▼強み/年収分析最強ツール▼
ISO事務局経験・内部監査員の資格を活かした転職ノウハウ解説!

ISO事務局経験・内部監査員の資格を活かした転職は、製造業を中心に人気です。ISO9001やISO14001の規格を理解しており、品質に携わった経験があれば鬼に金棒!経験・資格を活かした転職ノウハウについてわかりやすく解説します。

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

こんな方におすすめの記事

①ISO事務局経験がある
②ISO9001や14001の内部監査員資格がある
③製造業の転職を有利に進めたい

おすすめ転職ツール5選

転職エージェント 20代〜50代まで幅広くおすすめ!
リクルートエージェント
転職エージェント 20代限定の転職エージェント
就職Shop
求人サイト 日本最大の転職サイト
リクナビNEXT
自己分析 市場価値や自己分析に役立つ
ミイダス
口コミ 企業の裏情報入手に役立つ!
転職会議

製造業に欠かせないISO9001とISO14001

ISO9001とISO14001の内部監査員資格を持って転職①

製造業に従事しているしている方であれば一度は耳にしたことがあるISO9001とISO14001というマネジメントシステム。

これらを取得している企業で従事されていた方は製造業の転職を非常に有利に進めることができます。

もちろん従事していた経験が設計職や生産技術職、購買職でもかまいません。大事なことは「従事した経験」です。

ISO9001(品質マネジメントシステム)やISO14001(環境マネジメントシステム)に従事した経験があると、品質や環境に関する大事な仕組みを様々な職種の中で経験していることが高く評価されるため非常に重要な経験なんです。

特にISO9001とISO14001の内部監査員資格を持ち、内部監査経験があればISO事務局の経験がなくてもその経験や資格を履歴書や職務経歴書に書くことができることが非常に強みとなります。

応募書類の書き方はこちら

内部監査員資格は履歴書と職務経歴書でアピール!

ISO9001とISO14001の内部監査員資格を持って転職②

ISO9001やISO14001といった品質・環境マネジメントシステムにおける内部監査員資格は特別な資格の一つ。

製造業では欠かせないマネジメントシステム運用に関する特別な資格なため、是非アピールポイントにしてください。

具体的な応募書類への記載例とアピールポイントについて次に解説します。

①内部監査員資格の書き方

ISO9001やISO14001の内部監査員資格は、履歴書や職務経歴書の資格欄に必ず記入しましょう。

その際は、どの資格をいつ取得したのかを記入しましょう。

内部監査員資格の書き方
ISO9001内部監査員資格:2017年7月21日取得(●●社外部研修)
ISO14001内部監査員資格:2017年8月26日取得(●●社外部研修)

また、できればどの外部研修で取得したのかも応募書類の中に記載してください。その方が信用性が高くなり、アピールにつながります。

次に、内部監査員としてどのようにマネジメントシステム運用に関わったのかもアピールしましょう。

②内部監査員の経験を自己PR欄に記載

具体的には、自己PR欄などに記載します。

記載事例については下記を参考にしてみてくださいね!

内部監査員経験のアピール方法
設計職としてのみならず、ISO9001及びISO14001の内部監査員資格を取得し、品質・環境マネジメントシステムの運用にも携わりました。
毎年一回行われる内部監査では、購買プロセスや品質管理プロセスの内部監査を行い必要に応じた是正処置などの依頼を行い、社内のマネジメントシステムの改善ができたことは大きな経験だと感じております。
ISO事務局との連携により、規定や帳票の見直し活動や内部監査員スキルアップ研修などの経験も貴社のマネジメントシステムの運用の中で活かせる経験だと自負しております。

一見自身の職務経験とは関係ないような内部監査員資格でも、製造業で欠かせないISO9001やISO14001の経験は多くのものづくり企業では喉から手が出るほど採用したい人物なんです。

おすすめ記事

③品質管理職は内部監査員資格で好評!

ISO9001とISO14001の内部監査員資格を持って転職③

特に、内部監査員資格を保持している品質管理職は、レベルの高い応募者として判断されやすいため、入社時の雇用条件も良い条件で転職することも可能です。

入社後のキャリアとして、ISO事務局や仕入先監査員などの品質管理職としてのさらに高いキャリアアップが見込めます。

特にISO9001の要求事項を完全理解していることは、転職後もさまざまな場面で役立つので、ISO9001の要求事項について再度復習しておくようにしましょう!

おすすめ外部リンク

ISO9001&IATF16949構築ノウハウ

おすすめ記事

ISO事務局およびISO認証経験は転職に有利!

ISO9001とISO14001の内部監査員資格を持って転職④

ISO9001やISO14001の事務局やそれらマネジメントシステム認証取得経験者の募集は、転職サイトや転職エージェントで必ずといっていいほど募集がかけられています。

上記品質・環境マネジメントシステムは認証取得も苦労しますし、取得後も継続的運用に非常に苦労します。

そのためISO事務局経験や認証取得経験に携わった(特にプロジェクトリーダー)は、それだけで転職の幅が広がります。

下記は応募求人例となりますので、転職サイトや転職エージェント登録して詳しい求人情報を見てみることをおすすめします。

ISO事務局求人例

求めている人材
【必須要件】
①ISO事務局の経験3~5年以上
②英語に抵抗のない方
※人柄を重視した選考を実施します。
【歓迎要件】
①英語でメールのやり取りが可能な方
②CSRのご経験
【平均残業時間】
繁忙期は~20時間程になることもあります。
【給与】
[想定年収]445万円~733万円
[賃金形態]月給制
[月給]260000円~

ISO事務局員求人例

お気づきの通り、意外と年収が高いです(笑)。

この理由は、ISO事務局経験者はレアであり、それなりに知識と経験が必要であるからと捉えることができます。

大手リクナビNEXTでは、事務局経験者だけではなく、内部監査員経験者の応募もあるので登録しておくことをおすすめします。

日本最大転職サイト:リクナビNEXT
日本最大級の求人サイト!求人数もNo.1
リクナビNEXTは、日本最大の求人サイト。未経験歓迎からハイクラスの転職に役立つのでおすすめ!また、求職者目線で設計されたサイトなので、自分の希望を詳しく絞り込み検索可能です。全国の求人を網羅しているので、ベスト求人検索を完全無料で利用してみましょう!
【ここがポイント】
①年代に関わらず転職・就職のチャンスあり
②細かい絞り込み検索機能付き
③フリーターOK、未経験歓迎求人多数
④大手企業からベンチャー企業まで多数掲載
⑤女性活躍求人が簡単検索可能

ISO事務局や内部監査員資格を活かして有利に転職するには?

ISO9001とISO14001の内部監査員資格を持って転職⑤

ISO事務局や内部監査員の資格を利用して有利に転職するためには、製造業の転職に強い転職エージェントに登録し、それらの経験が応募要件に入っている企業を紹介してもらうことです。

ハローワークや転職サイトではわかりにくい募集要項でも、転職エージェントが持つ求人であれば、必須条件なども詳しく記載されています。

僕自身企業で採用担当を行っていますが、製造業に特に強いと思う下記3社を利用し募集をかけていますので自信をもっておすすめできます。

ISO9001とISO14001の内部監査員資格を保有していること及び、それらの経験は転職エージェントにきちんと説明することで条件の良い企業を紹介してもらえるので頑張ってみましょう!

それではまた!

【秘訣】転職エージェントに有り

転職は新卒と違い、無料で転職サポートを受けるのは当たり前の時代。初めての転職から数回目の転職でも、いつでも頼れる転職エージェント。

転職サポートのプロが求人紹介から各種対策雇用条件交渉まで一括サポートしてくれるので、不安な転職も二人三脚で乗り越えられます!

製造業はコロナ禍での景気低迷の中でも、人手不足が加速している業界。好条件求人多数の業界だからこそ、転職エージェントの非公開求人が狙い目!この機会に是非登録してみましょう。

おすすめエージェント 特徴
doda 手厚いサポートでお馴染み
マイナビエージェント 20代、30代に人気!
リクルートエージェント 日本最大の転職エージェント
転職エージェント絞り込み検索
年代
特徴
職種
業界
さらに詳しく検索
地域

Twitterでフォローして限定記事を購読!

転職を成功の為に読んでおきたい記事