大手転職エージェントはこちら▼
181_会社_辞めない方がいい_理由

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

転職しようか、この会社にいた方がいいのか、多くの人が悩みを抱えています。今のご時世転職なんていたって普通のことで、転職することが悪いと思っているのはひと昔前の人たちです。

 

しかし、転職というのは、少なからずリスクもありますし、転職による失敗だってあります。そのリスクについてしっかり考えず転職した人たちの多くが、転職を繰り返しています。そして、新卒から折角入った会社、苦労して転職した会社ですから、会社に残り頑張ることも重要です。今回の記事は、

 

会社を辞めない方がいい人

 

に着目して記事にしたいと思いますので、転職しようか悩まれている人がいるのであれば、是非参考にしてみてくださいね。

20代おすすめ転職エージェント

会社を辞めない方がいい人はどんな人?

仕事を探す

「会社を辞めたい!」と思っていざ転職したものの、転職先でうまくいかず、再度転職活動を強いられている人を沢山見てきています。

 

その原因の多くは「本当は転職活動をすべき人ではないのに転職活動をしてしまっている」というのが原因です。

 

では、会社を辞めるべきではない人はどんな人かというと下記の3つを見てください。

会社を辞めない方がいい人はこんな人
①今の仕事が自分に合わないと思っている人。
②結婚を機に辞めたいと思っている人。
③親が高齢の為、介護が必要と思っている人。

上記で悩み、会社を辞めようと思っているまたは、転職を考えているのであれば絶対に辞めてはいけません!それでは次に詳しい理由を見ていきましょう。

今の仕事が自分に合っていないと思うので辞める

仕事が嫌い

一見転職の理にかなっていると思いがちな「仕事が合わない」ですが、これを転職理由してしまうと次の会社でも間違いなく失敗します

 

今の仕事が合わないと思っていてる人は、その仕事に本気になっていない人がとても多いと思いませんか?例えばクレーム処理の仕事だとしましょう。顧客からのお叱りを受けることで嫌になるから「仕事が合わない」と思いがちです。

 

しかし、そのクレーム処理も自分なりに工夫して顧客の立場になって考えて仕事に取り組むと、意外に自分のスキルに繋がってくることだって沢山ありますよね?上司や同僚と連携を深め、問題点を整理して過去のトラブル(過去トラ)リストなどを作成しておくと、会社の財産になったりします。

 

単純に仕事が合わない=つまらない(面白くない)という理由で転職する人の殆どは、本気で仕事に取り組んでいないため、次の会社でも同じ理由を抱く人がほとんどです。つまり会社を辞める理由によっては、次の会社でも失敗してしまうということです。

 

本当に転職すべきか悩んだ場合、無料で転職相談ができるツールを使用して一人で悩まずに相談することも大事です。例えば、

 

・ハローワーク
・友人や同僚、上司
・転職エージェント

 

等を活用するとよいでしょう。私がおすすめするのは転職エージェントです。転職エージェントは、あなたの立場に立って本当に転職すべきかを考えてくれて、転職するという結論になればあなたを無料で次の会社に転職するまで徹底サポートをしてくれます。転職エージェントについて詳しく知りたい方は下記過去記事を参考にしてくださいね。

【20代おすすめ転職エージェント】

【完全無料】20代の初めての転職でも安心サポート!
 
ブラック企業完全排除して求人を紹介!
【特徴】
10代、20代の初めての転職は不安が付きもの!ハローワークなどでは味わえない専門性の高いサポートを受けることができます。面談時間が長く、一人ひとりの求職者の気持ちに立って、転職の相談を行ってくれます。面談を通じて、あなたに合った求人の紹介をしてもらえる上に、求人応募前には転職サポートをしっかり行い、内定獲得まで二人三脚で進められます!
【サポート内容】
①あなたにあった求人紹介。
②履歴書、職務経歴書の応募前対策。
③面接が苦手な人は「模擬面接」実施。
④面接の日程調整。
⑤面接後のアフターフォロー
⑥企業との条件交渉(給料等)
⑦内定後の提出書類の書き方サポート
上記全て完全無料です!

結婚を機に会社を辞めてしまおうと思っている人(寿退社)

寿退社

もしあなたが「結婚をしたら会社を辞めよう」と思っているのであれば絶対にやめましょう。

 

所謂寿退社ですが、あなたが今後正社員として働く意思がないのであればよいのですが、しばらくしたら正社員としてまた働きたいと思っているのであればおすすめしません。

 

会社を辞める=社会から離れるとうことは、今までのキャリアが全て無効になるということを理解しておく必要があります。一度主婦になって社会を離れてしまうと「離職期間」が長い人というくくりになり、仕事の感を取り戻すのが大変です。企業に側もそれを知っているので、いざ就職活動を始めてもそう簡単には次の会社を見つけることはできません。

 

もし、今の会社に不満がないのであれば、結婚してもしばらく続けて、出産を機に育児休暇で一休みしてみてもいいと思います。逆に結婚を機に転職活動をして、育児休暇などがしっかり取得きる企業を探すのもよいでしょう。転職エージェントを利用すれば、育児休暇の取得状況などの実績を教えてくれたりするのでとても助かりますよ。

【おすすめ転職エージェント】

【20代、30代おすすめ転職エージェント】

未経験~経験者まで多くの求人を取り揃えている!
求職者へのサポート力最強!!(南野弘明4回の転職全て利用)
【特徴】
転職サイトおよび転職エージェントサービスの2つを展開する業界大手の人材紹介サービス企業。求人の質が高く、幅広い業種に対応しているのも特徴。キャリアアドバイザーとの面談を通して自分にあった求人を紹介してもらえるので、自分で求人を探す手間も省け、非公開求人も合わせて紹介してもらえる。
【注目の2つのシステム】
①サイトで自分で求人を探す。
転職サイト内にある求人に対して条件を絞り込み、求人を探すタイプのシステム。広い求職者が利用するので、ライバルが多くなるのが難点。また、転職サポートを受けられないので非効率的。
②エージェントサービス
南野弘明おすすめはエージェントサービス。兎に角求人の質が高いです。幅広い業種にも対応しているので、かなり限定された職種でも出会えるチャンスがあります。

親の介護を理由に会社を辞める

介護職

親の介護を理由に会社を辞める人の多くは40代の方が多いと思います。もちろん実親だけではなく、あなたの大事な祖父母かもしれません。しかし、介護を理由に会社を辞めてしまうのは本当に正しい選択なのでしょうか?

 

介護をしながら仕事をするのはとても大変です。しかし、介護をするのだってお金がかかります。もちろん、親の年金だってありますし、あなた自身の退職金もあるかもしれません。介護のレベルによっては、家族の助けだけではどうしようもなくなり、特別な施設にお願いすることもあるでしょう。そうなると多額の費用がかかります。

 

それをなんとか乗り切って、最後にはご家族が亡くなった後、あなたはきっと仕事を探し始めるでしょう。しかし、40代以上をそう簡単に雇ってくれる会社なんてありません。どんなにあなたが優秀でもです。社会から離れたあなたは仕事感が鈍り、今までのよう仕事ができないことぐらい企業側も知っています。

 

親の介護を機に本当に辞めるべきか色々な手を模索しながら決断を下すことをおすすめします。

仕事を辞めることを一人で考えず、相談しよう!

転職は素晴らしい

会社を辞める決断を一人で考え行動に移した人の多くが失敗に終わっています。その理由は、冷静な判断ができないからです。転職や離職というのは、人生における一大イベントであることは間違いありません。その一大イベントであるからこそ、会社を辞める決断を簡単に下してはいけないのです。

 

ご家族、友人、会社の同僚や上司、転職エージェントなどの色々な意見を聞きながら冷静に考えて行動に移していくことがとても重要です。その中でも転職のアドバイスを的確に出してくれる転職エージェントは是非利用したいツールだと私は思っています。

 

色々なエージェントを利用してきましたが、親身になって相談に乗ってくれる転職エージェントは結構少なかったと感じています。過去記事に良質な転職エージェントの特集を組んでいるので、本当に転職すべきか悩んでいる人は、参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

それではよい転職を!

本気で転職したい場合は、転職ツールを使い倒せ!!
保育士の本気の転職

転職に必要不可欠なことは、「目的」「対策」です。

 

✔転職する目的はあるのに対策方法がわからない。
✔どんな企業が自分にマッチするのか分からない。
ブラック企業への転職だけは避けたい。
✔業界に詳しい人から転職アドバイスをもらいたい。

 

そんな悩みに答えてくれる最強の転職ツールが「転職エージェント」です。南野弘明自身の4度の転職でキャリアアップができたのは転職エージェントのおかげといっても過言ではありません。

 

ハローワークや転職サイトだけで転職活動をしている人は、転職エージェントを利用して企業選びから面接対策雇用条件交渉をはじめとする手厚いサポートを受けてみよう!ライバルに圧倒的な差をつけるスムーズな転職が可能です!!

Twitterでフォローしよう

転職を成功の為に読んでおきたい