▼強み/年収分析最強ツール▼

40代で多い転職理由は、大きく分けて3つです。

①労働環境・条件の嫌気

40代は、20代・30代のときの努力の総決算。今まで頑張って来たことが報われているのであれば、給与・昇格などできちんと表してくれます。しかし、そういった待遇面も一向に良くならず、評価も不平等、将来性もなくただ働くことに嫌気がさして転職を決意する方は多いです。また、今の仕事と同じことでもっと良い条件の企業を発見してしまったり、ヘッドハンティングに合う方も非常に多いです。

②倒産・リストラ

会社が倒産危機により、いち早く脱出するする方が多い世代が40代です。家族の為、ローンの返済など抱える責任が多い世代。そのため、会社倒産の危機を察知するのも早く、いち早く転職活動に踏み切る方が多い世代です。また、整理解雇を実施する際、60代から40代は真っ先に解雇対象になるため、リストラによる転職を行う人は非常に多いです。

③契約満了

非正規雇用者(派遣・契約社員・フリーターなど)の方は、雇用に関する契約を伴っています。そういった雇用形態の方は、不景気になると契約満了という形で更新されないケースが多いです。特に40代になると20代などの若手よりも給与面の条件が良いため、契約満了を通達されることが多いのが特徴です。

過去記事でも上記のような対策を記載しているので、参考にしてみてくださいね。

転職エージェント絞り込み検索
年代
特徴
職種
業界
さらに詳しく検索
地域

Twitterでフォローして限定記事を購読!

転職を成功の為に読んでおきたい記事