▼強み/年収分析最強ツール▼
メンター制度の目的と利用のメリット・デメリットについて解説

メンター制度がある会社に入社すると、仕事で困ったことや分からないこと、不安に思っていることを相談できるのでとても便利です。特に転職を意識した時、客観的な助言をしてもらえます!今回の記事は、メンター制度の目的や利用のメリット・デメリットについて解説します。

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

こんな方におすすめの記事

①20代で転職活動中
②新卒の就活中
③メンター制度の目的を知りたい
④メンター制度のメリット・デメリット

【20代】おすすめ転職エージェント

20代の転職は、不安と期待が交差する転職。右も左もわからないからこそ、20代の転職サポートに強みを持つ転職エージェントとの二人三脚が大事

選考通過率をアップの書類対策、人事目線での模擬面接、雇用条件交渉(年収交渉)まで、幅広いサポートを完全無料で受けることが可能です。

マッチ度の高い非公開求人に応募し、転職成功を勝ち取るために、現役採用担当の僕がおすすめする下記の転職エージェントに是非登録してみましょう!

おすすめエージェント 特徴
第二新卒AGENTneo 20代の転職サポートの手厚さ最強
マイナビエージェント マイナビブランドで求人数60000件以上
就職Shop 未経験・初めての転職に強い

メンター制度の意味と目的

メンター制度の目的や利用メリット・デメリットがわからない女性

「メンター制度あり」とい項目は、20代向けの転職求人や新卒の就職求人票に多く記載されており、特に大手企業の求人に多い用語です。

 

メンター制度目的とは?
新入社員や転職における若手社員(メンティ)に対して、先輩社員が助言を与える制度を意味する

 

メンター制度を設置することにより、若手の定着・育成を図ることができるので、大手企業はこの制度を導入することが多いです。

 

メンター制度の目的
①若手対象とした組織・職場の定着化(離職低減)
②研修を通じた若手・部下の育成
③業務を通じた成長・スキルアップの促進・向上
④部署間・先輩・後輩のパイプ作り
⑤事例を基にした課題取組の指導・教育
⑥公私の悩み相談
⑦コミュニケーションの機会促進

 

また、メンター制度の中で大事な位置づけを担うのが、メンターと言われる先輩社員。きちんとしたメンターを置くことができることがその企業のメンター制度の充実を図る大事なポイントになります。

先輩社員のメンターは、比較的若い社員がなることも多いので、新卒・若手転職者にとっては、相談しやすい兄貴分の方が多いのが特徴です。その為、精神面を含めたサポートをしてもらえるのがうれしいですね!

 

関連記事

メンター制度の運用課題

メンター制度の目的や利用メリット・デメリットがわかった男女

メンター制度は、きちんと運用することで横のつながりを強くすることも可能です。しかし企業によって制度を導入していても上手く目的にあった活用ができていなかたりすることもあります。

メンター制度の課題としては、以下のような事例があげられます。

 

課題 理由
メンター制度の内容が理解できていない 相談窓口的な位置づけになり、教育促進などが上手くできていない企業も多い。
指導者の力不足 社内メンターに任命された先輩社員の力不足で、若手の育成・定着まで行われていない。役割の理解不足などもある。
対象年齢を限定しすぎ 若手というと20代となりますが、新卒3年目までなど限定的な制限を設けている企業もある。
一方的な指導 個人への一方的な指導になり報告・連絡・相談の関係構築ができていない。
相談事例の公開やチェック機能が個人まかせ 若手の悩みを状況に合わせて公開し、利用のしやすさを促進することでさらなる運用向上につながるが、完全クローズになっている。

 

メンター制度は設置するだけではなく、その制度を活用して若手の育成、教育、定着を促すことが必要です。しかし、企業によっては設置効果が薄く、社内の定着・必要性の乏しい企業も多いのが特徴です。

上手く活用することが大事なメンター制度ではありますが、そこにはメリット・デメリットもあるので、次に解説します。

メンター社員に相談するメリット・デメリット

メンター制度の目的や利用メリット・デメリットを教えてもらう男性

メンターとなる先輩社員は、会社の中での不安・不満から日常生活まで様々な相談ができるよい相談相手です。人間関係や将来のことまで幅広く相談できることから、大手企業に就職することがよいと言われるのは、このような制度を設け、社員の定着率を上げる努力をされていることも一つと言えます。

次にメンター制度の目的から見たメリット・デメリットについて解説します。

①メリット

若手社員をサポートできる人材を置くことにより、若手の仕事へのモチベーションを維持することが可能になります。直属の先輩や上司には相談しずらいことも、メンターと相談することで解決の糸口が発見されることもしばしば。

プライベートの相談もできることから飲みにケーションなども盛にり、良い関係を築くこも可能になります。

②デメリット

メンターは基本会社側が決めてしまうので、メンターとの相性が悪いと結構めんどくさいです。いちいち助言するメンターがよいと思う人もいるし、そうでない人もいます。

その為、メンターとの相性というのは非常に大事な要素になるので、自分に合わない人が担当になるとうざいといったデメリットもあります。

転職したいと思ったらメンター制度を利用しよう

メンター制度の目的や利用メリット・デメリットを教えてもらう女性

転職というのは必ずリスクがあります。その為、相談できる相手を見つけ積極的に相談し解決の糸口を発見することはとても大事。その時に利用していただきたいのがメンター制度です。

先輩メンターに相談すると、この会社に残るメリット、自分の体験談などが聞けるので、転職すべきかの判断がしやすくなるといった利点があります。

 

メンターと良い関係を構築しておくと、自分が困ったときによいアドバイスが貰えるのでおすすめです!

 

ただ、メンターとの相性が悪いと転職相談ができないので、そういったときは転職エージェントなどの第三者に相談することもよいでしょう。

 

下記のようなおすすめのエージェントに登録すれば、登録後のキャリア面談から求人紹介、内定まで全て無料で利用できます。もちろんキャリア相談の中で、転職しない方がいいというアドバイスももらえるので、20代の若手の方で転職を視野に入れている場合、相談してみることもおすすめです!それではまた!

 

【20代】おすすめ転職エージェント

20代の転職は、不安と期待が交差する転職。右も左もわからないからこそ、20代の転職サポートに強みを持つ転職エージェントとの二人三脚が大事

選考通過率をアップの書類対策、人事目線での模擬面接、雇用条件交渉(年収交渉)まで、幅広いサポートを完全無料で受けることが可能です。

マッチ度の高い非公開求人に応募し、転職成功を勝ち取るために、現役採用担当の僕がおすすめする下記の転職エージェントに是非登録してみましょう!

おすすめエージェント 特徴
第二新卒AGENTneo 20代の転職サポートの手厚さ最強
マイナビエージェント マイナビブランドで求人数60000件以上
就職Shop 未経験・初めての転職に強い
転職エージェント絞り込み検索
年代
特徴
職種
業界
さらに詳しく検索
地域

Twitterでフォローして限定記事を購読!

転職を成功の為に読んでおきたい記事