▼強み/年収分析最強ツール▼

30代の女性は、状況により転職が不利になることが多いです。不利になるパターンは多くの場合、以下に該当するときです。

①既婚で子供がいない場合

既婚でお子さんがいない場合で、今後子供を作りたいと思っている場合は、面接で今後の予定を質問される場合があります。そういったとき企業は、産休・育休・時短といった企業への負担を懸念するので、企業側が納得できる回答の準備が必要です。

②既婚で子供がいる場合

30代の女性の多くは、保育園通園のお子さんがいる方が多いです。小学生になると学童になりますが、一番の企業側の懸念は、急の子供の予定(イベント・風邪など)です。急なお休みが発生する可能性があるため、企業側は育児と仕事の両立をどのように対応していくのかという点を面接で確認しますので、納得のいく回答をきちんと準備しましょう。

いずれにしろ、子育ての件で不利になる可能性があるので、過去記事の「女性の転職」を参考にきちんと対策をすすめましょう!

女性の転職ノウハウはこちら▶

転職エージェント絞り込み検索
年代
特徴
職種
業界
さらに詳しく検索
地域

Twitterでフォローして限定記事を購読!

転職を成功の為に読んでおきたい記事