大手転職エージェントはこちら▼
179_フリーター_就職活動_時期

こんにちは!転職・就活アドバイザーの南野弘明です。

 

2020年もスタートし今年も労働力不足が騒がれていますが、現在企業が目をつけているのが「若年フリーター&ニート層」。具体的には、

 

18歳~29歳までの若者フリーターです。

 

この層は、知力、体力共に吸収が速いので就職/転職にも非常に有利です。逆にこの層より上の30歳以上のフリーターは一気に需要が減るので就職/転職ともにかなり苦戦を強いることになります。

 

では、現在就職/転職市場で人気の高いフリーター&ニートですが、有利に活動する最適な時期というのはあるのでしょうか?今回は皆さんの疑問にお答えしていきたいと思います。

 

南野弘明てどんな人?

某グローバルベンチャー企業で面接官として数多くの方々を面接。そこで開発した『転職ノウハウ』を基に、超ホワイト企業へ転職。年収400万円アップ!
『今すぐ使える転職ノウハウ』をモットーに、転職アドバイザーとして活動中!

 

おすすめ記事

フリーター&ニートの数がやばすぎる件

フリーターの仕事

フリーター&ニートの就職・転職の最適な時期を語る前に、まず知っておくべきことは非正規雇用の人数です。2011年からは少なくなりつつあるもののまだまだ多く現在では150万人以上いると言われています。

 

その中には、自ら非正規雇用の道を選ぶ人もいれば、正社員になりたいけどなれないと思っている人または、実際に行動してみたけど正社員になれなかった人もいるでしょう。

 

 

ここでまず自覚しておいていただきたいのが、20代の内にフリーター&ニートの道を抜け出さないと30代では抜け出せなくなる可能性がかなり高いということです。

 

20代の内に「こんな人生ではまずい」と認識することが大事です。その理由は、過去記事でも紹介していますので是非参考にしてください。

 

次に、フリーター&ニートの状況から抜け出し、正社員として活躍したい、将来の安定を手に入れたいと思っている人たちに絶対におすすめな就職時期を次に説明していきます。

2月、3月、4月はフリーター&ニートの脱出最適時期

フリータの就職活動

結論を言ってしまうと、フリーター&ニートから脱出したい人は、2月、3月、4月を目途に就職活動をしましょう。

 

この時期に就職活動をすべき理由はたった2つ。1つ目の理由が、企業の選考ハードルが激アマであること。2つ目の理由が就活に前向きになれる時期という理由です。

 

なぜこの2つの理由が2月、3月、4月の就活の理由なのか詳しく見てみましょう。

25歳までなら新卒内定辞退枠を狙える

企業が人材を雇用する方法は大きく分けて2つ。1つ目が「新卒採用」2つ目が「中途採用」。この内フリーター&ニート層が狙うべきなのが新卒と中途採用の間の、

 

第二新卒

 

という枠です。この第二新卒層は「ポテンシャル採用」という言葉が使われ、新卒で入社するよりも有利に転職ですことが可能な状況です。特に、昨今の傾向としては、ポテンシャル採用を重視する企業も増え、フリーターやニートでも大手企業を狙うことも可能です。

 

特にその採用枠を有利に使える時期が2月、3月、4月です。新卒が内定辞退してしまった場合の枠として第二新卒を有利に採用する時期なのでかなりハードルが下がります。

 

 

第二新卒として転職したい場合は、若年層を得意とする転職エージェントを利用することで、フリーターやニートでも転職を有利に進めることが可能です。

【既卒・フリーター必見!】

フリーターのサポートに強い就職エージェント【完全無料】
 
ブラック企業完全排除に力を入れている
【特徴】
若手を中心としたサポートに定評がある就職エージェント。

フリーターから正社員に就職したいという方でも、しっかりサポートしてくれます。未経験求人から高キャリア求人まで幅広いサポートに定評があり、一人ひとりに寄り添った就職活動のサポートが人気のエージェントです。

【サポート内容】
①フリーターからでも大丈夫な求人紹介。
②履歴書、職務経歴書の応募前対策。
③面接が苦手な人は「模擬面接」実施。
④面接の日程調整。
⑤面接後のアフターフォロー
⑥企業との条件交渉(給料等)
⑦内定後の提出書類の書き方サポート

上記全て完全無料です!

25歳以上なら経験をアピールする

25歳以上のフリーターやニートの方でも2月、3月、4月の時期は転職にかなり有利です。転職市場では、30代手前まではポテンシャル採用が一般的です。

 

ただし、25歳までの第二新卒枠よりもハードルはやはり高くなり、より一層社会人経験が重視されます。フリーターの方であればできる限りフリーター経験に近い業界を応募するとアピールしやすくなりますので、経験業界からかけ離れた業界に応募するのは難しくなります。

 

ニートの方であれば、できる限り資格試験を受け、その業界に合った資格をアピールすることで就職試験でアピールすることが可能です。資格取得については、過去記事をご参考に。

 

特に難しいのが、IT業界です。IT業界は経験者を重視するため全くの未経験では就職するのはかなり厳しくなります。これはニートの方でも同じです。20代の就職ならば資格も役立ちますが、できれば無料スクールなどに通って就職先まで紹介してくれるところで一連の経験を積むことをお勧めします。

未経験から正社員のITエンジニアとして働きたい方向けの無料カリキュラム
 
『就職率は96.2%』の驚異の実績!
【特徴】
多くのITスクールやオンライン講座は、受講した後の就職支援フローが機能していない場合が多く、就活支援があまり充実していないことも。特に、ハローワークの職業訓練校は高倍率の割には、大した内容でなかったりするので、就活サポートの充実という面ではIT無料スクールの方が断然有利です!
【こんな方におすすめ!】
・モノ作りやインターネットが好きな人
・IT業界で手に職をつけたい
・将来的にフリーランス、企業してみたい
・営業や接客以外の仕事をしたい人就職支援付きの完全無料のITスクールの無料体験面談にまずは申し込んでみましょう!

おすすめ転職時期まとめ

マネージャーの面接官

フリーター・ニートにおすすめの就職時期についてはいかがでしたでしょうか?

 

2月、3月、4月は就職のハードルがかならり下がるんのでかなりおすすめです。是非この時期を狙って就職活動や転職活動を行い有利に活動を行いましょう。

 

面接や筆記試験が苦手な場合は、20代の為の転職エージェントを利用して就職活動をすると対策や面接日程の調整、年収交渉などを完全無料で行ってくれるので利用価値が非常に高いです。私自身も4回の転職を行っていますが、全て転職エージェントを利用しての転職なので利用価値は非常に高いと考えています。詳しく知りたい方は過去記事をご参考に。

 

また、IT業界に転職したい方は、ハードルが高いので経験値を積むためにも無料ITスクールに通い勉強してから就職場所を紹介してもらいましょう。

 

都内であれば、多くのITスクールがありますし、通学も非常に楽です。遠方の方なら寮も準備されているので利用するとよいでしょう。詳しくは過去記事に紹介させていただいているので是非ご参考に。

 

それでは、よい就職&転職を!

20代おすすめ転職エージェント
20代の転職ツール

【第二新卒おすすめ転職エージェント特集】

既卒・フリーターでも就職できる!【第二新卒エージェントneo】

エージェントの特徴
・専任のキャリアコンサルタントが親身に相談に乗ってくれる。
・書類添削や面接対策までしっかりサポート
・営業担当が厳選した求人のみ紹介(ブラック企業排除)
・入社前、入社後のアフターフォローも充実!
・既卒、フリーター、高卒、中卒、大学中退、専門、、、等職歴に不安があってもプロのアドバイザーがしっかりサポート!
【NGユーザー】
・高校生を含む18歳以下もしくは29歳以上
・来社面談できない方
 詳しくはこちら! 

第二新卒・既卒・フリーターでも正社員に!DYM就職

エージェントの特徴
・書類選考なしで面接
★エージェント登録⇒エージェント面談⇒企業面接
・第二新卒,既卒,フリーターの就職に強い
・エージェントが就職できるまで二人三脚!
・厳選された2000社以上の求人
・100%正社員求人
【NGユーザー】
・来社面談できないかた
 詳しくはこちら! 

【ウズキャリ第二新卒】

エージェントの特徴
・20時間に及ぶ就活サポート!
・ブラック企業完全排除!
・既卒を採用する優良企業多数!
・既卒&フリーターの専門サービスだから内定率86%!
【NGユーザー】
・30歳以上の方
・東京、大阪、名古屋、福岡に来社面談不可の方
※ただし、来社できない場合は電話面談ができればOK
 詳しくはこちら! 

Twitterでフォローしよう

転職を成功の為に読んでおきたい