大手転職エージェントはこちら▼
転職ノウハウ一押しの記事▼
既卒と新卒の就職活動は違う!既卒の面接必勝法教えます!


こんにちは!就職/転職アドバイザーの南野弘明です。

 

好景気の今、既卒、第二新卒の需要が高まっていることは前回の記事を読んでいただけた方であればご存知ですよね?

まだの方はこちら↓

 

特に既卒と言われる「学校を卒業して一度も就職したことがない20代前半層」の需要はかなり拡大しており、新卒の就活よりもあっけなく就職できたという方が非常に多いのが特徴です。

 

実際私が就職支援させていただいた既卒の就職があっという間に決まったという人が殆どでした(当然各種対策のお手伝いはさせていただいております)。

 

では、既卒の就職活動で押さえておくべきことはどんなことがあるのか(所謂対策など)今回の記事でしっかり解説させていただきますので、是非参考にしてください!

●既卒のこんな方におすすめの記事●

・既卒で就職活動を始めたけど上手く行かない
・既卒の就職活動で必要なことが分からない
・既卒の面接対策が分からない

既卒の就職活動で心がけておくことってあるの?

既卒の就職活動をする上で対策というか心がけておくことで大事なことは大きく分けると3つの大事な要素があります。次に一つずつ見ていきましょう。

自分は既卒であり新卒ではない

新卒を積極採用をし、即戦力なら第二新卒や経験者の雇入れを行うことで企業の組織体制を強化するのが一般的な手法です。つまり、

 

既卒に注目は集まっているが、既卒を積極採用する企業は特別多くない

 

という現状があります。つまり、新卒よりも不利転職者よりも不利といった「不利」が常に付きまとっている現状は受け入れましょう。

しかし、前回も記事にしていますが「既卒は正社員になれない」というのもまた違います。ここで大事なのが、

 

既卒になってしまった理由

 

です。「新卒の就活を怠けた」、「就活したけど上手く行かなかった」、「海外に留学した」、「資格の勉強をした」等何でもいいです。それを踏まえて、

 

・何を反省したのか
・就職の為にどんな努力をしたのか
・どのような人物になりたいのか

 

そういったことを企業側にアピールできるかが不利を有利に変換するテクニックであることを覚えておきましょう。

就職に対する狭い考えは捨てる

就活というと「限定的な職種に絞る」ことで強いアピールが可能だと思っているかと思いますが、半分合っていて半分は間違いです。

 

新卒や転職ならそれで問題ありませんが、既卒は「広い考え(視野)」というのがとても大事になります。就活で絞り込んで就活をやったのに上手く行かなかった人は絶対に視野を広げて就職活動に臨むべきです。

 

自分が「やりたいこと」と「向いていること」を大きくことなります。その為にも、やりたいことに絞って就職活動を行うことよりも「将来どのような自分になりたいか」を想像し逆算していくと広い視野で職種、業界を調べていけるのでおすすめします。

 

自分ひとりでキャリア形成できない人は、就職エージェントを利用して就職活動を行うと一緒にキャリアプランを考えてもらえ、各種対策なども行てくれるのでおすすめします。

就職ツールは求人サイトと就職エージェントの2つを並行活用する

既卒の就職活動は、

 

・求人サイト
・就職エージェント

 

のダブル使いが必須です。求人サイトで情報収集(求人応募も可)を行い、就職エージェントを利用して就職活動をすることが鉄板の就職活動と言えます。

 

情報収集サイトとして活用したいのが「リクナビNEXT」です。新卒で言う「マイナビ」といった求人ツールで、こういった求人サイトを利用してどのような職種があるのか、どういった業界がよいのかなど絞り込んでいくのに活用できるツールです。気に入った企業が見つかれば積極的に応募していきましょう。

 

実際に、就職活動をしていく場合は就職エージェントを積極てきに活用していきましょう。応募書類対策、面接対策、内定後のフォローまで完全無料で利用できる上に「ブラック企業を排除した求人」を紹介してもらえるのが特徴です。特におすすめなのが、

【公式】第二新卒エージェントneo

です。1人あたり平均10時間の手厚いサポートがあり、企業担当による面談対策も好評です。幅広い求人の紹介をおこなってもらえ、内定後はもちろん、入社後もサポートしてくれます。ブラック企業を除外、優良企業のみの紹介で安心して就活が可能です。不採用通知の内容が分かるからすぐに改善が出来るので便利です。登録後のサポートは全て無料なので就職活動に不安があっても乗り切ることが可能です。

まずは詳細確認してみましょう↓


既卒の就職活動で絶対に準備しておくことは?

 

既卒の就職活動のコツつまり「絶対に対策すべきこと」は以下の3つ!

 

・志望企業について詳しく調べる
・求人票の求める人物像と自分を照らし合わせる
・志望企業の商品があれば現物をチェック

 

上記3つは必須事項なので絶対チェックしてください。面接の場で、

 

・どうして弊社に志望したのですか?
・将来弊社でどのように活躍したいですか?
・弊社の●●製品についてどう思いますか?

 

といった質問が必ず来ます。そのためには、新卒、既卒、第二新卒関わらずしっかりチェックしておくことで面接官に「できる人」の印象を植え付けることができるので必ず実行してください!

既卒の履歴書・面接対策必勝法はこれ!

既卒の履歴書、面接対策は必勝法があります!大きく分けて3つの対策に絞り込んでいくことで「自分のペースで面接を進められる」といったテクニックなのでしっかり準備してください!

必勝法1:志望動機の中で自己PRも行う

志望動機というのは「他社と比べてなぜ応募企業でなくてはならないのか」を説明する為にあるんです。いいと思ったから応募したのには理由がありますよね?当然「家が近いから」とかではダメですよ!

 

社会人として常識的な動機

 

は必須です。例えば「●●という製品を愛用して・・・」といった文章でつなげていくといいでしょう。その中に、

 

自分の魅力や強みを混ぜる

 

といのが必勝法です。企業の魅力の中に自分の特徴を織り交ぜ、活躍している自分を企業側に教えてあげればいいんです。「自分が入社したらどういうメリットがあるのか」、「自分の強みと会社の方向性や社風が一致している」など自分の魅力を伝えるのがポイントです。

必勝法2:既卒から正社員への就職にどんな努力を行ったか

既卒の面接での必須質問の一つに、

 

なぜ既卒になってしまったの?

 

という質問があります。ここでよく「自分を良く見せようとして嘘をつく」人が多いのですが、全て正直に既卒になってしまった理由を述べてかまいません。それよりも大事なことは、

 

既卒から就職する為にどんな努力をしたのか

 

をきちんと述べることができるかどうかです。例えば、

【既卒理由例】

学生時代バイトを一生懸命やりすぎて就活に身が入らなかった

【反省を活かして努力したこと】

このままではダメだと思い、卒業後にまずは企業研究から再スタートし、バイト経験を少しでも活かせる企業(やれること)と自分の目指すべき方向性(店舗運営)を軸に調べていた結果、若手でも責任のある仕事を任せていただける御社を知りました。

【応募企業に入るための努力】

御社にどのように貢献しているけるかを調べ上げる為に、実際に御社の店舗を拝見させていただいたり、製品も購入させていただきました。また、社会人としての遅れを挽回するためにも、本などでビジネスマナーを学び一日でも早く貢献できるよう勉強させていただいております。

 

つまり、採用担当はあなたが既卒になった理由なんてどうでもいいんです。「既卒になってから就職する為にどんな努力をしたのか」が最も重要です。

失敗から学べる人間は成長できる人間というのは社会人で成功できる人間の鉄則です。それに気づける人間であることをアピールしていくことは既卒の面接では必須事項と言えるでしょう。

必勝法3:入社意欲は猛アピールせよ!

既卒の大きな弱点は「社会人になるための意識が低い」と思われがちです。当然、新卒で就職しなかったわけですから入社意欲は低いと思われて当然です。そこを挽回する為に、

 

・御社に●●で貢献したい
・人一倍の努力で頑張りたい

など熱意や意欲を猛アピールしてください。人間というのは真剣な眼差しで猛アピールされると結構「グッ」と来るものです。ただし、そこにはある程度の論理的な説明は必要です。

 

 熱意アピール例 

御社のA商品の組み立てラインは「根気強い人が理想」とのことで、今までの●●の経験で辛抱強くこなしてきた性格が活かせると思っています。社会人経験はありませんが、是非御社に貢献したいと思ていますのでよろしくお願いします。

 

ただ「やりたい」「頑張ります」というより、アレンジしていくと効果的です。

既卒の就職活動必勝法は面接対策にあり!不安なら就職エージェント利用すべし!

「既卒だから就職できない」と思っていた方がいるならそんなことはないので安心してください。就職できないのではなく、

 

就職するための努力

 

が足りないだけです。努力というのは言い換えると「対策」です。狭い視野で物事を考えるのではなく広い視野で物事を考え、色々な角度から就職先を探すようにしたり、就職エージェントに悩みを相談してみたり、または「面接対策」を実施してもらうことで広い視野で就職活動ができるのでお勧めです。

 

既卒を取り扱う就職エージェントも増え、特に人気がある下記2社は、

・取扱い求人数
・応募書類対策
・面接対策
・内定時の条件交渉
・入社後のフォロー体制

などに定評があるため、おすすめです。1社目は、

既卒・フリーターでも就職できる!【第二新卒エージェントneo】

【特徴】
1人あたり平均10時間の手厚いサポート。企業担当による面接対策。幅広い求人の紹介。内定後はもちろん、入社後もサポート!ブラック企業を除外、優良企業のみの紹介で安心して就活。不採用通知の内容が分かるからすぐに改善が出来る!面接対策も万全!

詳細は下記クリック↓

2社目は、スピーディー入社に定評がある下記エージェント。

第二新卒・既卒・フリーターでも正社員に!DYM就職

【特徴】
既卒・第二新卒向けの就職サービス。100%正社員求人・書類選考スキップで最短1週間で入社も!フリーターでもOK!経歴や学歴に不安があっても正社員になれる!面接対策も万全!

詳細は下記クリック↓


転職を成功の為に読んでおきたい