▼強み/年収分析最強ツール▼
退職後の転職活動は不利!退職後の転職を有利に進める方法解説

退職後に転職活動をすると不利なのか、在職中は有利なのかという点について多くの方が悩まれています。辛い環境になればなるほど一度退職して転職活動をしようと思うかもしれませんが、これは大きな間違いです!今回の記事は、退職後の転職活動が不利な理由と有利に進める方法について解説します。

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

こんな方におすすめの記事

①退職後に転職活動をしたい
②退職後の転職活動がうまく行かない
③転職活動の正しい方法を知りたい

【年代別】おすすめ転職エージェント

完全無料の転職エージェントの活用は、現代の転職では必須ツールの一つ。マッチ度の高い求人紹介から各種転職対策、雇用条件交渉(年収交渉)まで幅広いサービスが受けれます。

企業との太いパイプで年代ごとにマッチした求人を多く保有しているからこそ、選考通過率・内定率が劇的に上がります!

この機会におすすめの下記の転職エージェントに登録し、無料サポートを受けてみましょう!

20代 第二新卒AGENTneo
30代 doda
40代 リクルートエージェント
50代 エンワールドジャパン

転職活動に対する向き合い方は人それぞれ!

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

今日はTwitterでいただいた悩み相談についてお答えしていきたいと思います。

退職後と在職中どっちが転職活動に不利か考える女性
TwitterのDMでいただく転職活動の悩み

現在、転職活動中です。

会社のブッラク企業っぷりが酷く、精神的に病む前に転職しようと考えいます。しかし、現職はブラック企業ということもあり有休がまったくとれない状況です。

面接に行く場合はどうしても有休をとらなくてならいのですが、取れない状況を考えると退職してから転職活動をすべきでしょうか?在職中の転職活動は諦めた方がいいですか?

アドバイスお願いします。

転職に悩む女性

最近この手の質問をとても多くいただいています。

在籍中の転職活動はメリットもあればデメリットもあります。当然退職後も同じ。どちらにすればいいのか悩んでいる皆さんの為に今回は、在職中の転職活動VS退職後の転職活動を考えながら退職後の転職活動を有利に進める方法について解説していきます。

是非転職活動の参考にしていただきたと共に、おすすめの転職活動の方法もご紹介いたします。

退職・在職の転職でも企業側からの評価は変わらない

退職後と在職中どっちが転職活動に不利か考え転職に成功した男性

在職中の転職活動VS退職後の転職活動の1戦目は企業から評価(有利)されるはどっちかについてお答えいたします。

結論は、「在職中でも退職後でも企業側からしてみたらどちらでもいい」が答えです。

企業側からしてみれば「優秀な人材を確保」することが目的なので、在職中だろうが退職後だろうがあまり気にしていません。

ネット情報だと、在職中の活動は「隠れてやっていて印象が悪い」や退職後の活動は「計画性ない人」と判断され印象が悪いなど、色々言われていますが、まったくもって関係ないので覚えておいてください。

ただし、リストラによる転職活動はかなり印象が悪いので注意してください。前職で不要と判断された人材を簡単に受け入れる企業はそうそうないということ。滅茶苦茶不利です。

リストラによる転職活動については、過去記事を参考にしてみてくださいね!

おすすめ記事

在職・退職後の転職のメリット

退職後と在職中どっちが転職活動に不利か考える女性三人

在職中の転職活動VS退職後の転職活動の2戦目は、在職中、退職後の活動についてのメリットを考えていきましょう。

各々大きなメリットがあるので、メリットを活かしながら転職活動を進めていくのがおすすめです。

このメリットを知ることで自分に合った転職活動の方法を考えるのがポイントです。

各々のメリット

在職中 退職後
在職中なので収入の心配がいらない 退職後なら時間的な余裕がある
不採用になっても職を失わない 危機感をもって活動ができる
在職中なので長期化しても問題ない 有休取得を考えなくていい
対策方法もゆっくり練れる 少しゆっくりできる
在職中のメリット
「安心感」を持って活動に臨めるので、精神的、収入面でも心配がいらないことがとても大きいですね。退職してしまうと金銭面で非常に不利になります。在籍中であれば、金銭面に余裕がある生活に困らないという最大のメリットがあるので覚えておきましょう。
退職後のメリット
退職後であれば、時間的な余裕があるので自分のペースで転職活動ができそうなので、そういったメリットがあると思います。精神的な苦痛から開放されるので落ち着いた転職活動ができるのも退職後の転職活動のメリットです。

おすすめ記事

在職・退職後ののデメリット

退職後と在職中どっちが転職活動に不利か考える在職中に転職活動する男性

在職中の転職活動VS退職後の転職活動ですが、次に各々の転職活動におけるデメリットを見ていきましょう。

このデメリットは、退職後の転職活動において最も不利に働く要素なので要注意です。

これを知らずに退職後に転職活動をする方が苦労する要因なので必ず覚えておいてくださいね!

各々のデメリット

在職中 退職後
会社に転職活動がバレる可能性あり いい会社に巡り合えない可能性あり
モチベが上がりにくい 長期化すると生活面が危険
嫌な環境で我慢し続ける 空白の期間が長いと採用されにくくなる
退職後が不利になる最大の原因
一番厄介なのが、退職後は長期戦になりやすく「空白期間」を作るリスクがあることです。空白の期間が長引くと不利になる理由は、面接試験でよくわかります。
・何をしていたのか
・内定をなぜほかの会社からもらえなかったのか
など根掘り葉掘り聞かれます。

当然ブラック企業で有休取得が難しいこともあり得ます。一日休がとれないら半休でもいいので、強行突破で休んで「退職後の転職活動」を発生させないようにした方が絶対にいいです。

退職後の転職活動は、早期に済ませないと滅茶苦茶不利になるので要注意です。

おすすめ無料ITスクール特集

無料 説明会 スクール名 コース 本校/オンライン
ProgrammerCollege プログラミング
東京/○
GEEK JOB プログラミング 東京/○
ネットビジョンアカデミー ネットワークエンジニア
※CCNA講座
東京/○

\↑完全無料の入校説明会開催中↑/

在職・退職後の転職ツールの違いは無い

退職後と在職中どっちが転職活動に不利か考えるエージェントに相談する女性

在職中の転職活動VS退職後の転職活動の中で気になると思います。

在職中に使いたい転職ツールで圧倒的にライバルと差を付けられ且つ、早期に転職が成功しやすツールが転職エージェントの利用です。

ぶっちゃけ転職エージェントは「在職者向け転職ツール」として最強だと思います。

その理由は、日程管理にあります。

段階的に説明する為に下記をみてください。

転職エージェントのサービスとは?
完全無料ですべてのサービスが利用可能
・面談を受けることでキャリア相談が可能
自分に合った求人を紹介してくれる
・応募書類、面接対策をしてくれる
応募書類の送付は全て転職エージェントがやる
面接日程の段取などをエージェントが全てやってくれる
・面接後に応募企業にフォローを入れてくれる
・内定後の「雇用条件交渉」を仲介してくれる

こういったサービスを「完全無料」で利用できる転職エージェントは、在職中なら最強のツールといっても過言ではありません。

在職中は時間に余裕がなく、レスポンスを早くして応募企業とのやり取りができないところが不利ですが、その穴埋めができるのが転職エージェントです。

退職後でも最強ツールになる転職エージェント

退職後の転職活動は不利と教えるdoda

画像引用元:https://doda.jp/

転職エージェントは在職中に本領を発揮しますが、実は退職後の転職活動でも有利に働きます。

退職後が不利になる理由は、長期化による転職理由などが答えづらいといったことや、転職先から内定をもらっても決断しにくいといったデメリットもあります。

そういった一人孤独な退職後の転職活動でも二人三脚の転職が実現できるので、退職後でも活用メリットは非常に大きいです。

また、すべてのサービスが完全無料で利用できるのも、求職者にとっては嬉しいサービスと言えますね!

【秘訣】転職エージェントに有り

転職は新卒と違い、無料で転職サポートを受けるのは当たり前の時代。初めての転職から数回目の転職でも、いつでも頼れる転職エージェント。

転職サポートのプロが求人紹介から各種対策雇用条件交渉まで一括サポートしてくれるので、不安な転職も二人三脚で乗り越えられます!

大手転職エージェント3社は、求人数が別格なのでこの機会に登録しておくことがおすすめ!

企業名 特徴
doda 手厚い転職サポート
マイナビエージェント 20代の若手向け求人豊富
リクルートエージェント 日本最大の求人数

ハローワークは最悪ツール

退職後の転職活動は不利とわかった女性

退職後、所謂無職になってから利用するハローワーク。このハローワークを利用して退職後の活動をすることは果たして賢明な方法なのでしょうか?

 

答えはNoです。

 

無職者でもOKのハローワーク求人は正直今後の高キャリアを望むことはできません安月給且つ、年間休日100日以下の明らかにおかしな企業ばかりが目立つ状況です。

ハローワークの求人の質と転職エージェンの持つ求人の質は圧倒的に違います。退職後に活動をしたとき今の会社の方が条件が良くても後戻りはできません。

だからこそ在職中の転職の方が圧倒的に有利なんです。みなさんが今在職中なら絶対に在職中に転職した方がお得です。その為に上手く転職活動をするためにも転職エージェントを上手に活用していきましょう。

まとめ

退職後と在職中どっちが転職活動に不利か考え内定をゲットした男性

在職中は退職後よりも有利に進めることができるので、退職後の転職活動の方が不利となるというのが結論です。

つまり、皆さんが思っていた退職後が有利説とは違う結論となりました。

退職後の転職は、時間に余裕あるからこそ焦りも生まれ、長引けば企業側にも採用を躊躇させてしまうようなきっかけを与えてしまいます。

こういったきっかけを与えることは非常に不利です。

会社を退職する前に転職活動に取り組み、どうしても会社を辞めざる得ない状況と判断した最終手段として退職後の転職を行うことを強くおすすめします。

転職エージェント絞り込み検索
年代
特徴
職種
業界
さらに詳しく検索
地域

Twitterでフォローして限定記事を購読!

転職を成功の為に読んでおきたい記事