195_コロナ_就活自粛_やること

こんにちは!就活アドバイザーの南野弘明です。

 

新型コロナウイルスで就活自粛を余儀なくされている就活生。暗い未来しか浮かばない就活生が殆どだと思います。

 

しかし、暗い未来しか想像できないのはあなたのライバルも同じ。だからこそ今やるべきことは決まっています。それは、就活再開時にベストパフォーマンスで臨むこと

 

新型コロナウイルスで就活自粛中にやるべきこと5つでライバルに差をつけましょう!

 

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

新型コロナで就活自粛中にやるべきこと1:自己分析

自分を知る

新型コロナウイルスで就活自粛中にやるべきことその1は「自己分析」です。

 

自己分析は、今までどのようなことに興味を持ち、どのように取り組んできたか、その取り組んだ結果が今の自分にどのように影響したかを基に、あなたが本当にやりたい仕事を見つけることです。

 

これは、大学生の頃に飲食業に携わったアルバイト経験があるから飲食業界に行くという結論もいいですが、飲食業で学んだ接客経験を不動産業界に活かすこともできますよね?

 

あなたの経験と興味がどの業界、どの職種に結び付けることができるかというのが就活の自己分析のポイントです。

 

新型コロナウイルスの自宅待機の時間が十分あるわけですから、自己分析が十分できていない就活生は見直すチャンスだと思って、もう一度しっかりやってみてはいかがでしょうか。

自己分析の関連記事はこちら↓

新型コロナで就活自粛中にやるべきこと2:業界・企業研究

未来の仕事

新型コロナウイルスで就活自粛中にやるべきことその2は「業界・企業研究」です。

 

自己分析でやりたい職種が決まったらその業界研究をしてみましょう。

 

例えば、Eコマース業界に行きたと思ったのであれば、その業界での仕事内容、自己分析で自分がなりたいと思った職種があるのか、業界の将来性等調べてみましょう。その調べた結果は、ただ読むのではなく、

 

面接用プレゼン資料

 

としてまとめるのがコツです。プレゼン資料を作りながら疑問点をまとめて、面接で聞いてみたり、OB、OG訪問の際に聞いたりすると高評価が得られます。

 

業界研究が終わったら企業研究です。実際に応募しているEコマース業界の企業をピックアップしていきます。

 

面接を受けたい企業についてHPを中心に調べ、どこに魅力を感じるのか、なぜその企業に応募したいと思ったのか、企業が求める人物像と自己分析結果がどのようにつながっているのかも資料としてまとめておくといいでしょう。

 

新型コロナウイルスで就活自粛をしながら、まとめる力も身に着けてしまいましょう。

企業研究の関連記事はこちら↓

新型コロナで就活自粛中にやるべきこと3:就活ツールの確認

PCで作成

新型コロナウイルスで就活自粛中にやるべきことその3は「就活ツールの確認・登録」です。

 

一般的な就活サイトは誰もが使用していますが、その他の就活ツールに関しては結構ノーマークの人が多いです。

 

例えば、企業からのオファーが来るツール、時事問題対策による新聞の購読、就活を完全無料でサポートしてくれる就活エージェント等、ライバルに差をつけるためのツールは沢山あります。

 

自分が必要と思う就活ツールに登録しておき、新型コロナウイルスが収束したときに、ライバルと差がつく情報量で一機に内定をゲットしましょう。

おすすめ就活ツールはこちら↓

おすすめキャリアチケット

サイト名 特徴
キャリアチケット 【学生の悩みを親身に解決!】

①どうやって就活したらいいかわからない
②自己分析、ES、GDなどどうしたらいいかわからない
③企業の探し方、選び方がわからない
④内定がとれない
⑤就活浪人か留年か迷っている

キャリアチケット

画像引用元:キャリアチケット

評価項目 解説
求人数 非公開
担当者の質 日程調整や人事との連絡もしっかりサポートしてくれる。人事にアドバイザーからアピール し、人事目線でフィードバックが得られる!自分のアピールポイントが響くようになるアドバイスをもらえる。
登録メリット ①就職のプロが相談相手となってくれる
②早く内定が取れる
③優良企業に行ける(ブラック企業を避けることができる)
対応層 大学3・4年生、大学院1・2年生 全国の大学に通い、関東で就職を考えている学生

新型コロナで就活自粛中にやるべきこと4:エントリーシートの雛形作成と見直し

心をつかむエントリーシート

新型コロナウイルスで就活自粛中にやるべきことその4は「エントリーシートの雛形作成と見直し」です。

 

エントリーシート(ES)は、企業への応募において大事な書類です。このエントリーシートで企業側が興味を持たなければ面接まで辿りつけません。

 

しかし、このエントリーシートは、企業毎に作るのは非常に難儀ですし、時間もかかります。

 

しかし皆さんには、新型コロナウイルスの影響で持て余す時間があるはずです。この時間を有意義に使えた就活生が、2020年の地獄の就活から内定を獲得できる人材であることは間違いありません。

 

エントリーシートの使い回しはNGですが、雛形を準備して企業毎にアレンジするととてつもなく就活が効率よく行うことができます。

最強のES作成方法はこちら↓

新型コロナで就活自粛中にやるべきこと5:面接対策

最終面接

新型コロナウイルスで就活自粛中にやるべきことその5は「面接対策」です。

 

転職の面接とは違い、就活の面接はあなたのポテンシャルを見ることに重点が置かれます。専門的な知識は入社後に教育が行われるので、人間性や直観力、論理的思考力、コミュニケーション能力などあなたの人生で培った経験の部分が、自社で活躍できる能力のある人材かどうかを見極めてきます。

 

社会人として必要なことは「準備」の2文字であることを忘れてはいけません。

 

面接の対策準備をしっかりできている就活生に対して企業側は高評価をします。その理由は「準備力」があるからです。顧客との折衝が必要な職種なら、その準備で受注ができるかどうかが決まる場面は山ほどあります。

 

そういった準備力を見られているわけですから、新型コロナウイルスで就活自粛中に面接の準備をしっかり行い、決戦の時の為の準備を行いましょう。

面接対策関連記事はこちら↓

 

5つのことを新型コロナの就活自粛中に実行しライバルに差をつけよう!それではよい就活を!



本気で就活したい人へのおすすめアプリとは?

就職活動で一番やってはいけないこと知ってますか?

 

それは、情報を自分で取りに行かないこと

 

与えられた情報を基に就活をしている人は、積極的に情報を取りに行くことが大事です。当ブログでは、そんな就活生の悩みにお答えするべく「就活ノウハウ」を公開しております。

 

しかし、その就活ノウハウも情報を得ただけでは先に進みません。

 

情報を取りに行った後には「行動」が必要です。すなわち、実際に企業へアクションを起こすこと。アクションとは、

 

●応募書類を作成
●筆記試験
●面接
●内定獲得

 

することです。その時に必要になるのが就活ツール。私がおすすめする就活アプリは、皆が知らないけど使うと得する就活ツールです!ライバルにできる限り秘密にしておくことをおすすめします(内定をゲットした後は教えてあげてね笑)

 

簡単登録、完全無料の就活ツールなので是非利用してみてくださいね!

Twitterでフォローして限定記事を購読!