大手転職エージェントはこちら▼
転職ノウハウ一押しの記事▼
ドライバー職の転職!仕事内容と転職チェックポイント

ドライバー職の転職!仕事内容と転職チェックポイント

こにちは!南野弘明です。

今回は「ドライバー系」の転職事情について記事にしたいと思います。

皆様の転職にお役に立ていただければ幸いです。

【ドライバー系おすすめ転職サイト】

転職を強力サポート!最大で入社祝い金45万円タクシー無料転職支援サービス【タクQ】


ドライバーの転職市場動向

ドライバー職は、異業種からの転職が非常に多いです。

では、どんなドライバー職が人気があり、どんな職場環境か、どんな仕事内容か見ていきましょう。

人気のドライバー職 第一位!トラックドライバー

一位はやはり「トラックドライバー」です。

一位の理由はやはり「給与面」が大きいようです。

会社の受入体制

当然ながら異業種からの転職者が多いので、会社の

受け入れる体制

が整っている傾向があります。入社時には、自動車の運転免許(大型など、会社によって異なります)が必要と考えている人も多いですが、人手不足により、免許取得費用などを援助してくれる企業もあります。

「運転する」という技術以外は必要とされませんので異業種からも転職しやすいのが特徴です。

気になるの「荷物の積み込み方法」ですが、これは入社後にしっかり教えてもらえるので安心です。

トラックドライバーの需要激増の理由は?

現在ドライバー職は人手不足によりかなり積極採用している傾向があります。需要が拡大した要因としては、

ネット通販

に関係する

○宅配業者
○大型トラック運転手

は、ドライバー経験があればほぼ間違えなく即採用の可能性が高いです。もう一つの特長として、人手不足の業界なので、

★給与などの交渉

も積極的に聞いてもらえる傾向があるので必ず確認しましょう!

トラックドライバーはどんな仕事?

トラックドライバーは主に3つの作業をこなします。

トラックドライバーの3つの作業

トラックドライバーの仕事
1:荷物の積み込み
2:現場まで荷物を運ぶために運転する
3:荷物を降ろす。

この一連の作業を「運行」といいますが、ポイントとして、

荷物を降ろす作業

があることです。宅配便がいい例ですね。

大型トラックなどのドライバー職なら荷物を降ろした後は次の荷物を積みに現場に向かいます。

休憩や睡眠は、移動中に取ることが殆どなので時間にしばられた休憩よりも自分で休憩も管理できるのが特徴です。

トラックドライバーの仕事は基本的に一人

ただ、ドライバー職は基本的に

1人で運転

します。しかし、入社して間もなければ、先輩ドライバーに同行して技術やルートなどを学びますますのでその点は安心です。

このような同行は“横乗り”と呼ばれ、先輩社員が問題無いと判断したら最短1週間程度で1人運転デビューとなります。

トラックドライバーのメリット

トラックドライバーのメリットは

荷物を目的地まで時間通りに運べば、あとは自由

という会社が多いので、計画をしっかり立てれば自由時間。地方料理を食べたり、見物したり自由に過ごせるので結構おいしいです。

トラックドライバーになる為の資格

前述しましたが、トラックドライバーで得するのは、

大型自動車免許

をもっていることです。会社によっては、中型自動車免許やそれ以下の免許でも可能ですが、大型自動車免許を取得していると、ほぼすべての車種をカバーできるので大変お得です。

大型以外の免許では、

○けん引免許
○フォークリフト運転技能者
○玉掛作業者の資格

を持っていると転職に有利です。

トラックドライバーに求められる素質は「責任感」です。面接では、責任感が強いところをアピールするとよいでしょう。

タクシードライバーはどんな仕事?

実はとても多いのが、トラックドライ―からタクシードライバーに転職する人です。トラックドライバーは高収入を得ることができますが、

とても「激務」

です。ルートによっては、

家に帰ることもできない

というのが現状で。しかし、タクシードライバーなら毎日家に帰れます。タクシードライバーも「異業種からの転職」も非常に多いのが特徴です。

トラックドライバー=荷物を運ぶ=重労働

のに対し、

タクシードライバー=人を運ぶ=神経を使う

となります。

タクシードライバーの2面性

タクシードライバーは2面性を持ち、一つはドライバーですが、もう一つは、

○接客業的な側面

もあります。つまり、営業職や販売員からは転職しやすい職業といえるかと思います。年収面では、トラックドライバーと比べて低くなる傾向はありますが、激務まではいかないので、「お金よりも時間」を得たい人はタクシードライバーの方がいいかもしれませんね。

タクシードライバーに必要な資格

普通自動車第二種免許

です。タクシー会社によっては、第一種免許を持ってさえいれば、第二種免許を取らせてくれるところもありますので確認しましょう。注意が必要なのは、

第二種免許の取得資格は、第一種免許の運転歴が3年以上

となります。さらに、タクシードライバーは、人を乗せる仕事なので、面接では

対人スキル

を厳しくチェックされます。そいうった意味でも営業職、接客業からの転職は有利でしょう。また、タクシー会社の儲かるシステムは、

ドライバーがたくさんお客さんを乗せる

ことにより儲かるようになっています。つまり、面接対策としては、

積極的にお客さんを乗せれるように頑張る

というところを前面に出すと好印象でしょう。タクシードライバーの給与体系は特徴的で、

○固定給+歩合制

です。つまり、沢山乗せればタクシー会社も儲かり、あなたの懐も潤います(笑)。



ドライバー系転職へのコツ

ドライバー系の転職ノウハウは以下のようなことが挙げられます。

●正確さをアピール

ドライバーの仕事は、一瞬の判断ミスが大事故につながるため、気づかいよりも正確さが求められます。また、タクシードライバーの場合は、それに加えて人当たりのよさが要求されます。

●規律を守れる人であることをアピール

時間や交通ルールなど、規則をしっかり守ることは絶対条件です。

上記2点を基に自己PRを書くことがポイントです。

ドライバー職の志望動機対策

・企業理念に共感した
・サービスを普段から使っている
・サービスに関心がある

などが定番です。志望動機は、企業研究をしっかりおこない、熱意をこめつつシンプルにまとめましょう。異業種から転職する場合は、

前職で身につけたスキルのなかで、ドライバー職に役立ちそうなものや応用できそうなもの

をピックアップしてアピールします。営業職や接客業ならコミュニケーションスキルがアピールできます。また、トラックドライバーに転職する場合は、荷物を積み下ろすだめの体力が求められます。普段から重い荷物を扱っている職業や、仕事で車を運転することの多い職業は、そのことを強調するとよいでしょう。

ドライバー系に強い転職サイト

 

転職を強力サポート!最大で入社祝い金45万円タクシー無料転職支援サービス【タクQ】


◆ターゲットユーザー◆
20代~50代男女

タクシードライバーとして転職を考えている方であれば、性別および経験は不問。
現在、東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県・宮城県・茨城県・愛知県・大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・岡山県・広島県・福岡県・北海道の会社を取り扱っている。(今後、順次拡大予定)

★業界で最大の入社祝い金を支給しているのでお得!
★地方の方には上京して面接を受けるための交通費を支給してもらえる!
★入社後もしっかりと稼げるようにサポートしてくれる!

【補足】
・年収500万円程度はたやすく600万円以上も十分に可能!
・待遇と条件のよいタクシー会社を紹介!
・完全無料!

転職を成功の為に読んでおきたい