▼強み/年収分析最強ツール▼

20代前半はポテンシャル(潜在能力)採用がほとんど。そのため、今までの短い社会人生活の中で培った経験やスキルを未経験分野に活かすことで、未経験からの転職が可能です。例えば製造業の設計職から製造業の品質管理職、半導体の営業職から不動産の営業職といったように、業界・職種を変えての転職も可能になります。ただし異業種かつ異職種への転職(例:製造業の設計職から不動産の営業職)はそれなりにハードルは高いので、過去記事を参考にきちんと対策を行いましょう。

20代後半になると経験職への転職が一般的です。営業職から異業界への営業職というパターンであれば未経験でも転職は可能です。しかし、異職種・異業界への転職は、20代前半よりかなりハードルは高くなるので、本当にやりたいことかどうかを見極めるとともに、一時的な給与面のダウンや待遇面の悪化も覚悟した転職になることも視野に入れて転職活動に臨みましょう。

僕が全力でおすすめする転職戦略公開
みんなの転職の悩みベスト3

1位:転職はむずかしい?

2位:ブラック企業だけはやだ!

3位:今より悪い職場だったら・・・

これらは全部対策可能です。単純にハローワークや求人紙に出ている求人では、上記を満たす求人には出会えない。転職エージェントだけでは、現場の生の声は入手できない。

そんな不安を全て満たすおすすめ転職ツールを集めて見たので、活用してみませんか?現役面接官、人事経験豊富な私が全力でおすすめする完全無料の転職ツール公開!

↓詳細はこちら↓

Twitterでフォローして限定記事を購読!

転職を成功の為に読んでおきたい記事