大手転職エージェントはこちら▼
転職活動準備中

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

コロナ不況で転職市場は大荒れの中でも事務職という職種は、女性から非常に人気の職種です。

 

「将来事務職という職種はなくなるのでは?」

 

と言われる中で、事務職として活躍するためにはどのようなスキルを持っておくとよいのかというのは、事務職の方にとっては非常に興味がある内容かと思います。

 

今回の記事は、事務職として将来活躍、生き抜くために今後求められるスキルについて解説いたします。

 

南野弘明てどんな人?

某グローバルベンチャー企業で面接官として数多くの方々を面接。そこで開発した『転職ノウハウ』を基に、超ホワイト企業へ転職。年収400万円アップ!
『今すぐ使える転職ノウハウ』をモットーに、転職アドバイザーとして活動中!

 

●こんな方におすすめの記事●

①事務職の将来が不安
②スキルアップしてみたい
③今のスキルで転職できるか不安

今後求められる事務職のスキル

一般事務職にこれから求められるスキルは確実に高度化していきます。

 

TwitterのDMでいただくご相談者の方からも「どんなスキルが求められますか?」とよく相談を受けますが、今回事務職に今後求められるスキルをまとめましたので、是非参考にしていただければ幸いです。

 

大きく分けると3つスキルを必要とするので、一つずつ解説していきます。

▶高度なPC能力

事務職の方なら、エクセルに関する業務は多くの方が経験していると思います。しかし、今後は今の能力だけでは不十分で、高度なPC能力を求められることを覚えておきましょう。

 

パソコン能力についてどの程度必要かと言われることがあるので、あえて説明しておくと、自分の強みとしてアピールしたいなら「マクロが組める程度」は必要です。

 

マクロを組んで、事務仕事の効率を図り、自部署全体の処理能力を上げていくだけの改善好きるが求められます。

 

最低限のスキルとしては、エクセルなら「グラフ化」、ワードなら「目次」を簡単に作れるレベルは欲しいところです。

 

また、パワーポイントを使った販促業務、プレゼン資料を作る能力などは必要になるので、絶対にマスターしてください。

 

エクセルグラフ化→パワーポイントで説明といった作業は難なくこなすレベルは、絶対に必要になるので覚えておきましょう!

▶データ収集及び分析能力

事務職の一部の方は経験があるかもしれませんが、これからの時代は事務職というカテゴリーの中でも『マーケティング能力』を必要とされる時代になります。

 

特に、データを効率よく収集し、データ分析を行うような「Webマーケティング」というスキルを活用できる事務職は、社内でも重宝される存在になります。

 

さらに、ただ分析するだけではなく、その結果を説明できる能力(プレゼン能力)が必要になります。

 

特に、営業事務に求められるスキルなので勉強しておくといいでしょう。

関連記事

▶経理能力

最後に経理力です。総務部などに在籍すると経理職の一部の仕事を任せられることがあるので経理力は磨いておくことをおすすめします。

 

スキルとしては「簿記2級」は取っておくといいでしょう。

 

経理能力を高めたいと思っていても、自社ではなかなかその仕事には付きにくいといのもあると思うので実践力を高めることはかなりハードルが高いです。

 

資格の勉強は、直接転職市場では評価されにくいというのが特徴ですが、あるに越したことはありません。無駄ではないので、自己スキルを高めるためにも経理能力はあった方が絶対にいいです。

スキルがあるなら転職も視野に

転職の人物重視の面接

既にスキルを持ち合わせているというのであれば、転職を視野に入れておくとよいでしょう。

 

転職というのは年代と共に市場価値がことなります。

 

20代で高いスキルを持っていると市場価値は上がり、年代が高くなるにつれて、そのスキル自体の価値が損なわれていきます。

 

転職市場は、年齢が上がるにつれて現場能力よりもマネジメント能力にシフトするという特徴があるので、誰もが転職できるとは限りません。

 

もし、20代の方で、高いスキルを活かして転職を考えているのであれば、転職エージェントを活用し、高給を狙って非公開求人を紹介してもらうのがおすすめです!

▶おすすめはdoda

dodaは、高いスキルを持った人であれば、かなり優良求人を紹介してもらえる可能性があります。

 

現に私もdodaを利用しての転職を成功させるとともに、企業で面接官をしていたときもdodaを利用していました。

 

両方からの立場としても、良質に求人に出会えたことから、最もdodaがおすすめです。もし、興味があれば、下記から詳細にアクセスしてみましょう。

【20代、30代おすすめ転職エージェント】

未経験~経験者まで多くの求人を取り揃えている!
求職者へのサポート力最強!!(南野弘明4回の転職全て利用)
【特徴】
転職サイトおよび転職エージェントサービスの2つを展開する業界大手の人材紹介サービス企業。求人の質が高く、幅広い業種に対応しているのも特徴。キャリアアドバイザーとの面談を通して自分にあった求人を紹介してもらえるので、自分で求人を探す手間も省け、非公開求人も合わせて紹介してもらえる。
【注目の2つのシステム】
①サイトで自分で求人を探す。
転職サイト内にある求人に対して条件を絞り込み、求人を探すタイプのシステム。広い求職者が利用するので、ライバルが多くなるのが難点。また、転職サポートを受けられないので非効率的。
②エージェントサービス
南野弘明おすすめはエージェントサービス。兎に角求人の質が高いです。幅広い業種にも対応しているので、かなり限定された職種でも出会えるチャンスがあります。

まとめ

今後の事務職は、単純な事務作業からの枠を超え、高度なスキルを要求される傾向にあります。今回は、特に転職市場でも価値が上がる3要素について解説させていただきます。

 

①高度なPCスキル
②マーケティング能力
③経理力

 

上記の3要素のスキルを上げることが、事務職としての市場価値を上げる要素となるので是非チャレンジしてみてくださいね!

 

また、転職をするときは、高度な求人で是非キャリアアップを目指しましょう!

 

それではまた!

おすすめ転職エージェント特集

20代おすすめ転職エージェントはこれだ!

20代初めての転職

 

「求人検索、応募書類作成、面接対策、雇用条件の交渉...。初めて尽くしで何から手を付けていいのか分からない。」といった、20代におすすめの転職エージェントを紹介!

登録からサポートまで完全無料で安心して利用できるので、転職エージェントの利用価値は絶大です!

20代特化型から大手転職エージェントまでおすすめ理由を添えて紹介しますので、気になる転職エージェントがあればまずは登録してみましょう!

第一位:第二新卒エージェントneo
ブラック企業を除外、優良企業のみの求人紹介!
 
20代のサポートは業界随一!
20代に特化した転職エージェントである「第二新卒エージェントneo」。株式会社ネオキャリアが運営する関東、関西、九州地方の20代の転職に強みを持っています。求人数も10000社以上を保有し、経験豊富なアドバイザーが親身にサポートしてくれます☆
【特徴】
①書類対策、面接対策徹底サポート。
②サポート時間が他社より長い。
③ブラック企業排除で求人紹介。
④学歴、職歴に不安があってもサポート可能。
【NGユーザー】
18歳以下と29歳以上※詳細確認や登録は以下から確認可能です↓

同率第一位:DYM
最短1週間で入社可能!
 
全国的に幅広い求人紹介なので20代に人気
DYM就職は、第二新卒・既卒はもちろんフリーターやニートの方向けの正社員求人を多数紹介。経歴や学歴に不安があっても正社員に転職・就職ができて、最短1週間でのスピード入社も可能!一人ひとりに合わせた徹底サポートで内定決定率の高さを実現しています。
【特徴】
①優良な正社員の仕事を紹介。
②2000社の優良企業を紹介。
③正社員求人100%。
④ブラック企業は徹底排除
⑤イベント来場者の就職率は脅威の96%。
⑥書類選考なし。
⑦カンタン60秒マッチングサービス。
【NGユーザー】
18歳未満、30歳以上※詳細や登録は以下から確認可能です↓

第三位:マイナビエージェント
大手転職エージェントでも20代に特におすすめ!
大手でもサポート力で他社を圧倒!
株式会社マイナビの人材紹介サービス「マイナビエージェント」。大手転職エージェントにありがちな「サポート力の弱さ」に対して、きめ細かなサポートで20代の転職をサポートしてくれるのが大きな特徴。保有求人数も多いため、全国でサポートしてもらえます☆
【特徴】
①東京・神奈川・埼玉・千葉における優良企業の求人が豊富
②20~30代に転職サポートに強い!
③人事&採用担当との太いパイプ!
④応募書類の準備から面接対策可能!
⑤親身な転職サポート!※詳細や登録は以下から確認可能です↓

Twitterでフォローしよう

転職を成功の為に読んでおきたい