▼強み/年収分析最強ツール▼
ホテル・旅館からの転職先おすすめ5選!コロナ禍のピンチ脱出術

ホテル・旅館で働く方は、コロナで非常に厳しい事態に追い込まれています。そもそも宿泊業全体として薄給&激務なうえ、離職率も高い業界です。コロナによるこの更に悲惨な状況から早いうちに脱出すべく、おすすめの転職先5選について解説します。

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

この記事で分かること

①ホテル・旅館からの異業界転職が多い理由
②宿泊業で身に就くスキル
③異業界転職先おすすめとその理由
④おすすめ転職ツール

注目おすすめ転職3選ツール

転職ツール 特徴
リクナビNEXT 全国の求人情報を勤務地や職種、あなたのスキルや資格などから検索が可能。転職成功のヒント満載の求人/転職のサイトです。
ミイダス コンピテンシー診断が使える!職務適性やパーソナリティの特徴、ストレス要因、相性の良い上司・部下のタイプなど、あなたのコンピテンシー(行動特性)を分析できる(完全無料)。
転職会議 国内最大級100万件以上の転職口コミ情報が掲載されています。会員数は500万人以上。日本中の企業の口コミが集まっています。

※クリックすると公式サイトに遷移できます。

ホテル・旅館といった宿泊業の離職率が高い理由

ホテルや旅館の宿泊業から転職先は別にしたい女性

ホテル・旅館といった宿泊業は、他の業界よりも極めて離職率が高いのが特徴です。特に際立つのが、新卒が3年以内に辞める離職率は50%を超えています。

さらにこの離職者のほとんどが、ホテル・旅館といった宿泊業から異業界に転職先を選んでいることが多いのも特徴的です。

では、なぜこんなにも離職率が高いのか、その理由について見てみましょう。

①宿泊業全体の年収が低すぎる

ホテル・旅館などの宿泊業から別の業界に転職先を選ぶ殆どの人が口をそろえていうのが、激務で薄給という理由です。とにかく年収が低いのが宿泊業の特徴と言えます。

 

年収比較
ホテル業界全体の平均年収:35歳→350万円程度
日本の平均年収:35歳→420万円程度

 

かなり激務なのに割が合わないと考え、異業界に転職先を選ぶ若者が非常に多いのも特徴的です。さらに追い打ちをかけるコロナ騒動。客足が遠のき、更に低い年収では、もはや働く意味もなくなり、潤っている業界に転職先を選ぶのは当然のことかもしれません。

②夜勤・土日出勤で過労

ホテル・旅館などのかき入れ時は、何と言っても土日及び長期連休などです。世間が休みの時は身を粉にして働き、さらに夜勤まであるのが特徴です。

その為、生活リズムが安定せず体を壊してしまう方もいれば、家族との時間を過ごせず辞めてしまう方もいらっしゃいます。

 

前述した薄給で生活リズムが安定しないとなれば、若い世代は積極的に働きたいと思う方も少ないでしょう。

コロナ禍では、激務ではなくなってきていますが、あくまでもコロナが原因で一時的なもの。落ち着いてGOTOトラベルなどを行えば客足は戻り、再度不規則な生活に戻ります。

③ホテル・旅館業は体力的にきつい

ホテル・旅館などで働く方は体が資本といっていいくらい動き回ります。重いものを運んだり調理の補助をすることもあるでしょう。もちろん、料理を運んだりもします。

そのうえ追い打ちをかけるように非常に少ない年間休日日数。まさにブラック企業かと思うような働き方をさせられ、離職してしまう方が非常に多いのが特徴です。

 

これらの理由からもわかるように、薄給できつい仕事となれば離職率も高くて当然とも言える結果となっています。

 

しかし、ホテルや旅館で働いている方は、後述する転職先で大いに役立つスキルを身に付けているのが特徴なので、中途採用でも意外と簡単に異業種の転職先を選んでも転職できてしまうのが特徴でもあります。

 

ではどんなスキルを身に付けているのか見ていきましょう。

ホテル・旅館といった宿泊業で身に付くスキル

ホテルや旅館の宿泊業から転職先は別にしたい20代女性

ホテル・旅館で働いた経験というのは、異業種の転職先にいっても非常に役立つスキルを身に付けているのが特徴です。

そのスキルを存分に発揮することができることを期待されて採用される可能性が高いので、次にご紹介するスキルをご自身なりにまとめておくとよいでしょう。

①従業員・お客様の垣根を超えた交流

ホテルや旅館の宿泊業から転職先は別にしたい男女

ホテルや旅館というのは、リピート客が多いのが特徴です。その理由は、ホテルの環境、従業員の質、料理など様々なサービスをお客様に認められたという努力の結晶です。

特に従業員のサービスについては、ただおもてなしをするのではなく、何気ない会話というのもありますし、時には年賀状の交換などもあるかもしれません。

 

お客様を心から思う気持ちというのは、ホテル・旅館といった宿泊業がもっとも高い業界なので、その心遣いが他業界で高く評価されます。

②異文化コミュニケーション

ホテルや旅館の宿泊業から転職先は別にしたい女性がカーディーラーに転職

ホテルや旅館というのは、海外のお客様も宿泊されることが多いです。色々な国の方と多少なりとも英語で話した経験などがあれば、それは非常に大事な経験をしています。

もちろん英語が堪能であるに越したことはありませんが、大事なことは話したことがあるかどうかです。

 

ちょっと話したことが、色々な外国の方と触れ合う機会になってコミュニケーションを図ることができたというのは、他の業界にはない経験の一つと言えます。

英語が話せるのであれば(ほんの少しでも)それは一つのスキルですし、話せなくてもコミュニケーションを図ることができたと思うのであれば、それもスキルです。

 

その経験やスキルが、転職先でどのように役立てるのかをまとめておくとよいでしょう。

③ホテル・旅館は組織力が大事

ホテルや旅館の宿泊業から転職先は別にしたい男性3人

ホテや旅館といった宿泊業は、個人プレーと思われがちですが、実は組織力というのが非常に大事な業界です。業務自体は個人で行う可能性はありますが、それは組織の一部の仕事を任されているということ。

調理担当、接客担当、フロント担当など細分化されて業務を行い、顧客満足度向上に努めています。

 

それらの経験は、転職先を他業界を選んだとしても非常に役立つ経験です。その組織の中でうまく立ち回るというのもスキルの一つであり、そのスキルがあれば転職先でも役立ちます。

転職先の面接では、組織の中での自分の役割とその経験がどのように転職先で役立つのかを説明できるとGOODです。

④自分で考え行動できるスキル

ホテルや旅館の宿泊業から転職先は別にしたい女性がエージェントに相談

ホテル・旅館などの宿泊業は、きちんとした業務マニュアルはあるところもあるでしょう。しかし、顧客満足というのは、マニュアルだけで向上できるものではありません。

笑顔やコミュニケーション、気遣いなどはその人個人のスキルであり、経験から得られるものです。

 

クレームについてはまとめておく台帳があることもあるでしょう。しかしクレーム台帳に読み、それを次のお客様に活かすかどうかは、ご自身が考える能力や行動に移すことができる資質が必要です。

これらの経験を基に、体験談を転職先の面接で話すことができると高評価得られるのもホテル・旅館で働いていた方が転職に有利な理由の一つとも言えます。

ホテル・旅館からの転職先おすすめ5選

前述した経験・スキルは、ホテル・旅館といった宿泊業で得られた大事な経験です。これらの活かす事で、宿泊業からの異業種への転職は成功しやすくなります。

ではどのような業界や職種に役立つのか、おすすめ転職先5選とその理由について見ていきましょう。

①接客業全般

ホテルや旅館の宿泊業から転職先は別にしたい女性が接客業に転職

接客業は、ホテルや旅館経験者を欲しがる業界です。前述した経験が直結して役立ちますし、何よりもおもてなしの接客は、日本で非常に好まれる経験・スキルだからです。

ホテルや旅館といった宿泊業は、物を売るという経験値はありませんが、接客サービスという点では一流です。

その経験は、ものを販売したり、飲食店勤務、百貨店などの従業員として働くうえでも重要なスキルと言えますし、お客様に気持ちよく購入してもらうということに繋がるので、接客業全般は、宿泊業からの転職先として選ばれやすいです。

 

接客業全般で求人を探す際は、下記のような転職サイトや接客業に強みを持つ転職エージェントに登録して探すと効率よく探すことができるので、是非登録してみましょう。

 

接客おすすめサイト&エージェント

サイト名 URL おすすめ年代
リクナビNEXT https://next.rikunabi.com/ 全世代
マイナビエージェント https://mynavi-agent.jp/ 20代~30代
リクルートエージェント https://www.r-agent.com/ 40代~50代

②管理系職種(事務、人事など)

ホテルや旅館の宿泊業から転職先は別にしたい女性が事務職に転職

ホテルや旅館経験者の転職先として多いのが、管理系職種である事務職や人事への転職です。ホテルや旅館で働いていると体が資本である一方で、意外と事務作業もされている方も多いです。

例えば、帳票や記録の整理、帳簿作成、お客様の電話対応、仕入先や外部業者の対応など広く対応された経験をお持ちの方が多いです。これらのスキルは、事務職を転職先に選んだ時、大いに役立ちます。

また、ホテルや旅館で働き、ある程度経験を積むと教育係として活躍される方も多です。教育係や人事教育の経験を活かして人事職に転職先を選ぶ方が多いのも特徴です。

 

事務職や人事系に強い転職エージェントなどに登録すると、未経験でも活躍できる求人の紹介からサポートまで幅広く行ってもらえるので、是非登録、キャリ相談を受けてみましょう。

 

事務&人事おすすめ転職エージェント

サイト名 URL おすすめ年代
第二新卒エージェントneo https://www.daini-agent.jp/ 20代
doda https://doda.jp/ 20代~30代
リクルートエージェント https://www.r-agent.com/ 40代~50代

 

③営業職

ホテルや旅館の宿泊業から転職先は別にしたい男性が営業職に転職

ホテル・旅館での経験は、営業職全般でも非常に役立ちます。前述し接客業の販売員と似ていますが、物を売り込むといった面では営業職も同じ。

気持ちよく購入してもらったり、おもてなしのサービス精神は、ただ営業職として業を行っている人よりも、遥かに宿泊業で身に付けた方の方がうえ。

それらを転職先の面接でアピールできるのは強みと言えます。

合わせて、なぜ営業職なのか、営業職としてどういったスタンスで顧客との関係を気付いて行きたいかをアピールするとよいでしょう。

 

営業職は、大手転職サイトや営業職に強い転職エージェントを活用して求人を探すと効率の良い転職活動が可能です。

営業職は、未経験からでも今までの経験が転職先で活かしやすいので、好条件の転職したいのであれば、完全無料でサポートしてくれる転職エージェントがおすすめです。

 

営業職おすすめサイト&エージェント

サイト名 URL おすすめ年代
リクナビNEXT https://next.rikunabi.com/ 全世代
マイナビエージェント https://mynavi-agent.jp/ 20代~30代
リクルートエージェント https://www.r-agent.com/ 40代~50代

④冠婚葬祭業界

ホテルや旅館の宿泊業から転職先は別にしたい女性がブライダル業界に転職

ホテル・旅館から冠婚葬祭業界を転職先に選ぶ方も非常に多いのが特徴です。その理由は、宿泊業と冠婚葬祭業界のサービスの体質が非常に近いことがあげられます。

もちろん前述した業界でも役に立つスキルや経験ではありますが、その本質は以下の二つの業界と似ています。

 

冠婚葬祭業界
①ブライダル業界:結婚
②葬儀業界:葬式

 

これは「出会いのお祝い」と「お別れの儀式」。良い思い出作りには、サービスは欠かせないといったことから、転職先を冠婚葬祭業界に選ぶ方が多いのが特徴です。

 

冠婚葬祭業界は、転職サイトではなかなか求人は見つけにくい一方で、転職エージェントを利用すると比較的好条件の求人がヒットしやすいので、人材紹介会社を経由して応募するとよいでしょう。

 

ブライダルおすすめエージェント

サイト名 URL おすすめ年代
リクシィキャリア https://career.rexit.co.jp/ 全世代
リクルートエージェント https://www.r-agent.com/ 全世代

⑤外資系企業

ホテルや旅館の宿泊業から転職先は別にしたい男性が外資系に転職

これはホテルや旅館のなかでも、英語が活かせた人向けの場合だけです。外資系企業は、英語が話せるというのが前提なので、その前提ができていないと転職先を外資系企業を選ぶのは厳しいでしょう。

最低限のハードルとしては、以下のような基準が目安です。

 

外資系の求める英語レベル
①TOEIC:600点以上
②英会話:中級レベル

 

この程度のレベルが無いと外資系企業は厳しいでしょう。本部との会議などがあるとき、全て英語で話す必要があるで、最低限を目安に転職先を選ぶ必要があります。

 

外資系企業のホテルに勤めている方で、初めての転職の場合は、外資系に強い転職エージェントを利用すると条件のよい転職が可能です。下記のようなエージェントは、サポートに定評があるので、登録やキャリア相談してみることをおすすめします。

 

外資系おすすめエージェント

サイト名 URL おすすめ年代
JAC Recruitment https://www.jac-recruitment.jp/ 30代〜50代
doda https://doda.jp/ 20代~40代
リクルートエージェント https://www.r-agent.com/ 全世代

まとめ

ホテルや旅館の宿泊業から転職先は別にしたい様子

ホテル・旅館といった宿泊業から転職先を選ぶ場合、今までの経験やスキルを活かせる5つの業界や職種を選択すると好条件の転職が可能になります。

逆に経験が活かせないようなメーカーの工場勤務、設計、エネルギー業界、IT業界などは、転職することが厳しく、入社してからも苦労します。

今回ご紹介した5つを検討し、転職サイトや転職エージェント上手く活用し、好条件の転職を成功させましょう!

それではまた!

 

転職ノウハウが詰まった記事リストはこちら
転職エージェント絞り込み検索
年代
特徴
職種
業界
さらに詳しく検索
地域

Twitterでフォローして限定記事を購読!

転職を成功の為に読んでおきたい記事