WEB面接でカンペを作るパソコン

WEB面接はカンペが基本て知ってました?転職の一次面接で行われる面接は、コロナによりほぼWEB面接。現地で行われていない面接だからこその利点を活かし、がっつりカンペをするのがおすすめ!カンペを行う際の作り方と注意点についてわかりやすく解説!

 

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

コロナ騒動で注目を浴びている「オンライン会議システム」ですが、最近では「WEB面接」と称して、転職市場にも導入されていることはご存じですか?

 

オンランイン会議システムとしてよく利用されているのが『zoom』『Skype』ですが、この2つは簡単に利用できるので、過去記事を参考に使いかとをマスターしておきましょう!

 

今回はこのWEB面接の対策編として、絶対にマスターしておきたいことが『カンペ』です(笑)。

 

WEB面接といのは、その利点を発揮して臨めば、転職者側有利に働くこともあるので、その利点の一つとして『カンペ』があります。是非この機会にWEB面接のカンペについてマスターしてくださいね!

 

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

 

注目20代の転職希望者必見!

①WEB面接で利用されている『オンライン会議システム』は?

WEB面接におけるカンペの作り方を調べる男性

WEB面接で是非利用したいカンペですが、まず知っておくべきことは『オンライン会議システム』でよく利用されているシステムです。大きく分けて2つのツールが、WEB面接で利用されているので覚えておきましょう。

▶zoomとは何か

『zoom』はアメリカに本社を置くズームビデオコミュニケーションズが提供しているサービスで、日本語対応も可能なことから、コロナ騒動により急激に普及しました。パソコン、スマートフォンで対応可能なため、いつでもどこでもオンライン会議ができる利点があり、転職市場でも遠隔地での面接が可能となったことにより、多くの企業が採用しています。このzoomの使い方は、今後のビジネスパーソンとして必要不可欠なので是非利用方法もマスターしておきましょう。

 

 

▶Skypeとは何か

Skype(スカイプ)は音声通話、ビデオ通話、チャットをSkypeをダウンロードしたユーザー同士であれば無料で楽しめるwebツールです。MacOS、Windows、Android、Linux等の一般的なOSの他に、ゲーム機やウェアラブル機器等沢山の機器に対応しているため、ビジネス利用、プライベート利用含めて世界中のたくさんの世代に利用されています。現に、私自身も転職アドバイスで利用させていただいているツールなのでおすすめです。『zoom』よりも日本においてはなじみの深いツールなので利用されたことがある方も多いと思います。

 

▶Teamsとは何か

Teams(Microsoft Teams)はマイクロソフト社が推奨するMicrosoft365のコミュニケーションツールで、Skypeの後継として登場しました。Teamsの主な機能としては、他会議システムと大きな変化はありませんが、①チャット機能②通話機能③ビデオ会議機能④ファイル共有があり、Microsoftアカウントがあれば無料での利用が可能です。余談ですが、当社のWeb面接ではこのTeamsを使うので、ダウンロードして利用になれておくことがおすすめです。

 

②WEB面接用の『カンペ』の作り方

WEB面接におけるカンペの作り方を調べる女性

いよいよWEB面接用のカンペについて説明していきます。WEB面接の利点というのは、遠隔地面接が可能になったこと。そして相手側に見えるのはあくまでも『人物』と『背景』なので、その点を配慮しておけば「どんな戦略もOK」という点です。

 

そこで絶対利用すべきが『カンペ』です。

 

志望動機、転職理由など上手く面接で説明できなかった人たちも、カンペを見ながら事前に練習しておけばかなり上手く話せるようになります。それでは、どのようにカンペを作成すべきかを解説していきます。

カンペ手順1:パワーポイントを用意

まず、WEB面接のカンペを作成するためには、パワーポイントを準備しましょう。パワーポイントは、プレゼン用のツールとして使いやすいので、カンペ用ツールとしても非常に重宝します。パワーポイントの基本操作は、WEB面接に挑むビジネスパーソンの方が多いと思うので、作成方法は割愛します。

カンペ手順2:内容をまとめる

WEB面接用カンペツールのパワーポイントには、無駄なことは書かず、しゃべりたい情報だけを端的にまとめておくことが重要です。その中でもカンペとしてまとめておく必要があるの内容が下記の4つです。

▶自己紹介

WEB面接冒頭では必ず「自己紹介をお願いします」といった依頼がきます。最初に自己紹介を上手くできると緊張がほぐれるといった傾向にあるので、すらすら言えるように準備しておくとよいでしょう。自己紹介の内容としてまとめておくべき内容は、下記の4つです。

 

  1. これまでの経歴
  2. 経験した仕事内容
  3. 強みとなるスキル
  4. 簡単な志望動機

 

長々と説明すると心象が悪いので、ゆっくり話して40秒程度にまとめておくとよいでしょう。下記の様な構成にしておくとカンペの効力を発揮します。

 

【Web面接のカンペ例】

WEB面接におけるカンペで自己紹介の作り方

 

南野弘明流カンペの書き方のポイントは、言いたい題目は『赤字』にして忘れないようにしておくこと、次にポイントとなるワードは強調することを忘れないように『黄色のペイント』で装飾しておくと、読んでいながら協調できるので、WEB面接でもしっかりアピールできます。

 

関連記事

▶転職理由と志望動機

WEB面接で自己紹介が終わると、転職理由(退職理由)または志望動機の2つのいづれかについて質問されます。自己紹介の次のスライドは、転職理由と志望動機をまとめたスライドにしておくことがポイントです。

 

重要:転職理由と志望動機】

WEB面接におけるカンペの志望動機の作り方

 

転職理由と志望動機は、転職の合否に大きく関わるので、本気で対策を実施しましょう。転職理由と志望動機の一貫性が無い場合、信ぴょう性が無く、薄っぺらい志望動機になる為、他サイトからのコピペなどはやめましょう。転職理由と志望動機の一貫性を持つ方法は、下記の過去記事を参考にしてください。

 

関連記事

▶自己分析棚卸表

WEB面接の際のカンペには、自己分析結果を簡単にまとめた表を作成しておくと便利です。面接というのは、「簡単な質問→簡単に回答→深堀質問→深堀回答」というやり取りで進んでいきます。簡単な回答の準備や質問に対しての一貫性のある回答をしていくと好印象を持たれます。

 

下記の表形式で、自己分析の棚卸結果をスライド1枚にまとめておくと便利です。

 

【キャリアの棚卸表まとめ】

WEB面接におけるカンペの棚卸表の作り方

 

ただし、長文は即座に回答を探すことができないので、ポイントだけ書くようにしましょう。回答を探しているようでは、逆に面接官に不信感をいだかれるので、注意しましょう。

 

関連記事

▶逆質問

WEB面接終盤には、あなたから企業に直接質問できる場である「逆質問コーナー」があります。対面式の面接試験だとカンペが見れませんが、WEB面接では簡単にカンペが見れますので、逆質問を複数用意しておきましょう。質問数としては概ね3つを準備しておきましょう。

 

下記の様にまとめておくと便利です。

 

【逆質問まとめ表】

WEB面接におけるカンペの逆質問の作り方

 

このポイントは、質問の意図を明確にしておくことです。上記カンペの例として「海外出張の有無」について質問しています。なぜこの質問をするのかというと「自分が英語が得意だから、海外でも活躍できる存在だ」とアピールしたいわけです。

 

何でも質問するのではなく、質問=自分をアピールと考えて質問を作るようにしてください。

 

関連記事

 

注目おすすめ転職3選ツール

転職ツール 特徴
リクナビNEXT 全国の求人情報を勤務地や職種、あなたのスキルや資格などから検索が可能。転職成功のヒント満載の求人/転職のサイトです。
ミイダス コンピテンシー診断が使える!職務適性やパーソナリティの特徴、ストレス要因、相性の良い上司・部下のタイプなど、あなたのコンピテンシー(行動特性)を分析できる(完全無料)。
転職会議 国内最大級100万件以上の転職口コミ情報が掲載されています。会員数は500万人以上。日本中の企業の口コミが集まっています。

※クリックすると公式サイトに遷移できます。

WEB面接用の『カンペ』の画面表示方法

WEB面接用のカンペが作成出来たら、いよいよWEB面接前の準備です。WEB面接のカンペを表示させるために、下記の様に二分割で表示させてください。

 

【Web面接時の画面表示】

WEB面接におけるカンペの画面表示の作り方

 

 

左にWEB面接ツール、右にパワーポイントで作成したカンペを用意します。

 

カンペを見るときは、少し右側に目線が逸れてしまうので、カンペを全部読むつもりで準備するのではなく、あくまでも言葉に詰まったときや何を話していいのか分からなくなった場合のみの対策として準備しておくとよいでしょう。

WEB面接の方が有利!WEB面接可の企業を探すには?

WEB面接におけるカンペの画面表示の作り方を学ぶ女性

WEB面接は、カンペが利用できる利点もあるので、転職希望者側が有利に働く一面があります。今まで、面接が苦手だった人もカンペというツールを利用できることから、対策を行うことができます。

 

しかし、そのWEB面接は導入している企業とそうでない企業が2分化しているのが現状です。特にハローワークに求人を出している企業ではほとんどがWEB面接NGです。では、WEB面接を行っている企業を的確に把握するためにはどうすればいいかというと、転職エージェントにWEB面接を実施している企業を探してもらうことです。

 

転職エージェントの仕組み

Web面接を実施してくれるき企業を探すdoda

画像引用元:doda

 

転職エージェントは、WEB面接をしている企業を紹介してくれるだけではなく、あなたにあった企業を紹介してくれ、応募書類の対策、面接対策、雇用条件の交渉まで様々なサポートを完全無料で行ってくれます。

 

是非この機会に、転職活動のツールとして活用してみましょう。下記に、南野弘明おすすめエージェントを紹介させていただいておりますので、是非参考にしてみてください。それではまた!

 

注目年代別おすすめ転職エージェント

20代 第二新卒AGENTneo
30代 doda
40代 【パソナキャリア】
僕が全力でおすすめする転職戦略公開
みんなの転職の悩みベスト3

1位:転職はむずかしい?

2位:ブラック企業だけはやだ!

3位:今より悪い職場だったら・・・

これらは全部対策可能です。単純にハローワークや求人紙に出ている求人では、上記を満たす求人には出会えない。転職エージェントだけでは、現場の生の声は入手できない。

そんな不安を全て満たすおすすめ転職ツールを集めて見たので、活用してみませんか?現役面接官、人事経験豊富な私が全力でおすすめする完全無料の転職ツール公開!

↓詳細はこちら↓

Twitterでフォローして限定記事を購読!