▼強み/年収分析最強ツール▼

20代で多い転職理由は大きく分けて3つです。

①労働条件(パワハラ・長時間労働・つまらないなど)
②待遇(給与・福利厚生など)
③人間関係(上司・同僚との関係)

はじめての社会人として生活。入社初期の1から3年目までに上記に気付いてしまって転職する方が非常に多いです。30代に差し掛かる29歳までは、それなりの経験を積んでさらなるキャリアアップを図りたいと考える人も一定数いらしゃいますが、かなり稀なケースです。

20代は仕事が慣れていない中、上司・先輩などから過酷な労働を強いられる(パワハラが多い)ことも多く、鬱になる前に転職するまたは、見限って転職に踏み切るケースが多いので、20代の転職理由としてはトップの理由がこの労働環境の悪さです。

上記の理由からわかるように、過酷な労働を強いられる割には給与が安いといった悩みや、学生時代の友人との給与を比較しはじめてしまい、自分の会社の待遇の悪さに気付いて転職に踏み切る人も多いのが特徴です。

最後は人間関係です。上司・先輩・ひいきや嫉妬・いじめなど、社会人になってもよくあることです。そういった人間関係に悩んで転職を考える方も多く、悩みすぎてうつ病になる方も多いのが人間関係の悩みなので、必要に応じて転職活動を行ってみるのもおすすめの解決方法の一つです。

転職エージェント絞り込み検索
年代
特徴
職種
業界
さらに詳しく検索
地域

Twitterでフォローして限定記事を購読!

転職を成功の為に読んでおきたい記事