側からも現在は不信感をいだかれ、採用時の偽りにより「解雇」の危機に陥っているようで今回相談に来られました。

健常者と同じように働きたい障害者の方は多いですが、それは同時にリスクを伴うことを理解しなくてはなりません。

逆に障害者雇用の方が転職に失敗しにくいということも多いので、不安があればオープンで転職活動をすることがおすすめです。

おすすめ記事

事例②:一般雇用は「ブラック企業入社」のリスク有り

一般雇用か障害者雇用のどちらで転職するか考える様子

障害者雇用は給与面での待遇は劣る一方で、働き方の待遇は圧倒的に有利です。

障害者の方の働き方をきちんと熟知し、環境が整った企業に転職すれば長く働くことが可能になります。

しかし一般雇用枠で働くということは、そういった環境ではなく「ブラック企業」に転職してしまう大きなリスクを持っています。

Bさんの事例を見てみましょう。

一般雇用か障害者雇用のどちらで転職するか悩む20代男性

うつ病を発症したBさん
前職がブラック企業で精神疾患(うつ病)を患ってしまいました。その為退職して約半年間療養生活を送り活動を行い、何とか一社に内定をいただきました。しかし、入社先はもっと過酷な状態で、上司からのパワハラ、所謂暴言が酷く、うつ病が再発してしまいました。働くことがとても怖いです。

精神疾患を患っての転活動は特に要注意!

転職の焦りから、業務内容、職場環境をよく確認しないで入社してしまうとさらにひどい環境の可能性が高いです。

障害者の方で精神疾患を患っている方は、転職活動を一般雇用の方同様の方法を考えず、障害者専用のエージェントを利用して活動することをおすすめします。

ハローワークの求人で障がい者雇用を謳っている求人にも普通にブラック企業の求人がありますので、単に見分けることができません。

大手障害者雇用専門のエージェントなら完全無料で大手や条件の良い障がい者雇用を求人を紹介してもらえるので、圧倒的に失敗する確率が減少します。

まずは登録・相談してみるとよいでしょう。

おすすめ記事

重要:一般雇用枠と障害者雇用枠の転職活動は異なる!

一般雇用か障害者雇用のどちらで転職するか悩む30代男性

障害者雇用で応募しても転職に失敗してしまうことはもちろんあります。

その原因の多くは、健常者と同じように考えて転職活動をしてしまうことがあげられます。

障害者の方が悩むのが、障害者であることを伝えてしまうと不利という考え方にあります。

所謂「クローズ応募」です。

そもそもこの考え方を変えましょう。

現在の世の中は、障害者雇用促進法があるため、決して不利に働くことはなくむしろ「転職に有利」に働きます。

これから健常者だけでは雇用を賄えない時代がやってきますし、障害者の方だからこそビジネスに役立つことは沢山あります。

障害者の方たちがよりよい生活を送るためにも障害者の方だからこそわかることを企業の糧にしていきたいという考えを持つ企業も増えており、労働環境が整ってきている企業も多いです。

しかし、応募者目線ではまだまだクローズした方がよいという考えが根付いているので、一般雇用の方が不利という考えに置き換えることが大事です。

そういったビジネスに参画するチャンスがあれば是非チャレンジすべきだと思います。

おすすめ記事

障害者雇用は転職ツールをフル活用!

一般雇用か障害者雇用のどちらで転職するか悩む人を助けるdodaチャレンジ

画像引用元:dodaチャレンジ

障害者の方が転職活動をする時に活用するツールで一番最初に思い浮かぶのが、ハローワークですよね?

しかし、本当にそれだけが障害者の方のツールでしょうか?

実は、人材紹介業者であるdodaチャレンジのような会社だってあるんです。

人材紹介業者は「利用者は無料」で無事入社することができると 「企業側から紹介会社に報酬を支払う」システムとなっています。

そういった障害者用のツールを上手く利用することで、「障害者雇用枠」という「認知された立場」で転職した方が、肉体的にも精神的任も負担を軽減させることができます

特にdodaチャレンジは大手の為安心して転職活動ができるという最大のメリットがありますので、障害者の方には特におすすめです。

障害者の方の転職!dodaチャレンジ
dodaブランドの中の障がい者向けに特化した転職支援サービス
【ポイント】
大手・優良、外資系、ニッチトップ企業まで幅広い求人ラインナップ。障がいの種類(身体・精神・知的)も幅広くサポートしているので求人が無いということが避けれます。転職成功への第一歩は、専任のキャリアアドバイザーによるカウンセリング(面談)にあり!お一人おひとりの状況に合わせた転職活動をサポートをしてもらえます。
評価項目 解説
求人数 9割以上が非公開求人
担当者の質 丁寧なカウンセリングで転職をサポート。一人ひとりにあった就職・転職を支援できるよう心掛けている。
登録メリット 障害者転職の豊富なノウハウと求人情報から、みなさんの希望にマッチした求人に出会う確率が高くなります。また企業との信頼関係により仕事内容や条件の交渉も可能に。より理想にかなった転職へと導いてくれます。
対応エリア 全国

障害者枠の転職エージェント利用は絶対おすすめ!

障がい者雇用専門の転職エージェントは様々なサービスを無料で提供しています。

無料サービス
・履歴書の書き方
・面接の仕方
・条件面の交渉
・面接日程の調整

障害者の方ではなかなか対策が難しいところを徹底サポート をしてくれうので、とても助かります。さらに、障害者専門エージェントであれば、企業との密接な関係を持っているため、色々な情報も得られます。

こんな情報を簡単に入手!
①企業の求める人物像
②職場環境
③受入体制

などの情報をもらえるので、障害者の方の転職の強い味方になることは間違いありません。

障がい者雇用は大手に転職することが最大の肝!

一般雇用か障害者雇用のどちらで転職するか悩む女性が相談中

障がい者雇用専門のdodaチレンジは、大手、外資系をはじめとする優良企業の求人案件が多数あります。

この中で特におすすめなのが「大手企業の求人」です。

大手企業に狙いを定めて転職活動をすることを進める理由は大きく分けて4つあります。

障害者枠のメリット
①障がい者受入体制が整っている
②産業医を配置している
③障がい者の理解を得る教育ができている
④スキルアップ制度が豊富

この4つは障害者の転職においてかなり有利に働きます。ハローワークの求人は、大手企業案件も少なく、受け入れ体制も整っていないところが多く、障がい者の方が働く環境としては過酷な場合もあります。

dodaチレンジを利用して大手を狙えば、満足のいく結果を得られやすいので登録して面談を受けてみるとよいかと思います。

一般雇用枠での転職失敗:まとめ

一般雇用か障害者雇用のどちらで転職するか悩む50代男性

障害者雇用の方が転職に失敗しやすいと考える方は多いと思いますが実は逆。クローズで転職活動をして入社すると過酷な環境に置かれやすいのが一般雇用です。

またハローワークの求人で応募するとブラック企業もまだまだ潜んでおり、助成金目当ての企業が多く、入社して苦労する方も多いです。

大手に障害者雇用で入社し、障害者としての雇用が守られている環境であれば長く働くことに繋がり、結果として転職失敗を避けることができるんです。

その為にも、障害者雇用専門の転職エージェントに複数社登録し、失敗しない為の対策をきちんと準備しておくことがおすすめです。

それではま!

転職エージェント絞り込み検索
年代
特徴
職種
業界
さらに詳しく検索
地域

Twitterでフォローして限定記事を購読!

転職を成功の為に読んでおきたい記事