大手転職エージェントはこちら▼
63_未経験_プログラマ_転職_大事なこと

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

これからの時代(今でもすごい)に備えて、最も有力な職業は何と言ってもプログラマーです。しかし、多くの人はプログラマーになりたくても、色々な不安や悩みを抱えています。

 

・求められる人物像とかあるの?
・入社前にやることは?
・面接対策は?

 

特に、未経験でプログラマーになるなんて夢のまた夢と思っている人も多いはず!

 

そんな皆さんに、未経験からでもプログラマーになる為の大事な転職ノウハウを教えます!未経験プログラマー求人に応募しても面接で落とされたばかりで落ち込んでいる人は、是非読んでみてください!

 

南野弘明てどんな人?

某グローバルベンチャー企業で面接官として数多くの方々を面接。そこで開発した『転職ノウハウ』を基に、超ホワイト企業へ転職。年収400万円アップ!
『今すぐ使える転職ノウハウ』をモットーに、転職アドバイザーとして活動中!

未経験からプログラマーになる為に大事なことは3つ!

未経験からプログラマに転職/就職するために必要なことは大きく分けて3つあります。とても大事なことなので、メモに残して必ず記憶するようにしてくださいね!

 

未経験大事なこと3つ

①最低限のプログラミング知識
②未経験求人の質と量
③不屈の精神力

 

この3つがメチャクチャ重要です!

 

なぜこの3つが必要なのか、それぞれ解説していきましょう。

▶1:最低限のプログラミング知識が無いと入社不可能

未経験からプログラマになるために転職活動や就職活動をされると思いますが、まったくの無知で入社できると思っていませんか?

 

はっきりいって、99.9%不可能です!

 

皆さんのいう「未経験採用」というのは、入社後や入社前に研修を経て業務にとりかかれると思っていませんか?確かに新卒の場合はそうかもしれません。しかし、既卒の場合は違います。未経験の意味は、

 

実務経験はないが、知識はある

 

ことを「未経験」というんです。

 

例えば、事務職未経験求人に応募しようと思って、飲食業から転職しようとしますよね?

 

事務職はどんな能力が必要ですか?

 

そうです、パソコンのスキルですね?

 

飲食業しか知らず、ワード、エクセル、パワーポイントを使ったことが無い人が「未経験」枠で応募して受かるはずはありません。なぜなら、事務職としての最低限の能力が備わっていないからなんです。

 

最低限の知識を有していて、コツや深い知識を実践で学んでいける能力がなければ、未経験で採用することなんて99.9%あり得ないんです。

 

では、最低限の知識を得るためにはどのように勉強していけばいいのかコツを説明していきます。

▽独学(かなり厳しい)

昔とは違い、分かりやすい解説本も多く発行されているので「独学」でできる根性があれば独学もありです。

 

しかしながら、どんな業界の勉強でもそうですが「独学」というのは、時間がかかる割に「結果」をすぐに得られるものではありません。

 

そのため、転職適齢期が過ぎてから未経験で応募しても結局時間と手間がかかりすぎて、適齢期を過ぎてしまい、応募すらできないこともありえます。

 

総合的に考えるとおすすめはできません。

▽スクールに通う(おすすめ)

転職の基本は、在職中に次の会社を決めてしまうことです。

 

そのためには、在職中に「プログラミングスクール」に通い、知識を習得してしまうことが重要になります。

 

もし離職してしまっているならプログラミングスクールによって異なりますが、未経験者の転職/就職向けの集中講義なども開催されているので短期集中⇒転職活動と移行できるのでお勧めです。

 

また最近流行りなのが、「オンラインプログラミンスクール」です。

 

自宅に居ながらプログラミングが勉強できるのでとても人気が高いです。スクールの体制によりますが、これも最近はやりなのが「就職支援付き」といった内容で、プログラミングスクール卒業と同時に転職先も紹介してくれるという一石二鳥のスクールもあります。

関連記事

 

在職中にスクールに通いながらのオンライン勉強はおすすめです!

外出しないでプログラマを目指せるオンラインスクール!
 
就労支援付きだから卒業後も安心!
【特徴】
①エンジニアに特化したキャリアサービスを展開中!それに基づいたカリキュラムを実現しているからこそ、卒業後のキャリアも安心!
②オンラインスクールだからいつでもどこでも受講可能!
③エンジニアにキャリアチェンジを考えている方に、特にオススメ!
【注目!】
●卒業後すぐにエンジニアとして働くことのできるカリキュラム!
●基礎学習だけでなく、実戦まで手厚くサポート!
●最先端技術も学べる!
●常に新しい技術が要求されるエンジニアのために、AIやIoT、ブロックチェーンなど今後必要になる最先端技術も学べる!

▽補足1:ある程度の知識とは

未経験からプログラマを目指して転職/就職活動をするにしても「ある程度の知識」を理解していないと落ちまくること間違いなしです。

 

じゃあ、ある程度の知識とはなんぞやというところですが、答えは簡単!

 

面接時に支障がないレベルの知識

 

ということを分かっていればOK。

 

未経験プログラマでも、いくつもの言語を知っている人もいれば、駆け出しのころは面接で受け答えがぎりぎりの人もとても多かったです。

 

私の考えは、自分自身の転職市場の価値と照らし合わせながら「がっつり知識を習得してから未経験で転職する」か「未経験の毛が生えた程度の知識」で勝負するかを考えます。

 

実際に社内システム担当に、「未経験者にも期待すること」を聞いてみましたので下記ご参考に。

 

未経験に求めるスキル

・未経験採用の時点で高度なスキルを求めていない。
・伸びしろがある人材を優先的に採用したい。
・未経験で行けるのは29歳以下。

 

とのことでした。ハードルは決して高くないので、しっかり準備しましょう。

関連記事

▽補足2:資格は不要

面接で質問中

未経験プログラマーとして転職/就職する上で、「資格」を取得すれば有利になるんではないかと思っている人って多くないですか?私の考えは、

 

資格は必要ない

 

と考えています。

 

新卒で入社した会社以降はすべて「転職」になります。つまり、皆さんの仕事ぶりや実績によって転職先も決まるんです。

 

しかし、どうしても資格をとってアピールしたいと思っている人がいるのであれば、「基本情報処理技術者試験」を受けてみるとよいでしょう。

 

実践には役に立たないですが、最低限の知識は身についていると判断されやすいとは思います。

 

可能であれば自分で何か作ってみるのがいいですね。ただ、時間がかかるものは絶対NGです。そういった無駄な労力使わずにポートフォリオを作成できるのも、スクールに通うだけの価値は存分にあります。

関連記事

▶2:未経験求人への応募は数と質が重要

転職!企業選びのポイント!成功の秘訣と落とし穴は?

未経験からプログラマーに転職/就職するためには、

 

・求人の数
・求人の質

 

で大きく転職難易度が変わってしまいます。求人の数が少ない、または低いと苦戦を強いられるかもしれません。特に未経験枠で応募可能な求人の数については、超重要事項です。

 

求人の質も高く、製品品質も高い企業に転職したいなら、できる限り転職/就職エージェント利用した方がいいでしょう。

▽補足:都内のスクールは転職支援付き

東京都内のスクールは、通学式となっているため、離職してからの通学が必要となりますが、無料スクールなのでお金はかかりません。

 

更に卒業と同時に転職先を紹介してくれる転職支援も受けられるので、転職エージェントと合わせて利用するとよいでしょう。

 

おすすめの都内の無料スクールを下記に紹介するので、興味があれば覗いてみてくださいね!

未経験から正社員のITエンジニアとして働きたい方向けの無料カリキュラム
 
『就職率は96.2%』の驚異の実績!
【特徴】
多くのITスクールやオンライン講座は、受講した後の就職支援フローが機能していない場合が多く、就活支援があまり充実していないことも。特に、ハローワークの職業訓練校は高倍率の割には、大した内容でなかったりするので、就活サポートの充実という面ではIT無料スクールの方が断然有利です!
【こんな方におすすめ!】
・モノ作りやインターネットが好きな人
・IT業界で手に職をつけたい
・将来的にフリーランス、企業してみたい
・営業や接客以外の仕事をしたい人就職支援付きの完全無料のITスクールの無料体験面談にまずは申し込んでみましょう!

▶3:未経験からプログラマーになるには『精神力』が必要

未経験でプログラマに転職/就職するなら強固な精神力はとても大事です。これは一見「?」だと思いますが、とても簡単なことです。

 

未経験枠でのプログラマ応募は、かなりハードルが高いのが一般的です。求人に応募しても「不採用」となるということを頭に入れておいてください。

 

多くの人は「落とされた回数」が多いほど「心が折れやすい」という現実があるので、落とされても這い上がる「強固な精神」はとても役に立つでしょう。

 

スクールに通うことも大事ですが、精神面を鍛えておくことも大事であることを覚えておきましょう。

まとめ

転職に成功した20代

未経験からプログラマに転職の記事はいかがでしたか?やはり、知識なしでの面接に臨むのは明らかに「無謀」と言わざる得ないのが実態です。

 

無謀なことにチャレンジすることは時間とお金と労力の無駄です。そのために、最短且つ結果が出やすいのが、

 

就職支援付きプログラミングスクール

 

に通って勉強することです。お金を払ってスクールに通うことも可能ですが、最近はオンラインスクールも充実していますし、無料転職支援&無料スクールというのも存在します。

 

自分にあったスクール形態を選び、未経験プログラマにチャレンジしていくといいでしょう。

 

下記絶対おすすめの無料就職支援&無料スクールですのでこの機会に検討してみてはいかがでしょうか?それでは、良い転職を!

おすすめ記事

20代おすすめ転職エージェントはこれだ!

20代初めての転職

 

「求人検索、応募書類作成、面接対策、雇用条件の交渉...。初めて尽くしで何から手を付けていいのか分からない。」といった、20代におすすめの転職エージェントを紹介!

登録からサポートまで完全無料で安心して利用できるので、転職エージェントの利用価値は絶大です!

20代特化型から大手転職エージェントまでおすすめ理由を添えて紹介しますので、気になる転職エージェントがあればまずは登録してみましょう!

第一位:第二新卒エージェントneo
ブラック企業を除外、優良企業のみの求人紹介!
 
20代のサポートは業界随一!
20代に特化した転職エージェントである「第二新卒エージェントneo」。株式会社ネオキャリアが運営する関東、関西、九州地方の20代の転職に強みを持っています。求人数も10000社以上を保有し、経験豊富なアドバイザーが親身にサポートしてくれます☆
【特徴】
①書類対策、面接対策徹底サポート。
②サポート時間が他社より長い。
③ブラック企業排除で求人紹介。
④学歴、職歴に不安があってもサポート可能。
【NGユーザー】
18歳以下と29歳以上※詳細確認や登録は以下から確認可能です↓

同率第一位:DYM
最短1週間で入社可能!
 
全国的に幅広い求人紹介なので20代に人気
DYM就職は、第二新卒・既卒はもちろんフリーターやニートの方向けの正社員求人を多数紹介。経歴や学歴に不安があっても正社員に転職・就職ができて、最短1週間でのスピード入社も可能!一人ひとりに合わせた徹底サポートで内定決定率の高さを実現しています。
【特徴】
①優良な正社員の仕事を紹介。
②2000社の優良企業を紹介。
③正社員求人100%。
④ブラック企業は徹底排除
⑤イベント来場者の就職率は脅威の96%。
⑥書類選考なし。
⑦カンタン60秒マッチングサービス。
【NGユーザー】
18歳未満、30歳以上※詳細や登録は以下から確認可能です↓

第三位:マイナビエージェント
大手転職エージェントでも20代に特におすすめ!
大手でもサポート力で他社を圧倒!
株式会社マイナビの人材紹介サービス「マイナビエージェント」。大手転職エージェントにありがちな「サポート力の弱さ」に対して、きめ細かなサポートで20代の転職をサポートしてくれるのが大きな特徴。保有求人数も多いため、全国でサポートしてもらえます☆
【特徴】
①東京・神奈川・埼玉・千葉における優良企業の求人が豊富
②20~30代に転職サポートに強い!
③人事&採用担当との太いパイプ!
④応募書類の準備から面接対策可能!
⑤親身な転職サポート!※詳細や登録は以下から確認可能です↓

Twitterでフォローしよう

転職を成功の為に読んでおきたい