大手転職エージェントはこちら▼
転職ノウハウ一押しの記事▼
20代の転職!スキルに不安があれば資格を取ろう!厳選5つ紹介!

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

新卒の3割が3年以内に転職する時代。

 

一昔前は、

 

「転職なんてするもんじゃない!」

「我慢することを覚えろ!」

「もっとひどい会社だってあるんだぞ!」

 

なんて言われたこともありました。

 

しかし、今の時代は違います。転職をすることによって、キャリアアップにつなげたり、ブラック企業から逃れて精神的に楽になれる等、問題を解決手段として一般的になりました。

 

しかし、いざ転職しようと思っても「一向に転職先が決まらない」ということはざらです。その理由は、

 

ポテンシャル(潜在能力)の高さを表現しきれていないから

 

です。20代の若手は、第二新卒の部類となるので、経験値よりもポテンシャルの高さで採用されます。逆に言うと、ポテンシャルの高さを証明できなければ、転職できないということです。では、そういった人たちにとって多少なりとも武器になるものとは何か、それが、

 

資格です。

 

今回の記事は20代の転職に役立つ職務ごとの資格について解説していきたいと思います。

合わせて読みたい記事↓

20代の転職における資格の位置づけ

企業が20代の若手を採用するメリットは大きく分けて3つ。

 

①社会人経験があるので吸収がはやい
②教育コストが新卒より低い
③新卒より使いやすい

 

です。そういった理由からもポテンシャルの高い人材を求めているわけです。転職は「即戦力」と言われていますが、20代には高い即戦力は求められません。それよりも、

 

どんな経験をして、何を学んだか

 

が重要です。しかし、それを証明できるものはありません。そこで役立つのが、

 

資格です!

 

業務に直結しなくても間接的に役立つような資格であれば、20代の大きな武器になり得ます。履歴書、職務経歴書にただ書いておくだけの資格なんてのは無意味ですが、あなたのやっていた仕事に間接的にでも役立つ資格であれば、あなたの経歴に花を添え、ポテンシャルの高さをアピールすることができるのです。つまり、

 

資格の位置づけは、あなたの面接でのアピール次第で重要なポイントにもなる

 

ということです。

20代の転職に役立つ資格5つ紹介!超おすすめ

20代の転職でポテンシャルの高さをアピールする道具として資格を利用したり、未経験職種へのアピールポイントとして利用するというのは、

 

20代限定で「あり」です!

 

しかし、30代以降はまったく資格なんて役立たないので覚えておきましょう!

 

では、どんな資格が役立つのか南野弘明厳選の5つを見ていきましょう。

ITパスポート

ITパスポートは、国家資格です!

 

現在の世の中は「ITの基礎知識がある」というのは当然ですが、それはスマホやワード、エクセルを使用できることではありません。中身が分かっているということです。

 

つまり、20代でIT知識を押さえておくというのは当然ですが、それを客観的に証明できるのがITパスポートという国家資格です。

 

おすすめポイント

利用できる業界 全業界
勉強時間 3か月
資格のおすすめポイント ・IT知識を業務に活かせるようになる

・IT知識の基礎を理解していることを就職、転職でアピールできるようになる

 

簿記3級

簿記と言えば「2級」を想像する人がいると思うのですが、2級を目指すのであれば「経理事務」など専門的な部署限定になってしまうのですが、簿記3級は「20代」限定でどんな人にでも花を添える資格と言えます。

事務職についてはこちら↓

 

20代だと「資格欄に書くことが無い」なんて人が結構いるのですが「簿記3級」を書いておくとどんな職種への転職でも「経理の基礎は押さえている」とい印象を与えることができます。

 

それは製造業なんかのまったく畑違いへの転職にでも簿記3級はアピールポイントになる資格なので覚えておきましょう。

 

おすすめポイント

利用できる業界 全業界
勉強時間 1か月
資格のおすすめポイント ・少し勉強すれば取得できるのに、20代の転職にはアピールポイントになる。

・どんな業界にでも対応できるので、転職時にはいつでもアピール要素になる。

 

 

一般事務や営業事務に転職を考えている20代であれば、簿記3級程度は取得しておくことをおすすめします。何の経験も資格もないのに「事務職へ転職」はそう簡単にはいかないことを覚えておきましょう。

秘書検定2級、3級

20代の転職、特に女性に役立つ資格の最上位に位置付けられているのが「秘書検定」です。

 

秘書検定というくらいだから秘書限定に思うかもしれませんが、事務職、営業職、接客業といったところでも大いに役立ちます。20代のビジネスマナーのアピールで使える秘書検定の資格なので女性なら是非持っておきたい資格ですね。

 

おすすめポイント

利用できる業界 接客、顧客対応がある業界・職種
勉強時間 2か月
資格のおすすめポイント ・ビジネスマナーが身に着くので20代前半の人におすすめ。

・私生活でも役立つので、取得しても損にはならない

 

FP3級(ファイナンシャルプランナー)

「ファイナンシャルプランナー(FP)」は厚生労働省が認定する国家資格です。

 

保険や貯蓄、年金や税金の知識に関する専門資格ですので、金融業界を目指したい方におすすめ。FP3級は、お金に関する知識を習得することができるので、就職・転職者だけが対象者だけではなく、会社員、学生、主婦層にも人気がある資格です。

利用できる業界 金融・保険
勉強時間 1.5か月
資格のおすすめポイント ・金融の基礎が身に着く。

・私生活でも活用できる。



登録販売者

登録販売者は20代で取得しておくとかなり役立つので絶対おすすめです!

 

簡単にいうと、薬を販売できる仕事です。薬は薬局のみならず、ドラッグストアー、スーパーマーケット等、今やコンビニでも一部置いている為、これからもっと需要が増えてくるでしょう。その為、登録販売者の資格取得者が激増しています。20代の転職で「薬」を主とした仕事をしたい人にはおすすめの資格です。

利用できる業界 医薬品販売業界
勉強時間 3か月
資格のおすすめポイント ・医薬品を取り扱う店舗での就職に有利

・スキルアップや店舗開業の道もある

 

20代の転職に役立つ資格:まとめ

20代の転職に役立つ資格5選はいかがでしたか?

 

今回紹介させていただいた資格は、20代ならどんな職業でも役立つ資格を紹介させていただきました。資格の勉強をしておくと仕事へのモチベーションも上がるのでおすすめです!

 

ちなみに私の資格の数は「10」を超えています(笑)。

 

転職の際は、職種に合わせて使い分けてアピールしていたので、皆さんも是非利用しましょう!

 

転職の詳しいやり方を知りたい人は下記の過去記事をおすすめします。それではまた!

20代おすすめエージェント特集↓

20代で初めての方↓

転職を成功の為に読んでおきたい