大手転職エージェントはこちら▼
転職ノウハウ一押しの記事▼

離職期間(ブランク)は何か月目から転職活動に影響するのか解説!

離職期間(ブランク)は何か月目から転職活動に影響するのか解説!

離職期間(ブランク)は何か月目から転職活動に影響するのか解説!


こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

転職活動は、在職中にやるのが鉄則と言われている理由を知っています?後でしっかり理由は説明しますが、簡単に言うと、

 

失敗しても後戻りも可能だし、多少計画通りいかなくても心配ない

 

というのが答え。これメチャクチャ重要です。

 

これが退職後の転職活動だと「離職期間」というものが付き纏い、転職活動に強く影響してきます。転職活動を始めたころはキャリアアップを夢見ていたのに3か月超えたころから「キャリアダウンの求人しかない」なんてこともよく耳にします。

 

今回の記事は、離職期間(ブランク)は何か月を過ぎると転職活動に影響を及ぼしてしまうのか解説していきたいと思います。

 

【10代、20代オススメ転職エージェント】
登録はこちら↓


離職期間(ブランク)は何か月目から転職活動に影響するの?離職者は必見!!

離職期間(ブランク)は何か月目から転職活動に影響するのかを知ったうえで在職中に転職活動を行うべきか、退職後に転職活動を行うべきかを決めるようにしましょう。

 

これを知らずに退職してしまうと大変なことになります。退職後には「離職期間」という高いリスクが付き纏うということを心得てください。

退職後の転職活動は、100%計画通りに行くなんてありえない

転職活動って思ったよりも難しいものです。離職して転職活動を始めるときは希望に満ち溢れているもの。「自分のスキルがあればどこでも行ける!」なんて思っていたら大間違い!

 

自分のスキルが高い=転職活動成功

 

の方程式は成り立たないんですよ。なぜだかわかりますか?答えは、

 

企業の求めるスキルは必ずしも高い人を求めていない場合もある

 

ということです。誰やりも高いスキルを持っていても企業側が採用したい人物が「中の下」の採用者だった場合、あなたは企業側の求めるスキルと違うので「不採用」になることなんてよくあることです。

 

つまり、自分の思い描いていた転職活動と異なり、転職活動が2か月目、3か月目と長期化していくことはざらです。そうなると離職期間(ブランク)も広がっていき、企業側は良からぬことを考え始めます。

 

なぞこの応募者は、転職活動が長引いているのだろうか?何か問題でも抱えているんじゃないか?

 

離職期間(ブランク)ができてしまうと、転職活動において面接官に不利な印象を与えることは重大な問題なんです。次は、離職期間(ブランク)の許容範囲についてお答えします。

離職期間(ブランク)は何か月目から転職活動に影響するの?3か月以上はやばい!

離職期間(ブランク)は何か月目から転職活動に影響するのかというのは個々の事情によっても異なると思いますが(病気などは別)概ね、

 

3か月以上の離職期間(ブランク)は危険

 

と言われています。これがさらに6か月を超えると超危険区域です。では、なぜ3か月以上離職期間(ブランク)ができてしまうとダメなのでしょうか。理由を見ていきましょう。

①3か月経つと仕事観が鈍る

もしあなたが在職中に第一線で活躍した人でも、現在3か月を超えていたら、かなり仕事観は鈍っているはずです。よく考えてみてくださいね、

 

GWやお盆みたいな1週間~10日休んで出勤するとき、最初の数日はエンジンがかからなく無いですか?

 

ほんのちょっと離職期間(ブランク)を発生させただけでそのレベルです。3か月なんて恐ろしいくらい鈍っているのは容易に想像できます。

 

すなわち、3か月も経った人物は企業側からしてみてみると「戦力にならないかも」と思ってしまうのです。

②妥協しないめんどくさい応募者

特に注意してもらいたいのが、ハイキャリアの方が転職活動をする際に、退職してから転職活動をする場合です。1~2か月目は問題なしですが、3か月を超えると企業側は、

 

希望条件に妥協しない頑固者

 

という風に考えてしまいます。3か月を超える離職期間(ブランク)の原因が「全てを満たすようなハイクラスの条件でないと入社しないような人物で、内定を出しても来てもらえない可能性がある」と想像してしまいます。これは、転職活動においてあまりにも致命的な想像と言わざる得ません。

③ビジネスの思考回路が長期に停止している

特に技術系の人は注意です。在職中というのは色々な情報が欲しくなくても入ってきますが、退職して転職活動をすると、ほとんど情報が入ってきません。自分からの情報を手に入れるにも、ネットの情報が限界。その状態が3か月もの離職期間(ブランク)が続いているビジネスパーソンなんて正直戦力外といってもいいでしょう。

 

【未経験求人豊富な転職エージェント】
登録はこちら↓


離職期間(ブランク)は何か月目から転職活動に影響するの?ブランクの説明は必須!

離職期間(ブランク)は何か月目から転職活動に影響するのかを考えると3か月未満で決めるのが必須。3か月までは、

 

納得できる転職活動

 

で説明がつきますが、3か月を超えてしまうと、面接官から痛い質問が必ず来ます。

 

「この●●か月の間何をされていましたか?」

 

この質問は、転職するたびに必ず質問される内容を作り上げてしまうのでかなり苦しくなります。離職期間(ブランク)についてどのように説明すればいいのでしょうか。よくある事例と失敗例まで解説します。

①資格の勉強

これよく使う人がいるんですが、NGです。これが使えるのは弁護士をはじめとする「長期で資格の勉強が必須」の場合のみです。簿記2級程度で「6か月勉強した」なんて言ったら「無能」と判断されますので離職期間(ブランク)の説得力ある材料には使えません。

②病気の家族の介護

これも真実ならしかたがないですが、もし「ウソ」をつくならNGです。一見説得力があるように見えますが、企業側からするとアウトです。

 

「介護をしているが安定した」または「介護が終わった」としても企業側は、「また介護で離職するんじゃないだろうか」という良からぬ想像をします。離職期間(ブランク)が長い場合の「ウソ」をつきたい場合は逆効果なのでやめましょう。

③語学

「外資系に転職したかったので、スクールに通った」や「短期留学した」というのも一見よさそうですが、これは「結果次第」です。TOEICの結果が650点が900点になったであれば十分なPRポイントですが、750点になりましたでは無駄です。離職期間(ブランク)が半年あって、6か月の結果が100点アップじゃ話になりません。

 

【25万人が利用した転職エージェント】
登録はこちら↓


離職期間の長さが転職活動に影響させないよう、論理的に説明できるよう準備する。

離職期間の長さが転職活動に影響させないよう、論理的に説明できるよう準備することはメチャクチャ重要です。

 

長期の離職期間により「ビジネス感の鈍った人物」と思っていたりした場合は、それを覆す論理的な説明が必須になります。例えば、

 

・情報を途切れないように専門誌を読んでいた。
・ビジネス書を読んでいた。

 

など、ビジネスの一線から長期離脱時も努力を惜しまなかったことをアピールしましょう。次は離職期間(ブランク)が長引いた場合の具体的な対処法についてお答えします。下記がその重要な答えです。

離職期間(ブランク)が長引いた事実を受け止めて反省し、どのように遅れや鈍った感覚を取り戻し、応募企業に貢献できるのか自分の「戦略」を論理的に伝える。


退職後の転職活動の大きなリスクは「離職期間(ブランク)の長期化」です。
この期間が長いことは、企業にとって「マイナス」しかありません。長引いてしまった原因をしっかり分析し、そこから学んだことや応募企業に入社した際はどのように挽回し、貢献できるのかを「論理的」かつ「戦力的」に面接官に説明できるかが全てです。

 

離職期間(ブランク)ができてしまうのは仕方がないこと。その事実を受け入れ、どのように挽回できるか、その熱意を企業側は離職期間(ブランク)が長い人に聞きたいことなんです。

 

上記をしっかり準備し、長期化する転職活動に終止符を打ちましょう!

在職中、退職後でも転職エージェント利用で転職活動は最短で決める!

10代20代の在職中の転職活動で大いに役立つ「転職エージェント」でオススメは20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】です。

 

一人あたりの面談時間も長くとってもらえるので、キャリアアップの相談も十分可能!経験豊富なアドバイザーが「18~28歳」の転職/就職を徹底サポートしてくれます。

 

クリックして登録ページで詳細チェック↓


30代にオススメなのが優良企業への転職情報ならdoda。30代に求められるのが「即戦力」。求められるスキルが高ければ当然「高収入」にも期待できます。特に紹介実績も含め実力ともにNo.1だと思います。

 

クリックして登録ページで詳細チェック↓

未経験で不安な転職なら未経験からの転職ならWORKPORTがおすすめ。IT業界にも強い一方、未経験採用枠を多く取り揃え、未経験でも安心して転職活動できるよう徹底サポートをしてくれます。

 

クリックして登録ページで詳細チェック↓


転職を成功の為に読んでおきたい