フリーターでいることは難しいと悟った男性

フリーターでいることは、このコロナ時代を生き抜くうえで非常に厳しいことをご存じでしょうか?大手企業を中心に、雇止めや契約解除を非正規雇用者を対象に行われています。この厳しいコロナ時代にフリーターでいることがどれだけ悲惨なのかについて解説!

 

こんにちは就職アドバイザーの南野弘明です。

 

フリーターでいることは、このコロナ禍において非常に厳しい現実を突きつけられている方も多いと思います。

 

特にフリーターでいることは、働き続けないと生活ができない状態。

 

この雇用形態でいるというのは、今後のWithコロナ時代を生き抜くことは非常に辛い立場で生きていくことを覚悟しなくてはなりません。

 

今回の記事は、フリーターでいることが、コロナ時代を生き抜くことにおいてどれだけ厳しい現実をなのかについて解説します。

 

また、就職を目指す方にもお得な就職方法を合わせて解説していきます。

 

南野弘明てどんな人?

某グローバルベンチャー企業で面接官として数多くの方々を面接。そこで開発した『転職ノウハウ』を基に、超ホワイト企業へ転職。年収400万円アップ!『今すぐ使える転職ノウハウ』をモットーに、転職アドバイザーとして活動中!
【公式Twitter】
【最強転職ツール】


フリーターでいることはコロナ禍では悲惨

フリーターでいることは厳しいと分かった男性

フリーターの将来が暗いといわれるのは、フリーターでいることが正社員よりも長く働き続けなければならないことも理由の一つになっています。

 

コロナで働き口が無いフリーターの方たちも多く、Wワーク、Tワークで稼ぎたいのに仕事が無くて困っている人が本当に多いです。

 

フリーターでいることは、決して悪いわけではないのですが、このコロナ禍では非常に厳しい現実を突きつけられ貯金を崩しながら生活している方が多いです。

 

そのため、20代のフリーターの方であればいち早く就職活動をして、少しでも安定した収入を得るようにしなければ、今後のコロナ禍では生活すら危うくなり、場合によっては生活保護を受けなくてはならない場合もあり得ます。

 

次に、コロナ禍でフリーターでいることがどれだけ大変かという現実について解説していきます。

▶貯金ができないから働くしかない

フリーターでいることは貯金ができないと分かった男性

フリーターは正社員と違い、怪我や病気になると収入がピタリと止まってしまいます。これはフリーターでいることの厳しい現実です。

 

正社員の場合は、病気や怪我の時などに利用できる「病気による欠勤(8割負担:最大30日)」や、そもそも「有給休暇」などで休んでも給与がもらえるという制度があります。

 

しかし、フリーターでいることは、この制度が適応されません(大企業でフリーターとして働いている場合は別)。

 

すなわち、働き続けなければなら収入が途絶えますし、万が一の場合の貯金だって必要になります。この貯金が曲者で、カツカツの生活をしても20代のフリーターの貯金は年間で80万円程度がやっとです。

 

フリーターの将来が暗い理由の一つとして「貯金が困難」であることは覚えておいてください。

 

コロナに感染した場合、医療費はただと思う方もいるかもしれませんが、一時的にまとまった費用が必要です。重要化してしまうと高額な医療費がかかる為、医療費で困らないためにも就職活動をすべきだと思います。

 

関連記事

▶退職金が出ないから働き続けるしかない

フリーターでいることはなぜ厳しいか調べる男性

正社員は一般的に「退職金」という制度を福利厚生の一環として設けている企業も多く存在します。しかしフリーターでいることは、この福利厚生の制度を利用できないため老後も厳しい状態になります。

 

この退職金制度は、「勤続年数」と「基本給」によって60歳になる年に企業からもらえる「退職金」と言われるものです。

 

例えば、60歳のときの基本給が50万円なら、

 

基本給50万円×35年勤務×係数1.2=退職金2100万円

 

といったような制度です。それとは異なり、フリーター(アルバイト/パート)には退職金なんてものは存在しない為、長く同じ職場で働き続けるメリットなんて一切ないんです。フリーターでいることが長ければ長いほど損をしてしまいます。

 

さらに、病気や怪我で働けなくるリスクを考えると、フリーターでいるはコロナというこのご時世では負の立場であることは間違いありません。

▼おすすめツール▼

既卒・フリーターでも就職できる!【第二新卒エージェントneo】

▶いつ解雇されるかわからない

フリーターでいることは厳しいと理解できない男性

コロナで打撃を受けた業界を中心に、雇止めや非正規雇用者の解雇が頻繁に行われています。企業が存続しなくては従業員を守れなくなると言われていますが、その対象はあくまでも正社員とその家族を意味します。

 

その為リストラを決行する前には、非正規雇用(フリーター、パート等)をまずは契約解除しなくてはならない為、一番最初にフリーターの方は打撃を受けます。

 

いつ契約を解除されるか分からない中、フリーターでいることは、自分の生活に大きなリスクを抱えていることを自覚して生きていかなくてはならないことを意味しています。

 

フリーターでいることよりも、正社員としての道を歩んだ方が、将来を考えても絶対に正しい選択だと私は思います。

 

関連記事

▶年を重ねると体がついていかない

フリーターでいることは体力的に厳しいと分かった男性

フリーターという雇用形態を維持していくためには、働き続けることが求められます。しかし、20代の体力のある年齢ならまだしも、40代、50代で同じように働ける保証はありますか?

 

フリーターでいることは、体力面をしっかり考慮しておかなくてはなりません。

 

正社員であるということは昇格という人材制度があるため、20代の内は体力の必要な現場仕事が中心ですが、管理職になるとマネジメント(指示)が主な業務です。

 

つまり、体力から頭脳への仕事のスタイルが変化する為、働き続けることは可能になります。

 

しかしフリーターという立場は毎年底辺の領域。

 

正社員から顎で使われて、年齢に関係なく常に現場仕事の為体力が必要です。体力がなくついて行けないのであれば、契約は打ち切られます。

 

フリーターでいることは、体力面においても非常に不利なため、おすすめできないというのが私見です。

 

20代の方で本記事を見ている方がいらっしゃれば、是非20代の内に正社員へ就職することがおすすめです。

 

学歴不安なフリーター・ニート・中退者必見!
学歴・職歴に不安な既卒・フリーター・ニートの方におすすめの就職エージェント(完全無料)はこちら!

①ブラック企業完全排除就職エージェント
20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

②親身なサポートで内定ゲット!
ハタラクティブ

③書類選考なしで面接まで行ける!
就職Shop

フリーターでいることよりも就職を優先すべし!

フリーターでいることは厳しいため就職を考えた男性

20代の方でこのコロナ時代を生き抜く手段として就職を選択されたフリーターの方がいれば、是非実現していただきたいと思います。

 

しかし皆さんは『コロナで正社員に就職なんて無理。だからフリーターとして働き続けるしかないのでは?』と不安に思ているかたも多いのではないでしょうか?

 

もちろん地域によっては就職が厳しいエリアもあるかもしれませんが、関東、関西、東海、九州の都市部であれば決して難しくはありません。

 

その為にはハロワを利用するのではなく、積極的に就職ツールを利用することがおすすめです。

 

私がおすすめするのが就職エージェントです。

 

就職エージェントは皆さんに合った就職先を紹介してくれるとともに、応募書類対策、面接対策を二人三脚で行ってくれる強い味方。フリーターの方は是非登録してみることをおすすめします。

▶おすすめ就職エージェント

若手1位『第二新卒エージェントneo』

10代・20代のえらぶ就職転職満足度No.1。面接対策満足度No.1、就職転職相談しやすさNo.1と非常の若手層から指示されています。
第二新卒はもちろん、フリーター/既卒/中退/高卒/中卒/早期離職など学歴不問で就業支援を行っているので納得の転職が可能です!利用はもちろん全てのがサポートが無料です。
求人数 10,000件前後
面談の質 若手専門のエージェントなので不安解消の為に初回面談は2時間と他社の倍!
対応地域 東京、大阪、名古屋、福岡にオフィスあり
特徴 若手の転職支援実績No.1。初めての転職からキャリアに不安な方までサポートしてもらえます。
対応年齢 10代、20代
公式サイト▶ 【公式】第二新卒エージェントneo
※外部サイトに遷移します

フリーターでいることは厳しい:まとめ

フリーターでいることは厳しいため就職をすすめる女性二人

フリーターとして働き続けることは、今後のコロナ時代を生き抜くことは非常に厳しい現実が待っています。

 

2021年を迎え加速する非正規雇用の雇止めや、新卒採用中止が頻繁に行われているからこそ正社員の道を目指すべきだと思います。

 

その為にお勧めするツールが就職エージェント。

 

フリーターとして働き続けることの難しさを実感しているのであれば『就職』という選択を是非今だからこそ選ぶべきと思います。

 

それではまた!

 

年代別!最強転職エージェント紹介!

最強転職エージェント

 

「求人検索、応募書類作成、面接対策、雇用条件の交渉...。初めて尽くしで何から手を付けていいのか分からない。」といった、はじめの転職におすすめの転職エージェントを紹介!

登録からサポートまで完全無料で安心して利用できるので、転職エージェントの利用価値は絶大です!

各年代別のおすすめ転職エージェントを理由を添えて紹介しますので、気になる転職エージェントがあればまずは登録してみましょう!

👑20代の転職に利用価値大👑
ブラック企業を除外、優良企業のみの求人紹介!
20代のサポートは業界随一!
20代に特化した転職エージェントである「第二新卒エージェントneo」。株式会社ネオキャリアが運営する関東、関西、九州地方の20代の転職に強みを持っています。求人数も10000社以上を保有し、経験豊富なアドバイザーが親身にサポートしてくれます☆
【特徴】
①書類対策、面接対策徹底サポート。
②サポート時間が他社より長い。
③ブラック企業排除で求人紹介。
④学歴、職歴に不安があってもサポート可能。
【NGユーザー】
18歳以下と29歳以上
面談予約が取れないかた
※詳細確認や登録は以下から確認可能です↓
👑30代の転職に利用価値大👑
20代、30代のキャリアアップに最適な求人をピンポイント紹介!
丁寧な対応で求職者の方一人一人との関係性の構築を大切にしている
パーソルキャリアの「doda」は求人情報サービス・人材紹介サービスを提供する転職サイトです。まずは自分で求人を探してみたいという方も、1人での転職活動は不安を感じるという方もdodaで自分に合った求人を見つけることができるのでおすすめ!私はdodaで年収大幅アップを実現しました!
【特徴】
<転職サイト機能>
日本最大級の求人数を掲載。毎週更新される求人特集や新着求人から、マッチした求人の検索と応募が可能。職種、年齢、経験を問わず、さまざまな求職者が利用可能。
<エージェントサービス>
非公開求人を含む約10万件の求人からあなたに合った求人を紹介。専門スタッフが企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポー
【NGユーザー】
①エージェントサービスへ新規会員登録後、キャリアカウンセリングを受けれない方。
②40代以上は求人数が少なめなのでおすすめできない。
👑40代の転職に利用価値大👑
40代以上の転職にうれしいハイクラスにも対応
好条件求人を多く有していることから利用満足度も好評価!
転職のリクルートエージェントは求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1。実績豊富な 転職エージェントがあなたの転職を成功に導いてくれること間違いなし!異業種への転職、ハイキャリアを目指した転職、グローバル求人にも対応。幅広い求職者が利用している。
【特徴】
1.面談で自身がまだ気づかれていない強味を発見できる。
2.非公開求人も含めた多数の求人から最適な求人を紹介。
3.キャリアアドバイザーからも企業にあなたの強みをアピール。
【NGユーザー】
①キャリアカウンセリングを通じての求人紹介を求めない方。
②電話連絡が取れない方。

※転職エージェントのランキングおよび詳細は、各HPや私自身が利用した経験、利用者からの声を基に分析した結果を掲載しています。他社を否定するものではありません。また、利用の有効度は個人差があります。複数社に登録し、比較検討されることをお勧めします。

👑併用したい転職ツール👑
転職ツール 特徴
リクナビNEXT 全国の求人情報を勤務地や職種、あなたのスキルや資格などから検索が可能。転職成功のヒント満載の求人/転職のサイトです。
ミイダス コンピテンシー診断が使える!職務適性やパーソナリティの特徴、ストレス要因、相性の良い上司・部下のタイプなど、あなたのコンピテンシー(行動特性)を分析できる(完全無料)。
転職会議 国内最大級100万件以上の転職口コミ情報が掲載されています。会員数は500万人以上。日本中の企業の口コミが集まっています。

※クリックすると公式サイトに遷移できます。

Twitterでフォローしよう