退職後の転職活動中のつなぎバイトのメリット・デメリットを徹底解説します。

転職活動中のあつなぎバイトのメリット・デメリット

こんにちは!南野弘明です。

今回は退職後の転職活動中のつなぎのバイトのメリット・デメリットについて徹底解説していきたいと思います。

退職時に十分な貯金が確保されないと、転職活動が長期化してしまうとやはり収入面に不安が生じます。

そのためには、「つなぎのバイト」は効果ありです。

しかし、隠れたデメリットもあるので要注意!!

できれば早期の再就職を目指したいところですね。

そんなときの転職の強い味方転職エージェントを利用すればつなぎのバイトと合わせて効率的な転職活動が可能です!

目次

早期再就職にオススメな転職エージェントはこちら!

【20代おすすめ転職エージェント】
20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】
第二新卒・既卒・フリーターでも正社員に!DYM就職
【ウズキャリ第二新卒】
未経験からの転職ならWORKPORT
顧客常駐はもう嫌だ!社内SEへ転職するなら【社内SE転職ナビ】

【30代おすすめ転職エージェント特集】
無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら
大手総合型転職エージェント【パソナキャリア】
ITエンジニア専門の転職エージェント【TechClipsエージェント】
自社で腰を落ち着けて仕事がしたい方は【社内SE転職ナビ】へ
正社員未経験大歓迎!利用はすべて無料!東京都内での就職なら!【ミドルコーナー】

転職エージェントについて詳しく知りたい方はこちら!

転職活動しながらつなぎバイトする3つのメリット

転職活動をしながらつなぎのバイトは実はメリットもあるんです!

転職活動中のつなぎバイトの3のメリット
①常に安定した収入を得ることができる安心感
②自分の希望条件にあった求人が出るまであせる必要がない
③バイト経験がきっかけで社員登用になる可能性もある

<隠れたメリット>
バイトを経験し、新たな業種や今までとは違った分野にチャレンジするという選択肢も生まれてくる

実際に転職活動は長期化する恐れがあります。絶対に注意しておきたいことは2つあります。

1:失業保険が支給されるパターンは2つある。

①会社都合退職:失業保険はすぐに支給されます。
②自己都合退職:失業保険は3か月後から支給されます。

つまり、この時点で自己都合の場合は3か月間「無収入」となります。

2:退職後に必要な「生活費(転職活動費含む)」

生活費+αの部分で月約20万円程必要

と言われています。つまり、失業保険だともらえる期間が限られてしまうので、半年ぐらいは転職活動の時間が欲しいと考えている人はバイトを考慮するのも悪くないです。

転職活動中にバイトをする3つのデメリット

転職活動をしながらつなぎのバイトは実はデメリットもあるんです!

転職活動中のつなぎバイトの3つデメリット
①失業保険がもらえない(前述)
②ブランクが空いてしまう
③バイト中心になり転職活動が疎かになる

バイトであれば時間的余裕ができて転職活動がしやすいと考える人が多いようですが、バイトでも直前に休みたいとはなかなか言いづらい職場もあるのは事実です。

面接の日時が決まった場合にバイトが休めるかどうかも重要になってきます。常に転職活動が優先ということを頭に入れつつ、つなぎバイトをするようにしましょう。

転職活動中にアルバイトをすることの精神的注意点

転職活動中のアルバイトにはメリット、デメリットは当然あると思いますが、特に注意したいのはアルバイトをしている時の精神状態です。

精神的に「とりあえず働いている」という気持ちが少なからず発生するものです。「これでもしばらくいいかな」と気持ちを引きずり、なかなか転職活動に踏み切れないという意見もよく聞きます。

しっかりとメリハリをつけてバイトをすることを心がけないと、ずるずると何年もバイトをしてしまうなんてこともあるので強い意志でアルバイトに臨むことが重要です。
【10代、20代オススメ転職エージェント】


転職エージェントについて詳しくしたい方はこちら!

最適なつなぎバイトは転職に有利な経験を積める仕事

転職活動中のバイトでどうせバイトするなら自分の目指したい方向性のバイトをしたいですよね?

例えば「今までアパレルを経験してきたけど、飲食の仕事に挑戦してみたい!」という場合、スキルもない初心者なのにいきなり飲食へは転職しづらいのも事実。

さらに、経験や高度なスキルを重視する職種だと、いきなり正社員で内定を得られることは、ほぼないでしょう。

転職活動中のつなぎのバイトも未経験の職種に転職したい場合はメリットが大きい

その場合は、先に述べた飲食業であればパートやアルバイトで飲食業などの仕事を募集しているところもあります。

最初は難易度の高くなさそうな求人に応募するのも一つの手段です。

そういった積み重ねのバイト経験が転職活動する上でのステップアップになることもあるので挑戦してみるのも良いでしょう。

転職活動中のつなぎバイトをするなら短期バイトがおすすめ

自分にあった転職先を見つけるのは思った以上に大変ですし、時間が掛かるものです。

やりがいがあると感じ、長く続けられる安定した仕事を見つけるとなると、何ヶ月も、時には1年以上の期間が必要なときもあるでしょう。

転職活動期間が長くなればなるほど、出費はかさみます。そんな時に一時的な資金調達のためにも短期バイトはかなり重要なポイントです。

転職活動中のつなぎバイトにおすすめの9職種

転職活動中のつなぎバイト選ぶ際に覚えておく必要があるのは、「バイトはあくまでもつなぎである」という点です。

将来ずっと続ける本職ではないため、肝心な転職活動に重きを置けるつなぎバイトを探しましょう。

転職活動中のつなぎバイトの選ぶポイント
①転職活動の急なスケジュール変更に対応可能なバイト
②精神的・体力的にきつすぎないバイト

上記の条件を満たす、おすすめのつなぎバイトを9業種を紹介していきましょう。

食事配達・デリバリー

ピザの宅配、寿司の宅配など様々。転職活動のストレス発散にもかなり人気の宅配バイトです。

宅配バイト探しはこちら!
バイトを決めてお祝い金ゲット!【ペコリッチ】

居酒屋

転職活動との時間の違いがメリット絶大!

居酒屋は、活気があってバイト仲間と楽しく働けるのがやりがいの一つです。しかし、最もバイトの入れ代わりが激しい業種とも言われています。シフト制で働けるのも転職活動中のバイト向きです。

さらに居酒屋のバイトは夜が多く、面接が行なわれることの多いお昼の時間に影響することはありません。
さらに夜の時間帯のため、時給も高い傾向があるので、当座の生活費稼ぎにも向いています。

居酒屋バイト探しはこちら!
バイトを決めてお祝い金ゲット!【ペコリッチ】

軽作業・仕分け・検品・梱包

疲れすぎないほどよいバイト。

続いておすすめのつなぎバイトは、軽作業です。

軽作業の「軽」は文字通り業務内容が軽いという意味なので、つなぎ業務にはピッタリのバイトと言えるでしょう。

仕事内容としては物流会社の倉庫で商品の梱包や仕分け、検品、タグ付けやピッキングなどをする作業になります。単純なルーティーン作業になるので、単に手を動かしていれば良いことが多く、ストレスが溜まることも少ないでしょう。

軽作業、仕分けなどのバイト探しはこちら!
【工場WORKS】短期から長期まで全国に求人多数!

清掃員

短時間勤務もOKな効率よいバイト

続いてのおすすめバイトは清掃員です。清掃員バイトのよいところは、受かりやすく辞めやすいという点にあるでしょう。

特に若い人が清掃員のバイトに申し込むなら、かなり採用されやすくなっています。

一緒に働くことになる人は高齢の人が多く、若い人の採用率は高いようです。
短時間勤務もOKな場合が多いので、転職活動中のつなぎバイトとしては働きやすくなっています。

清掃員のバイト探しはこちら!
採用祝い金がもらえるアルバイト情報サイト【マッハバイト】

事務員

事務職の転職希望者は必見!

事務員という名前ではありますが、バイトで募集されている事務員は、専門性の高い事務員ではありません。例えば、

・電話番が必要になった
・簡単なデータの入力
・文字起こし
・常に会社のPCを見て、ネット上に注文が入ったときに返事をする

などの簡単な作業ばかりです。

いわゆる一般事務と言われる業務で、未経験でも仕事に就きやすく、つなぎバイトとしても最適です。

事務員のバイト探しはこちら!
アルバイト・バイト探し・パート情報≪シフトワークス≫

工場内作業

高待遇で一気に稼ぐ!

日本各地の工場では常に工場内作業員のバイト募集がなされています。

普段工場というのは少ない人数で回していますが、大きな注文が入ると工場をフル回転させてると同時に、短期で働いてくれる作業員を集めます。

案外時給が高くて高待遇、短期もOKな求人が多いのでおすすめです。

工場内作業のバイト探しはこちら!
【工場WORKS】短期から長期まで全国に求人多数!

交通量調査

短期バイトで有名!

続いておすすめなつなぎバイトは、交通量調査です。

交通量調査は大抵前日に働くことができるかどうかの確認がメールで入り、可能なら出勤、不可能なら出勤しないを選ぶというシステムになっています。仕事の休みの取りやすさという点ではまさに理想的でしょう。

交通量調査の仕事内容は、一定の場所に座って、道路を走る車を車別ごとにチェックして行くという簡単な仕事です。

交通量調査は平均日給が1万円です。つなぎバイトにしてはいい収入になるでしょう。毎日できるバイトではないので単発で稼ぎたい人向けです。

交通量調査のバイト探しはこちら!
採用祝い金がもらえるアルバイト情報サイト【マッハバイト】

警備員

深夜勤務で高時給!

次のおすすめは警備員の仕事です。

仕事によっては見回りの時間以外は待機所で座ることもできて体力も温存しやすいのもメリットです。
警備会社によってはパトロールの時間以外は目覚ましをかけて仮眠もしてよいというところもたくさんあります。特徴は、

・就職面接が行なわれるお昼の時間帯を確実に空けることができる
・深夜は深夜割増賃金が適用されるので、生活費を稼ぎやすい
夜勤になると時給は1,500円を超える求人も多い。

警備員のバイト探しはこちら!
採用祝い金がもらえるアルバイト情報サイト【マッハバイト】

パチンコ屋

入れ代わりが激しいのですぐ辞められる。

最後におすすめするつなぎバイトは、パチンコ屋バイトです。

パチンコ屋は長期のバイトを希望している場合が多いですが、入れ代わりが激しい業種です。就職活動中で就職が決まる間は長期で働くつもりであることを伝えると採用される確率は高くなるでしょう。

パチンコバイトの仕事の休みの取りやすさですが、ホール内で大勢の店員が一緒に働くので、急に休んでも穴を埋めてもらいやすくなっています。

パチンコ屋のバイト探しはこちら!
高収入!パチンコバイト登録はコチラ

転職活動中のつなぎバイトをする時の4つのコツ

つなぎバイトも仕事は仕事です。いったん始めてしまうと、バイト先からそれなりの圧力を感じることもあるでしょう。
バイトというのは最も低い立場なので、他の人から利用されやすい立場。

つなぎなので給料がもらえれば何でも良いというわけじゃなく、つなぎバイトも上手に選ばないと、雇い主からいいように使い倒されてしまうカモ。肝心の就職活動が第一なのでバイト先で体力を使い果たすことなく、自分が生活費を稼ぐために働いていることを忘れずに。

転職活動中のつなぎバイトを選ぶ4つのポイント(復習)
①肉体的・精神的にゆるめの仕事を選ぶ
②フルタイム出勤は絶対にしない
③短期バイトを選ぶ
④仕事探しはスピード勝負



転職エージェントについて詳しく知りたいかたはこちら!

転職先(内定)が決まったら責任者にすぐ報告を!

つなぎバイトをしながら、本職の転職活動を行なっていきますが、内定が決まったらどうすればいいのか?解説していきましょう。

転職活動中のつなぎバイトの辞め方
報告タイミング…できる限り早く
報告方法…口頭で。メールは×
退職日…入職日に合わせ設定し、引き継ぎもしっかりと

転職先が決まったらバイトの責任者にすぐ報告することが重要です。どうやって報告すると良いですか?内定が決まったと同時に責任者に電話するのがベストです。

転職先が決まったらバイトではあっても、「転職先が決まったので何月何日にバイトをやめさせていただきたい」としっかり報告し、引き継ぎなどの業務も最後までやり遂げましょう。

転職活動中のつなぎバイトは本当に必要か?バイトの給料と失業保険の受給額を比べる

お金を気にして転職活動中にアルバイトをする人が多いです。しかし、失業保険をもらえる資格を有している可能性もある場合はどうすればいいのでしょうか?考えていきましょう。

失業保険の受給資格があるかを確認

まずは自分が雇用保険受給者に該当するか確認する必要があります。受給には雇用保険への加入や加入期間を満たしているかなどの条件がありますので、みんながみんな受給できるわけではありません。

失業保険受給額について

前職が月収20万円程度だった場合、3ヶ月間は月13、4万円程度もらえる計算になります。(受給条件は必ず自分で確認してください)

仮にバイトで毎月15万円ぐらい稼いだとしても、普通に転職活動をしているだけでそれに近い額を貰えるので、金額面だけを考えるとわざわざバイトする必要はありません。

少なくとも退職後3ヶ月は失業保険がもらえるケースがあるので安易にバイトは始めない方がいい場合もあります。失業保険がもらえる期間が過ぎても転職先が決まらないという時に、バイトをすることを考えてみるのもよいでしょう。

失業保険だけもらってなにもしないのは絶対NG

失業保険の受給はしっかりと転職活動するためのものです。

バイトしなくてもお金の支援があり、転職活動に集中できる貴重な時間なので失業保険だけもらって遊んでいては意味がありません。

バイトでも失業保険でも転職活動中心の生活をおくるようにしましょう

転職活動中のバイト経歴は職務経歴書に必要か?

一般的に職務経歴書に記載するものは正社員として働いていたもの中心に書くという認識がありますが、バイト経験を書いてはいけないという規則はありません。

もしブランクが半年以上空いてしまった場合、「その期間何をやっていたんですか?」と面接で聞かれる可能性もあます。ブランクについての答えの一部としてバイト経験も書いた方がよいでしょう。

バイトが転職先へのアピールとなる場合

転職先の仕事内容に関するバイトであれば、むしろ短い期間でも書いた方がプラス評価されます

デザイン系の会社に就職したいという時に、まるっきり経験が何よりもアルバイトで少しでも経験していた方が企業側からも採用するメリットがあるからです。

ただ、アルバイト経験は高い評価につながりにくいという共通認識があります。できるだけアルバイト期間は短くして新たな職を探すという意識は見失ってはいけないポイントです。

転職活動方法が未定の人には転職エージェントがおすすめ

つなぎバイトはあくまでもつなぎです。バイトに明け暮れず、転職エージェントを活用して早く次の転職先を見つける努力をしたほうが得策です。

転職エージェントは、無料で転職の相談求人の紹介履歴書と職務経歴書の添削面接対策などを行なってくれる会社のことです。企業側も転職エージェントにたくさんの求人情報を寄せます。

転職エージェントのサポート内容
☑ 転職全般の相談
☑ 求人情報の提案
☑ 履歴書の作成のサポート
☑ 面接のセッティングやアドバイス
☑ 給与などの待遇交渉
☑ 退職のアドバイス

転職エージェントは転職希望者を企業側に紹介し、面接のセッティングをしてくれます。普通転職希望者側がやりにくい給与交渉もしてくれるのも嬉しい限りです。

このように転職に必要な面倒な手続きをすべて代行してくれるので、転職エージェントを使って転職先を探すことが一般的となっています。

転職エージェントを利用するには登録から

転職エージェントの利用は公式サイトから登録することから始まりますあとは転職エージェント側のアドバイスにしたがって、キャリア相談に出向いたり、面接を受けたりするだけです。

転職エージェントの利用の流れ
STEP1:転職エージェントの登録
STEP2:面談で転職の希望などをヒアリング
STEP3:求人情報の選定
STEP4:履歴書・面接のサポート
STEP5:企業にエントリー
STEP6:面接・待遇交渉
STEP7:入社

転職エージェントは3社以上登録しよう!

これらすべては無料で行なえるのも魅力的です。転職エージェントは就職が取り決まると、企業側から年収の○○%を手数料としてもらえるという仕組みになっており、求職者が金銭的に負担することなく利用できます。

転職エージェントは3社以上登録することで初めて効果抜群になりますので是非この機会に登録、面談を受けてみてください!あなたの転職活動が劇的に変化すること間違いなしです。

それでは最後に幾つか評判の良い転職エージェントを紹介しましょう!

既卒・フリーターでも就職できる!【第二新卒エージェントneo】


エージェントの特徴
・専任のキャリアコンサルタントが親身に相談に乗ってくれる。
・書類添削や面接対策までしっかりサポート
・営業担当が厳選した求人のみ紹介(ブラック企業排除)
・入社前、入社後のアフターフォローも充実!
・既卒、フリーター、高卒、中卒、大学中退、専門、、、等職歴に不安があってもプロのアドバイザーがしっかりサポート!
【NGユーザー】
・高校生を含む18歳以下もしくは29歳以上
・来社面談できない方
 詳しくはこちら! 【公式】第二新卒エージェントneo

第二新卒・既卒・フリーターでも正社員に!DYM就職


エージェントの特徴
・書類選考なしで面接
★エージェント登録⇒エージェント面談⇒企業面接
・第二新卒,既卒,フリーターの就職に強い
・エージェントが就職できるまで二人三脚!
・厳選された2000社以上の求人
・100%正社員求人
【NGユーザー】
・来社面談できないかた
 詳しくはこちら! 就職・転職ならDYM就職

【ウズキャリ第二新卒】


エージェントの特徴
・20時間に及ぶ就活サポート!
・ブラック企業完全排除!
・既卒を採用する優良企業多数!
・既卒&フリーターの専門サービスだから内定率86%!
【NGユーザー】
・30歳以上の方
・東京、大阪、名古屋、福岡に来社面談不可の方
※ただし、来社できない場合は電話面談ができればOK
 詳しくはこちら! 【ウズキャリ第二新卒】

転職エージェントにについてさらに詳しく知りたい方はこちら!

転職を成功の為に読んでおきたい