薬剤師の転職を成功させる方法!職場・職務形態別に対策方法教えます!

薬剤師の転職を成功させる方法!職場・職務形態別に対策方法教えます!

薬剤師の転職を成功させる方法!職場・職務形態別に対策方法教えます!

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

薬剤師の皆さんから寄せられる疑問や悩みについてお答えしてきましたが、今回は、応募する職場別の対策方法についてお答えしていきたいと思います!

応募する職場によっては、応募書類に対してあまり気を配らなくてもよい場合も
あるのでその辺についてもしっかり解説させていただきます。

■薬剤師の転職を成功させるためにはまずは転職エージェントを利用することは必須!

薬剤師が転職活動を行うとき、ほとんどの人が転職サイト(転職エージェント)を利用します。このとき、利用する転職サイトによって対応が異なります。例えば転職サイトごとに、電話での対応だけで終わることもあれば、じっくりと面談をする場合もあります。

どれがいいかは個人の判断になりますが、面接対策などを行ってくれるエージェントに登録した方がよいでしょう。特に大事なのは、転職サイトは3社登録することをお薦めします。そうすることにより、エージェントと合わないや、求人に希望の求人が見つからないということを防ぐことができるからです。

今回は下記5社について簡単に紹介させていただきます。

おすすめ薬剤師専門転職エージェント&サイトはこちらをクリック↓

薬剤師の求人・転職なら「ファルマスタッフ」
薬剤師の転職ならジョブデポ薬剤師【最大40万円のお祝い金】
薬剤師の求人情報をまとめて探すなら【薬剤師求人.com】
【薬剤師の派遣・転職お仕事ラボ】面接交通費一律3万円(初回)♪
「子育て」「家事を両立させたい」薬剤師求人をご紹介

■薬剤師の転職では、応募する職場によって難易度が大きく変わる

薬剤師の転職活動を始めて行う人は知らない人も多いかと思いますが、応募する職場によって大きく難易度が変わるんです。調剤薬局やドラッグストアーに対して、病院や一般企業は難易度が高めになります。

それでは、詳しく解説していきます。

△調剤薬局、ドラッグストアの履歴書・面接対策は重要でない

実際に面接を受けるときは面接先によって難易度が大きく異なります。この中でも、調剤薬局やドラッグストアの面接を受けるときについては、そこまで面接対策を頑張る必要はありません。アピール内容を考え、面接の練習までしなくても大丈夫です。

多くの薬局や慢性的な薬剤師不足に悩んでいます。そのため、確かに志望動機などは聞かれますが普通に回答できれば問題なく内定が出されるようになります。

実際に薬剤師の転職アドバイスをさせていただいた方ですが、最初は中小薬局の面接だったので、ビルに一室に通されてゴチャッとした部屋で面接されていました。

中小薬局での面接では志望動機や転職理由などを含め、重要な質問内容について質問された後、社長と簡単な雑談をしただけでした。

▼人気エリアの転職はしっかり面接対策が必要

アドバイスさせていただいた方は、新卒で一般企業に就職したのですが、このときはリクルートスーツを着て何十社も受け、ようやく採用を勝ち取りましたが、それに比べると、「なんと簡単な面接だ!」と感じたとのことです。実際、アドバイスさせていただいた方に私のおすすめの転職エージェントを利用され、面接前にメールが送られてきたのですが、そこには「履歴書(写真はなくてもいい)」とあります。

写真がなくてもいい履歴書など初めてだった聞きましたが、そうした履歴書を持参しても調剤薬局やドラッグストアでは問題ないこともあるのです。もちろん、社会常識として履歴書に写真を添付して持参しましたが、薬局の面接はこのように非常に楽です。

もちろん、たとえ薬局の面接であっても人気エリアだったり、求める条件が高めの薬剤師(例えば東京で年収600万円以上)などであったりすれば採用は非常に難しくなります。そうしたとき、かなり綿密に面接対策をしなければいけません。

絶対おすすめ転職エージェントはこちらをクリック↓


△病院、一般企業は新卒就職・中途を含め面接対策でのアピールが重要

一方で病院や一般企業の面接を受ける場合、薬局とは違って面接対策が必要になります。普通に不採用になることがあるため、履歴書の内容を磨き上げ、面接でアピールできるように準備しなければいけません。

特に病院の場合、病院の規模が大きくなるほど人気となって多くの人が応募してきます。これが中途採用の場合、基本的に若い新卒が優先されるのでさらに難易度は高くなります。

そのため大学病院や国立病院(国立病院機構)に限らず、急性期の大きな総合病院を含め、薬剤師が規模の大きい病院の求人へ応募するときは事前に面接対策を実施するといいです。

この場合、調剤薬局やドラッグストアのように社長や採用担当者と雑談していれば内定が出るわけではありません。ここまで述べたような質問事項に対して、適切な回答を述べられるように内容を考えておくといいです。

当然、一般企業の面接を受けるときも同じです。事前の面接対策が必要になります。

薬剤師の為のポータルサイトはこちら↓


■薬剤師の転職で落ちる!面接前に確認事項を把握して不採用を防ぐ

薬剤師であっても面接で落ちることはあります。

薬剤師は専門職であるため、確かに一般的な転職よりは面接で落ちる確率が低いのは事実です。もちろん、これは病院や一般企業に限らず調剤薬局・ドラッグストアなど比較的簡単に採用が出る職場でも同様に不採用になります。

■薬剤師の転職では派遣は面接なしだが、パート・アルバイトは面接あり

なお、面接を受けることになるのは正社員だけではありません。パート・アルバイトとして勤務する場合であっても面接を受けることになります。

このとき、考え方はここまで述べてきたこととまったく同じです。質問内容は特に変わらないため、転職理由など基本的なポイントを答えられるようにするといいです。

また、調剤薬局やドラッグストアでは雑談のような面接で終わるものの、病院や一般企業でパート・アルバイトを考えているのであれば事前の面接対策をしておくといいです。

■薬剤師の転職ではパートやアルバイトは確認事項が多い

なお、パート薬剤師だと勤務条件の面で正社員よりも確認するべき項目が多くなると考えましょう。正社員だとフルタイム勤務が一般的ですが、パート・アルバイトだと人によって希望条件がバラバラだからです。

例えば、職場や勤務条件によって以下のような違いがあります。

・残業はどこまで問題ないのか(完全残業なしを希望するのか)
・土日休みは必須か
・業務範囲は調剤・監査・投薬のみか(それとも、薬局運営も関わるのか)
・薬局内の勉強会や研修会の出席は必要か
・棚卸時の休日出勤はあるのか

相手からの質問を受けるだけでなく、こちらからも積極的に逆質問をして勤務条件を明確にしておかなければいけません。パート・アルバイトでは、正社員よりも細かく勤務条件を確認するようにしましょう。

■薬剤の転職において派遣は面接がない

なお、正社員やパート・アルバイトと違って派遣では面接がありません。派遣会社(転職サイト)に所属し、そこから派遣されるようになるからです。そのため、派遣で勤務する場合は履歴書の作成すらないケースも多いです。

面接のことを考えなければいけないのは正社員とパート・アルバイトです。派遣は関係ありません。

薬剤師の派遣登録はこちら↓


■薬剤師の転職では面接で聞かれる質問に準備しておくべき

薬剤師の面接で必ずといっていいほど聞かれる質問事項とその対策について記しました。面接にパスできるように、きちんと対策を練っておく必要があります。

他の職業に比べて、免許が絶大な効果を発揮する薬剤師は転職しやすいといわれています。実際、調剤薬局やドラッグストアでは非常に簡単です。ただ、これは無条件でどのような職場であっても転職できるという意味ではありません。面接の受け答えによっては、不採用になることもあります。特に病院や一般企業の中途採用求人では入念な面接対策が必要です。そこで、上記で示したような面接で聞かれる質問に対して、回答できるように準備をしておくようにしましょう。

面接対策を完璧にしておけば、面接官によるあなたへの印象はよくなります。これからずっとお世話になるかもしれない職場の採用試験にパスするため、調剤薬局、ドラッグストア、病院、一般企業を含め質問内容を事前に確認しておきましょう。

■薬剤師の転職は転職エージェントを利用しないと苦労する

薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では、頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって、

・電話だけの対応を行う⇔必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う

・大手企業に強みがある⇔地方の中小薬局とのつながりが強い

・スピード重視で多くの求人を紹介できる⇔薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する

などの違いがあります。これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下に転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

■薬剤師の転職を成功するための厳選転職エージェント&転職サイト5社

薬剤師の転職は転職エージェント&転職サイトの利用が必須です。理由は上記に述べましたが、成功する秘訣は3社に登録することです。

3社に登録することでコンサルタントと相性が合わないや希望の求人が見つからないなどの失敗原因を取り除くことができるからです。今回は、厳選した転職エージェント&転職サイトの特徴を下記に紹介させていただきますのでこの機会に3社登録してみましょう!

薬剤師の求人・転職なら「ファルマスタッフ」



【紹介】

・高収入情報満載!

・求人件数業界No.1

・薬剤師さんの転職成功率はなんと90%超の実績!!

【特徴】

■1つ1つの就業先にキャリアコンサルタントが必ず直接訪問職場の状況を具体的にヒアリング。

■求人情報が他社よりも非常に濃く、職場の雰囲気や経営状況、残業などの忙しさなど、デメリットな情報であっても現場の生の声をしっかりと求人に反映。

■今すぐ転職を考えている方もちょっと考え中の方にも対応してもらえる。

【公式】登録はこちら↓
薬剤師の求人・転職なら「ファルマスタッフ」
※登録後14日以内にTELにて面談連絡があります。

薬剤師の転職ならジョブデポ薬剤師【最大40万円のお祝い金】



【紹介】

・8万件以上の求人件数

・常勤・非常勤を問わず全国の薬剤師の転職をサポート。

【特徴】

■専任のコンサルタントが求職者の希望条件をヒアリングしてそれに合致したお仕事をスピーディーに紹介!

■入職が決定しますと40万円のお祝い金を進呈!※正社員のみ

【公式】登録はこちら↓
ジョブデポ薬剤師
※14日以内にTELにて本人確認の連絡あり

薬剤師の求人情報をまとめて探すなら【薬剤師求人.com】



【紹介】

・ポータルサイトで業界随一!

・求人10万件を一気に検索&応募できる。

・実際にサイトを使った薬剤師にヒアリング。

【こんな薬剤師さんにおすすめ】

・一度大手で転職したことがあるけど、いまいち入社後の納得度が低く、再度転職を検討している。

・初めての転職だけど、どの紹介会社に相談したらいいかわからない人。本当に大手だけで良いのかと考えている方

【公式】登録はこちら↓
薬剤師求人.com
※14日以内にTELにて本人確認あり

【薬剤師の派遣・転職お仕事ラボ】面接交通費一律3万円(初回)♪



【紹介】

・選任コンサルタントがミスマッチのない転職を提案

・1人1人の薬剤師さんのご希望に応じたフルオーダー提案も可能。

・具体的な要望が固まってない段階でも問題なし。

・ライフスタイルに即した働き方の提案。

【特徴】

■転職サポート新規会員登録で1万円GET!

■面接で交通費支給3万円GET!

■お仕事決定で最大10万円GET!

■お友達紹介で最大7万円GET!

【公式】登録はこちら↓
【薬剤師の派遣・転職お仕事ラボ】
※14日以内に本人確認のTELあり

「子育て」「家事を両立させたい」薬剤師求人をご紹介



【紹介】

・薬剤師専門転職ポータルです。

・業界最大級!3万件以上の求人情報数。

・薬剤師専門なので、病院や調剤薬局の求人に強く、業界・勤務形態を問わず幅広い希望に対応。

【特徴】

■地域専任のキャリアコンサルタントが大手から地域密着型薬局までを網羅。

■紹介だけでなく薬剤師の派遣登録も可能。

【公式】登録はこちら↓
薬キャリ
※14日以内にTELにて本人確認の連絡あり

転職を成功の為に読んでおきたい