大手転職エージェントはこちら▼
135_就活_最強のエントリーシート

就活における「最強のエントリーシート」の書き方教えます★

 

こんにちは!就職アドバイザーの南野弘明です。

 

さて、就活シーズンも真っ只中!みなさん就活頑張っていますか?多くの人は、「筆記試験」「面接」の対策はしていると思いますがES(エントリーシート)の対策ってやっていますか?

 

当然、筆記試験も大事ですし、面接も大事です。でも、就活には「書類選考」というものがあり、それを通過しないと筆記試験や面接に行けないこともあるのでES(エントリーシート)の対策は必須なんです。

 

なのになぜかそのエントリーシートの対策を疎かにする人が非常に多いです。適当に書いたエントリーシートで仮に面接まで行ってもおそらく1次面接で落とされるでしょうね。なぜなら、

 

エントリーシートの内容について詳しく聞かれるのが1次面接だからです。

 

今回は、就活初心者や書類選考で落ちまくる就活生に向けて「最強のエントリーシートの書き方」と題して、最強のエントリーシート作成のための4つの秘訣を徹底解説いたします。

最強の就活エントリーシート!ESは「見た目」と「表現」がすべて!

事務職の仕事

最強の就活エントリーシート(ES)を書くために大事なのが、

 

「見た目」&「表現」

 

です。この2つに関しては、「細心の注意」を払うことです。見た目って何?と思うかもしれません。簡単な例に例えると、

 

♡エントリーシートは「ラブレター」だと思って書くことです♡

 

それが「最強のエントリーシートの書き方」なんです。そのコツを説明するのでしっかりついてきてくださいね!

最強の就活エントリーシートを書く方法その1:書く「文字」を徹底チェック!

内定

最強の就活エントリーシート(ES)を書く方法その1として、書く「文字」を徹底的にチェックすることです。

 

みなさんがラブレターを書く時を想像してください!ラブレターをもらうことを想像してください!どんなラブレターをもらったら「お付き合いしたい・会ってみたい」と思いますか?私なら下記ですね。

最強のESは「文字」まで意識されている
①文字が読みやすい
②文字の大きさがちょうどいい
③文字がきれい
④誤字脱字が無い
⑤文字数が少なすぎず、多すぎず
⑥熱意が感じる
⑦分かりやすい表現

まず、①~⑤については「お付き合い、会う」以前の話だね。折角熱意を伝えるために一生懸命書いたエントリーシート(以下ラブレター)を作っても、文字が汚かったり、読みにくかったらその時点で萎えてしまいます。では、どうするればよいのか、対策方法を教えます!

①文字が読みやすいとはバランスのこと

エントリーシートの読みやすさとは「バランス」のことです。バランスをとるために必要な要素が「改行」を使うことです。改行が無い文章は本当に見づらいのでやめましょう!

②文字の大きさはPC作成なら11ptを使う!

エントリーシートの質問に対しての文字数がある程度決まっているなら対策は簡単。

 

PC作成OKであれば、フォントの大きさ(文字の大きさ)は11ptを使うのが無難です。

 

よく文字数の制限が無い場合に、文字数稼ぎの為にフォンサイズを小さくして作成している人がいますが、メチャクチャ見にくいのでやめてください。面接官は「読みにくいES」と判断して不採用にする可能性も考えられるので要注意です!

③文字はきれいに書く

エントリーシートの文字ですが、未だに「手書き作成を推奨」している企業があるなら即刻辞退してください!

 

いいですか?これだけPCが普及して手書きの手紙や、年賀状すら廃止しているところも多い中、なぜに手書きをさせるのでしょうか?「ラブレターだから?」と思うなら大間違い!

 

私が面接官の時、手書きでエントリーシートを仕上げてくる方も多くいらっしゃいましたが「兎に角見にくい」のでやめてほしかったです。見にくいという「負の印象」はエントリーシートの中身も悪く見えてしまっていい印象を持ちませんでした。

 

全てのエントリーシートの書き方は「PC作成」に変更しましょう!

④誤字脱字がない

次に、誤字脱字のチェックは厳しく行ってください

 

自分ではそのミスに気づきにくいかもしれませんが、他人の文章の誤字脱字は、パッと見ただけでも目につきやすいものです。エントリーシートは企業に対しての「ラブレター」ですよ!そのラブレターが「誤字脱字だらけ」だと読み手側もいい印象はありませんよね?

 

たとえ文章の内容が素晴らしいものでも、誤字脱字(ミス)があるだけで、面接官から

 

・確認不足
・詰めが甘い

 

などといった判断をされかねません。エントリーシートは親しい友人などに一度見せ、誤字脱字が無いように徹底的にチェックしてください。

最強の就活エントリーシート書く方法その2:趣味、特技は全て志望理由につなげる

面接対策

「最強の就活エントリーシート」は、「趣味」「特技」まで全て工夫されています。

 

みなさんは趣味や特技欄に何を書いていましたか?例えば、テニス大会で都大会3位に入ったなどの結果だけを書くようなことはありませんでしたか?これでは「バイトの履歴書です」。

 

趣味や特技の書き方についてしっかり解説していきます。

どんな趣味、特技でも自己PRや志望動機につなげる方法

皆さん!趣味や特技の欄を適当に書いてしまうとアピール材料にならないので、今日から私が教える対策方法に変更して作成してください!下記にそのやり方を教えますので例を見てください。

 

・本を読むのが好き

エピソード:本に関わる仕事がしたい
志望動機:本の編集を志望

 

エピソード:本の登場人物にあこがれを抱いた
志望動機:本の登場人物と同じ職種に就きたい

 

エピソード:1週間に2~3冊の読書計画
志望動機:顧客のライフプラン設計に役立つ

 

いいですか?本を読むのが好きだけでは何の話題性もありません。本が好きなことを仕事に少しでもつなげるように内容を工夫すればいいんです。

 

ただ「●●が好き」「▼▼が得意」ではなく、趣味・特技がどのうに自分自身に影響を与えてきたのか、そして、就活においても自分自身の考えに影響をどのように与えたのかを書けば、ライバルより一歩進んだエントリーシートの趣味・特技欄になるので実行しましょう!!

最強の就活エントリーシートを書く方法その3:「なぜこの会社に応募したのか」を明確に書く

面接の風景

最強の就活エントリーシート(ES)を書く方法その3として、志望動機の欄の書き方は要注意です。この書き方を間違えるとほぼ間違いなくエントリーシート(ES)で落とされます。では、何を書くべきか。書くべきことはたった2つ。

 

・なぜこの会社を選んだのか
・なぜこの会社でないとだめなのか

 

この2つが明確に書かれていないとまずエントリーシート(ES)で落とされます。しかし、この部分はとても難関です。なぜなら、第一志望ならともかく、第二志望、第三志望になるととても書きづらいものです。この時の考え方のコツは、

 

・今までの経験から応募先がマッチしていること
・自分がどのように応募先に貢献できるか

 

を意識しながら書けば、志望度に関わらず上手くまとめあげることができるのでやってみてください。

下記に志望動機の作成方法についての関連記事があるのでご参考に↓

最強の就活エントリーシートを書く方法その4:自分の実力値×1.2で「盛る」

面接の入室

最強の就活エントリーシート(ES)を書く方法その4として、エントリーシートを仕上げていくうえで「自分の実力の無さ」を痛感してしまう時がありますよね?

 

例えば、コミュニケーション能力にも自信があり、統率力にも自信がある、でも「エピソードがない」となった場合説得力に欠けてしまいますね。そんな時は大したことのないエピソード×1.2倍のエピソードを盛ってしまえばいいんです。

 

例えば、バイトである程度メンバーをまとめる経験をしたことがあるけど「バイトリーダー」というポジションがないなら「バイトリーダーとしてまとめた」としてしまえばいいのです。これが「1.2倍に盛るテクニック」です。

 

多少の色付けはご愛嬌

 

ですが、1.2倍以上に盛ってしまうとぼろが出るので要注意!例えば上の例で、

 

「バイトリーダーとして新しい新人が入るたびに新人教育も全て実施してきた。マネジメントにも自信があるので御社でさらに飛躍したい」

 

など、実際に経験したことのないエピソードを交えてしまうとさらに掘り下げられたことを面接で質問されるの可能性があるので答えられないことがあります。そうすると、エントリーシートは通過できるが面接が通過できないパターンになりますのでNGですし、ひどい場合は「虚偽」になり、ばれた場合は内定取り消しの可能性もありますので、「盛り」は1.2倍程度に留めておくことがポイントです。

最強の就活エントリーシートの書き方教えます!:ポイント4つまとめ

自己分析

最強の就活エントリーシート(ES)の書き方についてはいかがでしたでしょうか?

 

ライバラが気づかないことをやることが本当のテクニックなんです。そのテクニックをフル活用することで初めて「最強の就活エントリーシート」が完成します。そのポイントは4つでしたね。

 

①エントリーシートは「見た目」は重要!
②趣味、特技も自己PRに繋げる
③志望動機は「なぜこの会社に入りたいか」を書く
④自分の実力×1.2倍まで「盛り」はOK

 

でしたね。4つのポイントをしっかり意識して書けばほぼES通過率50%前後までは跳ね上がります。しかし、それでももしエントリーシートを書くのが苦手なら「就活エージェント」を活用してみるのもいいでしょう。

 

就活エージェントは、登録して面談を受ければ「あなたに合った求人を紹介してくれる」人材紹介会社です。利用は完全無料で、「応募書類対策」、「面接対策」、「面接日程調整」等の就活における「対策、管理」という面でしっかりサポートしてくれるのが特徴。

 

下記の様な就活エージェントは特に、サポートが豊富なのでおすすめです!

最短1週間で内定をもらうことが可能!
 就活 に おける 「 最強 の エントリー シート 」 の 書き方 教え ます ★ 就活 に おける 「 最強 の エントリー シート 」 の 書き方 教え ます ★
キャリアパークが厳選した優良企業から、あなたに合った企業を紹介してもらおう!
【特徴】
・就職のプロが選考対策をサポートしてくれる
・早く内定が取れる
・優良企業に行ける(ブラック企業を避けることができる)
・特別選考ルートへ進める。

【こんな就活生におすすめ!】
・内定がなくて焦っている。
・内定先に不安を持っている。
・はやく内定がほしい
・面接のコツが分からない。
・自分に合った企業が分からない
・第一志望に落ちて、視野を広げたい。

【注目!】
就活エージェントだから就活生の強い味方!完全無料で利用でき、最短1週間で内定ゲット♪

【完全無料のサポート内容】
・特別推薦ルートあり
・年間1000名以上を内定に導く就活のプロがサポート
・大手グループ/東証一部上場企業あり
・急成長ベンチャー/優良企業など様々な企業あり
・自己分析・ES・面接・グループディスカッションなど対策あり
・人事責任者への推薦を実施
・面接のフィードバックあり
・ナビサイト非掲載の求人を紹介してもらえる

登録はこちら↓

 

就活エージェント特集はこちら!

本気で就活したい人へのおすすめアプリとは?
既卒・フリーターの本気の就活

就職活動で一番やってはいけないこと知ってますか?

 

それは、情報を自分で取りに行かないこと

 

与えられた情報を基に就活をしている人は、積極的に情報を取りに行くことが大事です。当ブログでは、そんな就活生の悩みにお答えするべく「就活ノウハウ」を公開しております。

 

しかし、その就活ノウハウも情報を得ただけでは先に進みません。

 

情報を取りに行った後には「行動」が必要です。すなわち、実際に企業へアクションを起こすこと。アクションとは、

 

●応募書類を作成
●筆記試験
●面接
●内定獲得

 

することです。その時に必要になるのが就活ツール。私がおすすめする就活アプリは、皆が知らないけど使うと得する就活ツールです!ライバルにできる限り秘密にしておくことをおすすめします(内定をゲットした後は教えてあげてね笑)

 

簡単登録、完全無料の就活ツールなので是非利用してみてくださいね!

Twitterでフォローしよう

転職を成功の為に読んでおきたい