コロナの影響で転職を考える人たち

コロナの影響で仕事が無いため、転職してもできない・意味がないと思っている人が多いと思います。しかしコロナの影響で仕事が無いどころか、活況の業界も沢山あります。そんな大問題のコロナが転職市場に与えた影響とこれから転職しようと思っている人への心構えを解説します。

 

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

●転職活動をしていたのにコロナが影響して前に進まない!!

●コロナの影響で仕事が無いため転職できない!!

 

と嘆く、転職活動中の皆様!新卒の就職大氷河期到来で就活市場は激落ち込みで大変なことになっている一方、転職市場はコロナのおかげで転職希望者が増えたことにより、優秀な人材を確保できると企業が中途採用を積極的に行っているのはご存じですよね?

 

今回の記事は、少し視点を変えてみて「コロナの影響で転職市場がどのように変わるか」について説明させていただきたいと思います。

 

近い将来、本当に優秀な人材以外不要とされるかも??

 

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

 

コロナの影響で人材の選別が始まった

コロナの影響で転職を余儀なくされた人たち

現在コロナウイルスが猛威を振るい、経済に大きな影響を与えています。2019年までは、好景気に見舞われ、ボーナス3か月出ただのよいニュースが流れていました。

 

「今の会社にいれば転職なんて不要だ!将来も安泰だ!」と思っていた矢先にコロナウイルスが登場し、世界恐慌が始まり、たった数か月でアメリカの有名百貨店、オーストラリアの第2位の航空会社が破綻というニュースが飛び込んできました。

 

つまり、日本もあと数か月の間に「あの企業が経営破綻??」といったビッグニュースが私たちの耳に飛び込んでくることは間違えありません。

 

つまり、コロナの影響により会社倒産、リストラなどで転職市場にも大打撃を与えるというこです。経済が落ち込めば企業は倒産しまたは、従業員をリストラするという選択肢を取らざる得ないということを忘れてはいけません。

 

リストラというのはある意味人材の選別です。

 

優秀な人材だけを変わらない待遇で雇用し、不要な人材は解雇するということ。そんな状態になると、転職市場は大荒れです。転職したくてもコロナの影響で転職できないのですから。

コロナの影響で転職市場は失業者で溢れている

コロナの影響で転職を考えている人が見ている風景

コロナの影響で、転職市場は求職者で溢れかえります。転職をしたくて転職をするわけでない求職者は、自己都合者と比較して圧倒的に士気を感じません。

 

過去記事でもお伝えしたように、転職とは、会社都合より自己都合の方が圧倒的に有利です。

 

その理由は、自分をアピールする目的と会社の求める人物像のマッチングが図りやすいからです。つまり、需要と供給が成り立ちやすいということ。

 

会社都合の場合、次の会社に入る目的はたった一つ「生活の為」です。企業側だって求職者が生きる上でしかたがないと分かっていても慈善活動をやっているわけではないので、優秀な人材のみを雇用します。

 

また、会社倒産により解雇された場合ならまだしも、リストラによって解雇になった人材は「問題あり」と判断され(実際は必ずしもそうではない)、次の職を見つけるのは困難を強いられます。

 

関連記事はこちら↓

コロナの影響で優秀な社員獲得の大チャンスと考えている

コロナの影響で転職をサポートするエージェント

コロナの影響で経済が大荒れであることが原因で多くの企業が会社倒産や早期退職希望者募集により、一定数の割合で優秀な社員を転職市場に放出する可能性もあります

 

また会社倒産危機を察知した優秀な社員は、いち早く転職活動を始めます

 

つまり、成長分野の企業や外資系の企業などは、優秀な社員を獲得できる大チャンスと考え、中途採用への投資を惜しみなくつぎ込んできます。

 

財力のある企業は、不景気が永遠に続くわけがない理由をよく知っています。

 

コロナウイルスの影響は悪くて2年程度で何らかの目途が立ち、景気回復へ向かうと考えられているわけですから、今の内に優秀な人材確保に乗り出すのは、当然の行動と言えます。

優秀な社員は今が転職のチャンスと考える

コロナの影響で転職を余儀なくされ求人を探す男性

コロナの影響により自社への不安をいだく優秀な社員はコロナの影響を逆手に取り、転職活動をいち早く行うのは間違いありません。

 

現に、多くの日本企業でも導入が始まっているテレワーク(在宅勤務)でも、自宅にいる時間に転職活動を始めている社員は非常に多いです。

 

私がアドバイスさせていただいてる方でもすでに転職エージェント(人材紹介会社)に複数社登録したという方も多いです。

 

優秀な社員と在宅勤務の関係▶

 

転職エージェントに複数社登録して、色々な角度から転職に関わる情報を入手してその時に備えるといったやり方は、転職活動の基本中の基本

 

転職というのはスピード(行動力)も重要な要素であるので年収が下がったり、会社倒産を待って転職活動をするより、よい条件で転職できることを優秀な社員はよく知っています。

 

転職するかどうかの決断をするのは最後に残し、まずは行動してみることもコロナの影響により一人ひとりが考えるべき時に来ているのかもしれません。

 

おすすめ!転職エージェント3選
当サイトから登録の多いエージェントはこちら(各サイトに遷移できます)
【若手】20代の転職

【ミドル】
20代、30代の転職

【管理職】
40代の転職

コロナの影響と転職:まとめ

コロナの影響で転職をして成功した男性

好景気の内に好条件の企業に転職することがベスト。

 

しかしコロナの影響で多くの企業が業績悪化の道を辿っていきます。一部の景気のいい業界を除き、同業他社への転職は非常に厳しい状況になることは必至です。

 

転職したいと思ったのが今後3か月後に気づくのか、今から取り組まないと間に合わないと思い行動に移すのかで今後の人生に大きく影響を与える局面が今です

 

好景気が来るのは10年後くらいです。

 

その前に将来性、雇用条件のよい会社に転職しなかれば、とんでもなくひどい条件での転職を強いられます。もしあなた自身が優秀な人材であればあるほど、今が最後のチャンスと思い行動に移すことをおすすめします!

 

それではまた!

転職なら『doda』がおすすめ

一押し!doda

サイト名 特徴
doda 登録するとdodaの専門スタッフがみなさんの希望や適性に合った求人の紹介や、転職活動のサポートを無料で行ってくれます。 専門スタッフが企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポート。また、必要に応じてキャリアカウンセリングを実施してくれます。

doda

画像引用元:doda

評価項目 解説
求人数 100,000件以上
エージェントの質 面接で本来の自分を最大限にアピールするためのノウハウを専門スタッフが直接アドバイスしてくれる。
登録メリット 履歴書、職務経歴書だけでは伝わらない、人柄や志向、考え方など、転職希望者の方の優れた特性を推薦状や推薦時のメールにまとめ、履歴書、職務経歴書に添えて企業に応募してくれる。
対応エリア 全国
僕が全力でおすすめする転職戦略公開
みんなの転職の悩みベスト3

1位:転職はむずかしい?

2位:ブラック企業だけはやだ!

3位:今より悪い職場だったら・・・

これらは全部対策可能です。単純にハローワークや求人紙に出ている求人では、上記を満たす求人には出会えない。転職エージェントだけでは、現場の生の声は入手できない。

そんな不安を全て満たすおすすめ転職ツールを集めて見たので、活用してみませんか?現役面接官、人事経験豊富な私が全力でおすすめする完全無料の転職ツール公開!

↓詳細はこちら↓

Twitterでフォローして限定記事を購読!