求人サイトで検索中

こんにちは!就活アドバイザーの南野弘明です。

 

コロナ感染拡大が止まらない昨今。就活市場も大きく変貌を遂げました。

 

就活の主軸は『対面式の面接』が当たり前の中、現在はWeb面接へと変化し、就活の在り方も地方からの学生が都心部への就活ができるようになりました。地方の就活生が容易に都心への企業への応募ができることになったことで、地方学生のライバルが増えたことは都心部の学生には脅威だと思います。

 

現在は、就活アプリも盛んに導入されたことより『オファー型の就活』というスタイル、所謂企業からの呼びかけなんていうのも行われるようになりました。

 

今回は、このオファー型の就活スタイルがおすすめの理由について解説していきたいと思います。

 

南野弘明てどんな人?

某グローバルベンチャー企業で面接官として数多くの方々を面接。そこで開発した『転職ノウハウ』を基に、超ホワイト企業へ転職。年収400万円アップ!
『今すぐ使える転職ノウハウ』をモットーに、転職アドバイザーとして活動中!

 

オファー型就活スタイルがおすすめの理由

新卒でオファーされて内定

オファー型の就活スタイルとは、学生がプロフィールを入力することで、企業の採用担当者から早期インターンや特別な採用オファーが届く、逆求人&オファー型就活支援サービスをさします。

 

昨今の就活では、学生が自分の気になる企業へ応募して結果を待つスタイルでしたが、実力のある学生を企業側が個別に連絡して、採用試験へのプッシュを行ってくれるというスタイルに変わってきています。

 

この仕組みを利用すると、ライバルが多い就活サイトで頑張って応募を続けなくても、自分のアピール次第で企業側から連絡が来るので内定をゲットしやすいといった特徴があります。

ライバルに差を付けられるかがアフターコロナで必要

就活で内定をゲットした20代

コロナという見えない敵の存在により、新卒は雇止めの対象になっています。教育コストがかからる新卒より、即戦力で活躍できる中途採用者で市場が溢れかえっているわけですから、わざわざ新卒を雇い入れる必要が無いわけです。

 

つまり新卒の時から学歴に関係なく本当に実力がある学生を採用したいと思うのは企業側からしてみれば当然ともいえますよね。

 

だからこそオファー型の就活スタイルに早めに切り替え、自分自身の強みをしっかりとアピールできるかが新卒内定の大きなカギと言えます。

オファー型の就活ツールは何があるの?

求人検索中

オファー型の就活に代わると言ってもいきなり企業の人が連絡してくるわけではありません。それには必要な就活ツールがあるので登録などが必要になります。

 

次に、オファー型の就活ツールについてご紹介します。

dodaキャンパス

dodaキャンパスは、登録企業数が6,200社を超え、大手企業から業界をけん引する優良企業まで、多くの企業がつかっているのが特徴。

 

ベネッセならではの強みとして、オンラインキャリアイベント「dodaキャンパスゼミ」を通して、就活のテクニックから、これからのキャリアを考えるうえでの成長支援サービスが無料で受けられるので、オファー型就活ツールとして非常に役立ちます。

 

プロフィールの書き方のコツとしては、きちんとした『経験』を書くことで、自己理解が深まるキャリアノート(プロフィール)によって、皆さんの魅力が企業に伝わり、自分にあったオファーが届くようにすることが大事!

 

『dodaキャンパス』についての詳細はこちら↓
新卒採用オファー受信率98%【dodaキャンパス】



OfferBox

『OfferBox』は、利用学生数 21.1万人以上(※2020年9月現在・2021年卒/2022年卒合算)就活生の3人に1人が登録!

 

新卒オファー型就活サイト<3年連続>学生利用率No.1の実績があります。

 

利用企業数7,140社以上(2020年9月時点の実績)大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)などが利用している状況。学生のオファー受信率93.6%(プロフィール入力率を80%以上にすると90%以上の人にオファーが届く!)

 

学生がOfferBoxで就活するメリットは、企業が見ている学生の”人となり”をアピールできること。

 

適性診断AnalyzeU+を無料で受けることが可能なので、その適性診断の結果をもとに、自己PRをさらに磨くことができるのも特徴的です。

 

企業が学生に送るオファー数に制限があり、いわゆる一斉配信ができないため、企業はしっかり学生のプロフィールを見て、オファーを送る必要がある為、非常に信用度の高いオファーが受けられます。

 

『OfferBox』についての詳細はこちら↓
オファー型就活アプリOfferBox



まとめ

新卒で内定ゲット

コロナで新卒採用は非常に厳しくなってきています。だからこそライバルに差をつけるアプリなどは非常に有効なツール。

 

中でもオファー型の就活スタイルはかなり重宝される時代が目の前にあるので是非就活ツールとして活用してみてくださいね!

 

当ブログでは、新卒のおすすめ記事も多数ありますので、よかったら下記のツールも是非参考にしてみてください!

 

それではまた!

おすすめ記事

20代おすすめ転職エージェントはこれだ!

20代初めての転職

 

「求人検索、応募書類作成、面接対策、雇用条件の交渉...。初めて尽くしで何から手を付けていいのか分からない。」といった、20代におすすめの転職エージェントを紹介!

登録からサポートまで完全無料で安心して利用できるので、転職エージェントの利用価値は絶大です!

20代特化型から大手転職エージェントまでおすすめ理由を添えて紹介しますので、気になる転職エージェントがあればまずは登録してみましょう!

第一位:第二新卒エージェントneo
ブラック企業を除外、優良企業のみの求人紹介!
 
20代のサポートは業界随一!
20代に特化した転職エージェントである「第二新卒エージェントneo」。株式会社ネオキャリアが運営する関東、関西、九州地方の20代の転職に強みを持っています。求人数も10000社以上を保有し、経験豊富なアドバイザーが親身にサポートしてくれます☆
【特徴】
①書類対策、面接対策徹底サポート。
②サポート時間が他社より長い。
③ブラック企業排除で求人紹介。
④学歴、職歴に不安があってもサポート可能。
【NGユーザー】
18歳以下と29歳以上※詳細確認や登録は以下から確認可能です↓

同率第一位:DYM
最短1週間で入社可能!
 
全国的に幅広い求人紹介なので20代に人気
DYM就職は、第二新卒・既卒はもちろんフリーターやニートの方向けの正社員求人を多数紹介。経歴や学歴に不安があっても正社員に転職・就職ができて、最短1週間でのスピード入社も可能!一人ひとりに合わせた徹底サポートで内定決定率の高さを実現しています。
【特徴】
①優良な正社員の仕事を紹介。
②2000社の優良企業を紹介。
③正社員求人100%。
④ブラック企業は徹底排除
⑤イベント来場者の就職率は脅威の96%。
⑥書類選考なし。
⑦カンタン60秒マッチングサービス。
【NGユーザー】
18歳未満、30歳以上※詳細や登録は以下から確認可能です↓

第三位:マイナビエージェント
大手転職エージェントでも20代に特におすすめ!
大手でもサポート力で他社を圧倒!
株式会社マイナビの人材紹介サービス「マイナビエージェント」。大手転職エージェントにありがちな「サポート力の弱さ」に対して、きめ細かなサポートで20代の転職をサポートしてくれるのが大きな特徴。保有求人数も多いため、全国でサポートしてもらえます☆
【特徴】
①東京・神奈川・埼玉・千葉における優良企業の求人が豊富
②20~30代に転職サポートに強い!
③人事&採用担当との太いパイプ!
④応募書類の準備から面接対策可能!
⑤親身な転職サポート!※詳細や登録は以下から確認可能です↓

Twitterでフォローしよう