1年間の転職ノウハウ

コロナでフリーターの収入減!安定生活を得る2つの考え方と方法

フリーターでいることは、このコロナ時代を生き抜くうえで非常に厳しいことをご存じでしょうか?大手企業を中心に、雇止めや契約解除を非正規雇用者を対象に行われています。その大きな問題が収入減。この厳しいコロナ時代にフリーターとして考える2つのことについて解説します。

転職ノウハウ大辞典

こんな方におすすめの記事

①コロナで収入減で生活が苦しいフリーター
②シフトの穴埋め方法を知りたい
③困窮生活から脱却したい

👑第二新卒エージェントneo

20代専門だから安心!ブラック企業排除に力を入れている転職エージェント。
東京/大阪/名古屋/福岡に支店あり。Web面談可能なので、安心してサポートが受けれる!
完全無料

フリーターでいることはコロナ禍では悲惨

コロナで収入減のフリーターの男性が悩む様子

フリーターの将来が暗いといわれるのは、フリーターでいることが正社員よりも長く働き続けなければならないことも理由の一つになっています。

コロナで働き口が無いフリーターの方たちも多く、Wワーク、Tワークで稼ぎたいのに仕事が無くて困っている人が本当に多いです。

フリーターでいることは、決して悪いわけではないのですが、このコロナ禍では非常に厳しい現実を突きつけられ貯金を崩しながら生活している方が多いです。

そのため、フリーターの方であれば少しでも安定した収入を得るようにしなければ、今後のコロナ禍では生活すら危うくなり、場合によっては生活保護を受けなくてはならない場合もあり得ます。

次に、コロナ禍でフリーターでいることがどれだけ大変かという現実について解説していきます。

①貯金ができないから働くしかない

コロナで収入減のフリーターが貯金を数える様子

フリーターは正社員と違い、怪我や病気になると収入がピタリと止まってしまい、劇的に収入減に陥ります。

これはフリーターでいることの厳しい現実です。

正社員の場合は、病気や怪我の時などに利用できる「病気による欠勤(8割負担:最大30日)」や、そもそも「有給休暇」などで休んでも給与がもらえるという制度があります。

しかし、フリーターでいることは、この制度が適応されません(大企業でフリーターとして働いている場合は別)

 

すなわち、働き続けなければなら収入が途絶え収入減がおきますし、万が一の場合の貯金だって必要になります。この貯金が曲者で、カツカツの生活をしても20代のフリーターの貯金は年間で80万円程度がやっとです。

 

フリーターの将来が暗い理由の一つとして「貯金が困難」であることは覚えておいてください。

 

コロナに感染した場合、医療費はただと思う方もいるかもしれませんが、一時的にまとまった費用が必要です。重要化してしまうと高額な医療費がかかる為、医療費で困らないためにも稼げる間に稼いでおくということは大事です。

関連記事

②退職金が出ないから働き続けるしかない

コロナで収入減のフリーターの20代男性が悩む様子

正社員は一般的に「退職金」という制度を福利厚生の一環として設けている企業も多く存在します。

しかしフリーターでいることは、この福利厚生の制度を利用できないため老後も厳しい状態になります。

この退職金制度は、「勤続年数」と「基本給」によって60歳になる年に企業からもらえる「退職金」と言われるものです。

例えば、60歳のときの基本給が50万円なら、基本給50万円×35年勤務×係数1.2=退職金2100万円といったような制度です。この退職金があれば、収入減分の年金の補填ができるので安心。

それとは異なり、フリーター(アルバイト/パート)には退職金なんてものは存在しない為、長く同じ職場で働き続けるメリットなんて一切ないんです。フリーターでいることが長ければ長いほど損をしてしまいます。

さらに、病気や怪我で働けなくるリスクを考えると、フリーターでいるはコロナというこのご時世では負の立場であることは間違いありません。

③いつ解雇されるかわからない恐怖

コロナで収入減のフリーターがバイトを探す様子

コロナで打撃を受けた業界を中心に、雇止めや非正規雇用者の解雇が頻繁に行われています。

企業が存続しなくては従業員を守れなくなると言われていますが、その対象はあくまでも正社員とその家族を意味します。

フリーターをはじめとする非正規雇用者をいくら解雇しても会社としては痛手ではないんです。

非正規雇用者は労働組合にも入れないので、ストライキなども簡単に起こせないこともわかっていることから簡単に解雇可能です。

その為リストラを決行する前には、非正規雇用(フリーター、パート等)をまずは契約解除しなくてはならない為、一番最初にフリーターの方は打撃を受けます。

いつ契約を解除されるか分からない中フリーターでいることは、自分の生活に大きなリスク(特に収入減問題)を抱えていることを自覚して生きていかなくてはならないことを意味しています。

フリーターでいることよりも、正社員としての道を歩んだ方が、将来を考えても絶対に正しい選択だと私は思います。

関連記事

④年を重ねると体がついていかないフリーター増

コロナで収入減のフリーター30代男性

フリーターという雇用形態を維持していくためには、働き続けることが求められます。

しかし、20代の体力のある年齢ならまだしも、40代、50代で同じように働ける保証はありますか?

フリーターでいることは、体力面をしっかり考慮しておかなくてはなりません。

正社員であるということは昇格という人材制度があるため、20代の内は体力の必要な現場仕事が中心ですが、管理職になるとマネジメント(指示)が主な業務です。

つまり、体力から頭脳への仕事のスタイルが変化する為、働き続けることは可能になります。しかしフリーターという立場は毎年底辺の領域。

正社員から顎で使われて、年齢に関係なく常に現場仕事の為体力が必要です。体力がなくついて行けないのであれば、契約は打ち切られます。契約が打ち切られるともちろん収入減。

フリーターでいることは、体力面においても非常に不利なため、おすすめできないというのが私見です。

 

20代の方で本記事を見ている方がいらっしゃれば、是非20代の内に正社員へ就職することがおすすめです。

関連記事

フリーターのシフト穴埋めおすすめ方法は「単発バイト増強」

コロナで収入減になってしまったフリーターの方におすすめなのが短期バイトでシフトの穴埋めをすること。よく収入減の穴埋めを生活を切り詰めて生活費抑える方が大間違いです。

生活費をきりつめてもコロナがいつ終息するするのかは不明のため、無駄な時間を過ごすことになってしまいます。それよりも「収入を増やすこと」の方が重要です。

減った分を我慢にはかなり強い精神が必要ですが、空いたシフトをカバーするには体力があれば穴埋めもできます。

そのためにおすすめなのは「単発バイトサイトの活用」です。このサイトと常時フリーターとして働いているバイト先を組み合わせれば収入の穴埋めも可能になりますので、是非次のおすすめサイトを上手く活用してみてくださいね!

コロナで収入源のやってはいけないこと
①交際費を減らす
②服飾費を減らす
③食事・光熱費を減らす
④貯蓄の枠を減らす

収入減穴埋め①:プチジョブで収入減を回避!

コロナで収入減のフリーターの神サイト_プチジョブ

プチジョブは単発バイトにおすすめのバイト求人探しのサイト。現在は東京およびその近郊がメインの単発バイトが主ですが、今後求人が拡大していくと全国も網羅されることが予想できます。

単発バイトで比較的高収入のバイトも多い上に、「予定が変更になって時間が空いた」「急な出費でお金が必要になった。」「時間があるから、今日は働きたい気分」など、まさにコロナ禍の収入源のシフトの穴埋めにピッタリのサイト。

さらに!面接なしでも働けるといったまさに単発バイトの神サイトともいえるので、空いた時間に是非求人応募してみましょう。

収入減穴埋め②:求人数豊富のシェアフル

コロナで収入減のフリーターの神サイト_シェアフル

シェアフルは「スキマバイト」にピッタリの求人サイト。つまり!フリーターの収入減の要因となる「シフト減少対策」にめちゃくちゃ使えます。

シェアフルならスポット単位での仕事がすぐに見つかるので、他の仕事の面接の合間に収入を得ること可能!

仕事内容も大手企業のオフィス内作業、販売、倉庫、軽作業まで幅が広く、フリーターで経験した仕事に近い単発バイトを選ぶことで逆に今までよりも収入アップができるおすすめのサイト。

気に入った仕事が見つかったら是非応募してみましょう!

求人は、東京及びその近郊をはじめ「全国拡大中!」

収入減穴埋め③:単発バイトといえば治験!

コロナで収入減のフリーターの神サイト

治験といえば単発バイトの決定版!しかも高収入が得られるので空いたシフト時間の穴埋め以上に「収入面」でメリットがあります。

その登録サイトでおすすめなのが、チヨダモニター倶楽部です。

チヨダモニター倶楽部で案内する試験と手順
【対象】
①開発中の製品
②すでに発売されている製品
※安全性や有効性を科学的に確認することを目的としている。
【試験順序】
STEP1:試験管内の実験
STEP2:細胞、動物を使った試験(前臨床試験)
STEP3:人を対象とした試験(ヒト臨床試験)
※バイトはこの3に該当します。

20歳以上の方であば、だれでも無料で登録可能。

食品・飲料・サプリメント・化粧品などのモニターを、日常生活に無理なく楽しんで試験に参加できるのでおすすめです。

また、試験の募集については会員の条件に合う試験を随時、紹介してくれます。案内のあった試験から自由に選んで予約できるので、気軽に参加できるのがメリット。

フリーターでいることよりも就職を優先すべし!

コロナで収入減のフリーターが就職活動

20代の方でこのコロナ時代を生き抜く手段、収入減対策として就職を選択されたフリーターの方がいれば、是非実現していただきたいと思います。

しかし皆さんは『コロナで正社員に就職なんて無理。だからフリーターとして働き続けるしかないのでは?』と不安に思ているかたも多いのではないでしょうか?

もちろん地域によっては就職が厳しいエリアもあるかもしれませんが、関東、関西、東海、九州の都市部であれば決して難しくはありません。その為にはハロワを利用するのではなく、積極的に就職ツールを利用することがおすすめです。

 

私がおすすめするのが就職エージェントです。

 

就職エージェントは皆さんに合った就職先を紹介してくれるとともに、応募書類対策、面接対策を二人三脚で行ってくれる強い味方。フリーターの方は是非登録してみることをおすすめします。

👑第二新卒エージェントneo

20代専門だから安心!ブラック企業排除に力を入れている転職エージェント。
東京/大阪/名古屋/福岡に支店あり。Web面談可能なので、安心してサポートが受けれる!
完全無料

フリーターでいることは厳しい:まとめ

コロナで収入減のフリーターを助けるエージェント

フリーターとして働き続けることは、今後のコロナ時代を生き抜くことは非常に厳しい現実が待っています。

2021年を迎え加速する非正規雇用の雇止めや、新卒採用中止が頻繁に行われているからこそ正社員の道を目指すべきだと思います。

その為にお勧めするツールが就職エージェント。

フリーターとして働き続けることの難しさを実感しているのであれば『就職』という選択を是非今だからこそ選ぶべきと思います。それではまた!

転職エージェント絞り込み検索
年代
特徴
職種
業界
さらに詳しく検索
地域

Twitterでフォローして限定記事を購読!

転職を成功の為に読んでおきたい記事