転職ノウハウ!面接と職務経歴書対策4つをわかりやすく解説

転職ノウハウはあります!このノウハウは、大きく分けて面接・職務経歴書の2つのフェーズでポイントを押さえて対策することが転職活動におけるノウハウ。現役面接官の私が開発した転職ノウハウの内、転職活動が難航している方の改善箇所についてわかりやすく解説します。

 

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

転職活動をするうえで何が無駄で何が重要か悩むことって多いですよね?例えば、以下のような悩みありませんか?

 

①職務経歴書の使い回しはOK?

②証明写真は3か月ごとに更新した方がいい?

③Web面接はカンペOK?

④面接対策は思いを伝えるだけでOK?

 

今回は、転職活動を進めていく上で、必ずやっておきたいこと4つについて説明させていただきます。

 

今回の4つのことを押さえておくと、転職活動に費やすべき労力がどこなのかが具体的になるので是非参考にしてみてくださいね。

 

南野弘明てどんな人?

某グローバルベンチャー企業で面接官として数多くの方々を面接。そこで開発した『転職ノウハウ』を基に、超ホワイト企業へ転職。年収400万円アップ!
『今すぐ使える転職ノウハウ』をモットーに、転職アドバイザーとして活動中!

 

転職ノウハウ1:プロフィールは常に見直す

面接・職務経歴書に転職ノウハウを施す男性

転職ノウハウその1として、まずは自身のプロフィールの最新版管理は絶対に疎かにしないこと。

 

今は色々な転職サイトで、個人のプロフィール入力が必須事項となっています。転職サイトに登録することを急ぎすぎて、誤字脱字、経歴の間違い、アピール不足など、企業側に誤解や不快感、やる気が無いように思われる書き方などで不採用と判断させてしまうようなことが結構あります。

 

転職ノウハウ:プロフィールは以下でまとめ
●自分はどんな人物なのか
●何が得意なのか
●どんな経歴の持ち主なのか
●どんなスキルがあるのか
●どのように応募企業で活躍したいのか

 

など、転職活動において重要視して書くべきことは沢山あるはずです。もし、そういったことが十分に書けていない人は、すぐに改善に取り掛かりましょう。

 

心掛けておきたいのが「採用担当目線で書く」ということ。自分善がりな内容ではなく、あくまでも企業側が求める人物像に合致した内容にすることです。

 

転職サイトなど登録がまだなのであれば、関連記事に転職サイトなどのツールを紹介していますので是非参考にしてみてください。

【極秘】:証明写真はちょー大事!

転職ノウハウの中で極秘にしていることの一つに、証明写真についての裏事情です。この証明写真をインスタント証明写真(駅とかに設置しているスピード写真)で撮影している人がいますが絶対にNGです。

 

履歴書に一番最初に見るところはどこかというと、プロフィールではなく顔です。つまり証明写真の箇所。ここで第一印象が決まるので、お金をかけてでも写真屋さんで取得し、更に加工まで行ってくれるようなところで撮影してください。

 

顔に自信が無かったり、肌に自信が無い人は加工をお願いしましょう。やりすぎは良くないですが、この印象で書類選考の通過率が倍になった人もいます。

 

これ極秘転職ノウハウの一つなので絶対におすすめ!

 

関連記事

転職ノウハウ2:転職ツールは必須

面接・職務経歴書に転職ノウハウを施す若者達

転職ノウハウのポイント2は、転職ツールを使い倒すこと。特に大事なのが「人脈」です。転職活動を個人プレーと考えている人がいるなら今すぐ改善することをお勧めします。

 

転職ツールというと転職サイトを想像する人が多いと思いますが、転職サイトは一方的に応募して基本的にはその後の企業からのアクション待ちというのが基本的な流れ。

 

更にはどんな人でも応募が可能なので、ライバルも非常に多いです。

 

あなたよりも転職についてのノウハウを多く知っており、多くの対策をして挑んでくるかもしれません。その人に打ち勝てるくらいのあなた自身の能力が高い確信があれば問題ありませんが、実際はわかりません。

 

そういった問題に対しての対策は、個人で考えるより転職のプロに任せてしまうことが一番効果的です。そのプロと言われているのが「転職エージェント」です。

【極秘】:転職エージェントを使い倒す方法

転職エージェントなんて使っているという方も多いでしょう。しかし転職エージェントを使い倒している人は少ないです。

 

転職エージェントは、企業とのコネクションをはじめ、書類選考対策、面接対策、雇用条件の交渉などを完全無料で実施してくれます。私個人も企業側として且つ転職者としても利用し、多くの転職エージェントを利用しているので、利用価値は絶対にあります。

 

転職活動における煩わしい日程管理、企業側へのアフターフォロー、条件交渉など全てやってもらえるのでとても助かりました。そういった意味では、人脈の改善としてエージェントの利用は大いに役立つと考えています。

 

その際のエージェントの選び方は、総合型エージェント年齢別おすすめエージェント専門型転職エージェントの3つに登録することで、求人の偏りを減らすことができるので絶対に実行した方がいいです。

 

分野を分けておくと、アドバイス内容についても複数の意見を聞けるのでおすすめ。キャリア面談の際に『他のエージェントに登録していますか?』と聞かれても『いいえ』と答えておきましょう。一本に絞るとよいと言われますがこれは嘘なので気にしなくてOKです。

 

各おすすめエージェントは下記に特集しているので参考にしてみてくださいね!

 

おすすめ!転職エージェント3選
当サイトから登録の多いエージェントはこちら(各サイトに遷移できます)
【若手】20代の転職

【ミドル】
20代、30代の転職

【管理職】
40代の転職

転職ノウハウ3:職務経歴書は使い回しは厳禁!

面接・職務経歴書に転職ノウハウを検索中

転職ノウハウその3は、職務経歴書の使い回しをやめることです。

 

応募企業が沢山あるとどうしてもやりがちな職務経歴書の使い回しですが、今すぐにでもやめてください。

 

企業側も馬鹿ではありません

 

職務経歴書を使いまわすとどうしても内容が薄っぺらくなりがちで、採用担当の心をつかむ文書ではないため、書類選考の通過率が格段に下がります。数打てば当たるを繰り返すと終いには「応募企業がなくなる可能性」もあります。

【極秘】:職務経歴書の改善ポイント

転職ノウハウをTwitterでもつぶやいていますが、職務経歴書の使い回しが原因で落とされている人が非常に多いです。しかも企業側はそれを簡単に見分けることができるんです。

 

①明らかに当社の求める人物像と合っていない。
②企業研究されていないので説得力がない。
③自己PRが他の応募者と酷似

 

読んだ瞬間に分かってしまうので要注意。この対策で有効なのが『企業研究の徹底』です。

 

https://twitter.com/hiroakiminamino/status/1387398978707214341

 

改善すべき手段としては、ベースとなる職務経歴書をしっかり作り、そのベースを基に応募企業毎にマイナーチェンジをして行くと一気に書類選考通過率が改善されます。このマイナーチェンジの箇所が企業研究による結果から得た個所です。

 

これも前述同様に、企業側が求める人物像を熟読し、職務経歴書を作り上げていくことがポイントになります。

 

関連記事

転職ノウハウ4:職務経歴書をベースに面接対策を!

面接・職務経歴書に転職ノウハウを施しているか確認する面接官

転職ノウハウのポイント4は、何といっても面接対策です。書類選考を通過すると基本的には応募企業に出向くことになり、時間とお金と労力を使うことになります。

 

面接まで行って落とされた場合は、すべてが無駄。

 

ここを理解して面接対策を意識することも大事。それを理解した上で面接で落とされない為の対策を行う必要があります。その対策のベースが『職務経歴書』になります。

 

書類選考通過で浮かれて面接対策を怠る人はとても多いです。勝負はあくまでも「面接」です。企業の採用情報によく「人柄重視」とありますが、これは色々な意味を含んでいます。

 

●性格が温厚?アグレッシブ?ストイック?
●論理的思考力?直観力?
●コミュニケーション能力は?
●協調性がある?単独プレーは?

 

等、すべて「人柄」と捉えることができるんです。ニコニコしてハキハキと話すことも人柄としてよい印象ですが、それは外見です。面接は内面を見ます。自分の主張すべきことについて論理的に説明する人柄を求めているのか、アグレッシブで直感で動ける人を求めているかは、企業の求める人物像が全てです。

【極秘】:職務経歴書は求める人物像とのマッチした形で作成

転職ノウハウを多くのご相談者様に直接お伝えする際に必ず私が確認するポイントは、職務経歴書の中に企業とのマッチ度が書かれているかどうかという点です。

 

 

企業が求める人物像についてしっかり把握し、求める人物像がいかに自分が合致しているか、そして、あなたを雇用するとどのようメリットがあるのかを説明できなければ決して採用担当は首を縦に振ることはないでしょう。

 

その企業とのマッチ度をきちんと把握できるかは、転職サイトの求人票よりも転職エージェントから渡される求人票の方がはるかに細かく書かれています。この細かい内容が書かれている求人票の中でも以下の3社のエージェントは特におすすめです。是非登録してみて求人票を見てみてくださいね!

 

おすすめ!転職エージェント3選
当サイトから登録の多いエージェントはこちら(各サイトに遷移できます)
【若手】20代の転職

【ミドル】
20代、30代の転職

【管理職】
40代の転職

転職ノウハウ4つ!まとめ

面接・職務経歴書の転職ノウハウが理解できた女性

転職ノウハウで重要な4つのことはご理いただけましたか?

 

もし上記4点について自分自身で改善できることがあると思った方は、すぐに改善に取り掛かることをお勧めします。これからさらに不況の波が押し寄せてくるので、できることから改善していきましょう!

 

一人で対策が不可能な場合は、大手転職エージェントなどと二人三脚を組みながら転職活動を改善していくこともとても大事なのでまずは登録してみるのもよいでしょう。それではまた!

【極秘】:『doda』は転職ノウハウを教えてくれる

1位おすすめ転職エージェントNo.1『doda』

私自身が企業側としても転職者としても利用価値が一番高かった転職エージェント。業界に精通したコンサルタントが転職者のわがままを叶えてくれます!転職希望の方は登録する価値あり!転職相談だけでもOK。
求人数 100,000件前後
面談の質 転職の動機からキャリアプランまで寄り添う面談
対応地域 全国
特徴 転職者満足度No.1。業界を牽引していくほどの大手人材紹介会社。サポート体制も充実。初めての転職でも安心
公式サイト▶ 話そう、探そう・転職はdoda
※外部サイトに遷移します
20代おすすめ転職エージェントはこれだ!

20代初めての転職

 

「求人検索、応募書類作成、面接対策、雇用条件の交渉...。初めて尽くしで何から手を付けていいのか分からない。」といった、20代におすすめの転職エージェントを紹介!

登録からサポートまで完全無料で安心して利用できるので、転職エージェントの利用価値は絶大です!

20代特化型から大手転職エージェントまでおすすめ理由を添えて紹介しますので、気になる転職エージェントがあればまずは登録してみましょう!

第一位:第二新卒エージェントneo
ブラック企業を除外、優良企業のみの求人紹介!
 
20代のサポートは業界随一!
20代に特化した転職エージェントである「第二新卒エージェントneo」。株式会社ネオキャリアが運営する関東、関西、九州地方の20代の転職に強みを持っています。求人数も10000社以上を保有し、経験豊富なアドバイザーが親身にサポートしてくれます☆
【特徴】
①書類対策、面接対策徹底サポート。
②サポート時間が他社より長い。
③ブラック企業排除で求人紹介。
④学歴、職歴に不安があってもサポート可能。
【NGユーザー】
18歳以下と29歳以上※詳細確認や登録は以下から確認可能です↓

同率第一位:DYM
最短1週間で入社可能!
 
全国的に幅広い求人紹介なので20代に人気
DYM就職は、第二新卒・既卒はもちろんフリーターやニートの方向けの正社員求人を多数紹介。経歴や学歴に不安があっても正社員に転職・就職ができて、最短1週間でのスピード入社も可能!一人ひとりに合わせた徹底サポートで内定決定率の高さを実現しています。
【特徴】
①優良な正社員の仕事を紹介。
②2000社の優良企業を紹介。
③正社員求人100%。
④ブラック企業は徹底排除
⑤イベント来場者の就職率は脅威の96%。
⑥書類選考なし。
⑦カンタン60秒マッチングサービス。
【NGユーザー】
18歳未満、30歳以上※詳細や登録は以下から確認可能です↓

第三位:マイナビエージェント
大手転職エージェントでも20代に特におすすめ!
大手でもサポート力で他社を圧倒!
株式会社マイナビの人材紹介サービス「マイナビエージェント」。大手転職エージェントにありがちな「サポート力の弱さ」に対して、きめ細かなサポートで20代の転職をサポートしてくれるのが大きな特徴。保有求人数も多いため、全国でサポートしてもらえます☆
【特徴】
①東京・神奈川・埼玉・千葉における優良企業の求人が豊富
②20~30代に転職サポートに強い!
③人事&採用担当との太いパイプ!
④応募書類の準備から面接対策可能!
⑤親身な転職サポート!※詳細や登録は以下から確認可能です↓

Twitterでフォローしよう