エントリーシートの書き方を念入りに考える就活生

エントリーシートの書き方が分からずに就活をやっている学生さん非常に多いです!特にエントリーシート落ちが続く方は要注意!書き方一つで皆さんの印象が大きく変わるので、万全な対策が必須です。今回の記事は、ライバルに差をつけるためのエントリーシートの書き方を面接官が解説します!

 

こんにちは!就職アドバイザーの南野弘明です。

 

就活生からTwitterでいただいた悩み相談について本日は回答して行きたいと思います!

 

新卒 22歳 女性
面接までまったく行くことができません。ES(エントリーシート)に問題があるようなのですが、何が問題なのかわかりません。添削をお願いします。

 

はい、拝見させていただきいました・・・。結論は、不採用確定のES(エントリーシート)です(でした)。これでは、

 

お祈りメールレベルですw

 

そんな迷える就活生の皆さんに、今回の記事は、ライバルに差をつけるためのエントリーシートの書き方を解説します!

 

エントリーシート落ちに心当たりがある方は、この記事を最後まで読んでいただき今すぐに直しましょう!!

 

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

多くの人はES(エントリーシート)の書き方を間違えている。

エントリーシートの書き方が分からず落ち続ける就活生

就活に大事なES(エントリーシート)。なのに、多くの方はエントリーシートの書き方を間違えてしまっています。例えば、

 

・学生時代にがんばったことを教えてください
・あなたの強みを教えてください

 

みたいな質問があるとします。

 

皆さんはこの質問の意図をしっかり理解できていますか?なぜES(エントリシート)にこの質問があるのか分かりますか?

 

考えてみてください。

 

企業側が雇いたいと思う人はどんな人でしょうか?答えは簡単です。

 

自社にマッチした就活生を雇いたいんです。

 

なのに多くの就活生が「自分の思ったことをそのまま書いている」という現実があります。

 

Twitterからお問い合わせいただいた方のES(エントリーシート)を見ても自分のいいたいことを書いてあるだけでした。

 

これではES(エントリーシート)で落ちてしまいます。

 

だって、企業が求める人物像と異なりますからね。

 

つまり、どんなにきれいな経歴や実力があっても企業が求める人物像と異なればさっくり落とされるというわけです。エントリーシートの書き方で就活が成功するかどうかがかかっていると言っても過言ではないんです。

エントリーシートの書き方で大事なのは相手に伝わる表現で書くこと

エントリーシートの書き方を分析する就活生

就活生のES(エントリーシート)でよく見受けられる悪い例が、経験や考えが心に響かない書き方をしている人がいます。

 

つまり、結局何が言いたいのか分からないってことです。

 

ES(エントリーシート)は企業側の採用担当者が読んで「この就活生と会ってみたい」と思わせる表現になっていないと効果が無いってことですね。意識して書くべきことは、

 

・採用担当の心に響く表現
・説得力のある表現

 

特に、高学歴なのにESで落とされる人は、その表現に欠けている人がとても多いです。逆にFランク大学で大手に就職する人は、心に響く表現がめちゃくちゃうまい人が多いです。

 

エントリーシートの書き方で重要なのは相手の心に響く表現で書くというの頭に入れておきましょう!

エントリーシートの書き方を間違えて大失敗した例

エントリーシートの書き方が分からず落ち続ける就活女子

次にまったくもって駄目なES(エントリーシート)例を見ていきましょう。ダメなエントリーシートの書き方を学ぶことはめっちゃ重要です!

 

例えば、大手出版会社のES(エントリーシート)に以下のような質問があったとします。「学生時代に頑張ったことは?」それに対しての回答が下記のような例。

 

ダメなエントリーシート
私は、テニス部で副部長として部長と二人三脚で部を支えてきました。厳しい練習の成果としてと大会で3位という好成績をることができました。厳しい練習にも耐え抜く力が身に付いたのは私の財産です。

 

これを読んで皆さんはどう思いますか?確実に不採用ですよ。理由は簡単です。

 

大手人事は似たような回答を沢山見ています。この文章では採用者側の心に何の印象も与えることはできません。

 

「テニス部でがんばって3位になったのね。ご苦労様」

 

でおわりです。この文書で言いたいことは、以下のようなことです。

 

企業にアピールすべきこと
・幹部としてまとめる力
・体力的に自信がある
・やりぬく力
・頑張って好成績を収めた経験

 

こういった内容を文書の中からアピールさせていくことがエントリーシートの書き方のポイントとなります。

 

次に、面接官の心をつかむESにどのように変化させていくかのポイントを解説します。

 

注目無い内定を卒業できる就活エージェント

エージェント名 特徴
JobSpring エージェントのサポートにより、内定獲得の支援を受けることができ、万一不合格となった場合も不合格理由から改善策を考え、選考への戦略を一緒に練ってくれます。
キャリアチケット 就職のプロが相談相手となってくれることにより、 早く内定が取れる大きなメリットがある。優良企業に行ける(ブラック企業を避けることができる)ので二人三脚の就活が可能
特別選考ルートへご招待! キャリアパーク就職エージェント 厳選した優良企業から、みなさんに合った企業を紹介してくれます。 最短1週間で内定! ES、一次選考免除などの特別推薦ルートがあるので登録必須! 年間1000名以上を内定に導く就活のプロが徹底サポートしてくれます。

面接官の「心」を掴むエントリーシートの書き方は何が違うのか

エントリーシートの書き方が分からず落ち続ける就活生が対策実施中

就活に大事なエントリーシートNGパターンは、自分の書きたいことをただ書くことというのはお分かりいただいたと思うので、次は、採用者側の心に響くエントリーシートの書き方のコツを見ていきましょう。

 

エントリーシートの書き方で重要なことは、たった2つを意識して書くだけ。

 

ESを書く上で大事な表現はこれだ!!
・面接官に伝わる表現
・魂の入った言葉

 

この2つを意識して書くだけで書類選考通過率はかなり上がりますので試してみてください。では、先ほどのNG例を少し直してみましょう。

▶ESで60点くらいの例

私は、テニス部の副部長として、50人のメンバーを部長と二人三脚でまとめてあげました。大会で上位入賞を目標として掲げていたため、非常に厳しい練習メニューだったこともあり、部員の心が離れていた時期がありました。その時心がけたことは、部員全員のベクトルを目標に向けて意識させモチベーションを維持させることでした。その結果、都大会で3位に入る好成績をを収められたのは私の財産となりました。

 

この文章で概ね60点ですね。この文章で意識されていることは2つです。

 

<マネジメント能力>
マネジメントとは、メンバーをコントロールして目標を達成する能力のことです。社会人になるとこの能力が非常に重要になるので「幹部」でこの経験ができている人は、将来性があると判断されやすいです。マネジメント能力を確認するときは、「組織の大きさ」を具体化すると分かりやすいので部員数を入れるといいでしょう。

キーワード)大きな組織をマネジメントした

 

<対人能力>
社会人になると対人能力もとても大事な要素です。マネジメントの最終結果は目標達成ですが、その過程ではメンバーの考えや組織の意図をくみ取ってメンバーと話し合い同じベクトルに向かわせる必要があるので、それができる学生と判断され評価の対象になります。

キーワード)対面で人と向き合う素養がある

 

採用者側は、「マネジメントの能力があって人間関係の構築が得意そうだな」と思い「会って面接してみようかな」と思うはずです。

 

このエントリーシートの書き方ができれば、高学歴で中小企業を受けるのであればほぼES(エントリーシート)は通過できますが、「最強のES」とは言えません。更に改善させてみましょう。

▶ESで90点くらいの例

私は、コミュニケーション能力マネジメント能力に自信を持っています。

約3年間所属したテニス部では、立候補して副部長となりました。コミュニケーション能力には自信があり、積極的に部員の意見を聞きながら都大会3位という目標に対してひたすら突き進みました。

しかし、練習が厳しいこともあり、徐々に部員の心が離れているのに気づき何が問題かを考えてみたところ、私自身のマネジメント能力の無さに気付きました。マネジメントの方法などに参考になったのはビジネス書の●●という本で、「人の心を掴むこと」がマネジメントに必要であるということが分かり、より一層目標達成のために一人ひとりの部員と向き合い問題点などを共有するようになりました。

その結果、部員との目標へのベクトルを合わせることに成功し、都大会では優勝はできなかったものの、目標である3位を達成できたことは私の財産です。

御社に入社しても自分の長所である「コミュニケーション能力の高さ」と「マネジメント能力」を活かして社業に貢献できたらと考えています。

 

このエントリーシートの書き方であればほぼ間違いなく書類選考は通過できるでしょ。ぜだかわかりますか?詳しく見ていきましょう。

エントリーシートの書き方重要ポイント!

このES(エントリーシート)には、あなたの「魂」が入っています。あなたという人間は、

 

・コミュニケーション能力
・マネジメント能力

 

2つを軸に成果を出せる人間ですということが文章を読むとよく分かります。そして、書き方も以下のように工夫されています。

 

・結論
・根拠
・エピソード
・入社後の自分

 

この4つを順序だてて意識させる文章構成になっているのでとても分かりやすい文章になっています。前述で私がES(エントリーシート)を書く時の大事なことをもう一度見てください。

 

・採用者側に伝わる表現
・魂の入った言葉

 

この2つを完璧に意識した文章になっています。最初は書くのが大変かもしれませんが、慣れれば簡単に作れるようになるので、受ける企業の大きさや企業の求める人物像を意識しながら書けば概ね10分程度で作れるようになりますので頑張ってみてください!

関連記事

まとめ

エントリーシートの書き方が分からず落ち続ける就活生が逆転で内定ゲット

就活に大事なエントリーシートの書き方はおわかりいただけましたか?ES(エントリーシート)を書くときに大事なことは、

 

・採用者側に伝わる表現
・魂の入った言葉

 

この2つを意識し、企業が求める人物像とマッチさせればいいだけです。例えば、募集要項の求める人物像に以下のようなことが書いてあったとします。

 

①接客が苦ではない人

⇒コミュニケーションをとるのが好き

②コツコツやることが好きな人

⇒計画性を持って取り組むことが好き

 

といったように、企業が求める人物像をブレイクダウンして、今までに経験したこと、得意なことを作り上げれば最強のESができていきます。

 

最後に、もしあなたが就活に不安を抱えているのであれば、

 

就活エージェント

 

を活用してみるのも一つの手です。エントリーシート、履歴書、面接において即効性のある対策は、就活エージェントを積極的に活用するのがセオリー と言われています。

 

就活エージェントは就活のプロでありながらもよい相談相手でもあります。

 

手厚いサポートをしてくれるのに利用は完全無料!就活エージェントを利用すればライバルに差をつけることもできますので、是非この機会に登録&面談を受けてみましょう!あなたに合った求人も紹介してくれますよ!

▶おすすめ就活エージェント

おすすめキャリアパーク

サイト名 特徴
【キャリアパーク!就活エージェント!】 【学生の悩み解決】

①内定がなくて焦っている。
②内定先に不安を持っている。
③はやく内定がほしい
④面接のコツが分からない。
⑤自分に合った企業が分からない
⑥第一志望に落ちて、視野を広げたい

キャリアパーク

画像引用元:【キャリアパーク!就活エージェント!】

評価項目 解説
求人数 非公開
担当者の質 キャリアパークが厳選した優良企業から、みなさんに合った企業を紹介してくれます。最短1週間で内定も!ES、一次選考免除などの特別推薦ルートへ案内してくれる。年間1000名以上を内定に導く就活のプロが徹底サポート!
登録メリット ①就職のプロが選考対策をサポートしてくれる
②早く内定が取れる
③優良企業に行ける(ブラック企業を避けることができる)
④特別選考ルートへ進める。
対応エリア 大学4年生、大学院2年生 全国の大学に通い、関東で就職を考えている学生
本気で就活したい人へのおすすめアプリとは?

就職活動で一番やってはいけないこと知ってますか?

 

それは、情報を自分で取りに行かないこと

 

与えられた情報を基に就活をしている人は、積極的に情報を取りに行くことが大事です。当ブログでは、そんな就活生の悩みにお答えするべく「就活ノウハウ」を公開しております。

 

しかし、その就活ノウハウも情報を得ただけでは先に進みません。

 

情報を取りに行った後には「行動」が必要です。すなわち、実際に企業へアクションを起こすこと。アクションとは、

 

●応募書類を作成
●筆記試験
●面接
●内定獲得

 

することです。その時に必要になるのが就活ツール。私がおすすめする就活アプリは、皆が知らないけど使うと得する就活ツールです!ライバルにできる限り秘密にしておくことをおすすめします(内定をゲットした後は教えてあげてね笑)

 

簡単登録、完全無料の就活ツールなので是非利用してみてくださいね!

Twitterでフォローして限定記事を購読!